新型 コロナ ウイルス 浜松。 静岡県内の陽性患者一覧、記事リンク【新型コロナウイルス】|静岡新聞アットエス

牛角 浜松有玉店 新型コロナ感染者が立ち寄る!?店舗清掃で臨時休業の貼り紙拡散で情報出回る

新型 コロナ ウイルス 浜松

国民の皆様へ ~まん延を防止するために~• ・日常生活や職場では、人混みや近距離での会話、多数の者が集まり室内において大きな声を出すことや歌うこと、密接した状況で呼気が激しくなるような運動を行うことを避けましょう。 ・感染防止のためには、できる限り頻繁に石けんを使って手洗いして下さい。 ・咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、室内の換気にも気を付けて下さい。 ご留意ください。 人口が多いエリアであっても、外出の自粛によって接触量は低くなります。 ご利用に当たっては次の事項にご注意ください。 ・個人情報は入力しないでください。 ・このチャットボットは、AI(人工知能)を活用したシステムによる自動応答です。 有人によるチャットではありません。 ・関連する全ての質問に対応しているわけではありません。 主に厚生労働省、文部科学省、経済産業省、総務省、法務省、内閣官房のホームページに公表されているQ&Aをもとに構築しており、順次、問い合わせの多い質問への回答を準備しておりますのでご了承ください。 ・なお、このチャットボットによる回答はデータベース構築時点の情報であり、更新状況によりさらに新たな情報が取りまとめられている可能性があります。 最新の状況や詳細については、インターネット等でご参照いただければ幸いです。 ・現在、精度向上のため試験運用を行っています。 質問の意図をAIが認識しない場合には、表現を変えて再度入力してください。 ・チャットボットの回答精度の向上や機能改善を目的として、利用履歴(入力された質問及び表示された回答)を記録しています。 内閣官房は以下の目的でこれらの情報を利用します。 ・内閣官房のホームページの利用規約、免責事項、著作権に関する事項が適用されます。 同意して始める.

次の

【事業者向け】新型コロナウイルス対策支援制度/浜松市

新型 コロナ ウイルス 浜松

浜松市内で新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたことを発表する鈴木康友市長=28日午後7時ごろ、同市役所 浜松市の鈴木康友市長は28日夜、市役所で記者会見を開き、市内在住で日本国籍の自営業男性が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。 静岡県内の感染確認は4人目で、同市では初めて。 男性は同日のPCR検査で陽性と確認され、市内の感染症指定医療機関に入院した。 軽症という。 感染経路は不明で、市は男性の行動履歴と濃厚接触者を確認し、29日に発表する。 市は「男性の強い意向」として年齢を非公表とした上で、「比較的若い人」とだけ説明した。 在宅でパソコンを使う仕事に従事し、不特定多数の一般人と接する業務ではないという。 男性は25日にのどの痛みを感じ、26日に37・1度の微熱を発症。 発症前2週間以内に海外渡航歴はなかったが、本人自身が感染を懸念するような行動履歴があったことから、27日に市保健所の相談センターに電話した。 同センターの指示で28日、市内の感染症指定医療機関の帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査で陽性と確認されたため、そのまま入院した。 男性は26日以降、医療機関以外に外出していない。 発症2週間前の11日以降、集団感染が懸念されるような大人数が集う場所にも行っていないという。 鈴木市長は「行動履歴などを調査し、(感染が)拡大しないよう先手先手で対策を取っていく。 市民には冷静に行動していただきたい」と述べた。 -症状は。 「比較的軽く、咽頭痛や微熱でそれ以外は今のところ確認していない。 基礎疾患はなかった。 家族には自宅待機の要請をしている」 -自営業とはどういう職業か。 「一般的な方との接触はない、いわゆるパソコンなどを使った作業と伺っている」 -本人の行動履歴は判明しているか。 「おおむね日程ごとの行動は把握しているが、誰と接触したのかなど詳細は把握できていないので、詳細については発表を控えさせていただきたい」 -年齢は公表できないか。

次の

県内で新たに5人感染 沼津、清水町、賀茂郡、浜松 新型コロナ|静岡新聞アットエス

新型 コロナ ウイルス 浜松

浜松市内で新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたことを発表する鈴木康友市長=28日午後7時ごろ、同市役所 浜松市の鈴木康友市長は28日夜、市役所で記者会見を開き、市内在住で日本国籍の自営業男性が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。 静岡県内の感染確認は4人目で、同市では初めて。 男性は同日のPCR検査で陽性と確認され、市内の感染症指定医療機関に入院した。 軽症という。 感染経路は不明で、市は男性の行動履歴と濃厚接触者を確認し、29日に発表する。 市は「男性の強い意向」として年齢を非公表とした上で、「比較的若い人」とだけ説明した。 在宅でパソコンを使う仕事に従事し、不特定多数の一般人と接する業務ではないという。 男性は25日にのどの痛みを感じ、26日に37・1度の微熱を発症。 発症前2週間以内に海外渡航歴はなかったが、本人自身が感染を懸念するような行動履歴があったことから、27日に市保健所の相談センターに電話した。 同センターの指示で28日、市内の感染症指定医療機関の帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査で陽性と確認されたため、そのまま入院した。 男性は26日以降、医療機関以外に外出していない。 発症2週間前の11日以降、集団感染が懸念されるような大人数が集う場所にも行っていないという。 鈴木市長は「行動履歴などを調査し、(感染が)拡大しないよう先手先手で対策を取っていく。 市民には冷静に行動していただきたい」と述べた。 -症状は。 「比較的軽く、咽頭痛や微熱でそれ以外は今のところ確認していない。 基礎疾患はなかった。 家族には自宅待機の要請をしている」 -自営業とはどういう職業か。 「一般的な方との接触はない、いわゆるパソコンなどを使った作業と伺っている」 -本人の行動履歴は判明しているか。 「おおむね日程ごとの行動は把握しているが、誰と接触したのかなど詳細は把握できていないので、詳細については発表を控えさせていただきたい」 -年齢は公表できないか。

次の