近鉄特急 コンセント。 近鉄のスズメバチ見納めへ 特急を全面リニューアル

近鉄特急 コンセント付き車両に確実に乗る方法【インターネット予約 車両の見分け方】

近鉄特急 コンセント

さくらライナーの車両と編成 さくらライナーの使用車両 さくらライナーは近鉄26000系車両で運行されます。 26000系車両は4両編成が2編成のみで、使用列車が決められています。 時刻表に「SL」の表示がある列車がさくらライナーです。 朝にはさくらライナー同士を連結して8両編成で運行する列車もあります。 さくらライナーの編成 さくらライナー4両編成です。 阿部野橋方が1号車で、吉野方が4号車です。 デラックスカー3号車(8両編成は3、7号車)に連結されています。 さくらライナーの車内 デラックスカー 3号車(8両編成は7号車も)はデラックスカーです。 デラックスカーは1+2列のゆったりした座席です。 デラックスカー料金210円(通常料金510円で合わせて720円)で乗車できます。 幅が広く、ゆったりした座席です。 大小二つのテーブルがあります。 飲み物だけの時や弁当、パソコンを使いたい時など、その時の状況に応じて使い分けができます。 デラックスカーの座席には各席にコンセントがついています。 車両の端には吉野の桜が飾り付けられ、旅に向けてテンションが上がります。 レギュラーカー 4両編成のうち3両はレギュラーカーです。 レギュラーカーは2+2列の座席です。 座席間隔は広く、フットレストもありゆったりできます。 レギュラーカーもテーブルが大小2種類あります。 パソコン仕事や弁当を広げても大丈夫です。 コンセントはフットレストの間にあります。 2席に1か所です。 2号車(8両編成は6号車も)には車いすが固定できる座席があります。 お手洗い等 お手洗いは2号車と3号車(8両編成は6号車、7号車も)にあります。 2号車(8両編成は6号車も)は多目的お手洗いで広いお手洗いになっています。 ベビーチェアやおむつ替えの台があります。 お手洗いの前の洗面台です。 洗面台の横にはおしぼりがあります。 おしぼりは必要なときにここからセルフでもらいます。 3号車のお手洗いです。 コチラはコンパクトながら、ベビーチェアはあります。 喫煙室 4号車(8両編成は8号車も)の吉野方には喫煙室があります。 さくらライナーは喫煙室以外は全席禁煙です。 展望スペース 先頭車の運転室後ろには展望スペースがあります。 寄りかかれる背もたれ的なバーと、両端にはさくらの形をした椅子があります。 全面ガラス張りなので、前面がよく見えるとともに運転士さんの操作の様子もよく見えます。 さくらライナーには自動販売機がある 近鉄特急には車内販売はありませんが、ジュース類の自動販売機はあります。 さくらライナーには3号車(8両編成は7号車も)にジュース類の自動販売機があります。 さくらライナーでは車内販売はないので、食べ物などは事前に購入しておきましょう。 さくらライナーの停車駅、所要時間 さくらライナーは下記の駅に停車します。 所要時間は下記の通りです。 大阪阿部野橋〜吉野:約1時間15分 大阪阿部野橋~下市口:約1時間 大阪阿部野橋〜飛鳥:約40分 さくらライナー車両を使用する列車 どの列車がさくらライナーの車両で運行されるか、下記リンクの時刻表から確認できます。 「SL」マークの列車がアーバンライナーです。 下記の近鉄HPにリンクしているPDFファイル時刻表から確認できます。 さくらライナーの運賃、料金等 通常の運賃、料金 大阪阿部野橋~吉野:合計1,510円(運賃990円、特急料金520円) 大阪阿部野橋~下市口:合計1,450円(運賃930円、特急料金520円) 大阪阿部野橋~飛鳥:合計1,220円(運賃720円、特急料金520円) デラックスシートに乗車の際はデラックスシート料金210円を追加で乗車できます。 10回乗車すると1回は無料で乗車できます。 詳しくは下記の近鉄HPのリンクをご覧ください。 チケットレス限定、吉野チケットレス割 チケットレスでの購入で吉野エリア(橿原神宮前~吉野駅相互間)の特急がお得に利用できます。 2020年12月30日までの吉野エリア(橿原神宮前~吉野駅相互間)の特急券を、インターネット予約・発売サービスで購入するときに特急料金が200円割引になります。 吉野チケットレス割の特急料金は320円です。 伊勢志摩エリア(伊勢市~賢島駅相互間)もチケットレスで320円に割引になります。 デラックスシート等を利用する場合は別途デラックス料金、特別車両料金等が必要です。 さくらライナー特急券の発売開始日、予約方法、空席照会 近鉄特急の予約は乗車1か月前の10時30分から近鉄主要駅の特急券窓口、主な旅行会社、インターネットで予約可能です。 インターネットでは空席照会も可能です。 シートマップも表示されるので希望の座席を確保することも可能です。 インターネットで予約して決済すれば、決済画面からスマホでチケットレス特急券を表示できます。 駅での受け取りは必要ありません。 チケットレス特急券でなく仮予約をした場合は、前日までにで受け取りが必要です。 さくらライナーとは さくらライナーは近鉄の南大阪線、吉野線の特急用電車です。 大阪阿部野橋~吉野間を結んでいます。 1990年(平成2年)に登場し、2011年(平成23年)にリニューアルを受けています。 世界遺産に登録されている吉野山がさくらの名所であることからさくらライナーの相性がつけられています。 開発に当たっては「さくらコンセプト」を打ち出して設計に反映しています。 さ・・・さわやかデザイン く・・・くつろぎ車内 ら・・・らうんど展望 さくらライナーは吉野に向かう観光列車的な要素が強いですが、朝晩の通勤輸送のニーズも満足する設計になっています。 さくらライナーで京都や難波、名古屋から吉野へはいけないの? 京都、難波、伊勢志摩、名古屋から橿原神宮前を通って吉野へは路線図上は繋がっています。 しかし、橿原神宮前で必ず乗り換えが必要となります。 では需要はないから走らせていないのでしょうか? これは線路の幅が関係しています。 近鉄の大阪線や京都線、橿原線、名古屋線などの線路の幅は1,435㎜です。 (新幹線や阪急、阪神などと同じ) しかし、南大阪線や吉野線は1,067㎜です。 (JR在来線や南海と同じ) 線路の幅が違うので、直通はできないんです。 とはいえインバウンドも好調な中で、新幹線で京都まで来て直通で吉野まで行く特急は需要があると近鉄も見ているようです。 今後は、車両のほうで車輪の幅を変える車両(フリーゲージトレイン)を開発して乗り入れる構想もあるとか。 近々ではないですが、数年後には京都発吉野行きの特急が実現しているかもしれません。 さくらライナーから乗り換えできる列車 大阪阿部野橋駅(JR天王寺駅) 特急「」、関空特急「」、、、 さくらライナーの関連商品.

次の

近鉄特急「青の交響曲」の座席、車内設備、カフェメニューや予約方法などについて解説。高級ホテルのラウンジのような車内と上品な座席で癒される【乗車記】|のぞみは西へ、みずほは九州へ

近鉄特急 コンセント

近鉄特急といえばオレンジと紺色の「近鉄カラー」を思い出す人も多いかと思います。 約2年前まではこの色が主流となっており、「ビスタカー」をはじめ多くの特急に採用されてきました。 しかし、現在はスナックカーを除き従来の「近鉄カラー」だったものは全て新塗装化が施されました。 白色を主体としてオレンジの帯が入った塗装が今後の近鉄特急の主力になっていきます。 スナックカーは2020年度をもって特急列車の運用から離脱することが決まっており、2020年6月現在でも既に運用離脱・廃車となっている編成が出ていて、今後も継続してスナックカーの廃車が行われる予定です。 つまり、スナックカーの引退とともに従来の「近鉄カラー」は2020年で終了となり、約60年間の歴史に幕を閉じます。 近鉄としても一般のお客さんから「特急格差」と呼ばれるほど、設備面での格差が出ていて列車によってコンセントが設置されている車両と設置されていない車両が存在しています。 同一列車なのに前の編成と後ろの編成で車両の古さが異なることがしばしばあり、お客さんとしては「どうせ同じ料金なら、新しい・コンセントがついている車両に乗りたい」という心理があると思われます。 この辺りは近鉄も対策をしていて「近鉄アプリ」では特急券の購入時に「コンセントの有無」や「2階建て席」などを選択できるようになっており、オンライン上で車種がある程度分かるようになっています。 近鉄12200系スナックカーは一般の乗客からは不評で、どれくらい不評だったかというと、特急券が無駄になっても乗車しなかった客がいたというエピソードが残っているくらいです。 近鉄としても塗装を変えることで、近鉄特急は新しい時代を迎え、サービスアップを図っていくという意味も利用客に伝えたいのではないでしょうか? 2020年でなくなってしまう「近鉄カラー」が見れるのも今年だけの魅力です。 是非今年までしか見れない「近鉄カラー」を見に旅行へ行ってみてはいかがでしょうか?.

次の

近鉄特急「青の交響曲」の座席、車内設備、カフェメニューや予約方法などについて解説。高級ホテルのラウンジのような車内と上品な座席で癒される【乗車記】|のぞみは西へ、みずほは九州へ

近鉄特急 コンセント

特急での通勤は本当におすすめなんです。 近鉄を使っている人にも特急料金を払ってまで通勤するメリットについてお伝えします。 1.混んでおらずゆったりと座れる 近鉄では特急料金が乗車券とは別に510円かかります。 同じ時間でも特急料金がかからない急行電車は満員ですが、 この値段のおかげで、特急は混んでいません。 特急電車の車内は静かです。 周りの音に邪魔されず、 ゆっくり座って、心も体もゆとりをもって通勤できます。 3.仕事がはかどる 確実にシートが確保でき、静かなので、 仕事や読書がはかどります。 私は、主に読書、プレゼン資料作成、ブログやnoteの執筆をしていますが、 かなり集中できています。 この時間でブログを書き、特急料金以上を稼ぐことができれば、 金銭的にも特急料金以上の金額を稼ぐことができます。 私も特急電車に乗るようになって家を出る時間が20分ほど遅くすることができました。 時間をお金で買うという思考ができるようになると、仕事がはかどり、より稼げるようになります。 5.携帯やPCの充電ができる 近鉄の特急には一席に一つ100Vのコンセントがついています。 近鉄特急の特急券のお得な買い方 上ですでに書いていますが、 特急に乗るためには乗車券の他に特急券が必要になります。 ホームになる特急を買う窓口に朝から並んで買っている人が多いですが、 断然スマホでの購入がおすすめです。 スマホで座席も指定して簡単に変えますし、 購入金額の10%のポイントが還元されます! 会員登録・年会費は無料です。 特急通勤がなぜおすすめかと言えば、この大切な2つをたった510円で買えるんですよね。 お金で時間や環境を買うという思考が身につくと年収も高くなります。 ぜひ、一度特急で通勤してみてください。 カテゴリー• 118• ブログ内の記事検索.

次の