毎日 の 夜 ご飯 献立。 今週の献立

ワーママの夕飯作り!献立メニュー1週間分をまるっと公開

毎日 の 夜 ご飯 献立

実録!ワーママの夕飯献立を1週間分ご紹介 わが家のある1週間のメニューはこんな感じでした。 1日でキッチンに立つ時間は、お弁当の支度や朝ごはんの準備と合わせても 1時間くらいです。 ちなみに、1週間の献立表をあらかじめ決めているわけではありません。 予定を立てるのが面倒で(汗) 当日気分が変わったりするので、献立は前日か当日に決めています。 朝やること• ミニトマト洗っておく• キャベツを刻んでおく• 唐揚げ用の冷凍肉を冷蔵庫へ移す• キュウリと人参の千切りを塩もみ• レンコンきんぴら作る• 帰宅後やること• 鶏肉に片栗粉、小麦粉を付けて揚げる• 大豆ミンチを作って揚げる(朝パン粉までつけておけばよかったかも)• わかめを戻して塩もみキュウリと酢の物にする• 味噌汁を作る 朝の準備でカットしておいた野菜たちです。 キャベツは大豆ミンチと添え物に、キュウリは酢の物に、人参は翌日以降に使います。 レンコンのきんぴらには、 牛肉を入れたり、 刻んだこんにゃくを加えてもいいですよね。 ちなみにこの日初挑戦した 大豆ミンチカツ(煮大豆、キャベツ、小麦粉をフードプロセッサーにかけて丸めてカツにする)ですが、出来上がりが柔らかすぎて イマイチ。

次の

家族4人!1週間で5000円使い回し献立集〜野菜たっぷりメニュー編〜

毎日 の 夜 ご飯 献立

まずは主菜を決めましょう はじめにメインである主菜を考えると、献立が立てやすくなります。 主菜には肉や魚、卵や豆腐などのたんぱく質を多く含む食材を使いましょう! また、前日の献立を思い出してみてください。 「昨日は肉料理だから今日は魚を使おう」「和食の次の日は中華に」など食材やジャンル、調理法がかぶらないようにするのもポイントです。 味付けのバランスを考えて 同じような味つけのメニューばかりになってしまう、という悩みはよくあること。 甘い・辛い・しょっぱい・酸っぱい・濃い・薄い・スパイシーなど・・・これらを基準として、主菜と副菜は違う味を組み合わせましょう。 「主菜は醤油と砂糖を使った甘辛い照り焼きだから、副菜はお酢を使ってさっぱりとした酢の物に。 」 このように調味料で味付けを考えてみるのも良いですね。 調理法は重ならないように 主菜と副菜では、調理法が重ならないようにすると良いでしょう。 「炒め物と和え物」「煮込み料理とサラダ」「揚げ物と煮物」など。 旬の食材を取り入れましょう 旬の食材は食卓に季節感を添え、美味しいだけでなく、お手頃な価格で手に入るため節約にもつながりますね。 さらには栄養価も豊富となり、特に野菜や果物はビタミン・ミネラルが豊富に含まれます。 ぜひ積極的に献立に取り入れていきましょう。 もしレシピに困ったら、汁物の具に入れてみるのも簡単でおすすめです。 バックナンバー 過去3か月の献立まとめ.

次の

夕食の献立(晩御飯)のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

毎日 の 夜 ご飯 献立

毎日ご飯つくりたくない!!!そう思いませんか?! なんで毎日毎日ご飯作らなきゃいけないのか。 同じ献立でいいならまだしも、毎日違う献立なんて考えられないよ! 一人なら毎日納豆ごはんと味噌汁でいいのに、家族がいるのでそういう訳にもいかない。 日々似たような食材使って毎日違うおかずを考える、、もうムリ! すみません。 ご飯作るのがイヤすぎてもうダメです。 主婦だから作って当然と仕事と思ってやってきたけどもう限界。 今日は何作ろう?と毎日毎日献立のことばかり考える、、 冷蔵庫の中を把握して傷ませないようにあれこれ試行錯誤しておかずを作る。 嫌気がさします。 もう少し愚痴が続きます。 すみません! そもそも 共働きなのになんでわたしばっかり作らないといけないんだーーーーーー!爆発!! 帰宅する時間の都合上仕方ないんですけどね。 食べるのは簡単!でも作るのは手間ヒマかかる。 もう食べるな!お腹空いたならそこにあるウエハースでも食べてよ。 1日くらい食べなくても死なないから。 長い前置きはわたしの心の叫びです。 すみません!そしてこんにちは。 つばめです! うちの夫は全く料理ができません。 出来ないなら料理本見て作ればいいのに見ようともしません。 簡単なものを作っても台所めちゃくちゃ汚れます。 先日、卵を間違えて三角コーナーに割り入れる瞬間をみました。 コンコン、パカッ 「あっ!!!間違えた!!!」 何してんの?!卵もったいなっ! ばかなの?!! こんな調子です。 笑 そもそも夫は料理が苦手というか嫌いで、たまには何か作って!と言うとじゃぁ目玉焼きとラーメンでいい?と言われます。 それに インスタントラーメンを作るのもわざわざ水の量を測って作ります。 味が濃かったらお湯足せばいいじゃん?と言ってもちゃんと説明欄に書いてある通りに作りたいようです。 ちなみにわたしは料理が苦手という訳でも作れないという訳でもありません。 結婚する前まで料理は好きでした。 でも結婚して子供が出来て料理が義務化してからは徐々に苦痛になって、しまいには料理が大嫌いになりました。 出来ることなら作りたくありません。 いや、作るのはいいけど献立が考えられないんです! これが一番の問題。 毎日献立考えるのほんとキツイですよね?! 食べるだけの人は気楽なもんです 夫はテレビを見ながらご飯をものの5分でたいらげます。 よっぽどお腹が空いてたんだね、おつかれさま^^ なんて思えるほど優しくないので 「もっと味わって食べてよ!作るの大変だったんだから!」と後ろからスリッパで頭を叩きたくなります。 かと言ってゆっくりのんきに食べられてもイライラするんですけどね。 片付かないから早く食べてよと。 勝手なもんです我ながら 笑 男の人は絶対料理好きで、無駄遣いしない優しい女性と結婚したほうがいいです。 本題! ヨシケイ8つの良いところ• 毎日食材を運んで来てくれる• 野菜がキレイで調理しやすい• 買い物の手間が省ける• 毎日の献立に悩まなくてすむ• 栄養バランスがいい• レパートリーが増える• 食材が余らないので無駄が出ない• メインより副菜にボリュームがある 1 毎日食材を運んで来てくれる 毎日食材を発泡スチロールに保冷剤を入れて運んで来てくれるのはありがたい。 ピンポンせずに食材を玄関前に置いていってくれます。 買い物に行くのも億劫なわたしにとってはとても楽です。 もちろんピンポンで直接受け取ってもOKですけど 子供がやっと寝たところでピンポーン。 子「ピギャー!」これ主婦あるあるですよね。 やっと寝て、これから自分の時間!ってときに起こされると「もう!」ってなります。 もちろん宅配してくださる方は全く悪くなくむしろ感謝感謝なんですが、できるだけインターホンは鳴らさないでもらいたい。 ヨシケイは指定した場所に食材を置いて行ってくれます。 2 野菜がキレイで調理しやすい 野菜がその日使う分だけだからか、だいたいカットされていて使いやすい。 調理するのが楽です。 3 買い物の手間が省ける 買い物に行くのも手間ですよね。 その手間がないのは助かります。 4 毎日の献立に悩まなくてすむ これ一番いいところ! 毎日の献立を考えないといけない地獄から抜け出せます。 夫に「何か食べたいものある?」と聞くと「何でもいい」と言う。 「じゃぁ納豆と味噌汁ね^^」と言うと「それはヤダ」と言う。 何でもいいって言ったじゃん?! こんな感じなので夫は作れない上に食べたいものもわからないのでわたしが全て考えないといけません。 ビーフストロガノフが食べたいと言われても困るけど、何でもいいとばかり言われるのも困りものです。 そんなわたしにとって献立を考えなくてすむのはとても快適! 5 栄養バランスがイイ! これは二番目にいいところ。 いつも自分が使いやすい食材を買ってしまうせいで栄養バランスがイマイチだったのですが、ヨシケイは栄養バランスも考えられているので助かります。 スポンサーリンク 6 レパートリーが増える 自分で作るとワンパターンになりがちですが、いろんなメニューがあるので勉強になります。 野菜の組み合わせや味付けなど新しい発見があるのでヨシケイをやめた後もレシピを思い出していろいろ作れそう。 7 食材が余らないので無駄が出ない 普通は余った食材で絶対無駄が出ないように、食材が悪くならないようにとあれこれ悩みますよね。 そもそも食材が余らないので余った食材で何を作ろうか考えなくてすみます。 8 メインより副菜にボリュームがある 食材宅配サービスは絶対ボリュームが少なくてお腹いっぱいにならないでしょ!と思っていたのですが、汁物や野菜系のおかずにボリュームがあります。 メインのお肉はたまに、え?これだけ?ってときがありますけど、サブは結構ボリュームがあります ヨシケイのイマイチなところ• お肉があまり美味しくない&少ない• レシピがちょっと解りずらい• 割高 1 お肉があまり美味しくない&少ない お肉が冷凍のせいなのか、あまり美味しくありません。 それに少な目なのでもう少しお肉が美味しくてボリュームがあれば最高だなと思います。 2 レシピがちょっと解りずらい レシピが載ってる冊子があるのですが、それが解りずらい。 二品あったとして、それが交互に手順が書かれている感じ。 ちょっと分かりにくいけど主婦なら大概大丈夫。 3 割高 当たり前ですが割高です。 配達にかかる人件費や宣伝費、冊子など色々お金がかかるのでこればかりは仕方ありません。 なので節約家には向きません。 少し割高だけど買い物に行く手間と献立を考えなくてすむならわたしは許容範囲。 ヨシケイのプチママを試してみた。 月~金の5日間、一食300円という激安価格でお試しした ヨシケイ「プチママ」のメニューです。 ここからわたしのヨシケイ生活が始まりました。 もちろん蓋あり。 写真は4食分の食材。 〈1日目〉 夜ご飯は麺類よりお米派ですが、野菜たっぷりのこのラーメンとてもおいしかったです。 〈2日目〉 もっとお肉食べたかった。 それくらいおいしかった。 お肉にかかってるタレが良いんです。 タレは付属してました。 〈3日目〉 お腹が空き過ぎて写真撮るの忘れて食べてしまいました。 すみません! 〈4日目〉 マーボー豆腐。 普通においしい。 サラダの量が多いのはうれしい。 〈5日目〉 卵と白菜とかにかまのおかずがとくにおいしかった。 プチママのお試し満足度80点!! マイナス部分は上記に書いた通りイマイチだと思うところがあるから100点中80点にしました。 調味料はこちらで用意しないといけません。 おかずによってはタレなどが付属されていますが、それ以外に使う一般的な調味料は揃えて置かないといけません。 一般的な調味料の他に、卵とお肉があるとおかずをかさましできるのでおすすめ!また、量が心配なら一食多く頼むと安心です。 わたしは一食多く頼んで、おかわりできるようにしています。 余ったら次の日のお昼ご飯に回したり夫のお弁当に入れたりするので無駄になることはありません。 結局毎日ご飯を作らないといけないのは変わりませんが、献立を考えるという一番の苦痛から解放されます。 それに、ヨシケイの食材はとても調理しやすい。 当たり前ですがその日使う分だけの食材が入ってるので無駄が出ず、冷蔵庫の残りで何作ろう?と考えなくてすみます。 冷蔵庫内を把握して次の料理を考えるのも苦手なのでこれも助かるポイントです。 ヨシケイの食材宅配サービスを利用してから毎日のご飯作りがかなり楽になりました。 ほんとは2・3週間お試しして止めるつもりだったのに献立を考えないことに慣れてしまって止められずにいます。 食材宅配サービスのヨシケイ「プチママ」は一食300円という安さで月~金の5日間お試しできます。 毎日のご飯作りに疲れた、献立を考えられないならお試しする価値ありますよ。 追記:2018年3月29日 そろそろ自分で献立考えられる気がする!と思って2週間ヨシケイ休んでみたのですが、やっぱり毎日献立考えられなくてヨシケイに戻ってきてしまいました。 ちょっと割高だから節約して自分で献立考えようと思ったのに! ヨシケイに慣れてしまうと献立を考えない「楽さ」に慣れてしまって止められなくなります。 以前までヨシケイは量がちょっと少ないから1人前多く頼んでいたのですが、今は冷蔵庫にあるものでちょっとかさましして作っています。

次の