結婚式 二次会なし。 結婚式の二次会幹事なしで大丈夫?頼む人いない場合のやることは?

結婚式の二次会は司会なしでも大丈夫?進行の組み方や代行も考えよう

結婚式 二次会なし

二次会をする4つのメリット 結婚式の後に開かれる二次会。 二次会にはたくさんのメリットがあります。 まず、主なメリットを4つご紹介しましょう。 メリット1 結婚式に呼べない人を招待できる 結婚式・披露宴には、いくらでも人を呼べるわけではありません。 たとえば、「神前式」などの和の挙式スタイルでは、「出席者は親族だけ」と決まっていることも。 他にも、招待できる人数を超えてしまい、「呼びたいけど呼べない」ゲストは出てくるもの。 そこで登場するのが二次会です。 二次会を開けば、「呼べなかったゲスト」にも二人の結婚を祝ってもらうことができます。 特に、二次会では二人の友人に来てもらうパターンが多いようです。 「二人の結婚をお祝いしたい」 という友人の気持ちと、 「みんなに結婚を報告したい」 という二人の気持ち。 両方を叶えてくれるのが二次会なのです。 メリット2 互いの友人を一気に紹介できる 新郎・新婦それぞれの友人を一度に紹介できるのが、二次会の場。 二次会での出会いから結婚・・・なんて話もよく聞きます。 大切な友人同士に仲良くなってもらえるのは、二人にとっても嬉しいことですよね。 メリット3 ゲストとゆっくり話す時間を作れる 結婚式・披露宴はスケジュールがタイトで、ゲストと話す時間がなかなかとれないことも。 「一人ひとりのゲストとゆっくりおしゃべりを楽しみたくて、二次会を開いた」 という先輩カップルもたくさんいます。 メリット4 ゲームや演出で盛り上がれる 二次会は、友人を中心に招いて、くだけた雰囲気で行われることが多いです。 「結婚式は上司もいるから、きちっとフォーマルな感じで。 そのぶん二次会はカジュアルに。 ゲームやカラオケで、思いっきり盛り上がろう!」 という風に、結婚式と二次会でメリハリをつけることができます。 みんなでワイワイ、ゲストにも楽しんでもらいたいカップルは、二次会をするのがオススメです。 二次会をするデメリットは? では、「二次会をするデメリット」とは何でしょうか? 3つのデメリットとその解消法をご紹介します。 デメリット1 二次会の準備が必要 二次会をするとなると、会場選びや費用、ゲストへの案内など、準備することがたくさん出てきます。 結婚式の準備で忙しいカップルは、二次会の準備までなかなか手が回らないもの。 そこで、多くの先輩カップルは、他の人に二次会の幹事を頼んで、準備や当日の進行をお願いします。 幹事を頼む相手は、二人の親しい友人や、「二次会幹事代行業者」など。 何から何までお任せするなら業者の方が良いと思いますが、もちろん業者は「お金」がかかります。 一方、友人に頼むのであれば、二人の方でもある程度準備を手伝うべき。 その分、「手間」がかかります。 幹事を頼むなら、「お金」と「手間」、どちらを優先するか二人で話しあいましょう。 デメリット2 時間によってはゲストが参加しづらい 結婚式が終わってから二次会がスタートするまでの時間は、約2時間が目安と言われています。 そう考えると、もし午後6時に結婚式がお開きになった場合、二次会が始まるのは午後8時。 二次会にかかる時間が大体2時間とすると、終わるのは夜の10時・・・ ゲストによっては、 「次の日が仕事だから、あまり遅くなるのは困るなあ」 ということで、二次会参加を控えてしまうこともあるようです。 ゲストが参加しやすいように、つぎのような配慮をしてあげましょう。 【土曜日に結婚式を挙げる】 つぎの日が日曜なら、参加しやすい人は多いはず。 【二次会もできる結婚式場を選ぶ】 結婚式が終わって、同じ場所でそのまま二次会ができれば、二次会までの待ち時間が減ります。 こうすれば、二次会スタートの時刻を早められますね。 【アクセスの良い会場を選ぶ】 結婚式場から近い場所で二次会を開けば、移動時間が減る分、二次会を早く始められます。 また、最寄駅からアクセスの良い場所にするのもGOOD。 二次会が終わったあと、ゲストがスムーズに帰宅できます。 デメリット3 ゲストに金銭的な負担がかかる 「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」によれば、二次会の平均会費は、男性が5704円、女性が5000円とのこと。 結婚式にも出席したゲストなら、すでにご祝儀もいただいているので、負担する額が大きくなることに・・・。 結婚式に出席してもらったゲストの会費は、低くするのがベターです。 二次会をしないメリット2つ 今度は、二次会を「しない場合」のメリットを2つご紹介します。 メリット1 新郎新婦がゆっくりできる 「みんなにお祝いしてもらえて幸せ」な結婚式ですが・・・ 「時間が長くて、いろいろ気を遣うこともあって、疲れてしまった」 なんて声も挙がっています。 「結婚式の後は、ゆっくり疲れを取る時間がほしい。 次の日、仕事だし」 「翌日ハネムーンに出発するから、結婚式が終わったらすぐ準備に取りかかりたい!」 などなど、式が終わったらゆっくりしたいという理由から、二次会をしないカップルもいるようです。 メリット2 ゲストにお金と時間の負担がかからない ゲストに金銭的な負担がかからないのも、二次会をしないメリットです。 また、二次会を開くと終わるのが遅くなりそうな場合は、 「ゲストの迷惑を考えて二次会はしない」 という選択肢もあります。 二次会をしないとこんなデメリットも… 二次会をしない最大のデメリットは、結婚式・披露宴に出席しなかったお互いの友人に、結婚相手を紹介できないことです。 二次会をしないなら、ハネムーンのお土産を渡すときに、彼もしくは彼女を紹介しましょう。 した人・しなかった人、多いのはどっち? 「二次会を『する』場合『しない』場合、それぞれにメリット・デメリットがあることはわかったけど・・・ 結局、『した』人と『しなかった』人、どっちが多いの?」 そこは気になりますよね。 最後にデータを見てみましょう。 挙式、披露宴を実施した男女に二次会を実施したかどうか聞いたところ、 二次会を「した」人・・・48.

次の

結婚式の二次会「なし」はアリ?メリット・デメリットは?

結婚式 二次会なし

結婚式の二次会についてどなたか教えてください。 今年の夏に結婚式を控える者です。 式場も決まり、ドレス選びに入りました。 式は親族、友人のみで行う40名程の小さな式で、 新郎側、新婦側、呼ぶ友人はそれぞれ10名くらいです。 少人数でやるため、自分たちだけでなくゲストにも楽しんでもらえるように、 アットホームでゲストとの時間が多い披露宴にしたいと思っています。 両親や私たちの仕事の都合、遠方から来てくれる親戚の都合等で挙げられる日にちが限られてしまったため 色々と考慮して決めたつもりです。 遠方のゲストのために時間はゆっくりめの夕方スタート、もちろんホテル等も用意しました。 説明が長くなってしまいましたが本題です・・・ 二次会をやらない理由については、 日曜日の夕方に挙げるので次の日が仕事のゲストも多いということと、 新郎側の地元から式場が遠いので、二次会ともなると帰りが遅くなってしまうということ、 来てくれる友人同士が知り合いではない、(学生の友人5人グループが何組も・・とかではないという意味です・・) 子供がいる友人が多い 等々で・・・みんなが気を使う会になるのならやらない方が無難かと思うのです。 ですが、 友人から 『披露宴ではあんまり話せないから二次会ってやるのに、二次会ないならそれこそせっかく行ったのに・・・って思う』 と言われ、やらなくてはいけないのかな??と思いだしました。 でもそしたら遠方から来る親戚は??とか思って迷路です。 友人の気持ちはとても嬉しく思うし、言ってることもわかります。 ですが、すごく気を使ってしまって楽しめる気がしません。 二次会ってビンゴとかやるんですよね?? 結婚式の準備に二次会の準備ともなると目がまわりそうです。 夢にまでみていた結婚式ですが 二次会やらないのは非常識なのでしょうか?? やらなくても大丈夫だと思います! 私も現在は関東に住んでいますが、彼の実家の京都で結婚式を挙げる予定でかなりの遠方になります。 ですので、二次会は行わずに式に余興などを盛り込まないでみんなと話す時間を多くする予定です。 ホテルや交通費等はこちらで払うつもりですが、遠方からくる友人達はそれなりにおかねもかかりますし、プラスご祝儀と二次会費用と・・・となると大変かなと思います。 泊まりでということでしたら、次の日も時間はありますよね。 ですから、わざわざ二次会をしなくても次の日に観光がてらお茶やランチに行くのでいいのではなと考えています。 二次会をするとなると、友人に幹事をお願いしなくてはいけませんし、私自身が出席した結婚式の二次会費用が考えていたよりも高額でビックリしたし、正直出たくないなと思ってしまった思いでもあるので、二次会なんていらないと考えている人間です。 お友達にきちんとご自分の考えを聞いていただきましょう。

次の

結婚式の二次会でゲームなしの場合!タイムテーブルは役に立つ?

結婚式 二次会なし

皆さんこんにちは。 二次会本舗・二次会プランナーの山田(ようだ)です。 あけましておめでとうございます!新年最初のブログです!(3月ですが…) 沢山お問合せを頂いていて、なかなかブログに取り掛かれませんでした。 またここからどっと繁忙期に入っていきますので、またサボることになると思われます! さて、今日は結婚式二次会はそもそもなんで行うんだろう。 二次会なしっていうのもありなの?っていうテーマでブログを書いてみます。 そもそもどのくらいの人が二次会を行っているの? そもそも披露宴の後、どれくらいの新郎新婦が二次会を行っているかという問題。 ゼクシィトレンド2017によると、二次会を行った方の割合は 「45. 6%」 ちなみに2012年の調査では 「64. 5次会)という形が増えてきていたりもするので、 そういったところが影響しているのかもしれないですね。 ちなみに二次会を行った方の中で、 幹事代行会社を使って二次会を行った方の割合は、 年々増加傾向にあります。 披露宴も二次会もどんどん変わってきていますね。 というわけで、もはや二次会「なし」が多数派 というわけで、もはや 「みんなやってるから」二次会を行う時代は終わり、 なぜ二次会を行うのか。 を考えて二次会を行う時代に突入しています。 二次会を行うメリットを考えて、それに当てはまるものがなかったら、 無理やりに二次会を行う必要はないわけです。 なんとなーくではなく、 なんで二次会をやるのか!っていうことを考えて頂いて、 二次会を検討してみて頂きたいなと思っています。 二次会を行うメリットは何かを考える ではここからは二次会を行うメリットについて考えていきましょう。 披露宴の会場の大きさや両家のゲスト数のバランスなどで、 どうしても披露宴に呼べないゲストがいる。 またはシフト制の仕事や人気のお日取りで他の披露宴の予定が入っており、 披露宴には間に合わないけど二次会には間に合うゲストがいる。 そんなゲストがいる場合には、二次会をするのがおススメです。 ドレスとタキシードで結婚パーティーをするのは、 基本的にはその日しかないわけですから、今までの感謝をしっかり伝えましょう。 披露宴は基本2時間半のタイムスケジュールで進んでいきますが、 この中にセレモニーがパンパンで、歓談の時間が取れないことが多いです。 テーブルごとに新郎新婦の元に写真撮影には行ったけど、 「新郎新婦と全然話せなかったな」とそんなことにもなりかねないので、 二次会はセレモニーやゲームを行いつつ、しっかり歓談時間を確保していくという パーティーが多いです。 披露宴はご親族や職場の上司の方へのお披露目の場、 二次会は友人と楽しむ会と、パーティーのテーマを大きく区切りたい場合には、 二次会を行うことはとてもオススメです。 お二人のセンスを出しやすいので、 「二次会の衣装の方が友達からの評判良かった!」なんて声もちらほら笑 この中に、二次会を行いたい理由が見つかった人は、 是非二次会を検討してみて頂きたいと思います! じゃあ二次会を行うデメリットは何? 次はデメリットを考えてみましょう。 披露宴の方でも決めなくちゃいけないこと、準備しなくちゃいけないことが沢山あるのに、これに二次会も!と考えるとさらにやることがたくさん。 友達に幹事を頼んだり、会場を決めたり打ち合わせをしたり、出欠を取ったり…。 仕事もしながらの方が多いと思うので、披露宴と二次会同時の準備はとても手が回らない~!となっちゃう方も多いかもしれません。 会場に支払う費用や景品代などなど何かと費用は掛かってきてしまうもの。 披露宴から二次会に参加されるゲスト様には、 ご祝儀も頂いた上で、二次会の会費も頂くので、 せっかくなんで楽しんで欲しいですよね。 それでもやっぱり二次会は開催して欲しい! いかがでしたでしょうか? メリット部分を全然メリットと感じられず、やっぱりデメリット部分に目が行っちゃうという方であれば、無理に二次会を開催する必要はありません。 披露宴の準備に注力して納得いくパーティーをしてください! ただ、もしメリット部分に少しでも魅力を感じられた人は、 是非二次会を検討してみてください。 二次会の開催を迷っていた方も、パーティー後には、 「二次会をやってよかった。 二次会本舗に頼んで良かった。 」と仰って頂けますので、 是非、山田ご指名でご連絡を頂ければ幸いです!笑 それではお打ち合わせに行ってまいりま~す!.

次の