あやとり 基本。 親子で「あやとり」を楽しもう!覚えておきたい基本的な作り方4選

あやとりの基本の構え方

あやとり 基本

2013年12月1日• 道具や建物 『はしご』シリーズの4段目です。 両手の動きが同じなので、覚えやすいあやとりです。 【ポイント】親指にかかった下・・・ 2013年11月23日• 自然や生き物 完成した『カニ』は、『わらに入った納豆』や『おさげの女の子』にも変化する面白いあやとりです。 【ポイント】親指・・・ 2013年11月22日• 道具や建物 『はしご』シリーズの3段目です。 両手の動きが同じなので、覚えやすいあやとりです。 【ポイント】親指にかかった下・・・ 2013年11月19日• 連続あやとり 『鉄橋』から『かめ』、『ゴム』そして、『ヘリコプター(別名:飛行機)』へと技が連続する、連続あやとりです。 【・・・ 2013年11月17日• 道具や建物 『やさしいゴム』の作り方です。 紐が『ゴム』のように伸びたり、縮んだりします。 【ポイント】完成したら、手をすぼ・・・•

次の

あやとり紐の作り方は?素材、結び方は?昔遊びのすすめ|ハンドメイドで楽しく子育て blogs.redeyechicago.com

あやとり 基本

はじめに 1本のひもを輪っかに結べたらあやとりを行なう準備は完了です。 あやとりのひもが作れたら早速あやとりを作ってみましょう。 あやとりをやる際に重要なのが、基本の構え方をマスターすることです。 基本の構え方とはあやとりをする際にはじめの形をつくる際に行なう構えです。 この構え方は国によって様々あるようです。 ここでは、『日本の構え』『外国の構え』『ナバホの構え』の3つの構え方について紹介していきたいと思います。 どのような形を作りたいかによって構え方を変えていきますので、しっかりとマスターしておきましょう。 あやとりの基本の構え方 基本の構え方はあやとりで様々な形を作っていく際に、最初に行なう儀式のようなものです。 ここでは、3つの構え方について紹介していきますので、しっかりと覚えておきましょう。 【日本の構え方】• 親指と人差指の間に手の甲側からひもを通す。 薬指と小指の間に手のひら側からひもを通す。 反対側の手も手順1~2を行なう。 右手の中指で左手のひらのひもをとる。 左手の中指で右手のひらのひもをとる。 日本の構えの完成。

次の

あやとりの基本の構え方

あやとり 基本

こんにちはキューです。 この記事を書いている2018年1月22日の東京は記録的な大雪です。 やっと冬がきたという感じですが、通勤通学の方は大変ですね。 小股でチョコチョコがいいそうですよ。 マンホールの上は滑りますので避けましょう。 気をつけて歩いてくださいね。 うちの子が通っている小学校では、 一年生の三学期になると生活科でむかしあそび(昔遊び)の授業があります。 地域にもよると思います。 生活科とは、小学校1年と2年の間は理科と社会の代わりに、平成4年から変更されました。 また、3年生からは理科も社会もあり、総合(総合的な学びの時間)という教科が出てきます。 私が子供の頃にはなかった科目です、私も子供が小学生になってから初めて知りました。 今日はこの小学校で習う昔あそびとその中で準備が必要な あやとり紐の作り方をご紹介したいと思います。 その前にまずは昔遊びをご紹介します。 Contents• 色々な昔あそび パパやママも一度は遊んだことがある昔あそびって何があるか思い出せますか? けん玉、こま、おはじき、お手玉、ブンブンごま、 あやとり、メンコ、ビー玉は室内で出来る昔あそび。 竹馬や竹とんぼ、カンボックリ、羽子板などはお外で行う昔あそびですね。 懐かしですよね〜。 昔遊びにはいいことがたくさん 小学校の生活科での昔遊びの目的はなんでしょう? 文化の継承? それだけではないようですよ。 昔の遊びをおじいちゃん、 おばあちゃん、お父さん、お母さん、または先輩などの名人から聞いたり、教わったりすることでコミュニケーションをする。 誰よりも 上手になるんだ!という意欲が湧く。 出来た時の やったーという感動が味わえる。 子供は集中力があるので、あっという間に上手になります。 夢中になるってすごいですね。 また、 上手になって来年は新しく入ってきた1年生に教えてあげることもあるそうです。 今日は、女の子はもちろん、男の子も意外と夢中になる、あやとり紐の作り方をご紹介したいと思います。 あやとり紐の作り方 あやとり紐はつくる?買う? あやとり紐は100円均一にも最近は売っていますが、 編んでないただの毛糸や紐だと、ゴワゴワして、少しきつく、滑りが悪いものもあります。 なので手作りで 毛糸で編んだあやとりがおすすめです。 この 鎖編みで編む、あやとり紐の場合は伸縮性があり、手に馴染んで絡みにくく、滑りが良いのでとても使いやすいのです。 では、どのように編んで作るのかを説明していきます。 毛糸で作るあやとり紐の作り方と結び方 あやとり紐は毛糸をかぎ針で編んで作ります。 とっても簡単なので、練習すれば小学生でも出来ますよ。 まずはかぎ針と毛糸を用意します。 かぎ針、毛糸の両商品に目安が書いてありますので参照してください。 あやとり紐は鎖編みで編む かぎ針で編む鎖編みの仕方をご存知でしょうか? 小学校の頃にやったことあるけど、、、忘れちゃったな。 という方は楽天市場の毛糸ピエロさんの動画をぜひご覧ください。 鎖編みで編んでいくと慣れると10分くらいでも出来上がってしまいます。 どこまで編むの〜〜〜? あやとりの仕上がりの長さは? 編み方上がった時の長さが、 小学校1年生くらいだと140cmくらい。 あまり長すぎるとあやとりがしづらいので、基本の持ち方(親指と小指に通して広げる)をした時に、軽く脇を締めて手を広げたくらいの長さにします。 長さの目安は? 小さな子供用 : 140~160cm 大人用: 180cm 体格差がありますので結ぶ前に調節してください。 編み上がったら端の処理、結び方は? 編み上がりましたら、毛糸の先を10cmくらい残してハサミで切ります。 その端を最後の輪の中に引き抜きます。 結び方 端と端を結ぶのですが、あやとりの場合途中にひっかりがあるとやりづらいので、なるべく平らになるように結ぶ必要があります。 今回の あやとり紐は編んであるため、固結びがおすすめです。 固結びの方法は? わかりやすいように赤と白の毛糸で説明します。 1、まずは毛糸をクロスします。 2、次に白い毛糸を赤の下にくぐらせます。 3、その次に赤を手前にしてクロスさせます。 4、最後に赤を白にくぐらせて 5、キュッと引っ張れば、固結びの出来上がりです。 あやとりの紐の場合は、なるべく網目と網目のつなぎ目が開かないように結びます。 さて、結んだけどまだ端の毛糸が出ていますよね。 余った端の毛糸の処理は? かぎ針の細い方で編んである輪の中に何度か入れ込みます。 この方法が、 あやとり紐の結び目が引っ張っても取れず、あたりがあまりないのでスルスルとあやとり遊びが出来ますのでオススメです。 さっそく出来上がったら遊んでみたいですね。 お餅ぺったんというあやとりが、二人で交互に動かしてとても楽しいようで、うちの子達はハマってました。 この他にはた結びという結び方があります。 しかし今回の鍵編みのあやとり紐の場合は、はた結びだと、網目の端ギリギリを結ぶのがとても難しいのと、小さい結び目だと逆に段差ができてしまいます。 しかし編まないで、紐をただ結んで作るあやとり紐の場合は、はた結びがおすすめですので紹介します。 おまけで編んでいないあやとり紐の結び方 ただの編んでいない紐をあやとり紐にする場合は、なるべく小さな結び目にしなければいけないので、はた結び(はたむすび)にします。 これは 結び目が小さく、ほどけにくい結び方です。 はた結びの方法も毛糸ピエロさんのページに毛糸と毛糸の結び方という動画が乗ってましたので参照してください。 このはた結びは元々、機織(はたおり)糸を繋ぐ方法です。 編み物の時にも毛糸を途中で変える場合や、ロックミシンの糸交換にも使える方法ですので、ハンドメイド好きさんなら覚えておくといいですね。 まとめ まだ小学校に入学する前のお子さんも、あやとりは手先を使うので脳の発達にも役立ちそうですね。 小学校であやとり紐を準備してください、と言われることがあったらぜひ、今回の方法をお試しください。 昔あそびのハンドメイド第一弾でした。 次回は昔あそび第二弾、お手玉の作り方をご紹介したいと思いますのでお楽しみに。 Thank you!

次の