ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画。 映画『午前0時、キスしに来てよ』公式サイト

映画『午前0時、キスしに来てよ』公式サイト

ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画

演技がどうとか、ストーリーがどうとか。 そんなことはさておき。 みんな若くてかわいくてきれいでキラキラしてて。 それだけで笑顔になってしまった。 このおとぎ話の結末はどうなるのかと思ったけど、結構真面目で真摯な感じも良かった。 アイドルがみんなあんな高層マンションに住んでいるとは思わないが、今を時めくアイドルたちが「休みの日は家でゴロゴロ」とかいうのも納得できた。 しかしながら何より私が心を動かされたのは遠藤憲一さん。 若手の演技でともするとふわふわしたまま終わってしまいがちなところをびしっとしめてくれた。 あの表情と顔の皺。 でかい顔(失礼)。 あの皺の一つ一つがこの演技を力量を作り上げた、そう思えたら年を取るのもいいもんだ、と思えた。 妙なところで感動した映画でした。 ストーリーそのものはかなり王道で、恋愛モノが好きな方はキュンキュンすること請け合い。 否:ツッコむ気力もなくなるほど、ありえない展開が続いていくのはご愛嬌か。 ストーリーもかなり先読み出来てしまいそう。 こういったコメディタッチのラブストーリーだと、突拍子もない設定や展開についていけなかったりして、人によっては引いてしまったりすると思うんですが、こと本作に関しては、そういったことを言うことすら野暮だと思います(笑)。 それくらい、冷静に考えるとありえないような事件が次から次へとブッ込まれていくので、それが逆にかなり新鮮に感じます。 何というか、まるで誰かの恋愛妄想を丸々観ているような感覚でしょうか(笑)。 生真面目で純粋すぎるヒロイン・日奈々と、思わせぶり天然マイペースのスーパースター・楓。 ただ、 「ありえないでしょ!!」 っていうツッコみさえ置いておけば、そこで描かれていくのは極めて王道のラブストーリーです。 惹かれ合いながらも、境遇が故にすれ違ってしまう2人の恋路に、日奈々を想い続けてきた幼馴染み・彰や、楓の元恋人・柊の存在が、より一層物語を際立たせてくれます。 展開もありがちではありますが、出演者のファンの方は勿論、恋愛映画好きな方は必見の作品といえそうです。

次の

映画「午前0時、キスしに来てよ」の無料フル動画!スマホでダウンロード視聴!

ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画

解説 過去の記憶をなくした主婦、実は凄腕の特殊工作員と彼女によって事件に巻き込まれた私立探偵の冒険の旅を、ド派手なアクションの連続で描くアクション大作。 「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」のシェーン・ブラックが書き、ハリウッド史上最高値の四百万ドルで落札されたオリジナル脚本を、「カットスロート・アイランド」の監督レニー・ハーリン、主演ジーナ・デイヴィスの夫婦コンビ(その後離婚)で映画化。 製作はハーリン、ブラック、「トゥルーライズ」のステファニー・オースティンの共同。 製作総指揮は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のスティーヴ・ティッシュ、リチャード・サパースタイン、マイケル・デ・ルカ。 撮影のギレルモ・ナヴァロとスタント・コーディネーターのスティーヴ・M・デイヴィソンは、「デスペラード」「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のコンビ。 音楽は「フォレスト・ガンプ」のアラン・シルヴェストリがスコアを書き、ボニー・グリーンバーグの監修の下、ニナ・チェリーの『ウーマン』、マディ・ウォーターズの『マニッシュ・ボーイ』ほか、新旧の挿入曲が使われている。 美術は「ユージュアル・サスペクツ」のハワード・カミングス、編集はウィリアム・ゴールデンバーグ、衣裳は「セブン」のマイケル・カプラン、特殊視覚効果はジェフリー・A・オクン。 共演は「評決のとき」のサミュエル・L・ジャクソン、舞台で活躍し本作が映画初出演のクレイグ・ビアーコ、「クロッシング・ガード」のデイヴィッド・モース、「チェーン・リアクション」のブライアン・コックスほか。 1996年製作/121分/アメリカ 原題:The Long Kiss Goodnight 配給:ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ ストーリー 8年前、ニュージャージー州の浜辺で倒れていたサマンサ・ケイン(ジーナ・デイヴィス)は、全ての記憶を失っていた。 以来彼女は小学校の教師をしながら、優しい夫ハル(トム・アマンデス)と8歳の娘ケイトリン(イヴォンヌ・ジーマ)と幸せな日々を送っていた。 ところが、クリスマス・イヴに交通事故に遭い、その衝撃で断片的に記憶が甦る。 退院したサマンサをある夜、片目の男が襲撃するが、彼女は無意識のうちに体が反応して戦い、相手の首をへし折ってしまう。 不安に陥った彼女は、自分の過去を調査するために雇った私立探偵のミッチ・ヘネシー(サミュエル・L・ジャクソン)と共に、失われた記憶を探す旅に出た。 2人はまず、サマンサ宛の手紙を手掛かりに、ネイサンという人物と連絡を取り、駅で待ち合わせる。 そこへ突如出現した武装集団が彼らを襲うが、サマンサは身に覚えのない射撃のテクニックで敵と渡り合い、窮地を脱する。 そこへネイサン(ブライアン・コックス)が現れ、サマンサの素姓を明かした。 実は、彼女はチャーリーと呼ばれていたCIAの暗殺専門の特殊工作員で、8年前の任務遂行中に死んだものと思われていたという。 ネイサンの話を信じない2人は、手掛かりを握るルーク(デイヴィッド・モース)という男の農場へ向かうが逆に捕まり、ネイサンも殺されてしまう。 サマンサは拷問によって生死の境を漂ううち、記憶を取り戻す。 超人的な射撃の腕でルークの息の根を止めた彼女は、全てを思い出した。 ルークの正体は武器商人のディダラスで、片目の男ジャックはその部下だった。 8年前、ディダラスや彼と結託する巨大犯罪組織のボス、ティモシー(クレイグ・ビアーコ)を暗殺する命令を受けた彼女は、上司のCIA局長パーキンス(パトリック・マラハイド)が彼らの黒幕であることを知ったために殺されかけ、断崖から転落したのだった。 パーキンスとティモシーはサマンサを亡き者にせんと、彼女の愛娘ケイトリンを誘拐。 パーキンスは冷戦終結後の情勢の変化によって弱体化したCIAを憂い、アラブ人ゲリラの仕業に見せかけた爆発事故を起こすことによって、対テロ用の予算の獲得とCIAの存続をもくろんでいた。 脱出したサマンサとミッチは死に物狂いで戦うが、時限爆弾と化したタンクローリーはケイトリンを乗せたまま暴走する。 サマンサは力尽きて倒れるが、間一髪、ミッチが母娘を救出。 サマンサはティモシーを倒し、3人は大爆発の中を脱出した。 パーキンスは反逆罪で告発され、ミッチはヒーローとなり、サマンサはまた元の生活に戻った。

次の

映画『午前0時、キスしに来てよ』公式サイト

ご せん れ いじ に キス し に き て よ 映画

スターと女子高生の恋という設定がとても面白くて、描かれている芸能界の描写がすごくリアルだなと感じました。 そして、自分が国民的スターを演じさせて頂くということに僕自身が一番驚いてます。 いつかそんな存在になれるよう目指している最中だからこそ、いま現在の"片寄涼太"としての、日々のどんな瞬間も役づくりにつながると感じています。 楓はカッコよくもあり可愛さもあり、大人っぽくもありまた幼さもあるという1番ズルいタイプの男性です 笑。 正直不安もありますが、楽しみながら最大限に表現できたらと思います。 橋本環奈さんとは初共演となります。 楓が日奈々のことにたくさん興味を持って惹かれていくように、自分も橋本さんのいろんな面に興味を向けて、意気投合しながら演じていけたらなと思っています。 今まで恋愛をテーマにした作品に関わらせて頂く機会が多かったのですが、そのどの役とも違う魅力を楓として表現することが目標です。 新城監督のもと俳優としても、大きく成長できる作品にしたいと思います。 JKの鑑だと言われている真面目な日奈々は、実は妄想家なむっつりで夢見がちな女の子。 原作者のみきもと先生のファンでもともと拝見させて頂いていたんですが、私には無い性格や魅力を持ったキャラクターなので、オファーを頂いた時は驚きました。 日奈々の真面目だけどむっつりな部分は原作同様、出せていけたらなと思います。 片寄涼太さんは、綾瀬さんのようなリアルなスター感がぴったり!という印象で、初めて共演させて頂くのでとても楽しみですし、綾瀬さんと日奈々の関係を一緒に作っていけたらと思います。 大人しい性格の日奈々を演じることで、新しい自分に出会える作品になるのではないかなと思いますし、いわゆる王道の恋愛映画なので、現実ではありえないようなドラマチックなシーンを演じることに今からワクワクしています。 一度は妄想してしまう芸能人との恋愛、そしてほとんどの人が一度は経験する幼馴染や同級生との恋愛。 この二つを天秤に掛けた題材がすごく面白いと思いました。 今まで恋愛系の漫画をそれほど読んだ事がなかったんですが、一日で全巻読んでしまうほど原作に夢中になりました。 ずっと日奈々の側にいて、日奈々の気持ちが良く分かり、誰よりも日奈々に対する想いが強い彰を演じるために全力で日奈々に恋をしようと思います。 片寄涼太さんはまさに綾瀬楓のようになんでもできる王子様のような方という印象があります。 橋本環奈さんは自分の意志をしっかり持っている方という印象です。 お二人からたくさん学ばせていただきたいです。 そして、彰役としてたくさんお二人の気持ちを揺さぶっていきたいです。 芸能人と一般女子高生との恋愛、これは誰しも女性が夢見る永遠のテーマだと思います。 本作は極めて王道のシンデレラストーリーを描いており、夢のようなきらめきが沢山詰まっています。 片寄涼太さんは、アーティストとして説得力があり、最近はドラマ出演でも話題になりました。 飛ぶ鳥を落とす勢いはまさに楓を彷彿とさせます。 自分自身に近いからこそ、分かる役作りもあれば近いからこそ逆に難しい部分もあると思います。 自分の壁と向かい合い、一歩づつ超えていく片寄さんの姿は、決して才能だけではなく、努力する事でスーパースターになった原作の楓と重なります。 橋本環奈さんは、美少女ですが映画やドラマで振り切った芝居や変顔も厭わないなど、コメディエンヌとして活躍しています。 原作の日奈々も優等生ですが実は妄想好き、このギャプを橋本さんなら活き活きと演じて頂けると思っています。 等身大のラブストーリーへの挑戦は、こんな橋本環奈さん見た事が無いという驚きを皆さんにお届け出来ると思います。 眞栄田郷敦さんは、初めてオーディションでお会いした時に、内に秘めている真の強さを感じました。 それは、一途に幼馴染を支える彰と似ている様に思いました。 スーパースターのライバルという役は大変だとは思いますが、今後活躍していく彼の代表作になれば良いなと思ってます。 憧れと、恋をする喜び、そして恋を知った痛みや成長を最高にポップなラブコメディに描ければと思います。 多くの女性が、夢中になって、夢をみて頂けたら嬉しいです。 0キスは実写化をするのが難しいと思っていたため度々お断りしていましたが、この企画に取り組んでくださる方々の熱意を受けて、実現させていただくことになりました。 とはいえ読者さんがどう感じられるかを気にして、本当にぐるぐる色んなことを考えて考えて知恵熱が出そうでした。 一方でメディアミックスの醍醐味は様々な要素が重なり合って生み出される宝石箱のようなより煌めきを増した作品を沢山の人にお届けできること、と個人的に捉えているので、それは0キスの「夢の世界へ連れて行く」というテーマと通じています。 自分にとって映画とは好きすぎるが故に聖域であり、なくてはならないものなので、それを製作する方々には最大のリスペクトを感じているため声をかけていただいたことをとても光栄に思います。 私には私の、読者さんには読者さんのイメージがあるように、映画という最高峰のエンターテイメントバージョンがあるのも夢が広がって素敵なことだと純粋に思いました。 片寄涼太さんのスター性、橋本環奈さんの麗しさで(一般人の役なのに画面にでるたび見惚れちゃうから困りますが)臨場感のある三次元のキュートな世界を体験出来るかと思います。

次の