無印 良品 スタンド カラー シャツ。 無印良品の服おすすめコーデ7選!レディースファッションの着こなし方も

無印良品の服おすすめコーデ7選!レディースファッションの着こなし方も

無印 良品 スタンド カラー シャツ

ベーシックなカラーが多いので普通のジーンズやチノパンには確実に合わせやすいです。 ホワイトを買い足そうか検討中…。 裾の形に一目ぼれ このシャツに限らず無印のスタンドカラーシャツは裾が四角状になっているスクエアテイルを採用しているものが多数見られます。 全てかはわからない 個人的な意見ですが襟のボリュームが無い分、裾が長いとバランスが悪く感じるのでこのシルエットを見た瞬間に購入を決めました。 一枚で着るのはもちろん、シルエットがアウターの様な雰囲気もあるので羽織りものとしても優秀です。 ユニクロのスタンドカラーシャツも検討しましたが裾が長いため却下。 昔からそうだけどユニクロのカジュアルシャツは裾が長すぎませんかね。 夏でも快適なブロード素材 オックス素材の同じシリーズのシャツの白を持っていますが夏だと暑いし洗濯後のアイロンが面倒で…。 その分こちらのシャツは多少しわは残りますが許容範囲。 仕事で着るのであれば話は別ですが、ブロード素材なのでオックス生地ほどがっつりアイロンかけなくてもしわが取りやすいので管理も楽です。 洗濯後のしわはそこまで目立たず。 めがねのまとめ 流行のピークは大分前に去りましたが定番になりつつあるスタンドカラーシャツ。 先日記事にしたユニクロのエアリズムUVカットカーディガンとも相性がよろしいです。

次の

【無印良品】トレンド感!スタンドカラーシャツ購入 ^ ^

無印 良品 スタンド カラー シャツ

シャツワンピ、無印のものに買い替えたんだけど、かっこよくてお気に入り。 新品はパリッとしていますが、洗濯をすると深みのある柔らかな風合いになっていきます。 スタンドカラーでゆったりとしたシャツワンピなので、カッチリしすぎることなく、様々な着こなしができるでしょう。 淡色は透けやすいので、ペチコートやレギンス等を合わせると安心して着られますね。 風合いを守るために、淡色のものは蛍光増泊剤入りの洗剤を使わないよう気を付けましょう。 口コミにもありますが、麻100%のワンピースで¥4,990という値段は、なかなか他では見られません。 さすが無印良品といって良いでしょう。 オーソドックスな形で、着回ししやすいスタイルです。 デニムやレギンスとの組み合わせもおすすめです。 左右の切込みが控えめなので、足をあまり出したくないという人でも着やすいでしょう。 スタンドカラーが多い無印良品のシャツワンピですが、こちらは通常の襟のあるタイプです。 ゆったりとしていて、少し抜き襟をして着ると簡単に抜け感が出ておしゃれに見せられます。 洗えば洗うほどに味わいが出てくるので、風合いの変化も楽しみましょう。 デニムといっても暑い生地ではないので、真夏以外は通年着られる素材です。 膝下10cm程の丈感で着やすいので、ワンピースとしてはもちろん、羽織として着るのもおすすめです。 襟はスタンドカラーなので、よりカジュアルな雰囲気になっています。 QUOTE 夏から秋への季節の変わり目にちょうどいい綿素材のシャツワンピース。 ダークトーンで秋らしさを加えつつ、暑さが残るいまの時期にもいい素材。 引用元:livedoor blog インド綿デニムスタンドカラーワンピース 婦人 値段 ¥4,990 サイズ XS~S、M~L カラー ダークネイビー、ネイビー 出典: オールブラックのシンプルな着こなしに、ダークグレーのシャツワンピを羽織ったモノトーンスタイルです。 男性でも着れそうなジェンダーレスコーデですが、袖を少しまくって手首を見せるのが女性らしさを出すポイントです。 シルバー系のアクセアリーをプラスしても素敵でしょう。 無印良品のシャツワンピは着こなし色々! 無印良品のシャツワンピは、アパレル業界でも注目の再生繊維を使ったり、オーガニックコットンを使ったりしています。 どれも素材にこだわって作られているので、肌触りの良さが自慢です。 デザインはシンプルでナチュラルなものが多いので、1枚できるのはもちろん、デニムなどの他のアパレルアイテムとも合わせやすいのが特徴です。 無印のアパレルはシャツワンピ以外も名品揃いなので、ぜひ下記の記事も参考にコーディネートしてみましょう。

次の

無印良品から「チャイナシャツ」が新発売!!「価格」や「生地の透け具合」など、画像を使ってわかりやすくレビューします!!│MujiFan

無印 良品 スタンド カラー シャツ

2児の母として子育てに励むライターママ。 生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。 子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。 物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。 ブラウスの選び方 女性らしさを引き出すベーシックアイテム フォーマルなファッションに欠かせないブラウス。 通勤着やおしゃれ着など幅広いコーディネートに合わせられるため、私のクローゼットにも何着か揃っています。 しかしベーシックなファッションだからこそ、新しいものを買うときは慎重になってしまうもの。 今回は女性らしさをアップさせるブラウスの選び方をご紹介します。 襟のデザインで印象が変わる! ブラウスはもともと、上流階級の女性が着ていたファッション。 ワイシャツとよく似た形をしていますが、明確な違いは柔らかい素材で作られている点です。 ボタンも男性用のシャツと違って、女性用ブラウスは左前に着けるのが基本。 これは女性がメイドに着せてもらっていた際の名残だそうですよ。 ブラウスを選ぶときは、まず素材をチェック。 絹や麻といった軽いものをはじめ、最近ではポリエステル、レーヨンのような化学繊維を使用したものも増えています。 透け感のあるブラウスも多く、カラーを問わずインナーは必須。 どれも軽くて着心地がいいですが、秋冬は薄着になるためアウターが欠かせませんね。 続いては、襟元のデザインについて。 ワイシャツと同じスタンダードな襟のほかに、角が丸くなったラウンドカラー、首元のVラインを見せる開襟など様々なバリエーションに分けられます。 襟のないノーカラーシャツは、開放感のあるカジュアルな雰囲気。 反対に首元の詰まったスタンドカラーならクラシカルで上品な印象になりますよ。 暑い季節のブラウスは、やはり通気性や肌触りが大事。 もともと薄さが特徴ではありますが、汗をかいたときのために乾きやすさも確かめておきましょう。 私はどんなに暑い日もちゃんとしたコーディネートをしたいため、今回は無印良品で「乾きやすいスタンドカラーブラウス」のダークグレーを購入してきました。 身長160cm、体重46kgの女性が着用 「乾きやすいスタンドカラーブラウス」を買ってみた 価格は? 同商品は、夏にピッタリなスタンドカラーのブラウス。 サイズはワンサイズですが、胴回りにゆとりのある形なので体型問わず着られます。 価格は4990円(税込)と少しお高め。 しかしお値段相応の質感なので、パーティーなどの改まった場面で着ても問題なさそうです。 特徴は? ブラウスの生地には、速乾性に優れた素材を使用。 さらりとした肌触りも着心地抜群ですよ。 ラフに着られる1枚でありながら、スタンドカラーで上品な印象に。 襟元以外のボタンを隠す2重構造のボタンホールもほかにはない珍しいデザインです。 ボタン自体はとても小さいですが、布が柔らかいのでスムーズに開閉できました。

次の