レクサス ev。 レクサス、EVコンセプト『LF

おそるべきレクサスの新車攻勢!! 新型EVやあの超豪華ミニバンも導入!!

レクサス ev

急速充電ポートが車体右側に、普通充電ポートが同左側に備わる。 シフトバイワイヤを採用したセンターコンソールなど、すっきりとしたEVらしい操作系を目指したという。 床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせ、静粛性を向上。 専用アプリによりスマートフォンとも連携。 バッテリー残量や走行可能距離表示なども手元で確認できる。 アクティブサウンドコントロール(ASC)の採用により、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境を実現したという。 UX300eは、コンパクトクロスオーバー「UX」をベースに開発されている。 GA-Cプラットフォームを用い、ブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力最適化など、EV化による運動特性の変化に合わせ細部までチューニング。 低重心化や前後重量配分、慣性モーメントの最適化などにより、優れた運動性能を有するという。 最高出力204PS、最大トルク300N・mのモーターをフロントに、54. 3kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを床下に配置し、満充電からの航続可能距離は400km(NEDCで計測した数値)となる。 ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングや、4段階から選択・設定できる減速度によりガソリン車のエンジンブレーキと同様の減速操作が行えるなど、EVの特性を最大限に生かしながら自然な操作性を実現したと、トヨタでは走りの特徴を説明している。 バッテリーには、低温/高温下でも正常に動作するよう温度調整機能が備わり、過充電防止システムも搭載される。 専用アプリによるスマートフォンとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離の表示、充電の要/不要の確認ができるほか、充電完了時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定したりすることもできる。 さらにエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外から稼働させられるなど、最新のコネクティッド技術による高い利便性もセリングポイントとされている。 UX300eは、2020年以降に中国や欧州において順次発売され、日本では2021年前半に発売予定。 (webCG) 関連キーワード: , , , ,.

次の

レクサスCTが2021年にモデルチェンジ SUVタイプの電気自動車になる可能性も

レクサス ev

急速充電ポートが車体右側に、普通充電ポートが同左側に備わる。 シフトバイワイヤを採用したセンターコンソールなど、すっきりとしたEVらしい操作系を目指したという。 床下バッテリーに遮音壁としての機能を持たせ、静粛性を向上。 専用アプリによりスマートフォンとも連携。 バッテリー残量や走行可能距離表示なども手元で確認できる。 アクティブサウンドコントロール(ASC)の採用により、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境を実現したという。 UX300eは、コンパクトクロスオーバー「UX」をベースに開発されている。 GA-Cプラットフォームを用い、ブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力最適化など、EV化による運動特性の変化に合わせ細部までチューニング。 低重心化や前後重量配分、慣性モーメントの最適化などにより、優れた運動性能を有するという。 最高出力204PS、最大トルク300N・mのモーターをフロントに、54. 3kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを床下に配置し、満充電からの航続可能距離は400km(NEDCで計測した数値)となる。 ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングや、4段階から選択・設定できる減速度によりガソリン車のエンジンブレーキと同様の減速操作が行えるなど、EVの特性を最大限に生かしながら自然な操作性を実現したと、トヨタでは走りの特徴を説明している。 バッテリーには、低温/高温下でも正常に動作するよう温度調整機能が備わり、過充電防止システムも搭載される。 専用アプリによるスマートフォンとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離の表示、充電の要/不要の確認ができるほか、充電完了時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定したりすることもできる。 さらにエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外から稼働させられるなど、最新のコネクティッド技術による高い利便性もセリングポイントとされている。 UX300eは、2020年以降に中国や欧州において順次発売され、日本では2021年前半に発売予定。 (webCG) 関連キーワード: , , , ,.

次の

トヨタ自動車、2020年にレクサスUXベースの「EV」を国内で生産開始?

レクサス ev

今回の公開は昨年11月の広州モーターショーに次ぐもので、今春の中国を皮切りに今夏に欧州、2021年前半に日本での発売が予定されています。 レクサス初のEV「UX300e」のエクステリア 「UX300e」はGA-Cプラットフォームの前部に最高出力204ps、最大トルク30. 6kgmを発生する高出力モーターを搭載しており、リチウムイオンバッテリー(容量54. モーターやバッテリーなどの重量物を車体下部に配置することで重心を下げており、前後重量配分や慣性モーメントの最適化などにより、優れた車両の運動性能を実現。 EVならではの滑らかな加速フィーリングを追求しています。 静かなEVだけに、気になる風切り音や砂跳ね音に関しても、遮音を徹底することでレクサス品質を実現。 専用アプリによるスマートフォンとの連携で、バッテリー残量や走行可能距離を表示。 充電の必要有無を確認できるほか、充電完了までの時間を把握したり、出発時刻に合わせて充電が完了するようタイマーを設定することが可能になっています。 レクサス初のEV「UX300e」のエクステリア そうした背景から、CO2削減の観点で今後は中国以外においてもEV市場の拡大が急務となっています。 (・画像・動画:Lexus、ジュネーブモーターショー) 【関連記事】 レクサス初となるEV 「UX300e」の生産準備がトヨタ自動車九州で着々と進行中 【関連リンク】 Lexus UX ジュネーブモーターショー2020 by カテゴリー : , , , , タグ : , , , ,.

次の