梅酒の梅 ドライフルーツ。 梅酒に使った梅の実を食べよう!超簡単な活用法「梅のドライフルーツ」レシピ

梅酒の梅は再利用できる?子供でも食べられるアルコールの飛ばし方は?

梅酒の梅 ドライフルーツ

スポンサーリンク 梅酒の梅のおいしい食べ方 梅酒や梅シロップが完成した後に残った梅はエキスがシロップに出てしまっていますので、しわしわになっています。 実は梅酒の実なら食べられる率はかなり高いのですが、 筆者の経験によると梅シロップの場合は一見果肉が残っているようでもスッカスカのカッチカチになって皮と種しか残っていない事がほとんどなので、食べられる実がありません。 梅酒の場合、果肉が残っているので梅の実をかじってみると結構おいしいです。 そのままカリカリ食べるだけでも十分な位です。 こんな風に食べられますので、梅酒を漬けた後の梅の実は捨てたらもったいない! さらにもっと実が柔らかければおいしいはずです。 という事で、まずは梅の実を柔らかくしてみましょう。 梅酒の梅の実を甘露煮にする シワシワで固い梅をそのまま食べるより、柔らかい実の方がおいしいし食べやすいですよね。 そんな時は失った水分を実に戻してやわらかい甘露煮にしてみてはいかがでしょうか。 梅酒に使った梅の実はアルコール分を含んていますので、お子さんがいたり車の運転をする事が多いなら加熱してアルコールを飛ばしておいた方がいいですよ。 梅の実 適量• 砂糖 梅の実の半分の重さ• 水を梅がひたひたになる位入れて、やわらかくなるまで煮ます。 火にかけて沸騰してきたら弱火にしましょう。 火力が強いと梅の皮がはがれますので注意です。 水分が蒸発して少なくなったらまた水をヒタヒタになる程度まで加えて、 梅がやわらかくなるまでじっくり煮ていきましょう。 途中でアクが出たら取ります。 砂糖を入れるタイミングがポイントです。 実をそのまま食べても、ヨーグルトと一緒に食べてもゼリーに丸ごと入れてもおいしいです。 梅酒や梅シロップの梅の活用法 梅の実をそのまま食べたり甘露煮にして食べてもおいしいです。 ただ、梅酒を作る時には結構たくさんの梅の実を使っていますね。 それを1個ずつ食べて消費するには時間がかかりますし飽きてしまったりします。 そこで、梅酒の完成後に残った実の使い方のバリエーションをご紹介します。 カレーに入れる そのまま梅をカリカリかじって食べる以外に簡単なのはカレーに入れる事です。 種を取った梅の実を2~3個カレーに入れて煮込むとコクが出ます。 また、梅の実を福神漬けやラッキョウ代わりにトッピングしても合います。 ペースト状にして活用 梅の実は梅酒やシロップから取り出したままの実でも甘露煮にした物でも構いません。 アルコールが心配なら甘露煮にしてからペーストにした方がいいですし、煮ると梅の実が柔らかくなるので種を取りやすくなりますよ。 ペーストにするには種を取ってフードプロセッサーで実をペースト状にします。 フードプロセッサーがなければ細かくみじん切りに。 ジッパー付きの袋に密封して入れて冷凍保存もできます。 これを梅ゼリーに使ったり、かき氷に梅シロップと一緒にかけたりします。 梅酒や梅ジュースに混ぜるとネクターみたいになります。 また、ドレッシングに使ったり、揚げ物や魚、鶏肉、豚肉料理に合うソースにもなりますよ。 ペーストにした梅の実 3個分(大さじ3杯半くらい)• 水 大さじ4杯• オリーブオイル 大さじ4杯• 酢 大さじ2杯• 塩 味を見ながら小さじ1杯位 これらをよく混ぜれば完成! 梅の実をカレーに入れたりペースト状にするには種を取らなくてはいけません。 包丁で1個ずつ実を削ぎ落して…面倒ですよね。 そんな時に種取り器があると便利ですので、たくさん梅の実がある場合はあるといいかもしれません。 コツをつかむと楽に種が取れます。 梅ジャム 梅の実を食べてみて味が抜けて美味しくなければ思い切って捨てるという手段もあります。 でも、捨てるのはもったいない…そう思ったら梅ジャムにするのはいかがですか? ただ、ジャムにする時は通常は鍋で煮詰める前に種を取らなくてはなりませんが、これが結構めんどくさい… そんな場合、こんな作り方はいかがでしょうか。 梅酒を作った後の梅 500g• 水 100ml• これだとちょっと手間が省けますよ。 ちなみにジャムの保存期間は冷蔵庫で約2週間です。 ジャムはパンに塗る以外にもヨーグルトに入れたり 豚の角煮やチャーシューの味付け、さんま、鰯の煮付けに活用できます。 例えばこんなレシピとか こんなのもできます。 香りが出て美味しいですよ。 またはゼリー液にペースト状にした梅の実を混ぜて固めます。 これからの季節にピッタリのデザートになります。 作った梅酒でゼリーを作ってもいいのですが、やっぱりアルコールがありますので、別途作った梅シロップを使うか市販の梅ジュースを使ってゼリーを作るといいです。 スポンサーリンク 梅酒の梅の保存の仕方 梅酒を作る時にはたくさんの梅の実を使いますね。 梅酒の完成後にこれらの梅の実をすぐに消費するのは難しいです。 保存方法や期間についても確認しておきましょう。 梅酒の梅はずっと梅酒に入れっぱなしで保存する事ができます。 1年~2年と梅酒を飲み切るまでは普通に保存できるのが一般的です。 ただしこれは梅の実が保存瓶の底に沈んている時です。 浮いている実は空気に触れている部分からカビが発生しますので、取り出して下さいね! では、後で梅ジャムでも作ろうと思って梅酒から取り出しておいた実はどう保存するのか? 取り出した梅の実は、乾燥させた清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存した方が安全です。 筆者の家の場合、冷蔵庫で約2か月は問題なく保存できていましたよ。 ちなみに甘露煮にした場合は約半年保存できました。 もちろん冷凍する事もできますが、その場合は甘露煮にしたりフードプロセッサーでペースト状にしてからの方が使い勝手がいいですよ。 冷凍した場合の保存期間は約1年です。 最後に 梅酒の梅の実もそのまま食べたり料理などに再利用したりと使い道はあります。 エキスは梅酒に奪われていますが、実もいい働きをしてくれます。 いずれにしろ果肉が残っていないとおいしくないし使えません。 何か作る前に一個食べてみて使えるか確認して下さい。 ただ捨てるのはもったいないですので、梅の実も上手く活用してみましょう! その他の梅しごとに関する疑問やトラブルに関してはこちらにまとめてあります。 ご覧ください。

次の

梅酒を漬けた梅どうしてる?美味しい活用法をご紹介

梅酒の梅 ドライフルーツ

また、1日陰干して出来上り! 作業を楽にするコツは? 梅の実と梅酒を分けてから、 実をそのまま半日陰干しする作業 がありますが、これが結構大切です! ある程度水分が抜けてからの方が、断然種が取りやすくなるんです。 以前私は、すぐに種を取り除こうとして、悪戦苦闘しました😣 かなり実が種に付いてしまい、もったいないことに…。 なので、この作業を省かないで下さいね。 あと、梅酒に漬かっている時間が長ければ長いほど、種が実離れしにくくなります。 漬けて数ヵ月で取り出したものなら、半日陰干しした後、包丁で切り込みを入れなくても、ブチュと押し出せば、種が出てきますよ。 ドライフルーツの硬さはお好みで 最後の陰干し期間は、お好みで短くしたり、長くしたりして調節してみて下さい😉 短ければ、ソフトな仕上がりです。 ただ、 半生だとカビが生えやすいですし、アルコール分も多少残ります。 逆に、長く干すと、アルコール分はほぼ飛び、日持ちも良くなります。 でも、食感が固くなってしまいます…本当にお好みですね😊 ちなみに、 保存する際は、乾燥剤を入れた保存袋で。 これからの季節は、高温や多湿になりやすいので、冷蔵庫で保存した方が良いですね。 私がドライフルーツに行き着くまで 私の実家でも、親が毎年梅酒を楽しんでいたようですが、後で聞くに、漬けた実は捨ててしまっていたとか。 でも自分で作るようになると、どうにも愛着がわき、実も捨てられない! 「そのまま」食べてみたものの…ものすごくアルコールが強くて、美味しくないというのが正直な感想😅 スポンサーリンク では「ジャム」に!と思ったところが、手間が結構かかります😣 実から種を取り出した後も、時間をかけて下ゆでしたり、その後刻んで、ようやく砂糖と煮る段階でしょ。 合わせて、取り扱い方などもご紹介です😊 青梅の栄養・効能は? クエン酸を始め、さまざまな有機酸(リンゴ酸・コハク酸・酒石酸など)を含んでいます。 クエン酸は、糖質の代謝を促し、体内を活性化させ、疲れにくい体にしてくれたり、 疲労回復 にも役立ちます。 また、カルシウムや鉄の吸収を助けたり、新陳代謝を促して老廃物を排出してくれることで、 むくみ解消や美肌効果も。 女性の味方ですね😆 更に、梅酒など加工後のエキスには、青梅の糖とクエン酸が結合した「メフラール」ができるため、血流を改善させ、動脈硬化など 生活習慣病予防にも役立ちます。 特に梅干しは、食欲増進作用に効果があって、唾液の分泌を促したり、 胃液や消化酵素の分泌を高め、消化を助けてくれます。 新鮮な物の選び方は? まずは大きさ。 2L以上の方が果汁が多く、エキスも良く出るのでお勧めです。 見た目は、シワがなく、つやがあって、みずみずしいもの。 持ったときに、実が引き締まっていて、固い感じがします。 多少のすり傷なら良いですが、基本的には傷がないものがベストで、色も青々として変色していないものを選ぶようにして下さいね。 青梅の下ごしらえの方法は? 青梅は、 生の状態では「毒性」があるため、食べることができません。 必ず加工する必要があります。 甘露煮や梅酒、梅シロップ、梅干しなど、それらを作る前に、以下のような「下ごしらえ」をして下さいね。 青梅の保存方法は? 収穫後にどんどん追熟が進んでしまうので、買ってきたらすぐに使うことをお勧めします。 少しだけおいておきたい場合は、冷蔵庫には入れずに、くしゃくしゃにした新聞紙にくるんで、冷暗所で保存して下さいね。 冷蔵庫に入れると、低温障害を起こし変色 してしまいます😱 青梅が傷んでしまった時の状態&取扱いは? 青梅が傷むと、黒や茶色の斑点が出て来たり、一部ゼリー状になったり、表面がジュクジュクしてきます。 また、なり口に白いフワフワしたカビが生えていたり、低温障害を起こして、茶色く変色したものも良くありません。 ちなみに黄色や赤みがかってきたものは、完熟に向かってきた証拠で、傷んでいるわけではありませんので、ご注意を! 傷んだ青梅を加工すると、他のきれいな青梅に傷みが移ってしまったり、梅酒やシロップが濁ってしまうことがあります。 傷んだ部分を取り除いて使う方もいますし、傷んだ実は取り除いてしまう方もいますね。 また、黒や茶色の斑点やゼリー状になっている程度なら、梅干しを漬けるには問題ないという方もいます。 やはり新鮮な(きれいな)物を使うのが一番はありますね。 ~青梅には、疲労回復や食欲増進、体内の中和など、私たちの体に役立つ栄養素が豊富です。 梅酒を作った後に捨ててしまうのは、本当にもったいないですよね。 今回ご紹介した「梅のドライフルーツ」なら超・超簡単! ヨーグルトに入れて、柔らかくして食べるも良し、ちょっと口寂しいときはそのままパクッ😋 甘酸っぱい味わいとドライフルーツ特有の食感で、1粒でもゆっくり楽しめますよ🎵 ぜひご活用くださいね。

次の

梅酒に使った梅の実を食べよう!超簡単な活用法「梅のドライフルーツ」レシピ

梅酒の梅 ドライフルーツ

梅酒の梅は栄養が残っている?再利用できる? 梅酒で使われる梅にはあの小さな一粒で、 リンゴに含まれる約6倍の鉄分と約4倍のカルシウムが含まれているのをご存知でしたでしょうか? またこれらの他にもビタミン、ミネラル等の栄養素も豊富に含まれています。 そして梅といえばその酸っぱさの素となっているのが「クエン酸」です。 クエン酸には、疲労回復 ・食欲増進 ・老化防止 といった効能があるとされているので、 一粒で沢山の栄養を摂取できる食べ物ですね。 昔の人は 「梅はその日の難逃れ」 と言っていたようですから、古くから栄養が豊富として知られた食べ物だったと考えられます。 ところで、そんな栄養豊富な梅を使った梅酒。 果たして梅酒に使った梅には栄養は残っていないのでしょうか? 梅酒に漬け込んだ梅というのは栄養分は梅酒に出てはいますが、それは全て出ているわけではないそうです。 梅酒の梅にも栄養分は残っているのですね。 だからというワケではありませんが、最近 「梅酒の梅」 というのが売られているらしい。 やはり梅酒の梅は捨てずに再利用したほうが、美味しくて健康にも良くて一石二鳥なんですね~。 梅酒の梅のアルコールを飛ばして、ジャムやドライフルーツを作る方法 梅酒の梅にも栄養があるというのが分かったところで、次はそんな梅を使いお子さんから高齢者まで幅広く使えそうなジャムやドライフルーツの作り方をご紹介します。 煮込んだり、天日干し、焼くことでアルコールは飛ぶので、子供でも食べることができます。 ちなみに分量は目安なので、お好みで量を調節してください。 ドライフルーツというと固めの食感をイメージするかもしれませんが、今回はお子さんや 高齢者の方が食べやすいように半生な感じのセミドライタイプをご紹介してみました。 このレシピを教えてくださった方のおうちでは、子供達の梅酒の時期の定番となっているそうです。 梅ジャムはトーストやヨーグルトに。 ドライフルーツはおやつ代わりに。 梅ジャムと梅ドライフルーツを作ってみたいと思います。 梅酒の梅の再利用法、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の