作文 用紙 かぎ かっこ。 作文の小さい『つ』最後や一番上の位置で大丈夫?原稿用紙の書き方

原稿用紙の書き方!かぎかっこの使い方をご紹介します!

作文 用紙 かぎ かっこ

スポンサーリンク 作文の書き方(基本) まずは、作文の書き方をしっかりと覚えておきましょう。 そうでなければ、どうして最後の行にダメな文字があるのかも分かりません。 一行目の『題名』は、三文字空けてから書き始めます。 二行目の下に『苗字』と『名前』を記入します。 ただし、『苗字』と『名前』の間に一マス、『名前』の下も1マス空けます。 三行目から本文となります。 行の始めは一マス空けるようにしましょう。 括弧と『。 』の関係 括弧『「」()』と句読点『。 』の関係について解説します。 括弧と句読点の『。 』は別々のマスに記入しても良いですが、一緒に記入しても間違いではありません。 会話の書き方 会話を表現するときには、「」を使います。 会話を書き出すときは、 必ず改行してください。 (次の行から書き始める) また、会話の場合は行を改めても一マス空ける必要はありません。 作文の一番上の位置がダメなもの では、作文の一番上の位置にくるとダメなものを解説します。 それは、 句読点『、。 』括弧『「」()』です。 こういったものが作文の一番上にきてしまうと、今まで読んでいた文章の区切りが分かりづらくなります。 そのため、一番上にきてしまうときには、最後のマスの文字と一緒にして書きましょう。 作文の小さい『つ』は最後や一番上の位置で大丈夫? では、作文の小さい『つ』は、最後や一番上の位置で大丈夫でしょうか? 作文では、小文字『つ』『や』『ゆ』『よ』を最後や一番上の位置につけても問題ありません。 実は、書き方も二通り存在し、句読点や括弧のように文末の文字と一緒に書き記すこともできます。 ただし、 小文字、括弧、句読点を最後のマスに単体で記入する書き方(他の文字と一緒に入れない)を目指したほうが綺麗な文章に見えます。 前後の文章に書かれている言葉を別な言い換えにするだけで、一文字を調節することは簡単なので、ワンランク上の作文を書くことができるのです。 原稿用紙(作文)の文章を長く書くコツ 「作文を長く書くことができない」「読書感想文で何を書いたら良いか分からない」といった悩みを持つ学生さんは、たくさんいらっしゃると思います。 『原稿用紙二枚以上』と指定されてしまえば、きっと絶望的な気分に陥ることでしょう。 しかし、作文であれ、読書感想文であれ、求められている内容が同じであることに気がつけば、文章を長く書くコツとなります。 それは、 どちらにも出題者がいるということです。 自宅で小説を読み終わったあとに、「よし、読書感想文を書こう」と思う人はいません。 必ず、読書感想文を提出するように促した出題者がいるはずです。 では何故、その人物はあなたに作文や読書感想文を書けと迫っているのでしょうか? その本質さえ見抜くことができれば、あとは文章に起こすだけで良いのです。 「昨日、お前がしたことの反省文を提出しろ」と言われたら、その出題者は作文で『昨日の出来事』に対する反省の内容が聞きたいわけです。 なら、『どうして出来事が行ったのか』『出来事に対する自分の意見』『出来事の反省』の内容は必ず必要となるでしょう。 これらの内容を文字にするだけで、原稿用紙二枚分にはなるはずです。 読書感想文なら、作品を読み終えた自分の感想を書けば良いわけですね。 その作品は、一ページでしか構成されていない物語でしょうか? いいえ、何ページにも及んで文章が綴られた物語のはずです。 おそらく、一ページごとの出来事に対して一つずつ感想を書いていったら、原稿用紙が百枚あっても足りなくなると思います。 それだと出題者が読むのが大変なので、物語のである四か所について掘り下げた感想を書くと良いでしょう。 浦島太郎なら、『亀との出会い』『竜宮城を訪れる』『地上に戻ると数十年後の世界』『玉手箱を開ける』についてですね。 洒落た感想を考える人は、なかなか書き出すことが難しいですが、自分の感想なので自由に書けば良いです。 「浦島太郎は亀と出会ったわけですが、そもそも竜宮城の使いである亀が地上にいるのはおかしいです。 もともと、浦島太郎を竜宮城に招き入れるためのワナだったのではないかとさえ思えるのです」 このようなひねくれた内容でも、れっきとした自分の感想となります。 自由な発想で文章を書くことができる読書感想文は、もっとも容易な宿題といえるでしょう。

次の

原稿用紙

作文 用紙 かぎ かっこ

作文指導の目的は、言葉を用いて明快に表現したり伝達したりする力をつけることである。 つまりは、言葉を通じてよりよく考える力を養うことである。 作文を課するときは、目標、あるいは、どういう力を養うのかを子ども達にはっきり示すこと。 評価は目標達成度に対するものであり、目標がなければ、評価もあり得ない(もの)。 行事作文・反省作文は、子ども達に作文は面倒なもの、退屈なものとの印象を与えるマイナス効果がある。 次のような指示は、あまりに茫漠(ぼうばく)としていてよくない。 例 遠足や運動会の翌日… 「昨日のことを作文に書きましょう」 学期末…「今学期を振り返って作文に書きましょう」• 範囲を限定し、対象を具体的に指示することが必要である。 また、教科書の作文単元の学習事項も加味すると、どの子も手がかりを見つけられる。 「いちばん気に入った動物を、それを見たことのない人に説明するように書きましょう。 「お弁当を食べたときの様子を書きましょう。 」(道路・景色・車中)• 「前の学年の最後にお父さんやお母さんから注意されたことを一つあげ、それを自分ではどのように直したかを書きましょう。 「いちばんがんばったことを書きましょう。 「いちばん直さなければいけないことを書きましょう。 ノート、または、原稿用紙に、一定の行数をとって次のように書かせ、これに続けて書かせる。 「はじめに…• 「それから…• 「最後に/おしまいに/結局… B 「朝、現地校に着いたら、…• 「二時間目に、先生が、…• 「キャフェテリアに入ると、…• 「ランチを食べたあと、…• また、述語を詳しく説明(修飾)するよう問答により促し、いったん口頭で述べたことを書かせる。 推敲は、書き手自身が行うもの。 添削は、教師・保護者等が指導や助言をするもの。 目標は、簡潔・明快・達意の文章を書くこととする。 つまり、すっきり、はっきりしていて、一読してよく分かる文章ということ。 次の【よい文章を書くための15か条】は、初歩的なものから高度なものまで含まれているので、小学校低学年の生活作文から、高校生・大学生の論説文・評論文にまで当てはまる。 学年で区切らず、《初級・中級・上級》としているのは、個人差に対応するためである。 したがって、書き手の国語力や理解度を見ながら、段階的に提示すること。 「わたしは/ぼくは」をいちいち書かない。 必要のない「そして」を書かない。 文(センテンス)を短くする。 文脈から判断できる言葉や部分(不要な言葉)は削る。 文末の文体を揃える。 接続詞を適切に使う。 主語と述語を照応させる。 係る言葉は受ける言葉の近くに置く。 漢字を適正に使う。 漢語は交ぜ書きしない(例「じゅく語」など)。 ただし、平仮名で書く言葉にまで使わない。 一つの段落では一つのことを述べる。 読点は、意味と音調の両面から判断して打つ。 文末の表現を多彩にする。 書きながら読み返し、音調もよい文章にする。 語彙・語法に、読み手の注意を引くものを交える。 (注)各項目についての解説は、『気球船』平成15年(2003)1月号以降を参照 お問合せ先.

次の

読書感想文のための作文用紙の使い方・書き方

作文 用紙 かぎ かっこ

原こう用紙の使い方-基本的なきまり• 題名は最初の行に、2~3マス下げて書く。 二行目の下に名前を書く。 段落の始めは一字下げて書く。 ゃゅょっ。 、「」(かぎかっこ)はそれぞれ一文字として、一つのマス目に書く。 、」(とじるかぎかっこ)が行の始めに来る時は、前の行末に書く。 その他のきまり ちょっと迷ってしまいがちな原こう用紙の使い方について、1つ1つ説明していきます。 名前と本文の間は1行あける? 特に指定がない場合、タイトルを1行目、名前を2行目に書くのが一般的です。 では、本文はすぐ3行目から書いていいのかどうか、という疑問があるかもしれません。 小学生の原こう用紙の使い方として、3行目から本文を書く、という説明をしているところが多いです。 もし、見やすくするためにあけるとしても、何行もあけず1行だけあけるようにした方が「余白で行数をかせごうとしている」と誤解される心配がなくていいのではないかと思います。 会話文のかぎかっこは1字下げるかどうか その会話文から段落が始まる場合は、一字下げます。 段落の途中に会話文がある場合は、改行し、一字下げずに「(かぎかっこ)を行頭(行の一番上のマス)に書きます。 会話文が2行以上になる時2行目以降を一字下げるかどうか 小学校の国語の教科書は、会話文が2行以上になる時、2行目以降は1字下げて表記している場合があります。 これは小学校の教科書独特の表記のしかたなのだそうです。 tokyo-shoseki. htm 原こう用紙に作文を書く時には、会話文の2行目以降は一字下げずに一番上のマスから書くのがふつうです。 」にするか、 」だけでいいか、ということですね。 新聞や雑誌は、 かぎかっこだけのことが多いです。 ちなみに、手元にある朝日小学生新聞を調べてみると、会話文の終わりはかぎかっこだけでした。 かぎかっこをとじる時に句点を省略しない。 これも、教科書独特の表記のようです。 会話文の「」の後次の行は1字下げるかどうか 会話文をかぎかっこで閉じた後は、改行し、次の文は次の行から書く場合が多いです。 会話の次の文から段落が変わる場合は一字下げます。 段落が変わらない場合は一字下げずに一番上のマス目から書きます。 会話文以外でかぎかっこを使う時 会話文ではなく、強調したい語などにかぎかっこをつける場合があります。 この場合はかぎかっこから改行する必要はなく、とじるかぎかっこに句点はつけません。 かぎかっこでとじた後の改行もしません。 っゃゅょは行頭に来てもいいか• これらが行頭に来てもよい。 前の行の最後の文字と一緒に書いてもよい。 どちらでもまちがいではないようですが、このあたりは先生によって教え方がちがうところだと思いますので、気になる場合は担任の先生に確認してください。 、」は、基本的なきまりで書いたように、行頭にきてはいけないとされていますので、区別して覚えましょう。 数字はどうするか 縦書きの原こう用紙では、数字は漢字で書きます。 けた数が大きいなど、算用数字の方が見やすいと思われる場合は、ねかせて書く場合もあるようです。 その場合は、1マスに2文字の算用数字が入ります。 アルファベットはどうするか 記号としてのアルファベットは、1マスに1文字書きます。 小学生の作文では、ほとんど使わないと思いますが、英単語などを縦書きの原こう用紙に書きたい場合は、ねかせて書く方法もあります。 1マスに2文字のアルファベットが入ります。 目的別・原こう用紙の使い方の注意点 宿題やコンクールによっては、原こう用紙の使い方について指定がある場合があります。 学校の宿題 原こう用紙の使い方について、はっきりしたきまりはないので、先生によって教え方が多少ちがっています。 基本的なきまりを守って書かれていれば大丈夫だと思いますが、原こう用紙の使い方で迷った時は、担任の先生に質問してみるのが一番良いと思います。 青少年読書感想文コンクール出品用の場合 タイトル、名前は外側の余白に書きます。 一行目から本文を書きます。 その他作文や読書感想文のコンクール 応募要項(おうぼようこう)を読み、原こう用紙の使い方、タイトルや名前をどこに書くのか等を確かめましょう。 なぜ原こう用紙に書くのか 原こう用紙に書くことの利点は、なんといっても文字数を数えやすいということです。 これから中学、高校、大学の受験の時や、入社試験などで、作文や小論文を決められた文字数で書かなくてはならないことが多くあると思います。 文字数を意識して書くことに、少しずつ慣れていった方がいいのですね。 普段から原こう用紙やマス目のノートに、文字数を意識しながら文章を書く練習をすると、きっと決められた文字数で文章をまとめる力がついてくると思います。 この記事について 小学生が原こう用紙を使う機会はあまり多くはありません。 読書感想文コンクール、作文コンクールに応募するための作文を書く時の他には、原こう用紙に書くことは、ほとんどないかもしれません。 授業でちょっとした作文を書いたり、夏休みの宿題として植物の観察日記、一言日記、絵日記などを書く時は、それに適した用紙が配られます。 それは原こう用紙ではなく、低学年のうちはマス目、中学年からは縦か横の罫線(けいせん)が引かれた紙であることが多いようです。 自主学習用のノートに、日記や作文を書く場合もあります。 これも、普通は正方形のマス目の方眼ノートか、縦か横の罫線のノートを使っている方が多いと思います。 そして、原こう用紙の正しい使い方を、今の学校では必ず教えることにはなっていないようです。 漢字の筆順のように、国が「これが正しい」と決めた基準があるものとは違うのです。 原こう用紙の使い方については、どの小学生も同じ内容で学校の先生に教わることにはなっていません。 また、小学生が作文を書く場合と、大学生が論文を書く場合、大人が記事や小説等を書く場合では、原こう用紙の使い方がちがっている部分もあります。 ここでは、小学生が宿題を学校に提出する場合、作文のコンクールに提出する場合の、原こう用紙の一般的(いっぱんてき)な使い方を説明してみました。 参考にしていただければと思います。

次の