コールマン タフ スクリーン。 タフスクリーン2ルームハウス|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

【キャンプ初心者にもおすすめ】コールマンのタフスクリーン2ルームテントをおすすめする理由

コールマン タフ スクリーン

見出し• コールマンの「タフスクリーン2ルームハウス」は6種類 コールマンのタフスクリーン2ルームハウスは5種類あります。 タフスクリーン2ルームハウス オリーブ Amazon限定カラー• タフスクリーン2ルームハウス ベージュ• タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ 2017秋冬モデル• タフスクリーン2ルームハウス ナチュラム限定カラー• ラウンドスクリーン2ルームハウス タフスクリーン2ルームハウスと、ラウンドスクリーン2ルームハウスの違いは、重量差 4kg、1人で設営できるか否か。 大きさはほぼ一緒です。 使い勝手とコストパフォーマンスを考えると「タフスクリーン2ルームハウス」• 2ルームのテントを安く入手したいならラウンドスクリーン2ルームハウス ここからは、それぞれの商品を見ていきましょう。 タフスクリーン2ルームハウスと違い タフスクリーン2ルームハウスと比べてみると違いが分かります。 サイズはほぼ同じ• 4kg重い• 価格が安い• ポールがアルミ合金ではなく、スチール製• 設営は2人を想定している また、コールマンの緑色のテントが欲しいという方は、こちらを選択するという手もありだと思います。 型落ちなので、機能的に劣りますが、その分、値段が安くなっています。 重さ:約20kg• 定員 : 4~5人用• 耐水圧:約2,000mm(フロア 約2,000mm)• こんなに安かったっけ? チョット前は、タフスクリーン2ルームハウスが 6万円ぐらいで流通していた気がするのですが、2万円ほど価格が下がりました。 価格推移を確認すると、今が一番安いタイミングです。 ドーム型のテントだと、リビングスペースの確保にタープやシェルターなどを追加する必要があるのですが、2ルームハウスなら、最初からリビングスペースが確保できるので、追加で購入する必要がありません。 そういった面でも、トータルで安く済みます。 4人で十分のサイズですが、タフスクリーン2ルームハウスは、さらに幅が50cm広いです。 実際にお友達家族は、タフスクリーン2ルームハウスで5人で寝ています。 そして、お子さんが大きくなったら、お父さんは、リビング空間でコットを使って寝れば 寝かせれば OK! リビングスペースが広い! リビングスペースも広く作られているので、調理をしたり、食事をしたり、荷物を置いたりすることができます。 一度、設営してしまえば快適なプライペート空間が確保できるのが2ルームテントの強みです。 上の写真のようにキャノピー ひさし を立ち上げれば、かなり広々とした空間になります。 雨、虫、寒さ、日射しに強い キャンプで困るのが、雨、虫、寒さ、日射し、風など、自然の厳しさに遭遇すること。 そんな環境にオールマイティに対応できるのがタフスクリーン2ルームハウス。 我が家の経験と照らしあわせて、その強みをご紹介します。 オールマイティーな2ルーム型テント 2ルーム型のテントの強さは、オールマイティに環境に対応できる点。 タフスクリーン2ルームハウスは、設営したらオールマイティーに対応できます。 陽 … 暑い時期には日よけになる• 雨 … 雨に打たれてもリビングスペースは濡れない• 虫 … リビングをメッシュにすれば虫に襲われない• 寒 … 寒い時期にはリビングでストーブが焚ける 自己責任 設営してしまえば、怖いものなしです。 年に数回キャンプに出かけるファミリーなら、キャンプ場で家族と過ごす時間を大切にしたいところ。 特に小さいお子さん連れだと、お母さんが子供につきっきりになるので、お父さんがアレコレ対応しなければなりません。 そして、お父さんが家族のために頑張ってテントの対応していると「いつまでやってるの?」と言われる始末…。 お父さんは、報われません。 その点、タフスクリーン2ルームハウスなら、最初に設営してしまえば、その後は手間がかかりません。 シッカリ設営してしまえば、万全の体勢。 あとは、家族との素敵な時間を過ごせます。 2ルーム型のテントの弱点を強いてあげると「風」でしょうか。 ドーム型のテントと比べると、高さがあって大きいので、風に煽られやすいです。 とはいえ、管理されたキャンプ場なら植栽などで風当たりが考慮されていたりするので、台風が接近していたり、よっぽどの悪天候じゃない限り問題ないレベル。 形状的に風に弱いほうですが、実際に困ることはほとんど無いと思います。 我が家のこれまでのキャンプ経験では、そのような厳しい場面に遭遇したことはありません。 ちなみに、風に強いドーム型テントに、リビング空間を確保しようとタープやシェルターを設営すると「風」に気をつけないといけないのは一緒です。 陽 … 暑い時期にはタープの設営が必須 or テントではなく外で遊ぶ• 雨 … 雨が降ったらタープが必須 and 雨水を流す取り回しが必要• 2015-10-16 00:00 ファミリー向けのテントで売れ筋 No. 1 タフスクリーン2ルームハウスは、売れています! から、ファミリー向けのテントを抽出すると、タフスクリーン2ルームハウスは、 1位 です。 そして、ラウンドスクリーン2ルームハウスが 4位。 コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] 2. [WolfWise] ポップアップテント 3. ANTSIR ワンタッチテント 3~4人用 4. Coleman コールマン テント タフスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 5. クイックキャンプ ワンタッチ テント 3人用 6. Sutekus テント 一人用 7. キャプテンスタッグ ツーリング用 テント UV 2人用 8. DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント 9. FIELDOOR ワンタッチテント 5人用 10. ANNTER ワンタッチテント テント 3~4人用 11. BUNDOK バンドック ソロ ドーム 13. スノーピーク snow peak テント アメニティドーム 14. Wnnideoアウトドア キャンプテント 15. Weanas テント 2-3人用 16. キャプテンスタッグ テント クレセントドーム [3人用] 17. ハック どこでも着替えテント 18. Coleman コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス 19. キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 4-5人用 20. 売れているのも、よく分かります。 まとめ 普通の家族なら、タフスクリーン2ルームハウスがおすすめ!• 値段が安い!• 雨、虫、日射し、寒さに対応できる• 1人で設営できる• 売れている人気商品 ここまでバランスの良いテントは、なかなか見つからないのではないでしょうか? ドーム型のテントに、タープやシェルターを追加していくより、トータルで考えるとお得です。

次の

【レビュー】 タフスクリーン2ルームハウス |コールマンの2ルームテント

コールマン タフ スクリーン

ラウンドスクリーンとタフスクリーン2ルームハウスの違い まず2ルームテントを買おうと調べてみると、価格の高さに驚きます。 10万超えは当たり前。 そんな中、リーズナブルな2ルームテントとしてたどり着くのが、王道コールマンのとです。 約1万円程度、ラウンドスクリーンの方が安いです。 どちらにしようか悩む方も多いと思いますが、オススメは断然 タフスクリーン2ルームハウスです。 それでは違いをチェックしていきましょう。 1.デザインはほとんど一緒でベンチレーションが少し違う デザインは大きく変わりません。 大きさも一緒。 ベンチレーション(空気を循環させる機能)の数や構造が少し違います。 もちろん価格の高いタフシリーズの方が優れています。 キャンプは蒸し暑い時期にすることが多いと思うので、この空気を循環させる仕組みは実はとても大切なんです。 画像: 下から空気を入れて上から出す。 って感じです。 その他、3面キャノピー(入口のところを跳ね上げて庇にできる)や、テント部分にはスカート(外からの冷気を遮断するために下の周りについているヒラヒラ)が付いていないことは共通しています。 2.ポールが違うから重さが違う 当たり前ですが、2ルームテントは大きくて重たいです。 タフスクリーン2ルームハウスが16キロ、ラウンドスクリーン2ルームハウスは20キロ。 その差4キロです。 車でのオートキャンプなので重さは正直あまり関係ないですが、軽いに越したことないですね。 重さの違いはポールの種類によるものです。 タフスクリーンの方がアルミ合金、ラウンドスクリーンの方がスチールです。 私は軽いってだけでなく、アルミ合金の方が銀色で見た目がカッコいいのと、つなぎ目がなめらかな気がするので好きです。 設営の時にポールを通す時、つっかえることなくスムーズに通すことが出来ました。 テントの生地の素材はどちらも一緒です。 3.アシストグリップの有無 画像: 2017年モデルのタフスクリーンシリーズには『 アシストグリップ 』という新機能が付いています。 これ便利でした。 ポールの先っちょにピンを差し込んでテントを設営するんですが、アシストグリップが付いているので設営中に抜けてしまう心配がありません。 コールマンいわく、一人でも設営できますと。 流石に2ルームは大きいので一人じゃ大変ですが、理屈上出来ると思います。 タフスクリーン2ルームハウス のレビュー それではタフスクリーン2ルームハウスのレビューです。 今回私が購入したのは秋冬モデルの『 バーガンディ 』カラーのものです。 焼き芋カラーで落ち着いた素敵なテントです。 コールマンであふれかえるテントサイトで、少しでも人と違うものをと思い選びました。 通販で購入したんですが、まずは箱の大きさに驚きました。 初めてでも30分位で設営できました。 ポールを通すだけで簡単なので、慣れればもっと早く出来ますね。 空気を循環させる機能 タフスクリーン2ルームハウスには、多くのベンチレーションが付いていて空気を循環させることができます。 高温多湿の日本の気候の事をよく考えています。 (真夏はどんなテントでも暑いです) ランタンフックが付いていない このテントにはランタンフックが付いていません。 ここだけ残念。 コールマンはガソリンやガスのランタンをメインで販売しているので、LEDのランタンを吊るすフックは付いていないんでしょうかね? 我が家のランタンはすべてLEDなので、本当は上から吊るしたいのですが残念。 アウトドアイベントでコールマンブースのお姉さんに聞いたところ、強度の問題でランタンフックがついていないそうです。 ということで、工夫をして付けましょう。 三脚タイプでなく一本足タイプのランタンスタンドが、使い勝手がいいのでおすすめです。 参考 付属のプラペグは使えない テントの付属で付いてくるプラスチックのペグとハンマーは正直使いづらいです。 ペグとハンマーは別途購入しておくことをオススメします。 参考 付属の張り縄は白で夜でもそこそこ見やすく、自在もプラスチックでなく金属製でした。 これは満足。 2ルームテントのいいところ よくファミリーキャンプには2ルームテントがオススメと言われていますが、実際に使ってみた感想です。 特に小さい子どもがいる場合は、超便利だと思います。 開放感がないのがデメリットと言われていますが、3方のキャノピーをあげてフルオープンにすれば、開放感は十分です。 その代わり、下記の2ルームテントとしてのメリットはほとんど無くなってしまいますが。 1.お座敷スタイルで安心 小さい子どもはイスに座らせても落ちます。 イスに登って立ち上がって倒れます。 お座敷スタイルが安心です。 オープンスタイルのタープでも、もちろんお座敷スタイルは可能ですが、2ルームのリビング部分をお座敷にすると超シックリきますね。 寒い時期はスクリーンを締め切って、電源付きサイトでホットカーペットを使ってヌクヌクすることもできます。 2.危険物との隔離 キャンプには炭やら包丁やら危ないものがたくさんありますよね。 そういったものを子どもに使わせて教育をするものキャンプだと思いますが、物の分別もわからない小さい子どもには、まだ危険です。 言い方は悪いですが、2ルームならリビング部分に閉じ込めておくことが出来ます。 危険なものは、スクリーンの外の跳ね上げたキャノピーの下に置いて、子どもが触らないようにすることが出来ます。 3.虫除け 小さい子どもは、蚊に刺されただけでもビックリするくらい腫れます。 メッシュで虫の侵入をある程度防ぐことが出来ます。 虫嫌いのうちの奥さんも大喜びでした。 4.タープを張る手間がない まだまだ目が離せない小さい子どもがいる場合、なるべくテント設営の時間を短縮したいです。 テントとタープを別々に張るよりも、2ルームテントなら一回で済むので時短です。 子どもがユーチューブ動画に釘付けになっている間にとっとと設営してしまいましょう。 5.閉め切って暖房すれば暖かい 肌寒い春や秋キャンプでも活躍。 電源付きサイトでヒーターやカーペットを持ち込めば、閉め切って中でぬくぬく出来ちゃいます。 ガス機器を使用する際は、一酸化炭素中毒にならないよう注意しましょう。 我が家では安全のため、バーナーを使う際は寒いけどメッシュにしています。 料理は外でやるなり工夫しましょう。 まとめ 以上、私にとって初の2ルームテントであるコールマンのタフスクリーン2ルームハウスをご紹介させていただきました。 (これで3つめのテントです。 ) 大きくて設営が大変そうでしたが、実際に設営してみると思っていたよりも簡単に設営できたので、初めてファミリーキャンプをする人にも断然オススメ! 安心のアウトドア王道メーカー『コールマン』なのでよく考えられています。 アドバイスとしては、このテントを買ったら、2ルームハウス用テントシートセットを購入しておくことをオススメします。 こちらは、寝室部分のテントの下に敷くグラウンドシートと、テントの中に敷くインナーマットのセットになります。 テントの生地を守って長持ちさせたり、テントに付く汚れを防いだり、床からの冷気を遮断したりと持ってていい事ずくめです。 ブルーシートなどでも代用可能ですが、コールマンの2ルームテントは寝室部分が台形になっているので、真四角のブルーシートよりは、専用のもののほうが断然使いやすいです。 特にグラウンドシートの四隅にはテントに止めるフックが付いていて、とても設営しやすかったです。 お値段がお高めですが、テントを長く大事に使うためにも一緒に買っておくことをオススメします。 コールマンのテントはインターネットで結構割引販売されているので、店舗で実物を確認後、ネットで購入がいいですね。 こちらが通常カラー。 流行りの落ち着いたサンドカラーです。

次の

コールマンのタフスクリーンとラウンドスクリーンの違いとは!?

コールマン タフ スクリーン

僕は風にあおられてテントが飛ばされてしまい破れました…。 ペグの打ち込みが未熟な方やテントの設営に慣れていない初心者には向いてないテントだと思います。 全室はタープとして不十分 全室はメッシュとなっており、虫が入ってこない事が魅力的な空間となっています。 僕も虫嫌いなので、このポイントは重要視していました。 しかし、 真夏に使用した時とても暑くタープとしては不十分だと感じました。 メッシュも結局開放していたので、これならタープとテントは別の方が良いです。 それに設営に時間がかかるので熱中症になってしまい、真夏のキャンプがトラウマとなっています。 遮光性も高くない印象です。 まず、キャンプはタープを張り、日差しを避けながらテントを設営していくのが理想的です。 しかし、コールマンタフスクリーンはタープとテントが一体化したみたいなもの。 なので日差しを避けながらの作業が出来ません。 それではタープも張ればと思われますが、タフスクリーンは重いし、かさばるので現実的ではありません。

次の