深夜 バイト。 深夜バイトにおすすめな13個の職種!

高校生バイトの時間について早わかり!法律上、深夜は何時まで?

深夜 バイト

マンパワーグループ株式会社 スキルパートナー東京支店 採用• 仕分け・シール貼り,検品,梱包• 神奈川県横浜市戸塚区• 時給1,350円• CLUB A CLUB A• クラブ・スナック系ホールスタッフ ナイトワーク系 ,店長・マネージャー候補 ナイトワーク系 ,ガールズバー・キャバクラ・スナックその他 ナイトワーク系• 大阪府大阪市北区• 月給300,000円~• SHETLAND(シェトラン) SHETLAND• フロアレディ・カウンターレディ ナイトワーク系 ,ガールズバー・キャバクラ・スナックその他 ナイトワーク系 ,クラブ・スナック系ホールスタッフ ナイトワーク系• 京都府京都市東山区• 時給8,000円~20,000円• SPD株式会社 さいたま支社 採用担当• 東京都練馬区• 日給9,000円~• 株式会社オープンループパートナーズ(応募受付) CRM札幌第二支店• テレフォンオペレーター テレオペ ,データ入力、タイピング PC・パソコン・インターネット ,オフィスその他• 北海道札幌市中央区• 時給1,500円~• 東亜物流株式会社 amazon採用センター• 仕分け・シール貼り,検品,品出し ピッキング• 千葉県市川市• 時給1,563円~• 株式会社ビート 大阪南支店• 仕分け・シール貼り,品出し ピッキング ,イベントその他• 大阪府大阪市阿倍野区• 時給1,200円~1,500円• ラビッツ錦糸町 拠点1• フロアレディ・カウンターレディ ナイトワーク系 ,クラブ・スナック系ホールスタッフ ナイトワーク系 ,ガールズバー・キャバクラ・スナックその他 ナイトワーク系• 東京都墨田区• 時給3,000円~5,000円• 株式会社東京會舘 東京ギフトパレット【001】• デリ・惣菜販売・スイーツ販売,レジ打ち,販売その他• 東京都千代田区• 時給1,250円~• 居酒屋 蛍 居酒屋 蛍• ホールスタッフ 配膳 ,キッチンスタッフ,皿洗い・洗い場• 岐阜県岐阜市• 時給1,050円~• フロアレディ・カウンターレディ ナイトワーク系 ,クラブ・スナック系ホールスタッフ ナイトワーク系 ,ガールズバー・キャバクラ・スナックその他 ナイトワーク系• 福岡県福岡市博多区• 時給3,000円~• 【朝・昼・夜】GIRLS LOUNGE Spear(スピア) スピア• フロアレディ・カウンターレディ ナイトワーク系• 宮城県仙台市青葉区• 時給7,000円~• 株式会社ギフト ラーメン豚山 荻窪店• ホールスタッフ 配膳 ,キッチンスタッフ,皿洗い・洗い場• 東京都杉並区• 時給1,100円~• CLUB D(ディー) CLUB D(ディー)• フロアレディ・カウンターレディ ナイトワーク系 ,クラブ・スナック系ホールスタッフ ナイトワーク系 ,店長・マネージャー候補 ナイトワーク系• 神奈川県川崎市川崎区• 時給5,000円~• 株式会社 えんじん 炭火ほるもん真 001• ホールスタッフ 配膳 ,フード・飲食その他,キッチンスタッフ• 愛知県名古屋市千種区• 時給1,000円~1,200円 遅刻・欠勤、ありません深夜バイトはコンビニやカラオケ店、居酒屋などの飲食店、工場のアルバイトなどさまざまな業種があります。 深夜バイトは時給も高めになるため、学生などを中心に人気です。 ただ昼夜逆転の生活であったり、不規則な生活を強いられることになりますから、体調を崩しやすい事もありますので、できれば体力がある方が好ましいと言えるでしょう。 また深夜の時間帯に仕事に入る事ができるスタッフ・人員は基本的に少ないものですから、原則遅刻や欠勤が少ない方が望ましいです。 面接では体力があるという点を自己PRに加えたり、遅刻や欠勤はせず、真面目に勤務していきたいという姿勢をアピールしておくと好印象を与えることができます。

次の

深夜バイトにおすすめな13個の職種!

深夜 バイト

2019. 18 「楽に稼げるバイトがしたい!」 誰でも一度は考えたことがあるでしょう。 原則22:00~翌5:00の労働は割増賃金が付くので、高時給な傾向があるからです。 たとえば、日勤の時給が1,000円とすれば、同じ業務でも夜勤の時給は1,250円以上になります。 参考:厚生労働省「」 この記事では、特別なスキルがなくても気楽に始められる深夜バイトを9つ紹介。 それぞれの楽なポイントと大変なポイントを解説していきます。 経験者から届いた体験談も掲載していますよ! 深夜の楽なバイトを探している人は、ぜひ参考にしてください。 でも、そうなると眠気との戦いが始まります。 ただし、接客サービス以外の業務もあるので仕事を怠らないように心掛けてくださいね。 深夜の仕事内容は日勤と異なり、 受付などの接客業務が減って清掃や本の整理が増える傾向にあります。 時給はいいし、大半のお客さんが眠る時間帯なのでフードの注文はない。 会計もないし、正直することがありません。 私が働いていたお店では、仕事がなければマンガを読んだりくつろいだりしてもOKでした。 暇でもルールには従ってくださいね。 以下の記事では、ネットカフェの時間帯別忙しさを紹介しています。 ぜひ、参考にしてください。 資格がない人でも応募を受け付けているケースもありますよ。 セルフのガソリンスタンドで給油を行うのは利用者自身。 スタッフがモニターを確認して許可を出すと給油できる仕様です。 深夜は来店客が減るため、 日中に比べると業務の幅が少ないでしょう。 詳しい仕事内容は以下の記事で確認できます。 一日に3~4店舗ほど清掃します。 移動時間分も時給が支給されるので、10代で月40万ほど稼げました。 ぜひ、参考にしてください。 24時間営業をしている牛丼チェーンなど、あなたの自宅付近で求人募集をしている店が見つかるのではないでしょうか。 管理者やバイトリーダーの経験は、就活時のアピールポイントになりそうです。 通販番組の受付やカスタマーセンターなど電話受ける業務がメインです。 深夜に顧客へ連絡するのは迷惑なため、自分から発信する業務は少ないでしょう。 受信業務の詳しい仕事内容は以下の記事をご覧ください。 夜間の運転は特に気をつけなければならないので、急に忙しくなっても焦らないで安全運転を心掛けてください。 さいごに あなたが気楽に働けそうなバイトの検討はつきましたか? どの職種を見ても、深夜は暇なケースが多いように見受けられました。 時間が経つのが遅いと感じる人もいれば、楽と感じる人もいるでしょう。 いくら楽なバイトでも、与えられた役割を果たすことを心掛けてくださいね。 次におすすめする記事はこちら。 バイトは暇なほうが楽か、ある程度忙しいほうが楽か、この記事を読んで自分にはどちらが合っているか考えてみてください。

次の

楽な夜勤バイト・楽な深夜バイト10選【女性にもおすすめ】

深夜 バイト

18歳未満の年少者が「午後10時から午前5時までのあいだ」にバイトをすることは法律で禁じられています。 高校生でも18歳になれば深夜バイトができるようになりますが、店によっては18歳以上であっても「高校生には深夜バイトをさせない」ことも多くあります。 高校生の深夜バイトは法律で制限されている 高校生でも深夜バイトをしてみたいけど… 「できるだけ時給が高いバイトをしたい」と考えていたり、「勉強や予備校が忙しくて日中はバイトができない」といった事情を抱えていたりする高校生は、時給の高い深夜バイトをしたいと思うかもしれません。 しかし、18歳未満の年少者が深夜業(深夜に働く仕事)をすることは、法律で禁じられています。 ここでいう「深夜」とは、午後10時から午前5時までのあいだのことです。 この時間帯に年少者(18歳未満)が働くことを禁ずる「労働基準法第61条」があるため、18歳未満の年少者には深夜バイトが許されていません。 なお、この法律には「ただし、交替制によって使用する満16歳以上の男性については、この限りでない」といった例外規定も書かれています。 しかし、交替制で仕事をしている人は、一般的には「高校に通わず社員などの身分で働いている人」ですから、例外規定に高校生は含まれていないと考えるべきでしょう。 さらに、年少者の健康及び福祉の確保等の観点から「労働基準法第60条」では「年少者が法定労働時間を超えて働くこと」を禁じています。 法定労働時間とは「1日8時間、週40時間」ですが、18歳未満の年少者はその枠を超えて働くことはできません。 深夜バイトを行わないことはもちろん、法定労働時間を超えて働くようなこともないようにしましょう。 18歳未満は内緒で深夜バイトしてもダメ! 居酒屋などの飲食店で遅い時間に混雑する店の中には、高校生であることを知っていながら深夜バイトをお願いしてくるケースも考えられます。 コンビニのように深夜の人手が不足しているようなところでも、深夜バイトの勧誘を受けることもあるでしょう。 自分が働くことで店は助かり、いっしょに働くスタッフや経営者からも感謝されます。 また、深夜バイトは時給が25%以上割り増しになっていることが多いので、つい「働けます!」と返事をしてしまいたくなります。 しかし、午後10時以降に18歳未満の年少者を働かせていることが明るみに出ると、雇った側が罰を受けることになります。 その罰則は「6ヵ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」と、たいへんきびしいものです。 「ばれなければ大丈夫」と軽く考えてしまうかもしれませんが、ひょんなことから明るみに出ることもあります。 万が一、深夜バイトを誘われても、必ず断るようにしましょう。 また、18歳未満であることを知らずに深夜バイトをさせた場合も、雇った企業や店は罰則を受けます。 このような事態を防ぐため、バイトの面接の際は「年齢を証明できる学生証や住民票」の提示が必要になっているのです。 つまり、18歳未満の年少者が年齢を偽って深夜バイトをすることは、事実上不可能なのです。 18歳になったら深夜バイトもOKだけど… 深夜に働くことを法律で禁止と規定しているのは「18歳未満の年少者」です。 ということは、高校生でも18歳の誕生日を迎えれば、法律的には深夜バイトもOKになります。 そこで、18歳になったら「すぐに深夜バイトをしよう!」と考える人もいるかもしれません。 ただ、そのとき真っ先に考えなければならないのは、「高校生の本業=学業」ということです。 高校に通いながら深夜バイトをした場合、授業中は眠くなり学業に身が入らなくなるはずです。 そうなると成績にも影響が出ますし、大学受験などにも支障が出る可能性があります。 18歳以上という制限をクリアしても、高校生のバイトは「できるだけ日中の空いた時間」を選ぶようにしましょう。 また、18歳の高校生が深夜バイトを始める場合、学校や親といったハードルもあります。 まず学校が「生徒のアルバイトを許可している」ことが前提ですが、それに加えて「深夜時間帯のアルバイト自体がOKかどうか」を確認しておきましょう。 なお、18歳未満の年少者が深夜バイトを行う際は、「保護者の承諾」が必要という企業や店が一般的です。 そのため、何らかの事情で深夜バイトをすることになったとしても、必ず保護者の承認を得る必要があります。 18歳の深夜バイトにはさまざまなハードルがある 学校や親というハードルを越え、18歳の高校生が深夜バイトをすることを決めても、実際、深夜バイトに入ることは難しいかもしれません。 法律上の条件はクリアしていても、企業や店が「高校生には深夜バイトをさせない」と規定しているケースも多いからです。 また、18歳以上であっても「高校生はその年度の3月31日までは深夜バイトに入れない」としている企業もあります。 居酒屋やファストフード店、ファミリーレストラン、コンビニなど、深夜バイトができる店はたくさんありますが、このような規定に注意して深夜バイトを探しましょう。 また、自治体によっては「条例により高校生の深夜業を禁止」しているところもあります。 念のために、自分の住んでいる地域の条例も確認しておいたほうがいいでしょう。 早朝バイトはOKだけど、ほどほどに 18歳未満の年少者が働くことを禁じられているのは、「午後10時から午前5時までのあいだ」です。 つまり、朝5時から授業が始まるまでのあいだの「早朝バイト」であれば問題ありません。 早朝は時給が高くなることも多く、良いことばかりと感じるかもしれません。 しかし、朝5時から働くとなると、どうしても睡眠時間を削ることになります。 深夜バイトと同様、授業に身が入らなくなる可能性がありますので、学業がおろそかにならない範囲で働くようにしましょう。 高校生不可のバイトの場合は… 深夜バイトでなくても、募集要項に「高校生不可」としているバイトがあります。 高校生不可ということですから、法律的に18歳未満が働ける仕事であれば、高校に通っていない15~17歳であれば問題はありません。 しかし、採用の可否は企業や店の判断になります。 企業や店が年少者を採用しない方針であれば、いくら応募しても採用されないでしょう。 しかし、「高校生は授業の都合で夕方以降しか働けない」など、シフトを組む際の事情を理由としている場合は、事情を話すことで採用される可能性もあります。 どうしてもやりたいバイトのときは、一度問い合わせてみるといいでしょう。 なお、卒業式を過ぎても、その年の3月31日までは高校生という扱いになります。 高校生不可を掲げている企業や店の場合は抵触してしまいますが、「卒業後であれば大丈夫」ということもありますので、高校3年生の春休みにバイトをしたい人は問い合わせてみるといいでしょう。 まとめ 「労働基準法第61条」によって、午後10時から午前5時までのあいだに年少者が働くことが禁じられていることから、18歳未満の年少者は深夜バイトをすることはできません。 そして、18歳未満の年少者が内緒で深夜バイトをした場合、企業や店など、雇用した側が罰を受けることになります。 また、18歳の誕生日を越えて年齢制限をクリアしたとしても、高校生が深夜バイトをするためにはさまざまなハードルがあります。 現実的には深夜バイトをすることは困難と言わざるをえません。 深夜のバイトは時給が高くなりますから働きたい気持ちは理解できますが、高校生である以上、「深夜バイトはほぼできない」と考えておくのが無難でしょう。 土日や春休み、夏休みなどを活用できるバイトを探すことをおすすめします。

次の