いい ない いな 人間。 いいないいな人間っていいな

にんげんっていいな

いい ない いな 人間

人と面白い話ができないから? 大した特技も、趣味もないから? 自分の意見が持てないから? どこにでもいるような、平凡な生活を送っているから? もし、仮にそうだったとしても、それはあなたが「つまらない人間」である理由にはなりません。 実は、僕も大学生になるまで「自分は退屈で、何の面白味もない人間」だと思っていました。 人と会う時は、「退屈って思われたらどうしよう」と不安を抱えていて、人と深く関わることを避けることもあったり…(笑) 当時からしてみれば、今こうして自分の考えをブログで発信したり、ヒッチハイクで日本を一周したりするなんて想像すらできません。 今は、自分なりに自分の面白さを定義できるようになりました。 自分を退屈だと感じるのは、自分の面白さにまだ気付けていないだけなのです。 人が面白いかどうかというのは、環境相手に依存してしまいます。 環境の「面白い」という定義に合えば、あなたは面白いのですし、合わなければつまらなくなってしまうのです。 今いる環境は、全体の一部に過ぎません。 あなたのことを面白いと思う人は、日本を探せば他にいくらでもいるはずです。 そんなノリの悪かった僕なので、大学のサークルの一部の人からは、「つまらんヤツ」の刻印を押されていたと思います(笑) けど、別にいいんです。 自分はその環境とは、相性が合わなかっただけなのですから。 私、自分の個性が全く分からないの。 なぜ、個性がなくなってしまうのかというと、 周囲の意見ばかり気にして、自分の気持ちを無視してしまうからです。 なぜ、自分を犠牲にして、周囲の意見を気にしてしまうのかというと、 人に嫌われることが怖いからです。 人に嫌われることが怖いのは、 「人に嫌われたら、生きていけない」という考えが心のどこかに眠っているからです。 「人に嫌われたら、生きていけない」という考えは 子供の頃に、人に嫌われて辛い思いをした経験があるからです。 要するに、 過去にあった「もう二度と味わいたくない経験」が、 あなたの個性を奪ってしまったということです。 ちなみに、僕もずっと個性がなくて何のおもしろみもない人間でした。 人に嫌われることをずっと恐れていたのですが、根本にあったのは、テニスコーチの厳しい指導で、ずっと辛い思いをしていた経験でした。 大学生になる頃には個性以前に、自分が一体何者なのか分からなくなっていました。 ここで、1つ提案なんですけど、 「つまらない人間」をやめて、「面白い人間」になっちゃいませんか? 「自分じゃなれない」なんて思ってないですよね(笑) 過去の経験から、「誰かに嫌われたくない」と思う気持ちは、確かにありますが、誰でもなれます。 ただ、1つだけ条件があります。 それは、 あなた自身が「自分らしく生きる意志を持つこと」です。 いくら、方法論を実践しても、自分のことを退屈な人間だと卑下していたら、いつまでも変わりません。 これ、精神論に聞こえるかもしれますが、精神論ではなくて根拠もあるんです(笑) 人は、自分の信念を通して、思考や感情、行動を生むので、もし「自分はつまらない人間だ」と思っていると、本当につまらない人間のようにしか振る舞えなってしまいます。 詳しくはこちらの記事にまとめております。 それは、ただの思い込みであって、事実ではありません。 あなたはまだ自分の面白さに気付いていないだけなのです。 つまらなくなってしまう原因は、「個性を見失っている」ことでしたよね。 個性を取り戻すというのは、 『自分の気持ちに素直に生きること』です。 「なんかありきたりだな~」と思われたかもしれませんが、素直に生きれている人って多くないですよ。 素直に生きるためには、• 気持ちの知覚• 気持ちの実践 が必要です。 気持ちの知覚ができていない例】• 身体が悲鳴をあげているのに、無理に仕事に行く• どう思われるかを気にしすぎるばかり、思いもしないことを言ってしまう 【2. 気持ちの実践ができていない例】• 仕事を辞めたいと感じているけど、先が不安で中々辞めることを思い切れない• やりたいことがあるのけど、「自分では無理だ」と思ってやろうとしない そもそも自分の気持ちを知覚できていない人もいれば、知覚できていても実践することができていない人もいます。 知覚と実践の繰り返しで、初めて自分の個性を取り戻すことができるのです。 日記の何がいいかって、やっぱり文字を書く行為を通じて、自分の内面と向き合えることです。 特にもし、自分がつまらない人間と感じているのであれば、なおさらご自身の感性とじっくり向き合う時間をつくることをおすすめします。 自分が、どんなことに喜びを感じたのか、どんなことに悲しみを感じたのか、どんなことに感動を覚えたのか、じっくりと向き合っていると、「自分」というものが分かってきます。 僕自身も、日記はかれこれ4,5年続けています。 本当に一切の誇張なく、 僕は「書く」ことを通じて「新しい自分」に会えたって思っています。 書き方はコチラ ・ II. 自分の気持ちの実践 自分の気持ちに気付けるようになったら、その気持ちに素直になりましょう。 もし、仕事をやめたいと思っているのなら、辞めてもいいのです。 もし、一人の時間を過ごしたいのであれば、友達からの誘いを断ってもいいのです。 もし、嫌いな人と関わりたくないのであれば、関わらなくてもいいのです。 もし、旅がおもしろそうだと思えば、旅に出てもいいのです。 行動に移すことで、初めて自己は「自分」でいられます。 自分が喜びを感じることや、面白いと感じる感性を、見過ごさないでください。 そこに、あなたの個性があって、それを行動に移すことこそが、あなたが唯一無二の「面白い人間」になる方法ですから。 「行動に移せるか不安だ。 」と感じていても、安心してください。 もし行動に移せなくて、悔しい思い、辛い思いをしたら、その時はもう一度 その気持ちを知覚してください。 自分の気持ちを知覚することを続けれいれば、自然と行動にも繋がっていきます。 自分を大切にしていれば自然と、人は自分らしく生きられるようになっているからです。 だから、実践ができないであれば、しっかりと自分の気持ちを知覚してみてください。 5 まとめ.

次の

「人間っていいな」っていう歌何?怖いんですけど〜!

いい ない いな 人間

人と面白い話ができないから? 大した特技も、趣味もないから? 自分の意見が持てないから? どこにでもいるような、平凡な生活を送っているから? もし、仮にそうだったとしても、それはあなたが「つまらない人間」である理由にはなりません。 実は、僕も大学生になるまで「自分は退屈で、何の面白味もない人間」だと思っていました。 人と会う時は、「退屈って思われたらどうしよう」と不安を抱えていて、人と深く関わることを避けることもあったり…(笑) 当時からしてみれば、今こうして自分の考えをブログで発信したり、ヒッチハイクで日本を一周したりするなんて想像すらできません。 今は、自分なりに自分の面白さを定義できるようになりました。 自分を退屈だと感じるのは、自分の面白さにまだ気付けていないだけなのです。 人が面白いかどうかというのは、環境相手に依存してしまいます。 環境の「面白い」という定義に合えば、あなたは面白いのですし、合わなければつまらなくなってしまうのです。 今いる環境は、全体の一部に過ぎません。 あなたのことを面白いと思う人は、日本を探せば他にいくらでもいるはずです。 そんなノリの悪かった僕なので、大学のサークルの一部の人からは、「つまらんヤツ」の刻印を押されていたと思います(笑) けど、別にいいんです。 自分はその環境とは、相性が合わなかっただけなのですから。 私、自分の個性が全く分からないの。 なぜ、個性がなくなってしまうのかというと、 周囲の意見ばかり気にして、自分の気持ちを無視してしまうからです。 なぜ、自分を犠牲にして、周囲の意見を気にしてしまうのかというと、 人に嫌われることが怖いからです。 人に嫌われることが怖いのは、 「人に嫌われたら、生きていけない」という考えが心のどこかに眠っているからです。 「人に嫌われたら、生きていけない」という考えは 子供の頃に、人に嫌われて辛い思いをした経験があるからです。 要するに、 過去にあった「もう二度と味わいたくない経験」が、 あなたの個性を奪ってしまったということです。 ちなみに、僕もずっと個性がなくて何のおもしろみもない人間でした。 人に嫌われることをずっと恐れていたのですが、根本にあったのは、テニスコーチの厳しい指導で、ずっと辛い思いをしていた経験でした。 大学生になる頃には個性以前に、自分が一体何者なのか分からなくなっていました。 ここで、1つ提案なんですけど、 「つまらない人間」をやめて、「面白い人間」になっちゃいませんか? 「自分じゃなれない」なんて思ってないですよね(笑) 過去の経験から、「誰かに嫌われたくない」と思う気持ちは、確かにありますが、誰でもなれます。 ただ、1つだけ条件があります。 それは、 あなた自身が「自分らしく生きる意志を持つこと」です。 いくら、方法論を実践しても、自分のことを退屈な人間だと卑下していたら、いつまでも変わりません。 これ、精神論に聞こえるかもしれますが、精神論ではなくて根拠もあるんです(笑) 人は、自分の信念を通して、思考や感情、行動を生むので、もし「自分はつまらない人間だ」と思っていると、本当につまらない人間のようにしか振る舞えなってしまいます。 詳しくはこちらの記事にまとめております。 それは、ただの思い込みであって、事実ではありません。 あなたはまだ自分の面白さに気付いていないだけなのです。 つまらなくなってしまう原因は、「個性を見失っている」ことでしたよね。 個性を取り戻すというのは、 『自分の気持ちに素直に生きること』です。 「なんかありきたりだな~」と思われたかもしれませんが、素直に生きれている人って多くないですよ。 素直に生きるためには、• 気持ちの知覚• 気持ちの実践 が必要です。 気持ちの知覚ができていない例】• 身体が悲鳴をあげているのに、無理に仕事に行く• どう思われるかを気にしすぎるばかり、思いもしないことを言ってしまう 【2. 気持ちの実践ができていない例】• 仕事を辞めたいと感じているけど、先が不安で中々辞めることを思い切れない• やりたいことがあるのけど、「自分では無理だ」と思ってやろうとしない そもそも自分の気持ちを知覚できていない人もいれば、知覚できていても実践することができていない人もいます。 知覚と実践の繰り返しで、初めて自分の個性を取り戻すことができるのです。 日記の何がいいかって、やっぱり文字を書く行為を通じて、自分の内面と向き合えることです。 特にもし、自分がつまらない人間と感じているのであれば、なおさらご自身の感性とじっくり向き合う時間をつくることをおすすめします。 自分が、どんなことに喜びを感じたのか、どんなことに悲しみを感じたのか、どんなことに感動を覚えたのか、じっくりと向き合っていると、「自分」というものが分かってきます。 僕自身も、日記はかれこれ4,5年続けています。 本当に一切の誇張なく、 僕は「書く」ことを通じて「新しい自分」に会えたって思っています。 書き方はコチラ ・ II. 自分の気持ちの実践 自分の気持ちに気付けるようになったら、その気持ちに素直になりましょう。 もし、仕事をやめたいと思っているのなら、辞めてもいいのです。 もし、一人の時間を過ごしたいのであれば、友達からの誘いを断ってもいいのです。 もし、嫌いな人と関わりたくないのであれば、関わらなくてもいいのです。 もし、旅がおもしろそうだと思えば、旅に出てもいいのです。 行動に移すことで、初めて自己は「自分」でいられます。 自分が喜びを感じることや、面白いと感じる感性を、見過ごさないでください。 そこに、あなたの個性があって、それを行動に移すことこそが、あなたが唯一無二の「面白い人間」になる方法ですから。 「行動に移せるか不安だ。 」と感じていても、安心してください。 もし行動に移せなくて、悔しい思い、辛い思いをしたら、その時はもう一度 その気持ちを知覚してください。 自分の気持ちを知覚することを続けれいれば、自然と行動にも繋がっていきます。 自分を大切にしていれば自然と、人は自分らしく生きられるようになっているからです。 だから、実践ができないであれば、しっかりと自分の気持ちを知覚してみてください。 5 まとめ.

次の

いい人をやめると人間関係のストレスが解消される3つの理由

いい ない いな 人間

なんてひどい! かくさばくはつしろ! まぁ世界で有数の「格差が少ない」日本としては、いや日本でさえ、こんな結果になってしまうわけで。 実際の状況と、それをどう感じるかとは、確かに別問題ですよね。 それをきちんと情報を伝えないマスコミが悪いのか、自分で調べない大多数の国民が悪いのか、また「相対的に」悪くなっている政府が悪いのか。 誰かが悪いって言うのは簡単だけれども。 結局の所、誰かが悪いと言うよりは、人間のどうしようもない本能なんだろうなぁと思う。 皆で一緒に金持ちになるより、周りの誰かより少しでも裕福でありたい。 少数の金持ちを見て羨むより、多数の貧乏人見てたほうが大人しくなる。 もっとぶっちゃけて言ってしまえば、 絶対的な利益よりも、時にはそれを犠牲にしてでも、相対的な利益を優先する所とか。 人間って素晴らしいな。 そりゃもポシャるわけですよ。 理屈 経済学 じゃねぇんだ! maukiti.

次の