エクセル シート 保護 パスワード 忘れ た。 エクセルのパスワード解除方法・手順をご紹介(他Officeも同様)

エクセルシートの保護のパスワードを忘れてしまった時の対処法!

エクセル シート 保護 パスワード 忘れ た

こんにちは!ライターのyuuです! Excelの ワークシートを保護するのは、仕事上でデータを間違って編集してしまわないためにも便利な機能ですよね。 でも、いざ編集をしようと思ったときに パスワードを忘れてしまって、ワークシートを 編集できないって経験ありませんか? 先日、あまり使用していなかった請求書のひな型を開いて編集しようと思ったんですが、パスワードを忘れてしまっていて、セルの中のデータを編集できませんでした。 急いで調べて、新しいシートにデータをコピーしたり、無料のツールを使用してパスワードを解除することを試したのですが、書式が違ったり、自分のエクセルのバージョンが新しくどれも全くうまくいきませんでした。 最終的に、海外のサイトまで行って調べたところ、 シンプルな方法にも関わらず、うまくExcelの ワークシートの解除ができたので、今回はその具体的な解決方法について、写真を交えながら紹介していきます! Excelのワークシート保護を解除する方法ってどうやるの?パスワードが分からないけど本当に大丈夫? 私自身もパソコンに詳しい方ではないのですが、 順番通りに行えば必ず解除できるので、焦らず試してみてくださいね。 保護がかかっているワークシートのセルを編集しようとすると、以下のようにメッセージが表示されると思います。 当然ながらパスワードを忘れてしまっているので、間違ったパスワードを入力すると エラーメッセージが表示されます。 1.ファイルの拡張子を表示する ここから、 ワークシートに保護がかかっている「サンプル」のエクセルファイルに対して、手順を追って説明していきますね。 作業はパソコンの ディスクトップ上で行っていきます。 作業によっては エクセルのファイルが壊れて中身が見れなくなってしまう可能性もあるので、作業する前には必ずファイルをコピーして、バックアップをとるようにしてくださいね! ちなみに、今回の私のエクセルファイルはマクロがあるファイルですが、 通常のエクセルファイルでも同様にできますよ。 フォルダー名はなんでも大丈夫です。 作成した新しいフォルダーに、エクセルのサンプルファイルを入れます。 エクセルのファイルを入れた状態です。 ここで、 ファイルの拡張子を表示させるため、 上部のメニューの「表示」から、「ファイル各拡張子」に レ点を入れます。 「ファイル各拡張子」の場所は上部の右側に表示されています。 すると、先ほど入れたエクセルのファイルの名前 「サンプル. xlsm」と表示されたことが確認できます。 これで、ファイルの拡張子を表示することができました。 2.xlsmやxlsxの拡張子をzipにする サンプルファイルに対して右クリックして、 「名前の変更」から、以下の写真のように、「サンプル. zip」とします。 すると、メッセージが表示されますが、 「はい」をクリックしてください。 これで、エクセルのファイルは zip形式に圧縮したということになるようです。 3.zipを解凍して中身をひろげる サンプル. zipをダブルクリックして中身を広げます。 その際に、 中身が別の画面で表示されたり、パソコンのディスクトップ上に表示される場合があるので、その際は解凍した中身のすべてをもとの 「新しいフォルダー」に戻してくださいね。 xmlをメモ帳で開く 「xl」のフォルダーの中身を開いて、その中の 「worksheets」を再度開きます。 すると、いくつかの 「sheet. xml」が表示されます。 ここで、 問題の保護がかかっているシート番号を選択します。 そのsheet. 検索すると、 「SheetProtection・・・」というコードが発見できると思います! ここのSheetProtection・・・のコードの 「<SheetProtection・・・/>」までの全てを選択して削除します。 削除できた時点で必ず メモ帳で上書きは忘れないでくださいね! 上書き後は閉じてしまっても大丈夫です。 6.解凍した全てのファイル選択して再度圧縮 その後は、「新しいフォルダー」の中身まで戻ります。 そして、 解凍しておいたすべてのファイルやフォルダを選択します。 ここで、 一番最初に圧縮したzipファイルは必ず 含めないでください。 すべてを選択した状態で、右クリックで、 「圧縮」をクリックします。 繰り返しになりますが、ここでのサンプル. zipは含めないで圧縮します。 7.そのzipの拡張子を再度xlsmやxlsxにする 先ほどのファイルやフォルダーをzipするとこのようになりました。 名前はなんでも大丈夫です。 ここで、そのzipに対して、右クリックで 「名前の変更」から拡張子を 「. xlsm」にして、解凍します。 今回の私のエクセルは マクロ有効のブックなのでxlsmにしましたが、 普通のエクセルファイルの場合はxlsxにしてくださいね。 完成 エクセルファイルに戻っていると思うので、通常通りダブルクリックしてエクセルファイルを開きます。 問題のシートのセルをダブルクリックして編集できるかを確認してみてください! 編集ができれば、ワークシートの保護は解除されているということになりますので完成になります! 再度、パスワードも設定できるようになっています! まとめ Excelのワークシート保護の解除方法は、Excelの拡張子をzipにしてから、その中身をひろげて、保護がかかっている問題のxmlを編集し、再度zipにしてからExcelの拡張子に戻すことで解消できるとわかりました! この方法だと、インストールされているエクセルのバージョンが新しくても対応できるので、一番シンプルに時間をかけることなく保護を解除できる方法だと思います! 私のように仕事上で急いで対応しなければならないときは、是非試してみてくださいね!.

次の

Excelのシート保護やブック保護のパスワードを忘れた場合の対処方法

エクセル シート 保護 パスワード 忘れ た

【Excel】ファイルにパスワードを設定&解除&変更方法を解説。 インターネットの広まりにより大量の情報が氾濫している中、個人情報の保護、情報漏洩のリスク、機密保持の観点など、コンプライアンス(法令を順守すること)がうるさく言われる世の中になっています。 確かに、インターネットを使えば、個人だとしても離れた場所へ瞬時にたくさんの情報を伝えることができますし、SNS等を使えば沢山の人に情報を閲覧してもらうことがとても容易になりました。 そんな中、機密情報を含むデータが、エクセルファイルに格納されている場合、そのファイルにパスワードを設定し、セキュリティーを高めたいと考える方も多いでしょう。 そこで、この記事では、エクセルのファイルにパスワードを設定する方法、パスワードを解除する方法、パスワードを変更する方法を、エクセル初心者の方にもわかりやすく解説します。 この記事の目次• エクセルでパスワードを設定し情報を保護する方法は3種類ある Excelには以下の3種類のパスワードを設定することが出来ます。 これは全て別物で目的に応じて適切な方法を選ぶ必要があります。 又、複数の保護を組み合わせることも可能です。 ファイルを保護するパスワードは2種類ある エクセルのファイルを保護するのに、2種類のパスワードを設定することが出来ます。 読み取りパスワード• 書き込みパスワード 「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」それぞれの保護する働きを説明します。 2-1. 読み取りパスワードが保護する働き 読み取りパスワードが設定されたエクセルファイルを開くとき、パスワードの入力を求められますので、パスワードを知らない人はファイルの内容を見ることができません。 社外秘扱いの重要な情報が記載されたエクセルファイルであれば、この読み取りパスワードを設定する必要があるでしょう。 特に、社員名簿や顧客リストなど、個人情報を含むエクセルファイルの場合は、必ず設定しましょう。 2-2. 書き込みパスワードが保護する働き 書き込みパスワードが設定されたエクセルファイルを開くときに、パスワードの入力が求められますが、パスワードを知らない人でも「読み取り専用」を選択してファイル開くことが出来るので内容を見ることができます。 しかし、パスワードを入力しないで「読み取り専用」で開いた場合、中身を編集して上書き保存はできません。 同じ場所であれば「別名で保存する」or同じ名前にするなら「別の場所に保存する」必要があります。 パスワードを設定(変更)する方法 読み取りパスワード、書き込みパスワード共に、ファイル保存時にパスワードの設定が出来ます。 以下の手順でパスワード設定画面が表示されますので、任意の文字を入力してください。 設定したパスワードを忘れると、二度とファイルが開けなくなり大変な目にあいます。 必ず忘れない様にしてください。 ファイル>名前を付けて保存>保存場所を選択>名前を付けて保存ダイヤログボックス>ツール>全般オプション 4. パスワードを解除する方法 読み取りパスワード、書き込みパスワード共に、ファイル保存時にパスワードの解除が出来ます。 ファイル>名前を付けて保存>保存場所を選択>名前を付けて保存ダイヤログボックス>ツール>全般オプション 5. パスワードに使える文字の種類と数 255文字まで設定でき、英小文字(a~z:26文字種)、英大文字(A~Z:26文字種)、数字(0~9:10文字種)、記号(34文字種)の4種類が使えます。 人気のパスワード=危険なパスワード 以下は、人気のパスワード(=危険なパスワード)なので、あなたは使わないでください。 順位 パスワード 順位 パスワード 1位 123456 11位 admin 2位 Password 12位 welcome 3位 12345678 13位 monkey 4位 qwerty 14位 login 5位 12345 15位 abc123 6位 123456789 16位 starwars 7位 letmein 17位 123123 8位 1234567 18位 dragon 9位 football 19位 passw0rd 10位 iloveyou 20位 master 出典: 7. エクセルファイルのパスワードで保護できるのか? 設定したパスワードが良く使われる単語だったり、あなたの誕生日など、他者から類推しやすいものだとすぐに解除されてしまう可能性があります。 もし複雑なものだとしても、短いとプログラムですぐに解読されてしまいますし、長くても時間さえあればプログラムでいつか解読されてしまいます。 この様な状況であることを認識して、エクセルファイルを扱ってください。 近くにパスワードをメモした付箋などを貼り付けておかない様にしましょう。 パスワードを忘れた場合、解析にかかる時間はどれぐらいか もし、パスワードを忘れてしまった場合、Microsoft Office 2010のファイルのパスワードを解析するのに、どれぐらいの時間がかかるのかを検証した結果を見つけました。 パスワードを解析するのにかかる時間 7桁 8桁 9桁 10桁 英小文字のみ(26文字種) 26時間 27日 1. 9年 49年 英小文字+英大文字+数字(62文字種) 1. 2年 77年 4769年 30万年 英小文字+英大文字+数字+記号(96文字種) 26年 2541年 24万年 2342万年 出典: この様に、利用文字種が英小文字のみで7桁であれば一日で解析できます。 但し、悪意を持った者には破られてしまうということですので、最低でも「3種類を使用した8文字以上」のパスワードを設定することを強くおすすめします。 もしパスワードを忘れてしまったら、そのファイルは開けないとあきらめる必要があります。 この記事は以上です。 最後までご覧頂き、ありがとうございました。

次の

エクセルでパスワードを忘れてしまった時

エクセル シート 保護 パスワード 忘れ た

Excelでシートの保護やブックの保護に設定されたパスワードの解除方法を紹介します。 Excelでパスワード解除したいってニーズ、実は結構多いんですよね。 私もクライアントからお問い合わせを受けることがあります。 その多くは、「自分で設定したパスワードを忘れてしまった」「担当者が辞めてしまい、パスワードがわからない」などです。 このページを見られているあなたもそんな一人ではありませんか? ここではそんな方のために、 Excelでシートの保護やブックの保護に設定されたパスワードを解除する方法を紹介します。 仕事や個人の都合で、どうしても解除したいという方のみご利用ください。 くれぐれも悪意ある行為・行動は絶対にしないでください。 全て自己責任において実施してください。 当方では一切の責任を負いません。 Sponsored Links 「シートの保護」にパスワードがかかっている状態で、シートの追加ができるようであれば、新しいシートに全コピーするのが最も簡単です。 ブックの保護がされている場合は、利用できませんのでスキップしてください。 保護がかかっているシートの左上をクリックし、全選択してコピーします。 シートを追加します。 A1にセルがある状態で「貼り付け」します。 すると、全てコピーされます。 不要なシートを削除して保存すれば、シートの保護を解除した状態と同じになります。 一連の流れを全てショートカットキーだけでおこなうこともできます。 使用するツールは「」です。 Vector からダウンロード可能です。 ・ ダウンロードしたら、ダブルクリックでインストールしましょう。 インストールが終わったら、該当の Excel ブックを開きます。 既に Excel が起動している場合は、一度終了してから再度ブックを開きます。 以降の操作をする前に、該当の Excel ブックはコピーしてバックアップしておいてください。 ファイルが破損する可能性があります。 すると、リボンに「アドイン」というタブが出来ていると思います。 「拡張」というボタンをクリックするとメニューが出てきます。 「保護解除」から「シートのパスワードを解除」もしくは、「ブックのパスワード解除」をクリックすると、パスワードを解除できます。 これで、シートの保護のパスワードが解除されました。 「ExcelDevTool」は他にも「かゆいところに手が届く」機能がたくさんありますので、いろいろ試してみるのもいいと思います。 ツールを使わないでパスワード解除する方法 「書き込み」、「シートの保護」、「ブックの保護」のパスワードを解除する方法です。 解除ツールは一切使いません。 はっきり言って玄人向けです。 Excel 2007 以降の Excel ブックは Zipでパッケージ化されています。 解凍して中身を編集し、再度圧縮すればパスワードを解除できます。 以降の操作をする前に、該当の Excel ブックはコピーしてバックアップしておいてください。 ファイルが破損する可能性があります。 解凍には 7-Zip が必要です。 ダウンロードしてインストールしてください。 ・ 7-Zip のインストールが終わったら、該当ファイルを右クリックしてドラッグします。 出てきたメニューの Extract to "ファイル名" ここではBook1 をクリックします。 解凍されたフォルダーの中は、下図のような構成になると思います。 各パスワードを変更する場合は、以下のファイルを開き、各タグ fileSharingとか、workbookProtectionとか を検索します。 xml シートごと ここでは全て"password"というパスワードを設定しました。 "83AF"というのがパスワードを変換した値で、ハッシュ値となります。 上記のタグ ""まで を削除して再圧縮すると、パスワードのないファイルになります。 "83AF"に書き換えて再圧縮すると、求められたパスワードに"password"と入力するとパスワード解除できます。 タグを削除したり、パスワードを書きかたりする場合には、Windowsのメモ帳やワードパットではなく、文字コードを指定できて、UTF-8 BOM なし UTF-8N で保存できるエディタツールを使いましょう。 フリーで使えるサクラエディタなどがおすすめです。 ・ 再圧縮するには、下図の構成で全て選択し、ZIP圧縮すればOKです。 ここでは、圧縮ツールに「Explzh」を使っていますが、WindowsのZIP圧縮でも問題ありません。

次の