創価学会 墓地。 創価学会

中国創価学会 公式サイト

創価学会 墓地

創価学会には、墓地公園の霊園と長期収容型納骨堂、永久収容納骨堂の3つの納骨と供養の施設があります。 墓地公園は13ヶ所、長期収容型納骨堂は6ヶ所、永久収容納骨堂は15ヶ所がり、いずれも東日本から沖縄まで全国に展開されています。 墓地公園タイプの霊園は個人墓が中心で、長期収容型納骨堂と永久収容納骨堂が一般的にいわれる永代供養のための納骨施設と考えてよいでしょう。 というのは、創価学会では他のお寺や霊園のような一般的な永代供養の仕組みがないためです。 永代にわたって供養する永代供養は創価学会の原点です 永代にわたって供養するというのは創価学会にとっては当然のことなのです。 創価学会では個人墓でも納骨堂でも学会員が永代にわたって供養するという考えが、その教えにあるためなのです。 それは、墓地公園も長期収容型納骨堂も永久収納納骨堂も基本的に学会員のためのものである、という位置付けからも理解できます。 創価学会の長期収容型の納骨堂での永代供養は20万円からです 長期収容型納骨堂は、安置する骨壷のサイズなどによって納骨料が変わってきます。 20万円から30万円の設定です。 この長期収容型納骨堂では20年間、安置されて、その後は永久収納納骨堂に安置されることになります。 安置室は個別のロッカータイプで法要は遺骨に対面して行うこともできます。 創価学会の永代供養は学会員もしくはその家族が申し込みます 一方、永久収納納骨堂は、名称とおり永久に遺骨を収蔵する施設です。 石碑の下にある納骨室の棚に遺骨を安置するもので、納骨後は、遺骨の引き取りや改葬、分骨はできません。 また遺骨に対面した法要ではなくて、礼拝室で法要することになります。 以上の創価学会の永代供養を見てきましたが、基本的に学会員が対象です。 ただ、学会員やその家族の申し込みであれば、学会員に限らないとしていますので、問い合わせてみるとよいでしょう。

次の

岩手県の創価学会の霊園・墓地

創価学会 墓地

開園時間は午前9時から午後5時(但し、入園は午後4時30分まで)。 平日の火曜日は休園日です。 ご来園に際しましては、引き続き行政発出の「行動に関する要請」や「新しい生活様式」などをご参考の上、慎重なご判断をお願い致します。 納骨手続きをされる方は、以下の点にご留意ください。 ・来園される一週間前までに予約のお電話をお願い致します。 一日及び時間ごとの受付人数を制限させて頂きます。 ご希望の日時にそうことが出来ない場合もございますので、来園希望日を複数ご用意して、予約のお電話をお願い致します。 ・ご来園に際して人数制限はありませんが、受付手続きで管理センターへ入館される際は、2名以内でお願い致します。 入館の際はマスクの着用をお願い致します。 ・礼拝堂での勤行法要は、引き続き中止しておりますが、ご希望の方は焼香を行えます。 ・その他の詳細につきましては、予約の際のお電話でお伝えさせて頂きます。 なお、礼拝堂では焼香を自由に行えます。 ・「レストラン厚田亭」は営業を再開しておりますが、新型コロナ感染防止のため、メニュー限定 で、座席数も減らし、お客様同士の感覚を空けてお座り頂いております。 法要会食を希望される 場合は、厚田亭までお問い合わせください。 ・園内の各休憩所は通常通り使用できますが、3密を防ぐため、座席数を減らしています。 休憩を される場合、短時間でのご利用にご協力をお願い致します。 電話0133-77-2053 戸田記念墓地公園の四季 The four seasons 戸田記念墓地公園の四季を映像にてご紹介.

次の

創価学会員のお葬式とお墓について教えてください。

創価学会 墓地

創価学会員のお葬式とお墓について教えてください。 私の義母は一人暮らしで創価学会員です。 一人娘を嫁にもらい別々に住んでいましたが、最近病気になり高齢者という事もあり面倒を見ていますが。 将来義母が亡くなった時の事を考えておかなければと思い、ご意見を伺いたいと思い投稿しました。 【質問1】 創価学会のである義母が亡くなった時の葬儀は創価学会にお願いしなければならないのでしょうか? 私と妻は宗教にこだわりはなく、私の実家が神式である事から神式でできないかと考えております。 義母自身は本意とは思って無いようですが。。。 【質問2】 お墓は一般の墓地を購入済であり、義母も同じ所へ埋葬したいと思っています。 一つの墓に、名字の違ったものが埋葬されるのは良くないのでしょうか? メインの墓石には私の名字を名乗り、敷地内に小さな義母用の墓石を建てることも考えております。 どうする事が義母と私達にとって一番望ましいのかアドバイスお願いいたします。 storaikar01000さん の意見に同意します。 葬儀というのは、故人の遺言でもない限り 残された遺族の意思で行うしかありません。 創価式に行いたい。 というなら 聞きづらいですが、本人の意思を確認しておきましょう。 創価学会というのは いわゆる新興宗教で 特殊な葬儀を行います。 戒名もなければ、お坊さんもいないので、 あとを引き継ぐ遺族がいない場合は、仏壇も処分するしかありません。 創価の仏壇は、位牌は置けないのです。 そうなると、後々の法事も 遺族が取り仕切ることできなくなります。 便宜というのは言い方ですが 後々遺族がやりやすい方法で、亡き人を弔うのは 疎遠にならない大事な方法です。 もし、神式で葬儀を行っても 心ある創価学会のお仲間は、きちんと葬儀に来てくださるとおもいますよ そういうパターンは結構多いのです 故人の意思を尊重して、創価式の葬儀をしても 菩提寺の墓に戒名が無いため、入ることができず。 戒名を改めてつけた。 などという話はよく聞きます。 お寺さんによっては、創価の本尊を処分してくれるところもあります。 その一般の墓地は、規定として義理のお母様が入れるというのであれば、 墓石には、名前や戒名は裏に刻めるわけで、問題は無いでしょう。 創価のお墓をわざわざ購入しても 後々守る人がいない場合 逆に無縁仏のようになってしまってはさびしいですね。 寺の墓苑の場合では、嫁にいった名前の違う娘が入ることはできなかったり 公営霊園の場合の同じ墓地に埋葬できる規定は、 苗字がどうのとは関係なく、調べておくようにしたほうがいいでしょう。 一般の墓地を購入とのことですが、宗派無問でも、誰でも入れるというわけではないのです。

次の