タブレットおすすめ。 タブレットおすすめ2020|手頃な価格で手に入る人気製品12選

【2020年】ドコモ タブレットおすすめランキング|安くて高性能はこれ!

タブレットおすすめ

スマホよりも大きな画面でアプリやゲーム、ネット、動画閲覧を楽しむことができる 「タブレット」。 タブレットと言えばAppleの「iPad」が有名ですが、 他にもメーカー各社がさまざまな製品を販売しています。 そこでこの記事では、 家電販売員、メーカーへの聞き取り調査 タブレットユーザー100人へのアンケート調査 30製品を比較した編集部の独自調査 をもとに、 編集部おすすめのタブレット12選をご紹介します。 初めて購入する方でも手に取りやすい リーズナブルな価格の製品を中心に厳選しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 先に編集部おすすめのタブレットを見たい方は 下記のOS別リンクをご覧ください。 まず、 タブレットに搭載されているOSをチェックしましょう。 タブレットのOSは主に4種類で、それぞれ 下記の特徴があります。 Googleが開発した最も定番のOS 利用できるアプリや、選べる製品の種類が多い Windows OS• Windowsパソコンと同じ操作性のOS 利用できるアプリは少ないが、パソコンのデータと互換性が高く、ビジネス用途で使いやすい iOS• Appleの「iPad」シリーズに搭載されるOS 選べる製品の種類は少ないが、利用できるアプリが多く、購入後のサポートも手厚い( ) Fire OS• Amazonが開発したAndroidと同じ操作性のOS 利用できるアプリや、選べる製品の種類は少ないが、価格は最も安い 「Android OS」と「iOS」の製品は「SIMフリーモデル」が多い タブレットは 基本的にWi-Fiで通信を行うことになりますが、 Android OS iOS の製品はSIMカードを挿入すれば Wi-Fi環境以外でもネットを楽しめる「SIMフリーモデル」が多く販売されています。 ) ただ、本体とは別に通信費用がかかるので、購入する際は月々の支払いが500円~で済む 「格安SIM会社」と契約するのがおすすめです。 また、 「ポケットWi-Fi」を契約すればWi-Fiモデルでも、場所を気にせずネットを楽しめますよ。

次の

10インチタブレットのおすすめ6選【2020】定番モデルや人気モデルを紹介

タブレットおすすめ

出典: Microsoft社が開発したWindows OSは、PCのWindows用ソフトとの互換性が高いのが特徴です。 キーボードを取り付けてミニサイズのノートPCとして使える商品もあり、WordやExcelなどを頻繁に使う方におすすめです。 用途に合わせて防水等級を選ぶ 水回りでの使用頻度が低い場合にはIPX2〜4 IPX2〜4の防水等級は、水滴がかかる程度の軽い水濡れに対応するレベルです。 お風呂やアウトドアなど、本格的に水濡れする場所には不向きです。 料理中のレシピ検索など、濡れた手で操作する程度なら、IPX2〜4で十分に使えます。 水辺のレジャーやキッチンにはIPX5〜6 IPX5〜6の防水等級は、多少の水しぶきや流水にも対応できるレベルです。 水辺でのキャンプや、キッチンで洗い物をしている最中にも使うことができます。 ただし、水没には対応していないので、お風呂などでの使用には注意が必要です。 お風呂で使う場合はIPX7〜8 IPX7〜8の防水等級は、一定時間の水没にも対応できるレベルです。 お風呂場で使ったり、海水浴などの場面にもおすすめです。 対応できる水没の時間もチェックして選びましょう。 ディスプレイのサイズで選ぶ 7インチや8インチなどの小さいサイズのタブレットは、片手での操作や持ち運びに向いています。 コンパクトに使ったり、鞄に入れて携帯したい方におすすめです。 10インチ以上の大きめサイズは、タブレットを据え置きして使いたい方におすすめです。 家庭用のタブレットとして、大画面で動画や雑誌などを楽しめます。 通信方法で選ぶ 自宅使用に向いているWi-Fiモデル WiFiモデルのタブレットは、Wi-Fiに接続してインターネットを利用できます。 自宅や外出先にWi-Fi環境があれば、タブレット自体には毎月の通信費はかかりません。 ただし、Wi-Fi環境がない場所ではインターネットの利用ができません。 出先での使用に向いているSIMモデル SIMモデルは、通信会社と契約することで、インターネットに接続します。 毎月の通信費は発生しますが、電波の届く場所でならどこでもネット接続ができます。 お出かけ先など、様々な場所でタブレットを使いたい方におすすめです。 スペックで選ぶ ストレージ容量で選ぶ ストレージとは、アプリケーションや写真、動画などのデータを保存するための場所です。 ストレージの容量は、ネットサーフィンや簡単な文書作成に使用するなら、32GB以上を目安に選びましょう。 写真や音楽データをたくさん保存したり、電子書籍を楽しみたい場合は、64GB以上を目安に選ぶのがおすすめです。 メモリ容量で選ぶ メモリとは、コンピューター内のあらゆるデータを一時的に保管する場所のことです。 メモリが大きいほど、作業効率が良くなります。 Androidタブレットなら2GB以上、Windowsタブレットなら4GB以上がおすすめです。 カメラの画素数で選ぶ タブレットで写真を撮りたい場合は、カメラの画素数も確認しましょう。 画素数の数字が大きいほど、写真の画質が良くなります。 写真をプリントアウトして高画質で保存したい場合は、1,200万画素以上を目安に選ぶことをおすすめします。

次の

10インチタブレットのおすすめ6選【2020】定番モデルや人気モデルを紹介

タブレットおすすめ

タブレットPCで「Word」「Excel」「PowerPoint」などOfficeソフトを使用するなら、モバイル版のOfficeアプリを導入しましょう。 無料でインストールできますが、利用する端末によって機能が異なります。 さらに、フル機能を利用するには、「Office 365」サービスの申し込みが必要です。 モバイルアプリは、「App Store」(iOS)、「Google Play」(Android)、「Windowsストア」(Windows)から入手できます。 Windows版は、Windows10、またはWindows 10Mobileがインストールされた、スマートフォンやタブレットPCなどが対象です。 確実に利用するのであれば、プリインストールされているモデルを選ぶのもよいでしょう。 QタブレットPCをインターネットにつなぐ方法は? A基本的には無線LANで接続します。 そのほかにSIMスロットを搭載しているモデルは、格安SIMなどを契約することで、携帯通信を利用することも可能です。 QタブレットPCを買うと月額料金が発生しますか? ASIMを使わないのであれば、端末料金以外に月額料金などは発生しません。 パソコンと同じようなものと考えてよいでしょう。 QタブレットPCにもウィルス対策ソフトをインストールする必要がありますか?その場合はおすすめを教えてください AiPadは基本的に心配しなくて大丈夫です。 WindowsタブレットPCは必要ですが、標準の「Windows Difender」で問題ありません。 Androidも入れておいたほうがいいでしょう。 QタブレットPCで電話できるのですか? A基本的に電話できません。 しかし、無線LANなどでインターネットに接続し、SkypeなどのIP電話サービスを使うことで通話することは可能です。 QタブレットPCとノートパソコンのどちらがいいか悩みますが、どうすればいいですか? Aメールやウェブ閲覧、写真・動画の鑑賞などを行うならタブレットPCがぴったりです。 マルチメディア編集やオフィス文書の作成などはパソコンの方が向いています。 決めきれなければ、2in1タイプの製品を選ぶのも手です。

次の