佐野 sa 社長。 加藤正樹(ケイセイフーズ総務部長)のfacebook顔画像や経歴は商社?佐野SA社長や総支配人T氏との関係も

加藤正樹(ケイセイフーズ総務部長)のfacebook顔画像や経歴は商社?佐野SA社長や総支配人T氏との関係も

佐野 sa 社長

株式会社ケイセイ・フーズ社長 岸敏夫氏の犯罪を告発します。 先日、栃木県警佐野警察署に、岸敏夫の犯罪の証拠を提出しました。 「犯罪の証拠」を提出するとともに、その詳細な状況に関して証言をしてきました。 昨年クビになるまで、お金面の流れはすべて知っている方です。 岸敏夫氏は、金融機関を騙し、10億円規模の融資詐欺を行おうと企てました。 Aさんは、岸敏夫氏の命令により、その実務(書面づくり等)を強要されました。 Aさんは、佐野警察署内で、勇気を持って警察に証拠を作成時の話、実際のやり方など、事細かに証言をしてくれました。 ・・・だから、Aさんや詐欺被害者に配慮を続けた結果、今まで告発をすることをためらっておりました。 ただ、私たち佐野SA関係者にとっては、経営危機の発端となりました。 従業員や一部マスコミのみなさんには、すでに音声データを渡してあります。 岸敏夫氏が新規融資凍結になったことを説明。 その説明は、 岸敏夫「ケイセイフーズ経営会議。 議事進行の前に、ひとつ、お話をしておきます。 」 から始まります。 以下、要旨。 実は、午前中に群馬銀行に行った。 そこには、S佐野支店長、ぐんぎんリース職員が居た。 新規の融資は凍結する。 そのかわり、滞納は許す(銀行は許すとは言っていないと後日聞きましたが、岸敏夫は返済を許すと言っている) ケイセイフーズは7月に7000万円の融資を受ける予定でした。 この7000万円をなんとかするため、定期解約、支払いを延期できるものは延期するなど、大変状態に陥っていきます。 これは群馬銀行にとって、苦渋の選択だってのではないかと推測します。 それは警察に証拠を交え、先日、説明済です。 もう破綻からは逃れられない。 ソフトランディングするしかない・・・という認識になりました。 ただ、nexco東日本グループの対応批判がこの告発の趣旨ではありません。 明確にYESです。 地元では有名な話であり、証拠も証言も大量に存在します。 行くときは午後5時ピッタリにピンポンを鳴らさないとか妙なルールがあって、監視カメラも首降ってこっち観てるし、毎月毎月緊張した。 今は加藤さんが俺に近い立場にいるから、気をつけたほうがいい」と、具体的かつ詳細な警告も頂きました。 平池秀光氏(元栃木県議会議長) 古賀誠氏と井上秘書 飯島勲氏(片柳建設の経団連加盟のとき口添えしてもらった。 月額100万円払っていると自慢していた。 首相官邸が顔パスで入れるとか) Aさんはともかく、私自身がその違法な政治献金の受け渡し現場を目撃したわけではありませんが、その他にも大勢、政治家と反社会的勢力の名前が挙がっていました。 ケイセイフーズは200万円担当してもらうから、資金繰りに入れておくように」という指示は、録音も撮れていたはずです(録音データの整理が追い付いていない)。 政治献金で大きくなった」というのが常識のようです。 今私は、数十億円規模の企業グループ、それも反社や政治家と親しくしている経団連加盟の片柳建設グループに盾突いています。 公開されれば、倒産の危機にある犯罪の証拠。 それが私の口さえ封じれば、何とかなるかも知れない・・・そんな状況です。 佐野警察もそう認識しており、十分な配慮とともに、パトロールを毎日複数回、やってくれています。 岸敏夫陣営は、今のところ、私が証拠を握っている事実ほ知らないと思いますが、そろそろ限界です。 バレます。 私は、もうAさんに配慮する余裕がなくなりました。 それどころか、Aさんの身も危なくなっていると感じます。 この告発により、できるだけ多くの世の中の皆様が知ってくれることで、私に手出しできなくなる・・・そう考え、この情報を公にすることにしました。 この情報の拡散を、よろしくお願いいたします。 加藤正樹.

次の

岸敏夫(ケイセイフーズ社長)顔画像や経歴!佐野SAスト理由は不当解雇?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

佐野 sa 社長

一件落着したと思われた東北道・佐野サービスエリア(SA)のスト騒動に、再び暗雲が立ち込めている。 「この数週間、ずっと耐えてきました。 復帰して、しばらくすると新社長から『あなたは辞めるべきだ』と言われるようになり、夏のストライキが違法だとして組合側に1日あたり800万円の支払いを求められています。 さらに、会社から取引先への支払いも滞っていて、スト前の状況に逆戻りです。 このまま働き続けることは出来ません。 11月1日までに状況が改善されなければ、我々は再びストライキを実施すると決断をしました」(加藤氏) しかし、9月下旬になって新規スタッフの募集が難航するなどした会社側の態度が急変することになる。 岸社長が退陣し、代わって就任した福田紳一・新社長に乞われて、加藤氏ら従業員の復帰が決まった。 39日間に及ぶ前代未聞のストは、これで解決したようにみえた。 スト終結後の売上は30%増 復帰当初は順調だった。 佐野SAの支配人、井原永治氏(51)は当時、「週刊文春デジタル」の取材に笑顔でこう明かしていた。 「たくさんのお客さんに『よかったですね』と声を掛けられて、仕事ができることに感謝しながら従業員とがんばっています。 ストライキ前は近くの蓮田SAがリュニーアルオープンした影響で佐野SAの売り上げは下がっていましたし、ストでお客様にはご迷惑をお掛けしたのですから、客足が戻るには相当な時間がかかると予想していました。 ところが、スト終結後、1週間の売上は30%近く上がった。 お客さんには感謝の気持ちしかありません」.

次の

福田紳一(ケイセイフーズ新社長)経歴や顔画像!佐野SAストライキ|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

佐野 sa 社長

理由は従業員が起こした前代未聞のストライキ。 その後、運営会社「ケイセイ・フーズ」はストライキについて自社の見解を記した「事情のご説明」を報道各社に送付。 社長の岸敏夫氏(61)が会見するなど、大きな話題となった。 佐野サービスエリアは佐野ラーメンが名物で、年間利用者数は約170万人。 しかしストライキは長期戦の様相を呈し、いまだに本格的な再開には至っていない。 16日朝からフードコートと売店に限り、関連会社の従業員や日雇いスタッフを集めて営業を再開したが、佐野ラーメンが提供されるまで食券購入から50分を要したケースもあったという。 引用: この通り、佐野SAはお盆の時期からストライキで運営がされていない状態でした。 しかし現在は他の従業員を雇ったのか、営業を一部再開しています。 従業員の給与が支払われなかったり様々な問題が出ている佐野SAはですが、運営会社のケイセイフーズに関しても色々と出てきているようです。 名前:加藤正樹(かとうまさき) 年齢:45歳 職業:ケイセイフーズ元元総務部長 今回不当解雇され、ストライキの中心となっている加藤正樹さんですが。 ケイセイフーズでは総務部長でした。 ケイセイフーズに入社したのは、2018年5月だったそうで、そんなに長く働いていたわけではないようです。 経歴は元々大手総合商社で働いていたそうですが、東日本大震災をきっかけに、故郷だという宮城県で復興活動をしていたそうです。 つまり出身は宮城県なんですね。 そんな中で、ケイセイフーズに知人が働いていたそうで、誘われて入社したということだそうです。 中途なのに1年ほどで部長にもなるなんて仕事ができる方なんですね。 顔画像についてはわかっていません。 ケイセイフーズ岸社長や総支配人T氏 のストライキについて Q. 従業員との話し合いは解決したか? A. 本日から新しいスタッフとやってます! そうじゃないだろ… そりゃ既存社員の話し合いに応じない、ド畜生対応する社長にはついてけないわな — ばにら YbBLIZigOp8QQU3 そして2019年7月、ついに佐野サービスエリアが異常事態に陥る。 「売店のバックヤードから商品がどんどんなくなっていったのです。 8月初旬には、バックヤードからほとんどの商品が消えてしまっていました。 しかもそんな危機的な状況下で、岸社長の子飼いだった当時の総支配人T氏による経費の個人的支出が露見したのです。 T氏は会社の経費で700万円以上する高級車や、100万円相当の家電製品などに不適切な支出をしていたことが発覚しました。 特に車は社長が『オレの側近が安い車に乗っていると恥ずかしい。 高級車ならいいな』と言い出したから買い換えたというのです。 従業員たちの不安が怒りに変わりました」(加藤氏) 引用: まず、ストライキの要因のひとつでもあるような内容が上記のようです。 総支配人T氏が会社の経費で高級車などを購入していたということです。 T氏についての情報はほとんどありませんが、社長側についているような人のようです。 そして岸社長ですが、現在新しいスタッフを雇って営業を再開しているようですが、ストライキが起きているのにそれに向き合わずやっているのがよくないように映っています。 その業者がサービスエリアのスタッフを募集していた。 彼らの豊富な資金力で持久戦に持ち込まれ、勝ち目はなくなりかけました。 そこまで追い込まれましたが、最後まで訴え続けたのが、サービスエリアを監督するネクセリア東日本とケイセイ・フーズが取り交わした契約にある、『再委託禁止』という項目についてです。 『今回の募集はこの項目に抵触する』と、私は訴えてきました。 9月22日に戻ってきてほしい』という連絡を9月17日に受けました。 にわかには信じられませんでしたが、実際に戻ることができた。 これがおおよその経緯です」 しかし、ケイセイ・フーズ側は、全従業員の復帰に、ある条件を提示していた。 それは、加藤氏の辞職である。 加藤氏は自身の処遇と今後の展望について、記者に胸の内を明かした。 「業務の引き継ぎや消費税対応などもあり、まずは従業員の皆さんと一緒に戻り、最低限営業ができる状態に戻したいと考えています。 その先のことはわかりませんが、会社の財務状況に問題がないことを確認し、現在取引停止中の取引先の皆さんに再開をお願いしたい。 できるだけはやく、営業を正常化させたいです。 お客様には大変ご迷惑を掛けました。 これは経営側だけでなく、私たち従業員もお詫びしなければなりません。 でも、このストライキ中、今まで多忙のために、ろくに話も出来なかった従業員たちが、連日のように会合を開き、研修や準備を続け、スタッフ間の結束が固まった。 迷惑をお掛けした分、今まで以上の接客でお客様をお迎えしたいです」 引用: ついに佐野SAのストライキ問題が終結しました。 「再委託禁止」という項目があったのにも関わらず、新たなスタッフを募集したことが決め手となったようです。 そして岸社長ら経営陣も退陣するということでした。 しかしなぜか加藤氏の辞職という条件もありました。 これはちょっと謎ですけどね。。。 私も戻ることができました! 今、佐野SA事務所でこれを書いています。 katosanosacojp1 でも加藤氏のSNSには「私も戻ることができました」と記載があります。 これは一時的にということでしょうか?ちょっとよくわかりませんね。 加藤氏が戻ることも最大の条件ではないでしょうか。 元々不当解雇からのストライキだったんですからこれは解決とは言えない気がしますね。

次の