アルコール 消毒 効果。 品薄続くアルコール消毒液、類似品どう見極める?:日経ビジネス電子版

アルコール消毒の効果や持続時間!手荒れの原因になる成分はある?

アルコール 消毒 効果

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で需給が逼迫している手指用アルコール消毒液。 大手の消毒液メーカーは増産に乗り出すが、都内のドラッグストアをのぞいても品切れの札が掲げられている店舗が多い。 一方で、通信販売サイトを検索してみると、大手メーカー以外が手掛ける商品も含め、さまざまな商品がやりとりされる。 一部量販店で山積みになって売られているものもある。 「どのような商品か分からないが、新型コロナ感染症の流行で新規参入もあるようだ」とは大手メーカーの広報担当者。 一体何を基準にどんな商品を選べばいいのか、専門家らに話を聞いた。 「コロナウイルスを含めウイルスや細菌の除去にアルコールは効果があるとされていますが、肝心なのは含まれている濃度です」 アルコール消毒液の効果について尋ねると、獨協医科大学医学部公衆衛生学講座の小橋元教授はそう答える。 小橋教授によると、最も適しているとされるアルコール濃度は70~80%程度。 100%近いものであれば、消毒・除菌効果はあるものの、「揮発性が高いため、ウイルスを除去しきる前に蒸発してしまう可能性がある」という。 逆に濃度が下がると「それだけ効果は下がってくると考えられる」と説明する。 厚生労働省は同省ホームページ「新型コロナウイルスに関するQ&A」の中で、「アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています」と表記している。 実際に売られている商品を調べてみた。 健栄製薬「手ピカジェル」は(76. 9~81. 4vol%)、サラヤ「ハンドラボ 手指消毒スプレーVH」は(76. 9~81. 4vol%)のように、確かに上記の範囲のエタノール濃度が表記されている。 ところが、量販店や通販で売られている一部の商品には濃度の記載がないものがあった。 記者は製造販売元に問い合わせてみた。 電話口の担当者に尋ねると「うちの商品のアルコール濃度は58%です。 化粧品として販売しており、『除菌』や『殺菌』といった文言は使っておりません」と説明。 同社HPには「新型コロナウイルスに効果があるかどうかは、現時点では他社様の多くの商品と同様、確認できておりません」との注意文も掲げている。 アルコールが含まれる以上、感染防止に効果がないとは言い切れない。 だが、感染リスクを下げる効果は、濃度が明記された商品に比べると劣る可能性が高い。 同社はこの商品について「最近販売を始めた」という。 「お客さまがどのような用途で購入されているかは把握していない」と話し、あくまでも消毒液を売っているわけではないという姿勢だった。 確かにパッケージにも「洗浄」の文字はあっても「消毒」の文字はない。 記者は販売意図を尋ねようと食い下がったが、最後は多忙を理由に電話を切られてしまった。 東京都など7都府県に緊急事態宣言が発令され、各家庭や職場での新型コロナウイルスに対する危機感は高まっている。 そうした中で、効果が判然としない商品は今後、続々と登場してくる可能性がある。 小橋教授は「自身が求めている効能と、商品の成分や効果が合っているかを冷静に確かめる姿勢が必要だ」と指摘する。 そもそも、外出機会が減る中で「基本的には、せっけんを使ってしっかりと手を洗い、十分な水で流せば、感染防止の効果は得られる」と小橋教授。 「水が使えないなど特別な環境にいる場合は別だが、何が何でもとアルコール消毒にこだわる必要はない」とも話している。

次の

新型コロナウイルスの消毒方法と効果【厚生労働省・専門家の発表まとめ】

アルコール 消毒 効果

そう聞くと100%の濃度が最も高い消毒力があるように思うが、厚生労働省は高濃度のエタノールを消毒用の代わりに使う場合、70〜83vol%の濃度を推奨している。 アルコールは濃度が高すぎると揮発性も同時に高まり、効果が持続しないことが理由。 適正度数は40パーセントから殺菌効果が高まり、70パーセントで最も高い効果を発揮するという。 市販のアルコール消毒液の濃度も60〜70度台のものが多く、今月全国の酒造メーカーが急きょ製造に乗り出した高濃度エタノール製品の度数をみても、65度や66度、77度といった濃度が多くみられる。 お酒として飲むには濃すぎるかもしれないが、手指などの消毒用としては薄めずそのまま使うことができるよう配慮されている。 アルコール77%のお酒が人気? 山梨県の笹一酒造が発売した「笹一アルコール77」や高知県・菊水酒造の「アルコール77」、長野県・仙醸の「アルカス77」など、高濃度エタノール製品の製造を始めた各酒造メーカーは77%に照準を合わせている印象が強い。 これは品薄が続く市販のアルコール消毒液の濃度を参考にしたものと考えられるが、茨城県・明利酒類の「メイリの65%」や福島県・笹の川酒造の「SPIRITS66」など65度や66度のお酒も同じくらいの殺菌効果が期待できる。 の情報によると、アルコールの濃度が60%以上(重量%)の高濃度アルコール製品は危険物に該当するが、酒類などのアルコール度数表示は体積%による表示のため、体積%から重量%に変換する必要があるという。 酒類などの場合はアルコール度数67度前後から危険物に該当する場合があり、目安としてこれ以下のアルコール度数のお酒は規制がかからないため比較的生産しやすく、手に入りやすいといえるかもしれない。 80度、90度以上の高濃度のお酒は70度前後の濃度に比べて除菌力が低下するが、適切なアルコール度数に薄めて使えば消毒液の代わりとして役立ってくれるだろう。 高濃度エタノール製品が手に入りづらい今は、度数にこだわりすぎず、近くの酒販店やインターネット通販の入荷情報をこまめにチェックし、入手しやすいものを適切な量だけ購入しよう。 消毒液として代用できそうな高アルコールのお酒を度数別にリストにしてみたので参考にしてほしい。 消毒に使えるアルコール度数の高いお酒|60%〜69% 岩手県の南部美人はアルコール度数65%の「南部美人アルコール65」を製造・発売。 アルコール度数77%の「南部美人アルコール77」も同時展開。 福岡県古賀市にある翁酒造と「酔神65」を共同開発し、4月28日から販売を開始した。 アルコール度数77%の「アマビエ77」も同時展開。 地元福島県を中心に順次全国へと出荷を進めてまいりますので宜しくお願いいたします。 — 笹の川酒造安積蒸溜所 AsakaDistillery 福島の笹の川酒造は、高濃度のスピリッツ「SPIRIT 66」を販売。 アルコールと純粋のみで製造した飲料用のアルコールで無香料・添加物不使用なので安心して使うことができる。 ウイスキーの原酒を不足状態が続く消毒用エタノールの代替品として手指消毒用に提供する。 初回受付日は5分で700本が完売したが、5月1日より再販を開始した。 消毒用エタノールと同等の効果が期待でき、20度以下に希釈すれば飲料として、黒糖蜜由来の香り楽しむこともできる。 売り上げの一部は、感染拡大防止活動を行う人々の活動資金として寄付に当てられる。 木曽郡内の医療機関や介護施設などを優先に供給している。 一度の製造で約1,000本(300ml換算)のため供給量に限りがあり、5月上旬から鹿児島県指宿市エリアのみの販売を予定している。 詳細は公式HPやSNSアカウントで報告予定。 できるだけ多くの人の手に届くよう、1世帯1本と数を限定している。 週に約1,000本の製造量限定。 法令の関係上、一日の生産量に制限があるため八重山諸島内の供給を想定。 当面は直接販売で提供する。 発売前から大きな話題を集めた。 消防法に規定される危険物に該当するため、一度に生産できる数が限られることから、当面は埼玉県内の医療機関に限定して出荷していく。 南部美人アルコール77(岩手県・南部美人) 「南部美人アルコール65」を展開する岩手の南部美人はアルコール分77%の「南部美人アルコール77」も同時展開。 優先供給先や個人向け通販の在庫情報は、公式情報でチェックを。 新型コロナウイルスの流行が早期収束することを願って疫病退散の象徴・アマビエを商品名に採用した。 「アマビエ65」はオンラインで販売 どの酒造メーカーも、限られた製造本数で、必要な人へ届けることを目的としている。 地元の医療機関、地元民を優先的に、数量限定で提供していることが多いので、ルールを守って入手しよう。

次の

アルコール消毒の原理とは?推奨されている理由と使用方法を解説

アルコール 消毒 効果

アルコール除菌・消毒剤はさまざまなウイルスや細菌に効果があり、手に入りやすい事から一般家庭や飲食店でポピュラーに使用されています。 しかし、正しい使用方法で除菌や消毒を行わないと効果がなかったり、薬剤に対する抵抗力が強い一部のウイルスや細菌には効果が低い事を覚えておく必要があります。 ちなみに医薬品や医薬部外品は「アルコール消毒剤」、それ以外の雑貨品は「アルコール除菌剤」という総称になりますが、必ずしもアルコール消毒剤の方が効果が高いわけではありません。 雑貨品は薬機法上「消毒」や「殺菌」「滅菌」等の文言を使用できないので「除菌」という言葉を使用していますが、実際の効果では医薬品や医薬部外品に勝る商品も存在します。 アルコール消毒剤とは アルコールとはエタノール(エチルアルコール)やメタノール(メチルアルコール)、イソパノール(イソプロピルアルコール)などの総称です。 その中でも消毒用に使われるアルコールはヒトへの毒性が相対的に低いエタノールとイソプロパノールで、消毒用エタノールとイソプロパノールは日本薬局方(医薬品の性状及び品質の適正を図るため、薬事法第41条に基づき薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて厚生労働大臣が定め公示する医薬品の規格基準書)で規定されています。 エタノールの大部分はアルコール発酵(グルコース、フルクトース、ショ糖などの糖を分解して、エタノールと二酸化炭素を生成し、エネルギーを得る代謝プロセス:糖蜜やさとうきびなどの糖質と、トウモロコシ、さつまいも、じゃがいもなどのでんぷん質が原料)によって製造されており( 主成分は発酵アルコールなので安全などと表記している製造者もいるがエタノールの事なので優位性はない)、イソプロパノールより幾分毒性が低いと言われています。 補足 日本では、純粋なエタノールに対して酒税法によって課税される為コストが上がってしまいます。 税金を軽減する為にエタノールに第二級アルコールの一種である2-プロパノールを添加したり(飲用に転用できないように不適な臭気や味を加える)、2-プロパノールやベンザルコニウム塩化物などとの合剤にした製品もあります。 アルコール除菌や消毒の仕組み アルコール剤を有効な濃度で使用すると細菌などのタンパク質を変性(タンパク質の高次構造が不可逆的な変化を起こして活性を失ったり不溶性になったりする現象)させたり溶菌(細菌の細胞が細胞壁の崩壊を伴って破壊され、死滅する現象)などの殺菌作用をあらわします。 さらにある程度水が存在する状況ではアルコールが細胞膜を変性すると共に透過したアルコールが菌の内圧を高めて溶菌などの作用をあらわし、高濃度で使用するとタンパク質の構造水などの脱水作用が生じる事で変性作用が強く現れます。 したがって、 アルコールと水分のバランスが良い70~80%の濃度が最も殺菌効果が高いと報告されています。 最適濃度については諸説あり、濃度が70%の時にアルコールと水の分子組成が1:1となる事で疎水基が平面上に並んで広い疎水面を作り、細胞膜を破壊してタンパク質を溶出させるので殺菌効果を示すという新しい解釈もあります。 日本薬局方の消毒用エタノールの濃度は76.7〜81.1V/V%となっている。 Price(1950)は10〜20%では10分間以上作用させないと殺菌効果がなく、60〜90%では最初の数秒間で強力な殺菌力を発揮するが、90%以上ではかえって殺菌作用が弱くなることを実験で確かめている。 Morton(1950)のブドウ球菌に対するエタノール濃度(水分量)と殺菌効果の成績からも60〜90%が効果的であることが証明されており、エタノール、プロパノール等のアルコール類では、無水のものより適量の水分を含有したほうが有効であるとする説が相当多い。 Luthi(1954)は70〜90%のエタノールの抗カビ性を調査した結果、Penicillium tardumの胞子に対して90%濃度が最適効果があったと報じている。 Block(1977)はエタノールの至適濃度は70V/V%であり、この濃度は細胞に対する透過性が大で、細胞のタンパク変性を生じやすいと称している。 高島ら(1980)はエタノールの至適濃度を70%程度と認めながら、カビの種類によってはそれ以下でも有効なことを確認している。

次の