千と千尋の神隠し 裏設定。 千と千尋の神隠しの都市伝説!4つの裏設定が隠されていた

【リンの正体】千と千尋の神隠しには裏設定が…ネタバレ注意!

千と千尋の神隠し 裏設定

湯婆婆はお湯屋の最上階に居るそうですが、お湯屋に初めて足を踏み入れた千尋はもちろん1人で行くことができません。 そこで、たまたま居合わせて千尋の正体が人間だと知ってしまった従業員のリンに案内してもらうことになりました。 「千と千尋の神隠し」の世界では 人間は異色の存在。 正体が人間だということはお湯屋の従業員たちになぜか匂いで気づかれてしまうため、その正体がバレないようにと早歩きでお湯屋の中を動いてエレベーターを目指します。 1機目のエレベーターを降りて次のエレベーターに乗り継ごうとドアが空いた瞬間、目の前に巨大な白い体のお客様が現れました。 これが「千と千尋の神隠し」の中で おしら様と出会う初めてのシーンでした。 リンは笑って誤魔化して次の エレベーターに千尋を連れて行きますが、おしら様はなぜか2人の後をついてきます。 千尋はなぜおしら様が後ろをついて来るのかわからず「 正体がバレてしまったのでは?」と不安そうな顔をしている一方、リンは気にせず進んでいきます。 何かに気がついた他の従業員がリンに声をかけました。 リンは返事をしながら千尋をエレベーターに押し込みます。 するとなぜかおしら様もエレベーターに乗り込みました。 しかし、おしら様の巨体に隠れたおかげで正体が人間だと気づかれることなく、無事にエレベーターで 目的地の最上階までたどり着くことができたのです。 最上階では千尋だけエレベーターを降りました。 そしてなぜかおしら様と互いにお辞儀をした後、おしら様はそのままエレベーターに残ったままドアが閉まっていました。 神様ですが、人間にお辞儀をしてくれるなんてなんだか親近感が湧きますね。 青森や岩手などの東北地方で特に伝承されていて、諸説あるようですが 農業の神様とのこと。 「千と千尋の神隠し」のおしら様を見てみると、なぜか朱色の杯のようなものを頭にかぶって全身は真っ白。 顔は頬あたりから大根のようなものが伸びており、その色や見た目から「 大根の神様」だと思っていた人もいるのではないでしょうか。 その正体は農業の神様とされている点から「千と千尋の神隠し」ではあえて大根のような姿にしたのかもしれませんね。 また、おしら様は 子ども好きの神様であるともいわれています。 そう考えると「千と千尋の神隠し」でなぜ千尋を助けたかの理由になりそうですね。 おしら様がエレベーターに乗ったのはただの偶然だった!? 「千と千尋の神隠し」のおしら様の正体、それは子どもが好きな神様ということがわかりました。 しかし、ここで気になる話が… それは、おしら様がエレベーターに乗ったのは「 ただの偶然だった」という説。 なぜこんな説が出てきたのでしょうか? 「千と千尋の神隠し」で最初におしら様と出会ったシーンをもう一度思い返してみると…おしら様はなぜか上に行きたいと言っていました。 リンから「 このエレベーターは上には行かない」と聞いたおしら様は2人が上へ行くエレベーターに案内してくれると思い込み、ついて行っただけなのではと推測されるのです。 湯婆婆の居る最上階へ着く直前、1つ下の階でエレベーターのドアが開いた時にもキョロキョロと辺りを見回していました。 実は単純に ただの好奇心として上の階を見てみたかった。 そんな考察もいささか不可能ではないですよね。 おしら様の好奇心だったという説もあるものの「千と千尋の神隠し」で千尋がオクサレ様という神様のお世話に大成功した瞬間、おしら様もあの大きな身体を揺らしながら喜んでくれていました。 彼が農業の神様で子ども好きだったという正体を知ると、 なぜ彼女を見守ってくれたのかもしっくり来ますね! ちなみに「千と千尋の神隠し」の作中でおしら様が「 2人出てくるシーン」が存在するという噂も。 なぜ2人なのかはわかりませんが、また新たなネタの予感が… これを機に作品を見返してみてはいかがでしょうか。

次の

なぜエレベーターで千尋を助けた?千と千尋の神隠し、おしら様の正体 | シネパラ

千と千尋の神隠し 裏設定

江戸時代に銭湯で垢すりなどをする女性を表す「湯女」として「油屋」で働く千尋。 名前も、湯婆婆に取られてしまったので「千」になっているのもまるで夜の世界の源氏名のようと捉えられているようです! 宮崎駿監督も、「現在の日本は夜の世界に似ている」とコメントをしていることも要因のようです。 具体的には、映画「千と千尋の神隠し」に登場した二人の母親「千尋の実母」と「坊の母・湯婆婆」が、自身の子どもに対して対照的な対応を見せていることから、そうした親子間の問題提起という裏設定が浮上したのです。 物語序盤の千尋には、「どこか無気力で消極的で将来に希望がなく、周囲へも無関心」な現代的特性が備えられています。 千尋の母は、夫とは腕を組むなどきちんとコミュニケーションを取っているにも関わらず、千尋に対しては「ちょっとくっつかないでよ。 歩きづらいでしょ」などと冷たく言い放つなど、どこか愛情の希薄さを感じます。 一見すると子どもに自立心を育てようという姿勢に取れなくもないのですが、その光景がまるでネグレクトのような側面をも持ち合わせています。 それとは対照的に、坊の母親である湯婆婆! 湯婆婆は、坊に対して甘々。 度を越した可愛がりかたをしています。 それなのにも関わらず、自分の所有物のように坊の言動を制限し、束縛を強めています。 子どもの心と体の成長に、いかに親の影響が関わるかが分かる千尋と坊の成長具合。 blog. so-net. というのも、実は宮崎駿監督の親交が深かったプロデューサーの娘「ちさと」さんが千尋のモデルと言われています。 例えば千尋が川に靴を流してしまうシーンがあるのですが、実際に起きたエピソードだとか。 戦友であるプロデューサーに、その娘の「ちさと」さんへ、日頃の感謝を込めたタイトルとなっていたようですが、最終的には変わってしまったようですね。 実はその理由として、「湯婆婆と千尋きちんとした契約を結んでいなかったから」ではないかという裏設定&都市伝説も浮上しているんです。 千尋と両親が迷い込んだ世界で、神様の食事を無銭飲食してしまったことで、豚の姿に変えられてしまった両親を助けるために湯婆婆と契約を交わしました。 その契約を交わすシーンをよーく見てみると実は、千尋は自分の名前の漢字を間違えて書いているのです!!! 「荻」の「火」が「犬」になっているんですね。 なので、湯婆婆と正式な契約を交わしていないのではないかと、! そのため、千尋は名前を完全に奪われることなく帰ることができたいうのです。 そのほかに、名前を奪って支配する湯婆婆の「油屋」に足を踏み入れたことにより、徐々に自分の名前を忘れていて契約を結んだときには既に、自分の名前を忘れてしまっていたからという話もあります・・・。 湯婆婆と銭婆は一人の人間の善悪を分けた存在? 出典: c スタジオジブリ 映画の作中、銭婆が「あたしたち2人で1人前なのに気が合わなくてねえ」というセリフがあります。 実はこの湯婆婆と銭婆。 彼女たちは一人の人間の善悪を分けた存在で、2人で1人の人間であるとの裏設定&都市伝説も噂されています。 どうやら湯婆婆が人間の悪の部分を表し、銭婆は人間の善の部分を表しているとのこと。 彼女たちの両極に位置する内面を合わせれば、上手く平均的な1人の人間として完成するということなんですね。 アニメーターさん曰く、湯婆婆は胸元にイボが一つあり、銭婆には胸元にイボが四つあるらしく、そこで2人を見分けられるらしいです。 これは、服を着ていると見分けることはできませんよね・・・。 湯婆婆と銭婆はもともと二人とも完全な悪役だった? 出典: c スタジオジブリ 口が悪く横暴な性格。 ですが何気に社員想いの湯婆婆。 湯婆婆よりは聞き分けがよく、気軽に話ができる温厚な性格の銭婆。 そんな2人ですが、実は再構成前のプロットでは、悪役で登場する予定だったとか! 時間の関係で、幻の設定になってしまったようですが、原案には千尋によって湯婆婆は倒され、黒幕の銭婆も倒していくという「アクション映画」要素があったそうですよ。 ちょっと見てみたかったですね。 ですが、物語が進むにつれて千尋に気に入ってもらいたい一心で、千尋に手から金を出すのですが、「いらない」と拒まれ、暴れだしてしまいました。 そんな、カオナシですが日本人の性格を表していると言われているんです! 「本音が言えず、人に尽くしてしまう」 「意見を言わず、他人任せにしてしまう」 日本人に多い性格ではないでしょうか? 自分のやりたいことが分からず、自分が出せないことでストレスを抱え、爆発したり、うつ病になったり・・・。 宮崎駿監督は「カオナシは誰の心にもいる」と言っているほど、誰にでもありえることをカオナシが表してくれているんですね! カオナシが「人間の欲を具現化した存在」だと考えると、またカオナシが金を出したり、食べ物を食い散らかしたり・・・ 金銭欲や食欲をいくら与えても、満足しませんでしたよね? カオナシが求めていたものそれは、「自分のことを理解してくれる、安らげる居場所」だったんです。 人間の欲求を満たすのは、金銭欲でも食欲でもないということを、カオナシを通じて宮崎駿監督は伝えたかったのかもしれませんね。 電車は死語の世界への道のり?! 出典: c スタジオジブリ ハクが銭婆から盗んだ契約印を返し、ハクを許してもらうために千尋はカオナシや坊たちを連れて銭婆のもとへ向かうシーンで電車を使います。 駅員さんや乗客が、薄暗くまるで影のようで顔が分からない。 そして、行きはあるのに、帰りの電車がない・・・ 都市伝説によりと、電車を利用する乗客は「人間界で自ら命を断とうとしている人間たち」だと言われているのです。 途中に駅がるのですが、乗客が降りるのは「死ぬことをとどまり、再び生きることを決意した」という意味に取れるそうです。 使命感を持ちながら電車に乗る千尋たちには色がある。 なんだか納得してしまいますよね? 電車に関してはちょっと怖い噂が後を絶ちませんが、真実かどうかは定かになっていません。 ラストシーンでハクの手が・・・。 ラストシーンの千尋とハクが手を繋ぎ走り、ハクが「この先には私は行けない」と言って、千尋の手を離すのですが、そのときハクの手だけが残ります。 これは、宮崎駿監督曰く「永遠の別れ」を現していると言うのです。 ハクは元々は川の神様です。 ですが、自分のいた川はもう現実世界にはないので名前を取り戻してもハクは帰れない? 千尋が別れを惜しむシーンでハクが 「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」と言っていますが、ハクが人間界に戻れたのかどうか描かれておらず、未だ謎のまま。 都市伝説によると、千尋を助けるため、ハクが湯婆婆に「坊を連れ戻すから、千と両親を人間の世界へ戻してください!」とお願いをするのですが、湯婆婆は、「あたしに八つ裂きにされてもいいのかい?」と油屋のルールにより、ハクは湯婆婆に八つ裂きにされる運命を受け入れたのではないかと・・・。 ハクが千尋に言った言葉は、躊躇する千尋の背中を押すために嘘をついたとも考えられています。 実は幻のラストシーンが存在する? 実は映画「千と千尋の神隠し」には、劇場でしか見ることの出来なかった「別のシーンがあった」と言うのです! それは、「もう引越し業者さん来てるわよ」と千尋の母が言い、引越し業者さんからも「時間に遅れると後で困る」と叱られます。 千尋は近所をふらふらしていると川があることを発見。 近づくと「はっ」と千尋が何かに気が付いて終わる。 そんなラストシーンです。 確かに!言われてみれば劇場で見たときこんなシーンがあった気がします! そんなラストシーンですが、残念ながらDVDやロードショーでは観られないため裏設定として「幻のラストシーン」になっているのです。 余談ですが、ハクが千尋の手を離した後「決して振り返ってはいけないよ。 」と言うシーン。 もし振り返ったら、千尋は現実世界に戻れなくなってしまう。 なので銭婆から貰ったゴムが光り、振り返るのを留まったという話もあるんですよ! 「振り返るな」と言われると、振り返りたくなっちゃいますよね・・・。 映画「千と千尋の神隠し」と他のジブリ作品には共有の裏設定&都市伝説があった? 映画「千と千尋の神隠し」には、他のジブリ作品との関連するポイントがとても多く見受けられます! 以下ではそんな他のジブリ映画の名作たちとの関連性を紐解いていきましょう! 「紅の豚」との共有裏設定&都市伝説 まずは、「紅の豚」から始めましょう! 上記でお伝えしたように、千尋のモデルの女の子「ちさと」ちゃんという、宮崎駿監督の親しい友人の娘さんがモデルなのですが、 実は「ちさと」ちゃんの父も実は、紅の豚」のポルコロッソのモデルなのです! その関連付けで、千尋の両親が豚に変身させられたと言われています。 おお!意外な繋がり。 上記でも説明した、電車のシーンで各駅に停車するのですが、その駅のひとつに節子のようなオカッパの少女が待っているのですが、 ジブリファンの間では「兄を待っている節子」と囁かれており、千尋がいる世界は死後の世界と言われる要因と言われています。 「となりのトトロ」との共有裏設定&都市伝説 続きましては「となりのトトロ」です! 「千と千尋の神隠し」は「となりのトトロ」の続編と囁かれているんです。 「千と千尋の神隠し」は「となりのトトロ」の続編と言われているとか?! 「もののけ姫」との共有裏設定&都市伝説 ラストは、「もののけ姫」です!!! なんと、主人公千尋の裏設定に驚きの事実が?! 設定資料集によると、千尋は「もののけ姫」のサンの子孫だと言うのです! なので、映画「千と千尋の神隠し」は、「もののけ姫」のその後の世界で続編とのこと?! これまた、上記でお伝えした、千尋が名前を「荻」の「火」が「犬」と間違えるのですが、山犬に育てられた「サン」その子孫の「千尋」。 お分りでしょうか?それこそが、宮崎駿監督が隠したメッセージではないかと囁かれています! 「サン」が人として生き、子孫まで残した。 そしてその子孫の「千尋」が神々の世界に行く。

次の

【千と千尋の神隠し】魅力や裏設定、トリビアを紹介|ジブリ人気投票も!

千と千尋の神隠し 裏設定

急いでいたはずがトンネルを見つけるやいなや、無邪気に入っていき母親は「車にあったサンドイッチを持ってこればよかった」と発言さえしています。 これは 「千尋達は事故に遭い、瀕死状態の中臨死体験として異世界の夢を見ている」という説を考えればこの違和感は解消されます。 トンネルは臨死体験をした人達が天に向かうトンネルであり、日暮れから現れた大きな川が「三途の河」です。 戻ろうとした時には川になってしまい「この世」には渡れなくなってしまったのです。 」といったもの。 実はその先のラストシーンを見たとファンの間では囁かれています。 両親が食べた食事は 「神様のおもてなしの料理」であり、 「迷い込んだ人間を罠にかけるもの」とも考えられます。 豚になったのは、 「豚のように欲望のままに食べ物を貪り尽くし、罠にかかった結果「喰らい尽くされる側」となったと考察されています。 宮崎駿監督は、バブル時代「喰らい尽くされる側」の人たち 豚そのものになってしまった人)が多く存在していて、今でもそのことに気がつかずに「不景気だ、餌が足りない」と言い続けているとコメントしています。 貪欲であり欲に忠実な愚かな人間の象徴をあらわしているのが豚なのです。 早い話、後先をしっかり考えて行動しろとも取れますよね。 宮崎駿監督は 「カオナシは誰の心にも存在する」とコメントしています。 カオナシは思春期の心の象徴であり、 不安や恐れといった思春期のもやもやとした感情がデフォルメしてあらわれた存在だと言われています。 千尋は最初はカオナシを拒んでいましたが、のちにカオナシを鎮め、招き入れることでひとつ成長するのです。 のちに宮崎駿監督による後付けされた冗談であると明かしています。 ですが並んだところを見ると目元やなで肩具合が似ており、「確かに似てる!」と思わずに入られません。 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がモチーフとなっているといわれています。 銀河鉄道では、死者を天上へと運ぶ汽車であり乗客や車掌は黒く描かれています。 また周囲には何もない闇の中に線路が続いており車窓から草花や星々が見え、時折プラットホームだけの駅が現れるといった類似点が千と千尋にも見受けられます。 銀河鉄道の夜がモチーフとなっているのであれば、 千尋達が乗った乗客や車掌も死者ということになります。 宮崎駿監督はこの美しい風景を「千尋にこの世界にもきれいなところはあると知ってもらいたかったから描いた」とコメントしています。 世界の汚い面に翻弄されたとしても、少し外に出てみれば綺麗な世界があると我々にも伝えたかったのではないでしょうか。 宮崎駿監督は 「これだけ経験を経てきた千尋は両親がいないことがわかる。 なぜわかるか、でもわかるのが人生ですよ。 」とコメントしています。 湯屋で多くを学んできた千尋は、生還するためにこれまでに培ってきた智恵を使ったのではないでしょうか。 例えるなら、仕事のノウハウがある人とない人ではその結果はまちがいなく違います。 日本はすべて風俗産業みたいな社会になっているじゃないですか」 宮崎駿監督日本版プレミア誌上コメント 宮崎駿監督はそうコメントしています。 大人の社会にまだ子供である千尋がぶつかっていき心身ともに成長する物語として描きたかったのではないでしょうか。 「千」とつけられた名は源氏名といわれると納得してしまいますね。 本来は「萩野千尋」ですが、契約書に書いた名前は「萩」の「火」の部分が「犬」になっているのです。 そのおかげで本来契約は成立しておらず、千尋は元の世界に戻れるようになったともいわれています。 千と千尋の神隠しのその後はどうなる? ハクは千尋を元の世界へ返すことができます。 別れ際「私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ」とセリフを残します。 幻のラストシーンのようにハクが龍神として新しい小川に戻ってくれるのが一番幸せなおわりではありますが、ファンの間では「すべてのことはルールに従わなければならない」ため「八つ裂きにされる運命」を受け入れているのでは?と推測されています。 ハクの手が最後まで名残惜しく残るシーンは宮崎駿監督が「二人の永遠の別れを表現している」という記述が残されているようです。 千と千尋の神隠し都市伝説裏設定まとめ まだまだ探せば多くの都市伝説や裏設定がありそうですよね! 何度見ても新しい発見がある千と千尋の神隠し。 裏設定や都市伝説を知った上で視聴するとまた違った観点で楽しめるのでおすすめです。

次の