地震予知予言.com。 【都市伝説】地震から戦争まで!2020年の予言が怖すぎる【オカルト】

「予知・予言」最新質問一覧

地震予知予言.com

地震予知2020予言まとめ! 2020年もたくさんの方が地震予知・予言をされているんですよね! スズさん 地震予知で有名なスズさんはブログに予言をたくさん書き残されています。 スズさんは予知夢を見る方で夢の中で地震や災害を体験することでブログで発信されています。 それによると 5月頭の夢で三日間連続で地震の夢をみているそうなんです。 今年2020年に大きい地震がくるということなのでしょうか?めちゃめちゃ気になりますよね。 私の自宅の天井のボードが大きく剥がれ落ち、遊びに来ていた子供の友人達を避難させる夢でした、、。 翌日は、都心部の友人の事務所の中が激しい揺れで荒れた様になっている夢、、。 またその翌日は、自宅の壁を壊して侵入してきた方がおり、何が欲しいかと尋ねると、工具が欲しいと言い、渡すと出ていく夢、、。 地震関連が3日か、と思っておりました、、。 子供の友人達がいたという事は、緊急事態宣言解除後か、と、、。 夏には嘘でも解除するのかも知れませんね、、。 引用:スズさんアメブロ 夢を検証してブログにあげてくれるのは、災害意識を高く持てますしありがたいですよね。 首都直下でなければいいのですが・・・・。 michelleさん 地震予知で有名なミシェルさんはブログで2020年の地震予知・予言をたくさんされています。 ミシェルさんは体感の方で耳鳴りなどや耳圧などの体感があって検証しブログで発信してくださっています! 4月末から5月にかけても結構発信されていて、思い返すとちょうどこの頃は長野の地震が連発していまよね!かなり当たっていると言えそうです! 青森でM5クラスと先日の記事に該当かまだ大きいM6クラス控えているかわかりませんが、M5前後多発の状態が続いている感があります。 強震系オルゴールが鳴る耳鳴り反応があります内陸の場合震度4〜5の可能性があります。 海外か、焼岳が気になりますが、10秒こえましたので、報告しておきます。 引用:ミシェルさんアメブロ 地域も詳しく検証されていますよね!この時期は関東も二夜連続で夜の地震が続きましたから当たっていますよね。 地震前の体感で耳鳴りや耳圧・めまいなどの体感がある方は結構いらっしゃいます。 皆さん第六感が働いているということですね。 松原照子 松原照子さんは 2011年の東日本大震災前予言され地震を予知して有名になりました。 現在では公式サイトのほうで毎日予見という形で発信されています。 松原さんの4月の公式サイトによると、地震前のアラート音を今後聞く機会が増えそうということをお話されています。 しかも大地震が起きたときは過去の地震と同じように地震が連鎖するのではないか、とも書かれていました。 松原さんはいつもサイトで取り上げる地震はかなり前、それも江戸時代など相当前の地震を指摘されているんですよね。 しかも松原さんが、貞観地震が気になると書かれていたことがあるのですが、貞観地震は平安時代前期に起きていてマグニチュード8. 3だったんですよね・・・。 しかも地震の専門家東京大学・藤井敏嗣名誉教授さんも 「現在の日本の地震活動は活発化の時期に入っています。 9世紀後半(平安時代)に起きた『貞観地震』の時と非常に似ています」 引用:はぴズム とお話されているんです・・。 1100年前の日本に似てきているとしたら一度地震の歴史をみなおしたほうが、科学的に2020年の地震を予知・予言をできるかもしれません!っめちゃめちゃ気になってしまいます。 飯沼勇義さん 飯沼さんは長年にわたり、地震と津波を研究されている方なのですが 3. 11を予言されたことで有名になりました。 東日本大震災の何年も前から地震と津波が来るから対策をするように警告してきた方です。 11の一週間前にも名取市長さんに『近々、大津波が来る』と警告していというのだから驚きですよね! 飯沼さん曰く、地震と津波を長年研究していると、 次回の津波がわかるようになるそうです。 確かに海にも干潮満潮があるように一定のリズムが自然界にも存在することを考えると、地震にもサイクルがありそうですよね。 そんな飯沼さんは東日本大震災を言い当てたことからいろんなところから話がきているのに次ぎの地震・津波の予言のはっきりした時期はお話されていないようです。 前回2011年の予言・予知の時には警告しても聞く耳を持った人は少なかったそうで、人間は起こってから初めて本当だったんだと認めるからという理由だからだそうですよ。 確かに少し外れてしまうと袋叩きにあってしまいますからね。 そのほうが賢明だと思います! 飯沼さんは詳しい時期のはっきりした名言は避けるとして 今から10年から15年の間に巨大津波が来ると言ってるんです!津波が突然来るはずないのでその前に地震が来るということですよね・・・。 このインタビューが掲載されたのが2017年だから2020年は含まれていますよね・・・。 2020年の予言・予知なのか気になりますよね! 5月11日の地震の噂やtwitterも 2020年5月11日に大地震がくるという噂がtwitterでも話題になっているんです! 僕の見解です。 イルミナティーカード511の地震予言カードなんか気になって最後の晩餐に似てるなと、世界がバラバラになる日、また最近アメリカがUFOの存在を公表しましたね。 時計台は銀座和光に似てる🤔 コロナ&南海トラフの複合災害?😱 災害は回避は出来なくても 意識があれば被害は少なく出来る! — つーちゃん💐🎹🌪 TSUKASA03060408 どうやら出どころはイルミナティの予言カードのようですね。 そしてその結果、朝に茨城や福島に地震がきて噂の予言が当たったとtwitterでは話題になっています。 今朝の地震は最大震度3でした。 過去1年間で震度3以上の地震は175回。 発生した日は129日、発生しなかった日は237日。 5最大震度3 こちらの予言だったのでしょうか。 大きく揺れず目立った被害がなく良かったですね!ただ地震雲が出ているので今後も警戒が必要ですね。 — ひのっこone1 bowwow0316 まとめ 地震予知2020予言まとめ!5月11日の地震の噂やtwitterも という検証でしたがいかがでしたか? 今後も地震が続く可能性もありますので今一度、防災チェックをしていきたいですね。 災害は忘れたころにやってくるということわざを胸に備えていきましょう。 地震の噂はまだまだあるので今後も情報が入り次第追記していきたいと思います! それでは今日はこの辺で失礼いたします。 さようなら!.

次の

新)

地震予知予言.com

地震予知2020予言まとめ! 2020年もたくさんの方が地震予知・予言をされているんですよね! スズさん 地震予知で有名なスズさんはブログに予言をたくさん書き残されています。 スズさんは予知夢を見る方で夢の中で地震や災害を体験することでブログで発信されています。 それによると 5月頭の夢で三日間連続で地震の夢をみているそうなんです。 今年2020年に大きい地震がくるということなのでしょうか?めちゃめちゃ気になりますよね。 私の自宅の天井のボードが大きく剥がれ落ち、遊びに来ていた子供の友人達を避難させる夢でした、、。 翌日は、都心部の友人の事務所の中が激しい揺れで荒れた様になっている夢、、。 またその翌日は、自宅の壁を壊して侵入してきた方がおり、何が欲しいかと尋ねると、工具が欲しいと言い、渡すと出ていく夢、、。 地震関連が3日か、と思っておりました、、。 子供の友人達がいたという事は、緊急事態宣言解除後か、と、、。 夏には嘘でも解除するのかも知れませんね、、。 引用:スズさんアメブロ 夢を検証してブログにあげてくれるのは、災害意識を高く持てますしありがたいですよね。 首都直下でなければいいのですが・・・・。 michelleさん 地震予知で有名なミシェルさんはブログで2020年の地震予知・予言をたくさんされています。 ミシェルさんは体感の方で耳鳴りなどや耳圧などの体感があって検証しブログで発信してくださっています! 4月末から5月にかけても結構発信されていて、思い返すとちょうどこの頃は長野の地震が連発していまよね!かなり当たっていると言えそうです! 青森でM5クラスと先日の記事に該当かまだ大きいM6クラス控えているかわかりませんが、M5前後多発の状態が続いている感があります。 強震系オルゴールが鳴る耳鳴り反応があります内陸の場合震度4〜5の可能性があります。 海外か、焼岳が気になりますが、10秒こえましたので、報告しておきます。 引用:ミシェルさんアメブロ 地域も詳しく検証されていますよね!この時期は関東も二夜連続で夜の地震が続きましたから当たっていますよね。 地震前の体感で耳鳴りや耳圧・めまいなどの体感がある方は結構いらっしゃいます。 皆さん第六感が働いているということですね。 松原照子 松原照子さんは 2011年の東日本大震災前予言され地震を予知して有名になりました。 現在では公式サイトのほうで毎日予見という形で発信されています。 松原さんの4月の公式サイトによると、地震前のアラート音を今後聞く機会が増えそうということをお話されています。 しかも大地震が起きたときは過去の地震と同じように地震が連鎖するのではないか、とも書かれていました。 松原さんはいつもサイトで取り上げる地震はかなり前、それも江戸時代など相当前の地震を指摘されているんですよね。 しかも松原さんが、貞観地震が気になると書かれていたことがあるのですが、貞観地震は平安時代前期に起きていてマグニチュード8. 3だったんですよね・・・。 しかも地震の専門家東京大学・藤井敏嗣名誉教授さんも 「現在の日本の地震活動は活発化の時期に入っています。 9世紀後半(平安時代)に起きた『貞観地震』の時と非常に似ています」 引用:はぴズム とお話されているんです・・。 1100年前の日本に似てきているとしたら一度地震の歴史をみなおしたほうが、科学的に2020年の地震を予知・予言をできるかもしれません!っめちゃめちゃ気になってしまいます。 飯沼勇義さん 飯沼さんは長年にわたり、地震と津波を研究されている方なのですが 3. 11を予言されたことで有名になりました。 東日本大震災の何年も前から地震と津波が来るから対策をするように警告してきた方です。 11の一週間前にも名取市長さんに『近々、大津波が来る』と警告していというのだから驚きですよね! 飯沼さん曰く、地震と津波を長年研究していると、 次回の津波がわかるようになるそうです。 確かに海にも干潮満潮があるように一定のリズムが自然界にも存在することを考えると、地震にもサイクルがありそうですよね。 そんな飯沼さんは東日本大震災を言い当てたことからいろんなところから話がきているのに次ぎの地震・津波の予言のはっきりした時期はお話されていないようです。 前回2011年の予言・予知の時には警告しても聞く耳を持った人は少なかったそうで、人間は起こってから初めて本当だったんだと認めるからという理由だからだそうですよ。 確かに少し外れてしまうと袋叩きにあってしまいますからね。 そのほうが賢明だと思います! 飯沼さんは詳しい時期のはっきりした名言は避けるとして 今から10年から15年の間に巨大津波が来ると言ってるんです!津波が突然来るはずないのでその前に地震が来るということですよね・・・。 このインタビューが掲載されたのが2017年だから2020年は含まれていますよね・・・。 2020年の予言・予知なのか気になりますよね! 5月11日の地震の噂やtwitterも 2020年5月11日に大地震がくるという噂がtwitterでも話題になっているんです! 僕の見解です。 イルミナティーカード511の地震予言カードなんか気になって最後の晩餐に似てるなと、世界がバラバラになる日、また最近アメリカがUFOの存在を公表しましたね。 時計台は銀座和光に似てる🤔 コロナ&南海トラフの複合災害?😱 災害は回避は出来なくても 意識があれば被害は少なく出来る! — つーちゃん💐🎹🌪 TSUKASA03060408 どうやら出どころはイルミナティの予言カードのようですね。 そしてその結果、朝に茨城や福島に地震がきて噂の予言が当たったとtwitterでは話題になっています。 今朝の地震は最大震度3でした。 過去1年間で震度3以上の地震は175回。 発生した日は129日、発生しなかった日は237日。 5最大震度3 こちらの予言だったのでしょうか。 大きく揺れず目立った被害がなく良かったですね!ただ地震雲が出ているので今後も警戒が必要ですね。 — ひのっこone1 bowwow0316 まとめ 地震予知2020予言まとめ!5月11日の地震の噂やtwitterも という検証でしたがいかがでしたか? 今後も地震が続く可能性もありますので今一度、防災チェックをしていきたいですね。 災害は忘れたころにやってくるということわざを胸に備えていきましょう。 地震の噂はまだまだあるので今後も情報が入り次第追記していきたいと思います! それでは今日はこの辺で失礼いたします。 さようなら!.

次の

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 │ 防災の種

地震予知予言.com

例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。 少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。 お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。 日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。 南海トラフ地震の発生は予測できるのですか? 南海トラフ地震は、おおむね100~150年間隔で繰り返し発生していることが分かっていますが、その発生間隔にはばらつきがあり、震源域の広がり方には多様性があることが知られています。 また、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測することは困難であると考えられています。 一方で、南海トラフ沿いで発生した大規模地震の直近の2事例では、東側の領域で大規模地震(1854年の安政東海地震、1944年の昭和東南海地震)が発生した後、それぞれ32時間後、2年後に残る西側の領域で大規模地震(1854年の安政南海地震、1946年の昭和南海地震)が続けて発生しています。 そのため、今後南海トラフ沿いで大規模地震が発生した場合、残りの領域での地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 また、南海トラフ沿いの大規模地震の想定震源域の周辺では、平時からプレート境界面で「ゆっくりすべり」という現象が観測されています。 この現象はプレート境界の固着状況の変化を知る手がかりとなる現象と考えられています。 この「ゆっくりすべり」が通常とは異なる場所や発生様式(変化速度が大きいなど)で起きている場合には、定性的には南海トラフ地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 関連リンク• 8以上の地震が発生した場合や東海地域に設置されたひずみ計に有意な変化を観測した場合などを想定しています。 関連リンク• 南海トラフ地震が発生する前には、必ず「南海トラフ地震臨時情報」が発表されるのですか? 南海トラフ地震の発生前に、必ずしも異常な現象が観測されるとは限らないため、「南海トラフ地震臨時情報」を発表していなくても、南海トラフ地震が発生することもあります。 地震発生の可能性が相対的に高まっているという評価を行う「南海トラフ地震に関連する情報」と、これまでの東海地震予知情報との違いは何ですか? これまでの東海地震予知情報は、2~3日以内に想定される東海地震が発生するおそれがあるという確度の高い情報です。 しかしながら、現在の科学的知見からは、こういった確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 一方、「南海トラフ地震に関連する情報」は、南海トラフ沿いで異常な現象が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連するかどうか調査を開始した場合、または調査を継続している場合、あるいは観測された現象を調査した結果、南海トラフ沿いの大規模な地震発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まっていると評価された場合などに発表する情報です。 関連リンク• 動物や植物は地震を予知できるのですか? 動植物には、音、電気、電磁波、匂いなどに対する感知力が人間などに比べ格段に優れているものがあることは知られています。 一方、地震は、地中の広い範囲で、固い岩盤同士が、破壊し合い、ずれ合う大きなエネルギーの集中や解放を伴うため、徐々に岩盤が変形し始めたり、地下水位が変動したりして、地震の発生前から非常に微弱で特異な音、電気、電磁波、匂いなどが周辺の地面や大気などに現れ、それを動植物が感じ取る可能性もあるのかもしれません。 しかし、動植物は地震以外の理由によって通常と異なる行動・反応をすることがあり、また、動植物自体についてまだわかっていないことも多く、ましてや地震の前兆現象も解明できていない部分が多いことから、地震の前にそうした異常行動・反応をする理由について科学的に説明できていない状況です。 地震雲はあるのですか? 雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。 大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。 「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態です。 日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。 このように地震はいつもどこかで発生している現象です。 雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。 形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

次の