ナカノヒトゲノムネタバレ。 ナカノヒトゲノム【実況中】

ナカノヒトゲノム【実況中】アニメ続編2期の可能性は?放送日や内容がどこまでかも予想|漫画最新刊の発売日と続き速報

ナカノヒトゲノムネタバレ

「ナカノヒトゲノム」の実況主・アカツキがゲームを終えた途端、画面に意味深な言葉が……。 次に目を覚ますと、そこは見知らぬ山の中だった。 倒れていた女子高生実況主・カリンを助けようとして鉄拳を食らわされたアカツキだが、二人で周囲を探索することになった。 道に迷うその時、ありえないサイズの巨大パンダが現れ、二人に襲いかかる…!? 脚本:下山健人 絵コンテ:大沼心 演出:大沼心 作画監督:髙橋瑞紀 第2話 「BORN THIS WAY」パカと名乗る謎の男の指示で、カウンターが一億をまわるまで様々なゲームのリアル実況を強いられることになったアカツキたち。 今回は恋愛育成シミュレーションで、卵から産まれる女の子と学園のアイドルの仲を取りもつのがクリア条件。 ゲームに参加したアカツキ・ヒミコ・アンヤ・マキノは協力し卵を温める。 ひび割れた卵から生まれたのは……。 脚本:下山健人 絵コンテ:澤井幸次 演出:岡本恵里香 作画監督:髙橋瑞紀、藤田亜耶乃、氏家里恵、藪田裕希、池津寿恵、岡田雅人、佐藤このみ 第3話 「CLUMSY PRETENDER」パカを追って、ゲノムタワーの進入禁止エリアに潜入したカイコクとザクロだったが、あっさりと見つかってしまった。 ペナルティとして難易度Sのゲーム「ミミクリー・マンイーター殲滅」に全員強制参加させられることになったアカツキたち。 いきなりタワー内に巨大な植物が現れ、その蔦は13番街のメンバーに擬態して襲いかかってくる。 脚本:下山健人 絵コンテ:二瓶勇一 演出:椿喬祇、大沼心 作画監督:髙橋瑞紀、藤田亜耶乃、大槻南雄、小川みずえ、安藤香春、ことさん 第4話 「DAYDREAM AND NIGHTMARE」今回のゲームは祭りが行われている街での「鬼退治」。 パカ曰く、戦闘になると全滅確定になるほど、鬼はチート級の強さをもっているらしい。 アカツキたちは鬼の情報を得るため、街の長老・キハチの家を訪れるが、そのとき!アカツキを狙う刃物が光る。 脚本:井上亜樹子 絵コンテ:澤井幸次 演出:岡本恵里香 作画監督:髙橋瑞紀、藤田亜耶乃、大槻南雄、小川みずえ、安藤香春、ことさん 第5話 「DUSK AND DAWN」キハチの孫娘・キッカの部屋へと連れてこられたアカツキとカリン。 アカツキはなんとか脱出に成功するも、カリンは部屋に残されたままに! そこへ現れたキッカ。 彼女が娘たちをさらう理由とは……。 一方、鬼の屋敷に潜り込んだカイコク、ザクロと合流したアカツキは、三手に分かれ村娘たちが捕らえられている牢屋を探しはじめる。 脚本:井上亜樹子 その他の。 今回は男女ペアで遺跡に入り、最奥にいる番人から染色体をもらい帰還するのがクリア条件だ。 ただし、遺跡内では決して「嘘をついてはいけない」。 くじ引きでこのゲームの実況者に決まったアンヤとヒミコは、二人で薄暗い遺跡内へと進んでいく。 脚本:下山健人 その他の。 第7話 「FOOTSTEPS OUTSIDE」第七ステージは全員参加のかくれんぼ。 終了時にひとりでも呪われていたらゲームオーバー。 果たしてアカツキたちは逃げ切ることができるのか? 脚本:横手美智子 その他の。 第8話 「GLIMPSE OF ADULTHOOD」「呪奪の三姉妹」をクリアした日の夜、ゲノムタワー30階にある露天風呂が特別に今晩だけ一晩中利用できることになった。 興味津々のアカツキは、ほかのメンバーを誘って露天風呂へと向かう。 みんなで仲良く(?)湯船に浸かっていると、なぜか更衣室の方からカリンたちの声が聞こえてきて……。 脚本:横手美智子 第9話 「HEAVEN WHITE AND HELL BLACK」ベッドで目を覚ますカイコク。 そこはほかのメンバーが一億ビューを達成しないと出られない、落脱者の独房・白の部屋だった。 一方、カイコクがいなくなったわけをパカに追及するほかのメンバーたち。 カイコクに会わせない限り、今後ゲームはやらないと言うアカツキたちに、パカは敗者復活のチャンスを与える。 脚本:井上亜樹子 その他の。 第10話 「HOLD ON AND LET GO」カイコクが白の部屋にあった隠し通路の先で出会ったのは、13番街のメンバーより前にこの島へと連れてこられた、ナナミ・ヒロ・サクラの3人だった。 彼らからこの島の情報を聞くカイコク。 そのころ、アカツキたちはユズの指示のもと、白の部屋に通じる扉のパスワードを得るため、ピースの数が膨大なジグソーパズルを解いていた。 脚本:井上亜樹子 その他の。 第11話 「ISOLATED SOUL」無事カイコクを取り戻したアカツキたちは、第9ステージに挑むことに。 次のゲームは「なかげの幼稚園」。 本人をモデルにした子供のアバター、マキノ・ヒミコ・ユズ・カイコクの親愛度を上げ、頭頂部の花を3名咲かせれば攻略となる。 だが、個性豊かな4人の園児は一筋縄ではいかず、アカツキたちは悪戦苦闘! 脚本:下山健人 その他の。 第12話 「JOURNEY GOES ON」好調に進んでいる13番街メンバーは、褒美としてボーナスステージにチャレンジできることに。 その内容は配られたコインを様々なゲーム機で増やし、景品と交換するというものだった。 景品はパカチューシャやパカンヅメなど、アカツキしか喜ばないガラクタばかり。 だが、その中には「なんでもリクエストを叶える券」があった。 脚本:下山健人 絵コンテ:澤井幸次 演出:福多 潤 作画監督:髙橋瑞紀、藤田亜耶乃、大槻南雄、原口 渉、竹森由加、Kim Seong-il その他の。 [ みんなの声・よりぬき ] 毎週観ていました。 実況者が良い子達ばかりでつい応援したくなる良いアニメでした。 様々な方が歌う劇中歌が好きでした。 6話のアンブレラがアンヤくんの心情とのリンクが感じられて特に気に入っています。 まず、最初にパカさんと共に今までの回の映像が流れてきた時点で感動。 12話の内容も、ゲームパロが多いのに、それぞれのキャラクターによってゲームが引き立てられていたり、全く違うものになっていたり、ととても面白かったです。 あと、スロット当てまくるマキノ純粋にすごい。 そして、双六でアカツキ母にアカツキが会うところで感動。 アカツキが穴に落ちてしまったのを焦って伝えに行くヒミコちゃん可愛いし、その後アカツキを全力で助けようとするみんなが最高に好き。 そして最後にみんなとアカツキが合流して1人1人がアップされるシーンで、アカツキ母や、ニキくん、地下組やシズハさん達が出てきたのにまた感動。 海辺を13番街メンバーで歩いているのもとても素敵でした。 最後にめちゃめちゃピリピリした感じでやるのかと思いきや最後は楽しく面白いゲーム実況者らしいゲームで終わるとゆう最高の最終回でした。 私はアンヤくんをずっと好きでいて12話で1番笑ってて楽しそうで、でもアカツキの事でパカさんに1番に怒りを表していて本当に仲間思いな優しい人で泣けましたでも最後の新キャライチヤが気になるしシン兄らしき人もいてとても気になる終わり方だったと思うのでぜひ2期もやって欲しいです!!待ってます!! ナカノヒトゲノム【実況中】、ついに最終回お疲れ様でした!もう動く七人を見られないと思うと寂しくてたまらないのですが、最後まで楽しめてとても良かったです。 ナカノヒトゲノム【実況中】は私の中で唯一、登場人物全員を好きになれたアニメでした。 私はどのアニメでも一人のキャラクターだけを好きになってしまう傾向があるのですが、ナカノヒトゲノム【実況中】は「全員」を好きになりました。 それはやっぱり、七人の実況が最高だったからだと思います。 みんなのゲームの得意分野が違うからこそ、協力し合いゲームをクリアしていく。 そんな場面がたくさんあって、みんなを好きになれました。 この三ヶ月間、たくさんの実況を見られてとても楽しかったです。 この先の実況が、七人の笑顔で溢れるものになりますように。 最後に、原作者のおそら様。 ナカノヒトゲノム【実況中】に出会わせてくれて、ありがとうございました!!! コメント投稿時のお願いコメント投稿時は、下記のようにコメント前に、話数を入れていただければと思います。 堕天使るしえる 2019-09-23 01:31:50 ナカノヒトゲノム【実況中】、ついに最終回お疲れ様でした!もう動く七人を見られないと思うと寂しくてたまらないのですが、最後まで楽しめてとても良かったです。 ナカノヒトゲノム【実況中】は私の中で唯一、登場人物全員を好きになれたアニメでした。 私はどのアニメでも一人のキャラクターだけを好きになってしまう傾向があるのですが、ナカノヒトゲノム【実況中】は「全員」を好きになりました。 それはやっぱり、七人の実況が最高だったからだと思います。 みんなのゲームの得意分野が違うからこそ、協力し合いゲームをクリアしていく。 そんな場面がたくさんあって、みんなを好きになれました。 この三ヶ月間、たくさんの実況を見られてとても楽しかったです。 この先の実況が、七人の笑顔で溢れるものになりますように。 最後に、原作者のおそら様。 ナカノヒトゲノム【実況中】に出会わせてくれて、ありがとうございました!!! カプリコ 2019-09-23 01:23:24 「ナカノヒトゲノム【実況中】」12話 まず、最初にパカさんと共に今までの回の映像が流れてきた時点で感動。 12話の内容も、ゲームパロが多いのに、それぞれのキャラクターによってゲームが引き立てられていたり、全く違うものになっていたり、ととても面白かったです。 あと、スロット当てまくるマキノ純粋にすごい。 そして、双六でアカツキ母にアカツキが会うところで感動。 アカツキが穴に落ちてしまったのを焦って伝えに行くヒミコちゃん可愛いし、その後アカツキを全力で助けようとするみんなが最高に好き。 そして最後にみんなとアカツキが合流して1人1人がアップされるシーンで、アカツキ母や、ニキくん、地下組やシズハさん達が出てきたのにまた感動。 海辺を13番街メンバーで歩いているのもとても素敵でした。

次の

ナカノヒトゲノム【実況中】

ナカノヒトゲノムネタバレ

Contents• ただし、顔はアルパカ。 パカという人物は言ってしまえばそんなやつです。 すいません、これでは何がなんだかわかりませんね。 パカは、主人公アカツキたち 13番街チームの監視役を担当する人物。 リアルナカノヒトゲノム実況プレイの進行役も兼ねています。 ナカノヒトゲノムの世界に来たばかりのアカツキたちの目の前に突如現れました。 以降、彼らに実況するゲームとゲームクリア条件を与えていきます。 顔はまんまアルパカですが、 本人はアルパカと言われると否定します。 13番街メンバーの中では、ヒミコがお気に入り。 耳元でささやかれたいという変態願望があります。 パカは通常、島の中心にあるタワーの上層部で実況者たちを監視。 島中に設置されたカメラと、パカメラというアルパカの顔をした飛行生物を用います。 そして、アカツキたちが集められた島が研究所だった頃からいる人物の 1人。 研究所だった頃は、研究員の一人として研究を行っていました。 苗字が「墓守」というのが本来の名前です。 この物語の真相を知る上でのカギを握る、最重要人物の 1人。 普段のふざけた態度から一転、時折見せるすごみに思わずゾクッとしてしまいます。 その言葉は冷たい刃のように鋭く、メンバーたちをひるませてしまうほど。 表情を隠すアルパカの被り物が、より一層不気味さを引き立たせます。 また、 何事も容赦なく行う姿には、狂気すら感じることも。 いつものひょうひょうとした姿とのギャップが、彼の異常さを際立たせています。 この二面性が、パカ本来のものなのかについては、まだ明らかになっていません。 表の部分はあくまで演技である可能性もあります。 仮にそうだとしたら、 彼が尋常ではない人物であることは間違いありません。 いずれにせよ、パカが気味の悪い一面を見せたときこそ、物語の核心に迫っていることは確かです。 今後も、パカの行動から目が離せません。 パカの目的 久々のナカノヒトゲノム投稿だな多分…ネタバレ注意な! この男性パカじゃないのかな多分 夢見たって言ってるし鬼ヶ崎が見つけた実験室のところだしやけどおったって言っている…. てか二枚目の写真の人めっちゃあっきーに似ているんだけど。 ゲームとは、メンバーたちが自ら参加するものであり、命の危険を伴うものも。 彼らは、パカに与えられたゲームをクリアしなければなりません。 ゲームをクリアすれば、「染色体」がもらえます。 メンバーたちは、島中のカメラやパカメラによって逐一実況されています。 そして、 実況の再生数が1億を超えることが、リアルナカノヒトゲノムのクリア条件。 ゲームの参加を拒否すると、「白の部屋」と呼ばれる部屋に収容させられます。 いったん収容されたら最後、 2度と出られません。 パカの素性や目的を探ろうとする行動が明らかになっても同様です。 しかし、パカの真の目的は実況再生数 1億超えではありません。 別の目的があることを匂わせる部分が、作中で見え隠れします。 作品を読み進めていくと、 13番街メンバーは島に関係を持つ者ばかりでした。 つまり、彼らは意図的にゲームに参加させられているわけです。 島で行われていた研究は、人間のように成長した植物「ミミクリー」の開発。 アカツキの義父はこの研究者の 1人でした。 また、 アンヤの睡眠障害やアカツキの花粉症は、島の研究の影響によるせいともほのめかされています。 とはいえ、残念ながら、作中ではパカの真の目的は明らかになっていません。 しかし、島での研究に関することであることは確か。 パカの目的とメンバーたちがどう関わっているのか、今後の展開に注目です。 なんで被り物をかぶっているの? パカ CV. みぃ ナカノヒトゲノムの進行役。 アルパカの被り物にスーツ・ネクタイという何ともアンバランスな恰好をしている。 ウケ狙いの行動も多いが、時々垣間見せる本気の表情には何かうかがい知れないものがある。 島にはパカを含めた 7人の人物が存在し、島の管理を行っています。 定例会議に出席するその 7人は、みなそれぞれ被り物をかぶっています。 彼らが被り物をかぶっている最大の理由は、その顔を隠すためです。 というのも、 被り物をかぶった連中は、13番街メンバーはじめ島にいる人物と関係のある者ばかり。 ネコの被り物をしたカーマインは、アカツキの義理の叔父にあたる仁木イチヤ。 鳥の被り物のコッカラップも、カイコクの祖父であることをほのめかす部分がちらほら。 メンバーに顔がバレると何かに支障をきたすことだけは、疑いようもありません。 現在、メンバーの素性や抱える事情が少しづつ明らかになっている本作。 パカたちの正体が明らかになったときこそ、物語は佳境に入っていくことでしょう。 パカの素顔は・・・ パカの素顔が見えたのは、 冒頭カイコクとザクロがタワー立入禁止区域に入ろうとしたときの、一瞬だけ。 このとき、 パカは自ら被り物を取っています。 なぜなら、 パカはそのときパカメラを使ってカイコクを失神させていたからです。 パカいわく、パカメラのストロボ機能で目をくらまされた者は、「悪夢」を見ると言います。 その「悪夢」とは、 見る者にとっての悪夢であるため、何を見るかは人それぞれ。 カイコクが見た顔は、カイコクにとっての「悪夢」である人物である可能性が高いのです。 いったいどんな顔をしているのか、どんな顔の人物がこんなことをしているのか。 早くも見たいという気持ちが抑えきれません。 アニメでもパカの素顔が話題になっていましたね。 パカという人物については、原作でもそこまで明かされていません。 しかし、 確実に13番街メンバーたちとミミクリー研究を結びつける接点です。 彼らの間に今後どんな変化が起きるのか、今から楽しみで仕方ありません。 同時に、リアルナカノヒトゲノムを行う目的も握っているパカ。 ゲーム実況を行わせていることの意味についても、いずれ語ってくれることでしょう。 これだけ聞くと、なかなかピリピリした作品と思われるかもしれません。 しかし、 パカは本作で一種の清涼剤として働いている一面もあります。 アルパカの顔だったり、バカをやっているシーンが、緊張感を和らげてくれるんです。 そんな様々な顔を持つパカが、物語を動かしていきます。 伏線アリアリの展開に、今後も期待大の作品です。

次の

ナカノヒトゲノム11話ネタバレと感想。マキノとアカツキの過去について

ナカノヒトゲノムネタバレ

【アニメ】ナカノヒトゲノム【実況中】続編2期制作の可能性 アニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』は2019年9月に最終回を迎えましたが、2期制作の可能性はあるのでしょうか? 2期の放送については、公式Twitterアカウントや公式アニメサイトでは未だ発表されていません。 そこで、DVDの売上や原作のストックの数、ネットの反応などから2期の制作がなされるかどうか予想してみました。 結論から言うと、 2期が制作される可能性は低いと思われます。 では、早速その理由について詳しく見ていきましょう。 【アニメ】ナカノヒトゲノム【実況中】のDVD(BD)販売状況、動画視聴状況から考察 アニメの続編制作の要となるDVD BD の売上は5,000枚がボーダーと言われています。 ただ、最近は動画配信サービスもあるため3000枚ほどでも2期制作の可能性はあります。 『ナカノヒトゲノム【実況中】』のBDは12月末までに全4巻発売予定で、現在は第1巻が発売されています。 その 初動売り上げ枚数は732枚でした。 その他、参考として動画配信サービスの評価も調べました。 配信サービス 評価 Amazon prime U-NEXT ひかりTV 平均評価は3. 5ですが、Amazonでは評価1の割合が30%でコメントも厳しいものが多かったです。 この評価と、1,000枚以下というBDの初動売り上げから 2期制作の可能性は低いと考えられます。 漫画ナカノヒトゲノム【実況中】の話数ストックから考察 アニメ『ナカノヒトゲノム』はおおむね原作と同じ流れで単行本の6巻まで進みました。 現在単行本は9巻まで刊行されています。 今回と同じペースで放送で進めるとしたら、 2期制作には少なくとも、単行本12巻までのストックが必要となります。 現在この作品の刊行ペースは6~7ヶ月に1冊のため、ストックがたまる12巻が発売されるのは早くて半年後になると考えられます。 そのため 話数ストックの面では厳しくないと考えられます。 【アニメ】ナカノヒトゲノム【実況中】の続編2期に対するネット上の反応 アニメの続編が放送される条件として、視聴者からの人気がまず第一ですから、ネット上の反応を知ることで続編を放送するかどうかの推測ができます。 そこで、アニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』の続編に関して、ネット上の反応はどうだったのか調べてみました。 普通に続きそうな感じでりましたが、2期あるんでしょうかね。 突出した何かは無かったけど案外面白かったです。 そのためこれは2期制作の前振りなのか?といった声も見受けられました。 【アニメ】ナカノヒトゲノム【実況中】続編2期の可能性と放送日予想まとめ アニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』の話数のストックは半年後にはたまると考えられます。 ですが、動画配信サービスでは低評価でありBDの初動売上も732枚と厳しい状況です。 そのため2期制作の可能性は低いと予想されます。 ただ、伏線や謎が多く残されているためOVAとして発売される可能性はありそうですね。 ナカノヒトゲノム【実況中】2期が制作される可能性は低そうで残念です。 でも、原作漫画はまだまだ続いているので、続きが気になりますね。 そのため アニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』の続きを読むなら漫画の7巻から読むと良いでしょう。 結論から言うと、アニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』の続きを無料で読む方法はあります。 VODサービスを上手く活用すれば良いのです。 漫画『ナカノヒトゲノム【実況中】』を読むことが出来るVODサービスを比較したのがこちらです。 配信 サービス 1巻分の価格 説明 660円 ・無料トライアルで即時600pt獲得 ・1冊分が60円分の課金ですぐに読める 660円 ・無料トライアルで即時600pt獲得 ・1冊分が60円分の課金ですぐにで読める 一番のおすすめは U-NEXTです。 無料登録後にすぐ漫画『ナカノヒトゲノム【実況中】』をほぼ無料で読むことができます。 ナカノヒトゲノム【実況中】を読むならU-NEXTがオススメな理由 U-NEXTは国内最大級のVODサービスです。 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題になっています。 U-NEXTの特徴をまとめてみました。 無料トライアル登録で、月額1990円が 31日間無料になります。 無料登録で即時600円分のポイントがプレゼントされます。 無料期間終了後は 毎月1200円分のポイントがプレゼントされます。 (毎月のポイント1200円を超えた分)• 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題• 映画やドラマなど9万本以上の動画が配信中• 雑誌70種類以上が読み放題 U-NEXTの公式サイトで月額1990円(税抜)を課金すると人気のアニメや映画などが見放題+1200pのポイントがチャージされるので、このポイントでお好きな漫画を読むことができます。 ただし、初回登録の時だけは31日間の無料トライアルに申し込むことができて、即時600円分のポイントがプレゼントされるんです! 『ナカノヒトゲノム【実況中】』は、1巻が660円なので、 ポイントに60円分だけの課金で 1巻分をすぐに読むことができます。 また、ナカノヒトゲノム【実況中】はアニメも見放題で配信されていますので登録すれば1話から12話まで見ることが出来ます。 ナカノヒトゲノム【実況中】の他にも、 アニメだけでも2000本以上が見放題対象になっていますし、映画やドラマなど動画は9万本、雑誌が70種類以上も読めるのでとりあえず無料トライアルを使ってみる価値はあるかなと。 実はあまり知られていないですが、 漫画購入で40%ものポイントバックがあります。 このポイントバックは他の電子書籍アプリなどと比較しても破格にお得! サービスとしての使い勝手も良いので、漫画だけでなくたくさんの動画もストレスなく楽しみたいという方にはオススメのサービスです。 そこで、『ナカノヒトゲノム【実況中】』を全巻お得に読む方法を調べてみました。 先述した通りVODサービスを上手く活用することと、 そのあとは、電子書籍サービスを利用してお得に最新巻まで読めます。 オススメは購入金額と冊数に制限のない50%オフクーポンがもらえる DMM電子書籍です。 DMM電子書籍は、大手ECサイト企業『DMM. com』が運営する電子書籍サービスです。 無料で読める電子書籍が 250,000冊以上と類似サイトの中でもダントツの多さです。 また、 初回登録で50%OFFクーポンが貰えます! もちろん登録は無料です。 この50%OFFクーポンを使えば、まとめ買いでどの 電子書籍サービスよりも安く『ナカノヒトゲノム【実況中】』を全巻まとめて読むことができます。 全巻半額で読むことができるなんてとてもお得ですよね。 『ナカノヒトゲノム【実況中】』をまとめ読みしたい方には強くおすすめしたい電子書籍サービスです。 しかし「隠しステージのプレイ権を獲得しました」 という画面を見たと同時に意識を失い気づくと見知らぬ大自然の中に放り出されていた。 横には同じく高校生の女の子が倒れており、アカツキが彼女の脈を確認しようとに手を頸動脈にあてようとしたところ 目を覚まし、彼女はアカツキの顔面に鉄拳を食らわすのだった。 それから、こんな森の中でクマにでも襲われたら最悪だと話しながら歩いていた2人だが、 突然大きな足音と共に巨大なパンダが歩いているのを見つけ森の中に隠れる。 けれどもアカツキのくしゃみで居場所がばれてしまい、走って逃げていたところ 今度は目の前に巨大なネズミのような動物が現れる。 するとそこに和装の男鬼ヶ崎カイコクがあらわれ、巨大ネズミに一撃を入れる。 その後、近づいてくる巨大パンダに対しアカツキは対話を試みようと近づきパンダの くしゃみを浴びたものの和解に成功する。 ひとまず危険を脱した3人の前に、アルパカのかぶりものをした謎の人物が 「第1ステージクリア」と言いながら登場する。 それからアカツキたち3人は13番街というチームに振り分けられ、そこで仲間となる5人と出会う。 彼ら5人と合わせた合計8人の13番街の実況者たちはリアルゲーム 「ナカノヒトゲノム」の実況で再生数1億ビューを達成することが このゲームのクリア条件であるとアルパカの「パカ」に告げられる。 それから、8人は第2、3、4ステージと次々とステージをクリアしていく。 しかし、第7ステージの途中カイコクは立ち入り禁止区域へと侵入し、 「白の部屋」と呼ばれる脱落者が強制収監される場所に入れられてしまう。 この突然のカイコクのゲーム脱落に反発し、アカツキたちはゲームのストライキを宣言する。 すると、パカは敗者復活のチャンスを与えるのだった。 まとめ 今回は、アニメ『ナカノヒトゲノム【実況中】』の続編2期の可能性とその内容を調べました。 先述のように話数ストックはたまる予想ですが、動画配信サービスでの評価は低くBDの売上も1,000枚以下と厳しい状況です。 そのため 2期制作の可能性は低いと考えられます。 ですが、アニメの続きは漫画でも読めますのでVODサービスを上手く活用してはいかがでしょうか。

次の