ヌーク 乳首。 哺乳瓶と人工乳首の選び方

【レビュー】チュチュベビー・ドクターベッタ・母乳実感・NUKの哺乳瓶を比較してみた

ヌーク 乳首

ベビーが哺乳瓶をいやがるなら哺乳瓶選び、そして哺乳瓶の乳首選び、迷いませんか? もし完全母乳で育てていても、赤ちゃんはいずれお乳以外の飲み物を口にするために、必ず哺乳瓶を必要とします。 粉ミルクやお風呂上りの湯冷まし、そして果汁。 ですが、特に母乳で育っているがゆえに、ベビーが哺乳瓶の乳首を嫌がって飲まない、という悩みを抱えるお母さんもたくさんいます。 ドラッグストアやベビーケア用品店の店頭には、様々な哺乳瓶や乳首が並んでいます。 もちろんベビーが喜んで飲んでくれるカタチにすぐに出会えれば一番なのですが、自分のベビーの「コレ!」に出会うまで、一つ一つ試して行くしかない、というのが実情。 哺乳瓶の乳首にイヤイヤをする息子を持ってしまったガイドも、同じように「乳首行脚」を続け、たどり着いたのはでした。 おっぱいを吸ったときの形を再現 NUK(ヌーク)乳首 天然ゴム製 実は10年前の上の子の育児中も、親子ともども大変にお世話になったNUK(ヌーク)。 手にしたユニークな形状の乳首を見て、「そうそう、このカタチ。 懐かしいなぁ」と昔を思い出しました。 初めて見たとき、「コレは何?」と、その他の国産乳首とは違う、つぶれて曲がったような形状にびっくり。 これは実はベビーの口に入ったときのママの乳首の形状を再現したものだと説明を受けて、またびっくり。 そういう発想は、確かに他のメーカーの乳首にはありません。 ユニークなつぶれた形状は、ベビーの舌にぴったりフィットして自然なベストポジションに収まり、下あごがミルクを搾り出すのをサポート。 また、きちんと唇を閉じて飲めるので、余分な空気の吸い込みを防ぎ、鼻呼吸を促進します。 NUK(ヌーク)乳首 シリコーンゴム製 また、ミルクの出る孔(あな)が先端ではなく上についている点にも注目。 ミルクが直接のどに入ることなく、口の中に広がって唾液と混じり、消化を助けてくれます。 もう一つの孔、空気調節孔が哺乳瓶の中の圧力を調節して、乳首のつぶれを防ぎます。 何よりも、そのつぶれた形状こそがベビーにとって「自然なカタチ」であることに注目した、ベビーに優しいデザイン。 おっぱいのようにやわらかくて弾力のある天然ゴム製と、無味無臭で清潔、耐久性に富むシリコーンゴム製がありますが、これはベビーの好みで選んで。 実際にガイドの2人の子どもも、最もお気に入りで最もストレスなく、長いあいだ使っていたのがNUKでした。 米国に滞在している間も、ベビー用品店でまず見かけるのは、NUKの乳首。 乳首のトップブランドとして世界90カ国で愛されているというのも、うなずけます。 哺乳瓶本体もオススメ NUK(ヌーク)哺乳瓶 高級耐熱ガラス製 天然ゴム製乳首付 といえば、その乳首に高い評価が行きがちなのですが、哺乳瓶も非常によくできています。 NUKは他社製品と違って上下があるので、NUK専用のキャップには上下の区別がつきやすいよう、正円ではなく、円の一部が直線となっているデザイン。 この直線の方に乳首の空気孔が向くようにセットすることで、一目で上下を見分けることができ、正しい方向で赤ちゃんに与えることができます。 また、哺乳瓶本体も、NUK乳首と最も相性が良いようにデザインされているため、使い勝手はバツグン。 他社のものよりも長く大きめなデザインのNUK乳首を装着し、哺乳瓶を「鉛筆持ち」して飲ませるときに、手の中でのフィット感に「おっ」と思うはず。 そう、哺乳瓶の肩が少し後ろにあって、そのなだらかな形状が授乳をする大人の手にピッタリなのです。 高級耐熱ガラス製の哺乳瓶は、傷つきにくい上にその滑らかな表面のおかげで付着物や匂いを防ぐ、優秀さ。 プラスティック製のものは、軽くて割れにくく、お出かけに便利、環境にも安心な耐熱ポリプロピレン製です。 いま思えば、ガイドの育児はNUKと共にあったと言っても過言ではありません。 哺乳瓶に「イヤイヤ」をするベビーには、ぜひママのおっぱいに一番近い形状のNUKを試してみてはいかがでしょうか? 関連記事.

次の

NUK ヌークの通販 1ページ目 ダッドウェイオンラインショップ

ヌーク 乳首

哺乳瓶と人工乳首の選び方 哺乳瓶や人工乳首は、おっぱいを飲むときに近い哺乳瓶乳首がおすすめと言われます。 赤ちゃんは、おっぱいを舌と、顎と、口周りの筋肉と、を使って飲みます。 これら筋肉を動かすことで、食べ物を噛んで飲み込むための練習にもなります。 そのためにも、哺乳瓶や人工乳首は、おっぱいを飲むときと同じ運動ができるものを選ぶことが推奨されています。 また、月齢や発達によって飲む量や飲み方が変化します。 その時々にぴったり合うの物を選びましょう。 哺乳瓶の「素材」と「大きさ」について 素材について 哺乳瓶の素材には、「耐熱性ガラス製」と「プラスチック製」があります。 ガラス製 ガラス製は、 煮沸や電子レンジでの消毒ができます。 傷や臭いがつきにくいので、より衛生的に使用することができます。 、 プラスチック製に比べて重いため持ち運びに不便というデメリットもあります。 プラスチック製 一方、プラスチック製の哺乳瓶は軽いので、哺乳の際の手首への負担が少なく、割れにくい特徴が有ります。 外出時の使用に、非常に便利です。 ただ、中には電子レンジでの消毒ができないものもありますので、注意書きを確認してください。 以前に、哺乳瓶の材質について記事を書きましたので、詳細はこちらをご覧ください。 大きさについて 月齢に応じて飲む量が変わってくるので、それに合わせてボトルの大きさを変えていきます。 最初から大きいサイズを購入すると、小さいサイズが無駄にならないというメリットもありますが、その哺乳瓶が赤ちゃんに合わなかった場合にもったいないです。 また、大きいサイズは嵩張りますから、適宜サイズを変更していく方が良いでしょう。 人工乳首の「素材」「大きさ」「穴の形状」について 素材について 乳首の素材は、主に3種類に分けられます。 天然ゴム ママの乳首に一番近い感触が近いのは「天然ゴム」と言われています。 しかし、熱に弱く、耐久性に乏しいこと、ゴムの匂いがする事が欠点。 赤ちゃんによっては嫌がることもあります。 イソプレンゴム 天然ゴムと同様に弾力や柔らかさがお母さんの乳首と似ています。 天然ゴムと比べてゴムの匂いが少ないので、赤ちゃんにとって飲みやすい乳首の材質です。 柔らかく弾力性のある「イソプレンゴム」の方が耐久性は高いといえます。 イソプレンゴム製人工乳首 シリコーンゴム 無色透明のシリコーンゴムは、ニオイも少なく熱に強いのが特徴です。 しかし、傷つきやすいのが欠点です。 シリコーンゴム製 人工乳首 大きさについて 人工乳首の穴の形状が丸型の場合、丸穴のサイズは、成長とともに変更しましょう。 サイズに種類があるのは丸穴だけです。 メーカーによって違いますが、• 哺乳時間が10から20分程度になるものを目安に選ぶようにしましょう。 穴の形状について 人工乳首の穴の形状は、• クロスカット• スリーカット の3種類です。 丸穴は、大きさによってミルクの吐出量が変わるため、赤ちゃんの成長とともにサイズ変更が必要です。 クロスカットは十字に切った形で、加える力(赤ちゃんの吸う力)で出方をコントロールできずるので、同じサイズで使用できます。 スリーカットは3方向に切り込んであり、こちらも吸う力でミルクの出る量を調整できます。 2~3ヶ月から使用が可能です。 赤ちゃんがママのおっぱいを飲むお口の動きを60年に渡って研究し作られた、母乳実感乳首付き。 直接おっぱいを飲む時と同じ口の動きが再現できるから、 おっぱいとの併用もスムーズ。 心地よく母乳育児をアシストします。 色んな授乳姿勢でも持ちやすく、手へのフィット感を追求したボトルデザイン。 洗いやすく調乳しやすい、広口タイプです。 軽くて割れにくい、医療機器にも採用されている上質なプラスチック(PPSU)製。

次の

ヌーク

ヌーク 乳首

スポンサーリンク• 乳首を選ぶポイント 乳首を選ぶときには、素材、穴の形、穴のサイズなどを考えて選んでください。 また、各メーカーで特徴のある乳首も発売されています。 空気穴のあるものとないものがありますが、吸い穴と同じようにキャップの閉め具合でミルクの流量を調整することができます。 乳首のサイズは、哺乳時間が10から20分を目安に選んでください。 乳首の素材 乳首の素材には、天然ゴム、イソプレンゴム、シリコンゴムなどがあります。 天然ゴム 天然ゴム(ヌーク乳首天然ゴム製) 黄色く、適度に弾力性があり、ママの乳首に近い感触があります。 傷つきにくいのですが熱に弱く、耐久性がやや落ちます。 少しゴムのにおいがするため、赤ちゃんによっては天然ゴムの乳首を嫌う子もいます。 イソプレンゴム ピジョン乳首イソプレンゴム製 天然ゴム製よりも透明感がある黄色で、かすかにゴムのにおいがします。 弾力性があり、やわらかい素材なので、ママの乳首に近い感触があります。 熱にはそれほど強くありません。 シリコンゴム ピジョン乳首シリコンゴム製 無味・無色透明で清潔感があります。 無味無臭ですが、天然ゴム製よりややかたく、滑りやすいため嫌がる赤ちゃんもいます。 熱には強いのですが、傷つきやすいので注意が必要です。 乳首の穴の形 乳首の穴の形きます。 丸穴 一般的な形で、S・M・Lなどの穴のサイズがあります。 赤ちゃんの飲み方によってサイズをかえていきます。 生まれたばかりのころはSサイズを使い成長とともにサイズをアップしていきます。 クロスカット 赤ちゃんが乳首をくわえ、吸う力に応じてミルクの出方をコントロールするので、赤ちゃんの成長に合わせて穴のサイズをかえていく必要はありません。 乳首の位置によって出方が変化したりすることがあり、むせたりすることがあります。 むせるたりする場合は生後2ヶ月以降からの使用をおすすめします。 スリーカット(Yカット) 吸う力によってミルクの量を調節できます。 生後2~3ヶ月経って自分でミルクの流量をコントロールできるようになった赤ちゃんにおすすめです。 スリーカットは、角度による出方のムラが比較的少ないといわれます。 乳首の穴のサイズ形 乳首の穴のサイズは、SS・S・M・Lなどがあり、赤ちゃんの成長に合わせて変更する必要があります。

次の