コロナ ウイルス 収束 見込み。 新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

山中伸弥教授による新型コロナウイルス情報発信 5つの提言(5月14日版) 他

コロナ ウイルス 収束 見込み

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルス感染による肺炎の流行が続く中、「感染のピークは…」「いつ収束するのか」という疑問に対して、世界中でさまざまな意見が出ている。 また旅行業界への影響はいつまで続くのだろうか。 飛び交う予測などをまとめた。 (やまとごころ編集部:外島美紀子、深谷昌代) 中国での感染のピークは過ぎたのか?それともこれから? 2月10日、トランプ米大統領はホワイトハウスで開かれた州知事を対象にした演説で、「感染拡大は、4月には収束するだろう」と語り、春になって気温が高くなることでウイルスが死滅するとの見解を示した。 一方、同じく2月10日に北京市内の病院を訪問した中国の周近平国家主席は、「ウイルス感染の状況は依然として非常に深刻な状態にあり、予防、制御は膠着した状態にある」と述べたことを、中国の央视新闻が報じている。 新型コロナウイルスの感染拡大のピークがいつになるのか、世界の研究機関の意見も分かれる。 1月29日、英国の医学雑誌Lancetには、感染のモデルを使った概算から中国国内の感染者数は発表されている数字よりも実際はもっと多いのではないかとの説が掲載された。 それらの感染者の一部はすでに中国国内の他の都市にも移動しているとの推測から、「感染のピークは3月後半から5月、もしくはそれ以降となる」としている。 一方、感染のモデルを分析研究している英国のLSHTM大学からは、前向きな予測が出されている。 「武漢での感染の広がりは、2月中旬から下旬にかけてピークに達し、少し遅れて中国国内の他都市での感染者数も山を越える」という研究結果が、 2月 8日発表されている。 また、2月10日にWHOのTedros Ghebreyesus氏は、シンガポールでは中国に渡航歴のない感染者が出ていること。 シンガポールの国際会議に出席した英国人が感染に気づかぬままキャリアとなり、次の渡航先のフランスで会った欧州各国の人々に感染が広がったことなどを注視。 中国以外の各国に現在認識されている新型コロナウイルスの火種が、より大きなものへと拡大する可能性について言及した。 ピークから約6カ月後までに回復する? 新型コロナウイルスの感染拡大によって打撃を受けている航空業界はどのような状況にあるのだろうか。 全世界のフライト情報を提供するOAGは、SARSが発生した2003年と、エボラ出血熱が発生した2013年を例に、今後の座席供給量の回復見込みに関する分析を発表した。 それによると、現状では「中国の国内航空サービス市場と、一部の国際市場では、中国がウイルスを封じ込めようとすることに伴い、これまでにないほど航空座席数が低下している」と指摘。 SARSやエボラ出血熱が流行した際は座席供給量が減少したものの、いずれも翌年には回復し、その後プラスの傾向に戻ったと分析している。 特にSARSの際は回復した後の成長率がウイルス発生前よりも高く、反動ともとれる現象が起こっていたようだ。 同社は「通常は混乱のピークから約6カ月後までに回復する」との見通しを示している。 中国からの渡航者の入国を禁止するといった措置をとる国もある。 米国、豪州、ロシアは中国との飛行機の運航停止や、国境の人的往来を制限している。 米国では過去14日以内に中国に渡航した外国人の入国を拒否し、中国湖北省を訪問した米国市民に対し、最大2週間の隔離措置を取っており、オーストラリア、台湾、ベトナムも類似の措置を打ち出している。 データ・コンサルティング会社のTourism Economicsは、中国人の訪米旅行が新型コロナウイルス発生前のレベルに回復するには4年かかると分析し、よりシビアな見解を示している。 同社は中国線運休によるアメリカの航空会社の損失額が16億ドル(約1,757億円)に上るという試算も発表した。 JATAも危機感とともに会見「必ずリカバリーする時期が来る」 JATA(日本旅行業協会)の理事・事務局長である越智良典氏は2月13日、東京・定例会見において、新型コロナウイルスへの対応を説明。 人混みを避けようとする心理から旅行に行くことを止める動きが出ており、「訪日を中止する中国人観光客は40万人におよぶとの報道よりもさらに多くの人が取りやめる可能性がある」と言及した。 感染が収束していない直近だけではなく「1~2カ月間、需要が落ち込む可能性がある」と危機感を示すとともに、「必ずリカバリーする時期が来る。 その時を見据えて今どう動くかが重要」と語った。 JATAでは『新型コロナウイルス感染症に対するJATA対策室』を12日に設立、会員各社への情報提供や経営支援、リカバリー策の協議に取り組むという。 政府も新型コロナウイルスの流行により影響を受けるおそれのある『、対応に当たっている。 いずれにしても、新型コロナウイルスによる国内の観光事業者へ影響は避けることができない。 JATAの越智氏の言葉にあった「発生期フェーズ、回復準備フェーズ、回復期フェーズ」。 それぞれのフェーズでやるべきことを見据え、しっかりと対応していく必要がある。 編集部おすすめ関連記事:•

次の

コロナの収束見込み。ゴールデンウイーク、オリンピック(2021年)はどうなる?過去のパンデミックと比較!

コロナ ウイルス 収束 見込み

新型コロナウイルス対策による巨額の支出を受け、国の財政悪化が際立ってきた。 「100年に1度」の危機への対応で、積極的な財政出動に異論は少ないが、政府の財政への危機感欠如も指摘される。 日本国債の格付け見通しを下げる動きも顕在化しており、新型コロナ収束後の財政健全化へのハードルは一段と高くなっている。 2020年度の一般会計歳出は、1次補正(25.7兆円)と2次補正(31.9兆円)が加わったことで160.3兆円まで積み上がった。 当初予算(102.7兆円)から跳ね上がったことで、ここ数年減少傾向だった国の基礎的財政収支(PB)の赤字額は当初段階の9.2兆円から66.1兆円に急拡大した。 政府は、政策経費を税収で賄えているか示すPBで、国・地方合わせて25年度に黒字化する財政健全化目標を掲げるが、「現実的に考えて、ほぼ無理」(財務省幹部)との意見が大半だ。 麻生太郎財務相は「極めて厳しい財政事情になっていることは確かだ」としつつ、「(財政規律を重んじる)ドイツですら財政出動に踏み切った」と指摘。 世界の主要国と足並みをそろえたと強調する。 ただ、19年の国内総生産(GDP)に対する債務残高の割合は237.4%。 ドイツ(59.8%)や米国(109.0%)など先進国の中で最悪の水準だ。 既にコロナ禍の前から財政状況が悪い日本にとって、財政出動の余地は他国と異なる。 日本の国債残高は20年度末に964兆円になる見込みで、1000兆円の大台が目前に迫る。 米格付け大手のS&Pグローバル・レーティングは9日、日本国債の格付け見通しを下方修正した。 現在は日銀の買い入れで国債価格の急落(長期金利の急騰)を免れているが、将来的には国債の信認低下を危惧する声が大きい。 東短リサーチの加藤出社長は「コロナ後、増税や歳出カットが不可避だとの意識が海外では暗黙の了解になっているが、日本では薄い」と懸念を示した。

次の

新型コロナウイルス(COVID19)がインドネシアでいつまで続くか収束見込みを検証!ジャカルタのモール・スーパーの在庫状況など最新映像から

コロナ ウイルス 収束 見込み

皆さんこんにちわ!ぴっぴです。 新型コロナウイルスが国内で発見されたのが1月の中旬でした。 3月には学校一斉に休校になったり、大型イベントが軒並み中止になるなど大きな影響が出てきています。 それだけ新型コロナウイルスの感染が広がってきているということです。 感染経路がはっきりしない患者が増え 『流行期』のフェーズに入ってきたと考えられます。 流行期が今後2~3か月は続くと予測されるなか、私たちはこのままどれくらい普段の生活を制限していけばいいのでしょうか? 誰もがコロナの感染拡大により大きな負担を強いられています。 『このままどれくらいこの状態が続くのか?』 誰もが知りたいことです! 今回は 『新型コロナウイルスの収束見込みはゴールデンウィーク?オリンピックは大丈夫か?』と題して調べていきました。 それではどうぞ!• 新型コロナウイルスの収束見込みはゴールデンウィーク? 新型コロナウイルスの収束見込みはゴールデンウィーク? 収束見込みについては現在正式な発表はなく分からないと言った感じでした。 なので予測を立ててみました! 『基本再生数』というものが感染力を表す指標になっているんですが、こちらは簡単に言うと 『1人の感染者から何人に感染させるか』というものです。 これまでの統計学でいうと新型コロナウイルスの 基本再生数は1. 5と暫定的ではありますが報告されています。 だいたい1人の患者から2,3人に感染するということになりますね。 そしてインフルエンザもほぼ同様の感染力と考えられます。 日本や海外で多くの人がインフルエンザにかかり亡くなっています。 ワクチンや治療薬があっても一定の割合で重傷者が出るのがウイルス感染症の恐いところです。 コロナでも亡くなられいる方が一定数いるのでこのあたりもインフルエンザと同様でした。 現在感染を拡大させているコロナウイルス。 これからは市中感染がいたるところで起こり、患者が増えていくというのが自然な想定だと思われます。 開催まで半年を切りオリンピックやパラリンピックが開催できるのか不安に思っている方は多いと思われます。 オリンピック組織委員会では大会の中止や延期については検討していないということを発表しており、今のところは開催される予定でした。 しかし今後の状況によっては最悪の事態も考えられますので、絶対とは言えませんよね! またもし東京オリンピックが中止になった場合、損失が7. 8兆円と出ることが予想されていました。 この場合日本経済は大打撃を受けることは間違いありません。 オリンピックは必ず開催されることを祈るしかないですね。

次の