アサリ の ワイン 蒸し。 あさりのワイン蒸し:スペイン料理簡単レシピ集

アサリの白ワイン蒸し。煮汁も美味しいので、バゲットを浸して一

アサリ の ワイン 蒸し

(1)アサリの砂抜きをする。 ボウルに3%(海水と同じくらい)の濃さの塩水を作り、アサリを入れる。 かぶるくらいの量に加減し、あれば鉄のくぎを2、3本入れて、2〜3時間置く。 (2)塩水を捨て、流水の下でアサリの殻同士をこすりあわせながらよく洗い、ざるに上げる。 (3)ニンニクは縦半分に切って芯を取り、包丁の腹でたたきつぶす。 (4)鍋にオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかける。 香りと辛みを油に移すように、じっくりと加熱する。 ニンニクが色づいてきたら、唐辛子も一緒に取り出す。 (5)火加減を強火にする。 煙がたったところにアサリを入れ、白ワインも加えてすぐにふたをする。 ときどき鍋をゆすりながら1分半ほど加熱する。 中を見て、殻が開いていたら、火からおろす。 (6)ふたをしたまま余熱で3分ほど置いて、中まで火を通す。 アサリのワイン蒸し プリッと身のはじけるアサリと、ニンニクの香りが食欲をそそるワイン蒸し。 貝のうまみを逃がさない作り方を、ホテルオークラ東京総料理長の根岸規雄さんに教わります。 「レシピはシンプル。 油と余熱をうまく使います」 年中出回るアサリですが、春に向かう、いまが旬。 生きのよさはもちろん、下ごしらえも重要です。 「砂抜き」と書いてあっても、家で再度塩水につけましょう。 鉄くぎを入れるのはおまじない? 「砂をよく吐くと母から教わりました」と根岸さん。 室温に置くと、貝が呼吸を始めるのがわかりますね。 暗い場所を好むので、新聞紙をかぶせれば、潮をふいても周囲に水が飛ばず安心です。 吐き出したもやもや汚れを、ていねいに落とすと、臭みもすっきり。 割れた貝を取り除き、殻をこすり合わせるように水洗いしてください。 ここからは一気にゴールをめざします。 鍋はアサリが重ならない大きめを選び、油を鍋肌から煙がでるまで熱します。 アサリを入れた時にジャーッと大きな音が目安。 水分を増やさないようにワインは少なめに、加熱時間が長くなるほど、身がやせるので、貝の口がいくつか開いたタイミングで火を止め、ふたをしたまま余熱で仕上げます。 熱々は格別、冷やして食べるのもまた違ったおいしさです。 サフラン、パセリ、セルフィーユなどのスパイスやハーブで風味をプラス、あるいは生クリームでコクをつけてもよし、トマトやタマネギを炒(いた)めてからアサリを加えても。 そう、パスタとあえればボンゴレです。 ワイン蒸しを完成させた鍋にゆでたてのスパゲティを入れて煮汁を吸わせ、オリーブオイルをたらり。 よく混ぜてください。 ただ、今回のワイン蒸しのように塩を加えなくても、アサリ自体の塩分は高め。 味つけには配慮して。 献立例=鶏肉とセロリ・トマトのサラダ、ジャガイモのクリーム煮、ロールパン(管理栄養士・宗像伸子)•

次の

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「いかとアサリの白ワイン蒸し」おさらいと付け合わせ!

アサリ の ワイン 蒸し

材料 1人分• 牛もも肉 焼き肉用 5切れ 50g• 菜の花 3本 20g• しいたけ 1枚 20g• <A>• 紹興酒 ひとたらし 1g• 醤油 ひとたらし 1g• こしょう 適量• <B>• 長ねぎ みじん切り 小さじ1 2g• <C>• 紹興酒 小さじ1 5g• こしょう 適量• おいしいあさりの処理 : あさりは買ってきたら底が平らなトレーに並べ、3%の塩水 塩小さじ1+水1カップ にヒタヒタの水位でつける。 新聞紙などをのせて暗くして1時間おいて砂だしする。 強く洗って生きているものを選り分け、ざるに入れて水けを切り、3時間以上置いてあさりのうま味成分 コハク酸 を増やす。 *すぐに使わないときは、保存容器に入れて冷凍するといつでも使えて便利です。 キャベツはざく切り、にんにくはつぶし、赤唐辛子は種を除く。 鍋ににんにく、あさり、キャベツの芯、葉、白ワイン、赤唐辛子を順に入れ、蓋をして中火にかける。 殻が1個開いたらバターを加えて蓋をし、火を止め予熱で2分蒸らしてこしょうをふり、味を絡め混ぜて盛り付ける。

次の

【簡単!10分で出来る♪】あさりの白ワイン蒸し レシピ・作り方 by 荻ありす【栄養士・フードコーディネーター】|楽天レシピ

アサリ の ワイン 蒸し

どーも、ケータです^^ 今日は先日記事の中でアサリのことについてお話をしましたが、このアサリの美味しい簡単なレシピをご紹介します。 この作業をすることで貝の身が殻から外れやすくなる効果もあります。 ブイヨンキューブが溶けて沸騰したらアサリを入れ、蓋をする。 ほら、簡単でしょ?^^ 口が開いた貝を取り出して刻みネギをかけると立派な一品になります。 この貝を火入れた後の ダシは貝の旨みと固形ブイヨンの旨みの相乗効果で本当に美味しいので、捨てないでくださいね。 砂が入っている場合があるので、漉した後に容器に移してストックしてとって置くことをオススメします。 うちのレストランでもこのダシを使ってリゾットを作りますが、まぁ本当に美味しいこと美味しいこと 笑 そのとき、身のほうは殻から外してリゾットの中に入れてます。 アサリの ダシも アサリの身も 冷凍できます。 ダシのほうは製氷器に入れて凍らせたら小分けにして使えるので便利です。 身はというと、浅いバットでもお皿でもラップを敷いて、その上にアサリの身が重ならないように並べて冷凍し、完全に身が凍ったら取り出して袋に移し変えてストックすると使い勝手がいいですよ^^.

次の