スマホ 容量 足りない。 Androidのストレージの空き容量が足りない時の7つの対処!今すぐ空き容量を増やそう

スマホ最安値プラン「月1GBでは足りない」声続出 その理由とは

スマホ 容量 足りない

【 本記事のターゲット 】• Androidのスマートフォンを利用している• 容量が不足していて写真や動画を撮影できない&アプリが入れれない• データを削除せずスマホの空き容量を増やしたい 最近少し話に出てきたのですが、Androidのスマートフォンを使っている方の中で、「容量不足」という事に悩んでいる方がかなり多いみたいです。 そしてほとんどの方がそのまま放置&大切なデータを削除しているという現状があるらしく... 折角なのでAndroidスマートフォンの容量がいっぱいになった時の対応策をまとめてわかりやすくご紹介してみたいと思います。 スマホの容量がいっぱいになって困っているという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。 スマートフォンの空き容量不足の原因を考える そもそもスマートフォン自体の容量が少ない まずスマートフォン自体の容量が圧倒的に少ない... という事が挙げられます。 Androidスマホの場合、製品の仕様ページを見ると「ROM」という項目があると思いますが、これがAndroidスマートフォンの保存領域に該当します。 そして例えばこちらに16GBと記載されている場合、ほとんどの方が「16GBも使えるんだったら十分かなぁ」と思ってしまうみたいですが... もちろんこの16GBというのはAndroidのシステムを動かす為のプログラム(OS)領域も含まれているので、実質10GBあるかないか... という感じになります。 ちなみに今mogの手元にROM:16GBのAndroidスマホがあるのですが、ほとんど初期状態なのですが、実質利用できる容量はなんと8GBほどしかありませんでした... なので個人的には最低でも32GB以上は欲しいところ、欲を言えば64GBはあった方がいいかなと思います。 カメラで写真&動画の撮り過ぎ スマホの容量が足らなくなる原因でもっとも多いのが「カメラ」の使いすぎ。 最近のスマホはめちゃくちゃカメラの性能がいいので、写真や動画をスマホで撮影しても結構綺麗な写真などが撮れるようになってきています。 が、その反面写真1枚の容量が肥大化してきています。 最近だと1枚3MB以上になる時も多いかと... そして動画撮影、これに関してはたった1分程度でも100MBといった莫大な容量になる事も多いかと。 例えば子供の運動会や発表会といったシーンをスマホで撮影してみた日にはもう... スマホの容量は一気になくなってしまいます(汗) 容量が大きいアプリケーションがインストールされている 写真や動画撮影の次に多いのがアプリケーション。 例えばドラクエ8などのRPGをインストールしていたりしませんか? mog自身もiPadになりますが、ドラクエ8をインストールして日々RPGを楽しんでいたのですが... こういったオフラインでも遊べるようなアプリはかなりの容量を要します。 ドラクエ8に限っては1つのアプリで1GB〜2GBほど... その他は漫画アプリなども要注意。 無料の漫画アプリって今沢山提供されているのですが、そのほとんどがジャンプなどのように毎週日々決まったコンテンツが更新されていくタイプが多いかと。 この場合、一度閲覧したマンガはオフラインでも見えるようにAndroidスマホ内へダウンロードしている場合があるので、これを1年とか続けているととんでもない容量になっていることも... 空き容量が不足するとどうなる? 上記にて説明した形で、スマホの容量はどんどん足らなくなっていきます... そして最終的にどのような挙動になるかというと、例えばアプリを入れたり写真を取ろうとした際に、• この端末には領域が十分にないため、アプリをダウンロードできませんでした。 不要になったアプリやコンテンツを削除してからもう一度お試しください。 写真を撮影するのに十分な空き容量がありません といったエラーメッセージが画面上に出てきて、アプリを入れれなくなったり、写真や動画撮影も出来なくなってしまいます... こうなる前に... 個人でできる対策というのは沢山あるので、もし今現段階で容量がいっぱいになってしまっている方も、下記に記載している内容を参考にしていただき、スマホ内の容量削減に取り組んでみてくださいね。 スマホの中に保存されている写真&動画データをパソコンに移行 ではまず第一段階として、そもそも不要な写真や動画・アプリケーションなどは削除するようにしましょう。 これは基本です。 で、その上で「このデータは削除したくない... 」というのが必ずあるかと思いますので、下記手順をまずは試してみてください。 写真や動画データは定期的にパソコンへ移行しよう これも他の方からの話の中で聞いたのですが、スマートフォンで撮影した写真や動画の抜き出し方(パソコンへ転送等)がわからず、そのままにしているという方がほとんどだとか... 折角いい感じで撮影出来た写真も、そのままスマホの中に入れっぱなしで、最終的には容量がいっぱい=削除しないといけないなんて事になると悲しいですよね... という事で、そんな方のために以前Androidスマホ内の写真をパソコンに転送して保存しておく方法といった記事を記載した事があります。 まずはこちらを参考にしていただいて、撮影した写真や動画データはパソコンに保存・バックアップしておきましょう。 移行し終わったらスマホ内の不要なデータを削除して空き容量を増やす 上記手順でパソコンに写真や動画データを保存したら、保存し終わったスマホ内の写真や動画データで削除できるものは削除していきましょう。 どうしてもスマホの中で写真や動画などを入れておきたい... という方は、次にご紹介する「スマホの容量自体を拡張する方法」を試してみてください。 microSDカードを使ってスマートフォンの容量を増設 microSDカードとは? Androidスマートフォンの容量自体を拡張する方法としては、microSDカードを活用する形になります。 microSDカードは上記写真の右側、めちゃくちゃ小さいので紛失に注意が必要です。 デジタルカメラなどで利用しているSDカードは馴染み深い人も多いかと、その小さいバージョンと考えていただければOKです。 Androidスマホの製品仕様ページをみて見ると、メモリ欄に「microSDカードスロット」という記載がある場合があります。 ちなみに上記写真左側に写っているのがmicroSDカードをSDカードの大きさに変換できるアダプタになります。 mog自身、microSDカードの中身をパソコンでも簡単に見れるようにしておきたかったのでこちらも合わせて購入しています。 まぁスマホの中のデータは写真を移行する手順でご紹介したような感じで、microUSBケーブルでパソコンに接続すれば見えるので、必要な方のみ購入するようにしましょう。 そんなに高くなかったですよ。 値段は... 忘れました(汗) スマートフォンにmicroSDカードを取り付ける方法 microSDカードを購入したら、早速Androidスマートフォンに取り付けしてみましょう... あれ?どこに取り付けるんだろう... と迷われる方も多いかと。 mogの経験上、大抵は下記2種類の位置にmicroSDカードスロットが付いていますので一度確認してみてください。 無い場合は一度製品説明書を... 裏面の蓋をとって、電池パック(バッテリー)を外したところ• 側面のSIMピンをさしてトレイを引き出したところ 下記スマホは裏蓋&電池パックを外したところにmicroSDカードスロットがあるタイプになります。 まぁ大抵はSIMスロットと同じ位置 or 近い位置にあるはずなので、焦らずに探してみましょう。 そしてよくやってしまうのが... microSDを挿入する場所を間違えるという行為。 確かにわかりづらい... SIMストッロと似ているので... 例えば下記スマホだと下段がSIMスロットで上段がmicroSDカードスロットになっているんですよね... 苦笑 なのでmicroSDカードを挿入する時は慎重に... ちゃんと場所と向きが合って入れば、ぴったりハマるはずなので... 違和感があったら一度中断して再度スロットの形とか方向をよく確認してみましょう。 あ、今回バッテリーを取り外すタイプの説明だったので強制的にスマホの電源はOFFになるのですが、SIMピンでスロットを開けて取り付けるタイプの場合、一度スマホの電源を切ってから操作するようにしましょう。 そしてmicroSDカードが無事装着できたらスマホの電源を入れてちゃんと容量が認識されているか確認します。 設定アプリケーション内にある「ストレージ」をタップしてみましょう。 すると「SDカード」という項目が表示され、端末容量とは別にSDカードの容量が表示されているはずです。 もしここで表示されていない... となった場合はmicroSDカードがちゃんと挿入されているか、スマホの再起動は行ったか?を再確認するようにしましょう。 容量が大きいアプリケーションをSDカードへ移行 microSDカードがちゃんとAndroidスマホで認識されたら、実際にmicroSDカードを使ってAndroidの容量を有効活用していきましょう。 microSDカードを挿入しても、Android本体の容量は変わらないので... microSDカードの容量分をいかに有効活用するかが鍵となってきます。 microSDカードを挿入したまま何も設定しないと基本はスマホ本体の容量を使う事になり、結果何も変わっていないという事になりますのでご注意を... ではまずアプリケーションから。 先ほども記載した通り、アプリケーションによっては1つで数GBの容量があるアプリも珍しくありません。 そこで、アプリ自体をAndroid本体の容量ではなく、microSDカードへ移行するという方法があります。 もちろん利用者にとって使い勝手が変わったりすることはありませんので、移行できるアプリケーションはどんどん移行させてみましょう。 ではアプリの移行方法ですが、設定アプリケーションを開いて「アプリ」をタップしてみましょう。 すると、現在Androidスマホで利用しているアプリ一覧を表示する事ができます。 この中から比較的容量が大きいアプリケーションを探してタップしてみましょう。 今回はデモとして「Facebook」を選択してみました。 アプリケーションの容量など詳細を把握する事もできますが、注目するポイントは画面下部の「以下へ移動する:SDカード」という部分。 こちらをタップすると、Androidスマホ本体のメモリにあるアプリケーションをmicroSDカードの領域へごそっと移行する事が可能となります。 移動をタップすると少々時間がかかりますが... そのまましばらく待機しておくと下記のような画面に変わります。 「以下へ移動する:内部ストレージ」と表記が変わりましたよね?ちゃんとmicroSDカードへアプリが移行された事がわかるかと思います。 ちなみに基本Google Playからインストールした外部アプリは移行できるものがほとんどですが、一部標準アプリなどは移行できないものもあります。 その場合は「以下へ移動する:SDカード」がグレーアウトしていてタップできない状況になっているはずです。 写真&動画撮影時の保存先をSDカードへ設定しておく あと写真や動画撮影にもmicroSDカードを有効活用しましょう。 もちろん手動でAndroid本体のメモリ内からmicroSDカードへ写真や動画データを移してもいいのですが、さすがにそれは面倒ですよね... そこで、写真や動画を撮影した際、Androidの本体メモリに保存されるのではなくデフォルトでmicroSD内に保存されるように設定変更してみましょう。 まずはカメラアプリケーションを起動します。 すると、画面端(下記キャプチャの場合だと左上)に歯車マークが表示されるので、そのアイコンをタップします。 カメラの設定画面が表示されるので、その中から「ストレージ」という項目をタップします。 すると上記のように「本体メモリ」か「SDカード」かを選択できるようになります。 SDカードと設定しておけば、カメラアプリケーションで撮影した写真や動画は本体領域には保存されず、microSDカード内の領域に直接保存されるようになります。 最後に 今回はAndroidスマートフォンで容量不足になる原因や対策、microSDカードの増設・活用方法などをご紹介しました。 スマホの容量不足は主に「アプリ」と「写真&動画」が圧倒的に原因としては多いので、microSDをスマホに増設するなどして、容量不足に陥る事なく快適に利用できる環境を自分自身で作ってみましょう。

次の

Androidのストレージの空き容量が足りない時の7つの対処!今すぐ空き容量を増やそう

スマホ 容量 足りない

また、この強制終了をする際に注意をしていただきたいことが一点ある。 既に画面がつかない、画面が反応しない(スマホの動作が完全に停止)ため、何か操作を途中であった場合にはそのデータは回復できない可能性があること、また極稀ではあるが全てのデータが飛ぶことがある。 しかし起動をしなければ、そのデータすら戻らないため元も子もないのも事実だ。 実際に画面がつかないまま回復ができずに修理なることもあるが、その際にデータを復旧することは難しいことを予め理解をしていた方が良いだろう。 そのためには、日頃からバックアップをしているかどうかが鍵になるだろう。 その場合は、 一旦放置をしてみよう。 強制終了をする動作自体が遅くなっているのか、時間が経過した後に電源が落ちるか、再起動をすることがまれにあるからだ。 回復しないからといって、何度も執拗に強制終了をおこなわずに、寛大に待つことも大事だ。 また放置をする際には、充電器に差し込むことはなるべく避けた方が良いだろう。 端末本体に余計な負荷をなるべく掛けないためだ。 だが、基本的に画面がつかない時には、充電ができていないことがある。 実際に充電器に差し込んでも充電のランプは反応しないことだ殆どだ。 画面がつかない反応しない時間が長ければ、充電器を挿すことも必要になるが、數十分前に画面がつかなくなったということであれば、できるだけ充電器には挿さずに放置をした方が良いだろう。 起動をする動作がある場合には、 セーフモードを起動してみて、アプリ要因かの確認をした方が良いだろう。 以下にセーフモードに関する詳しい内容を記載している。 セーフモードの確認をした後に、ご自身のスマホの機種でセーフモードの方法を試してほしい。 昔のパソコンで例えると、動画を見るのにも回線の速さだけでなく、パソコンのスペックが追いつかなければ、スムーズな動画を見れないことがあった。 現在のパソコンでもネットゲームをしようものなら、通常のスペックではカクカク動くため、ゲーム専用のハイスペックなパソコンを用意しなければゲームにならないだろう。 また、パソコンでも頻繁にYoutubeなどの動画を見たり、ゲームなどをプレイをしていると熱を持ちはじめるため、冷却ファンが忙しく稼働し始め、終いには動作が遅くなったり電源が切れたりする。 頻繁に同じ環境を続けていると不具合が起きたり、故障することもある。 パソコンでも不具合が生じるため、冷却ファンを持たなくコンパクトになったスマホでは、より負担になることが理解できるだろう。 パソコン同様に各スマホには、それぞれ処理能力が決まっている。 購入をする際に、CPUやRAMなどの表示を見たことがないだろうか? このCPUとRAMが人間でいう脳であり、 処理スピードと 処理範囲と考えて良いだろう。 つまりは脳が処理する内容がいっぱいになってしまうと、動作が遅くなったり、フリーズを起こす。 最近のスマホではフリーズ状態になってしまう前に制御システムが働き、 電源を落としたり、 再起動をするシステムになっている端末が多いのも事実だ。 また、フリースを引き起こす二つ目の要因としては、この処理能力との影響があるかは不明だが、あなたがインストールをしたアプリ同士の相性により引き起こることがある。 新規購入の際に初めからインストールされているアプリを プリインストールアプリ、あなたがご自身でインストールしたアプリを サードパーティアプリというが、上記ではサードパーティを指す。 このアプリの要因に関しては、実際にどのアプリとどのアプリかは明確にする事はできないが、不具合が起きた際に、セーフモード起動時や初期化をすると不具合が改善される場合がある。 これは確実に アプリが原因による不具合と判断ができる。 フリーズをする原因としては、上記二つによるものと判断ができるため、これらを改善する操作・設定や、アプリによる影響、システム本体による要因について説明をしていきたい。 以下、判りやすく要因について以下のように分けて説明をしていきたい。 操作設定要因(操作や設定方法で改善できる要因)• アプリ要因(サードパーティアプリによる要因)• ステム要因(AndroidOS、ソフトウェア、本体などの要因) あなたのスマホの操作なども含めて確認をしてほしい。 また、最後のまとめについても重要な内容であるため確認をしてほしい。 タスクマネージャーを利用しているか:操作設定要因 普段の操作で、タスクマネージャーは利用しているだろうか? Androidスマホであれば、ホームボタンに右か左に四角か、四角が二つ重なった表示のタスクマネージャー(履歴キー)のボタンがある。 上記スマホでは右にある。 このボタンを押すと以下のようにバックグラウンドで立ち上げっぱなしにしているアプリを表示することができる。 アプリ自体に終了という操作がないのはご存知だろうか? もし、終了という操作があったとしても完全に終了はできていない。 何故なら、実際には次回すぐに起動ができるように裏側で待機をさせているからだ。 そのためタスクマネージャーで消去をしなければ、バックグラウンドで立ち上げっぱなしのままになっている。 待機しているアプリを消去ぜずに、どんどんアプリが多くなれば、その分だけ待機させているアプリの履歴に処理動作が奪われる。 そのため、通常の操作が遅くなったり、フリーズしてしまうことがある。 当然このタスクマネージャーで、小まめに必要のないアプリは削除をした方が良いだろう。 内部ストレージ(メモリなどのデータ容量)が上限に近い:操作設定要因 スマホの端末は、各機種によってそれぞれデータを保存できる容量が違う。 販売スペックの表示ではROMと表され、ストレージ(内部ストレージ)ともいう。 最近のスマホやiPhoneでROMの多いものでは、iPhoneの256GB、Androidスマホでは最大で128GBであるが、少ないものでは12GB程度の機種もある。 特にアプリを多くインストールしているユーザーは、多くのROMが必要であるため、できるだけ不要なアプリやデータは削除が必要だ。 この内部ストレージの空き容量が1GB未満になると、あらゆる動作に不具合が生じる可能性が考えられるが、実際には全体容量の10%ぐらい空き容量があれば、フリーズなどの要因とは考え難いだろう。 だが、この内部ストレージはできるだけ、開けておいた方が良いのは事実だ。 そのため、移動できるデータはできるだけSDカードに移動するか、パソコンなどに移動することをお勧めする。 SDカードに移動できるデータは、画像、動画、音楽、連絡先などで、できるだけ内部ストレージを空けた状態をキープしよう。 データを削除するのに注力してもらいたいのが、まずはゲームアプリだ。 最近ではゲームを進行していくと5GB以上になるゲームアプリも多いため注意が必要だ。 また、スマホ端末は次回起動する際に負担がかからないように、自動でキャッシュという履歴を残すのだが、ゲームアプリのキャッシュは通常のアプリより量が多い。 そのため、複数のゲームアプリをインストールしている場合には内部容量の負担になるだろう。 その他アプリでは、目安としてLINEで499MB、Facebookで364MBのデータ量だ。 5MB(画質中)だとして、1000枚削除をしたとしても1. 5GBしか削除されない。 それを考えると画像のデータ量は決して多くないため、それであればゲームアプリや、利用していないアプリをいくつか削除することで、ストレージの空き容量を作ることができるだろう。 また動画ファイルになると、かなりのバイト数を使うので注意が必要だ。 尚、内部ストレージの確認やアプリキャッシュの削除方法は以下の画像を右にスライドさせると操作方法を確認できるだろう。 内部ストレージ9. 55GBへの減少を確認 通信関連の設定で処理動作が遅れる:操作設定要因 例えば、音声通話の電波の悪い場所に居たとしよう。 その場合には、電波を掴む動きを自動的におこなってしまい、電池の消費やスマホ自体の処理動作が少なくとも奪われる。 これと同じで、スマホではあらゆる通信機能が付いている。 音声通話以外でも、インターネットのデータ通信(パケット)、GPS(位置情報)、Wi-Fi、Bluetooth、またテザリング機能などが付いている。 主に音声通話やデータ通信はリアルタイムな通信であり必要不可欠なため、接続を切っておく必要はないが、 必要のない場所でのGPS(位置情報)、Wi-Fi、Bluetoothなどはオフにする事が必要だ。 特に、電車(地下鉄)や街中でWi-Fiを利用するのも良いが、微量なWi-Fiを掴もうとする動きで処理能力を必要とする事、またデータ通信よりWi-Fiを優先するため、インターネットが遅かったり、繋がりずらかったりすることがある。 そのため、電車(地下鉄)や街中でWi-Fiを利用するのであれば、いっそWi-Fiをオフにして、ご自身のデータ通信を利用する方が、スマホにとっても良いし通信も快適のはずだ。 また、アプリ側からGPS(位置情報)やパケット通信があることを忘れてはならない。 実は アプリが原因で処理動作を使ってしまうことが多くあるからだ。 アプリは立ち上げていなくとも、LINEのように必然的にデータ通信がオンになっているのがわかるだろう。 LINEのように必要不可欠なアプリは別にしても、アプリの位置情報をオンにしていると、常にモバイルダータやGPSが位置を確認しようとするために機能する。 これらは、アプリそれぞれの権限を変えることも可能ではあるが、アプリそれぞれの権限を各々変えていかなくてはならない。 一つ一つのアプリを開いて権限を変えれば設定は変更できるが、この操作はビギナー向けではなく、面倒であるため 不要なアプリはアンインストールすることを勧める。 特定のアプリで処理動作が遅れる:アプリ要因 最近では、多くの処理動作を必要とするアプリが多い。 スマホのスペックの進化につれて、アプリもそれに合わせるように便利なアプリが開発されている。 そのためか、多くの処理動作を必要とするアプリがあるのも事実であり、自信のスマホのスペックに合ったアプリを選ぶ時代になったと言えるだろう。 また、 通信を伴いながら多くの処動作を必要とするアプリが端末に負担が掛かることを認識しておくことが必要だろう。 では、以下から多くの処理動作を必要とする代表的なアプリについて紹介していこう。 ただし、多くの処理動作を必要とするアプリは以下だけではないことを伝えておく。 最新ゲームアプリ 最新のゲームアプリはかなりの処理動作を必要とする。 ゲームアプリは通信を伴うが、先にゲームストーリーを一度でダウンロードできるものや、ゲームアプリを立ち上げた際に毎時ダウンロードするものも多く、瞬時に通信を伴わなくて良いように工夫がされている。 だが最新のゲームアプリは、そもそもが多くの処理動作を必要とする。 すばやい画面の動きや、連続する画面タッチや長押しなど非常に端末に負担が掛ることが多い。 パソコンと同じように、最新のゲームアプリをいくつもプレイしたい際には、CPUとRAMはハイスペックな機種を利用した方が良いだろう。 また、CPUとRAMのスペックが低い端末で最新のゲームをプレイする場合には、プレイしていくにつれ容量が増えていくゲームもあるため、プレイをしながら見極めていく必要があるだろう。 また、CPUとRAMのスペックが低い端末では、複数ではなく厳選してゲームをインストールした方が、その他の処理動作を必要とするアプリに影響を与えずに済むだろう。 動画アプリ Youtubeなど動画アプリで動画を視聴している時なども(Chromeなどのブラウザ動画視聴も同様)で、かなりの処理動作が必要になる。 パソコンでも動画を視聴していると、熱が上がるため冷却ファンが忙しく稼働し始める。 スマホも同様で、動画を見ていると端末が暑くなることがあるが、これは多くの処理がされている証拠である。 通信と継続的に動画表示を同時に行う動作は、かなりの処理を必要とするが、ましてや視聴時間が数時間などになれば、かなりの負担が掛るだろう。 スマホがアプリ要因でフリーズをしてしまう事象で、もっとも多いのが動画アプリによる視聴だ。 また、原因はわかならいが動画アプリの視聴後にフリーズすることが多い。 ナビアプリ ナビアプリも動画アプリと同様と言えるだろう。 車のナビの代わりとして、スマホを利用している方もいると思うが、これも通信かつアプリ自体の処理動作を多く必要とする。 またナビアプリは、データ通信のみでなく、的確に位置情報を示すためにGPSも同時に機能させるため、処理の負担が多い。 3つのアプリに共通!最も負担の掛かる充電を繋ぎながらの起動と操作 ゲーム、動画、ナビアプリは多くの処理が必要となるため、電池の減りも早くなる。 また、上記3つのアプリは長時間利用するユーザーが多いのが事実だろう。 そのため、長時間利用をしていると端末が熱を持つこともあるだろう。 ましてや、充電の減りが早いため充電器に繋ぎながらの起動や操作をしてしまいがちだ。 だが、この環境は一番スマホ端末に負担を描けることはご存知だろうか? 充電器に挿しながらのアプリ起動や操作(放電と充電を同時に繰り返す)だけでも、スマホ端末には負担になるが、ましてや処理動作が必要で熱を持っている場合には、なおさら負担が掛かるだろう。 スマホ端末にも負担がかかり、フリーズなどの具合が起きやすくなるだけでなく、電池にもかなりの負担が掛かり、劣化を早めてしまうだろう。 スマホを長く愛用をしたいのであれば、絶対に避けるべき動作だという認識をしてほしい。 アプリ同士の相性で不具合が起きている:アプリ要因 ここでいうアプリの相性というのは、購入時に初めからインストールされているアプリ(プリインストールアプリ)ではなく、あくまでもあなた自身がインストールしたアプリ(サードパーティアプリ)のことを指す。 不具合を起こす要因として、アプリの相性の問題もある。 例えば、以下のような事例は多くある。 あなたのスマホが、何らかのアプリをインストールした後にフリーズを起こす場合には、そのアプリをアンインストール(削除)を試してみることが必要だ。 また、その時期などがわからない場合には、上記のような多くの処理動作を必要とするアプリを一旦アンインストールをして様子をみることも必要だ。 その際には、アカウントなどの紐づけを忘れずにアンインストールしてほしい。 端末情報を開くと、どちらかに「ビルド番号」という表示があるが、それがソフトウェアのバージョンの番号になる。 各キャリアのホームページなどに最新ビルド番号の表示があると思うので、自分の端末のバージョンと照らし合わせ、最新ではない場合にはソフトウェアのアップデートをしてみよう。 もしくは、上記ソフトウェアアップデートの表示から「手動で実行」や「今から実行」などの表示をタップすると、最新の状態ではない場合には「アップデートの注意事項」が表示されるため、その表示で最新か古いソフトウェアかの確認ができるだろう。 ソフトウェアアップデートは、表向きは端末を最適に利用するためのアップデートになっているが、実際は バグ(瑕疵・不具合)を改善するアップデートも含まれている。 このソフトウェアアップデートで、不具合が改善されたという例は良くあることだ。 もちろんこの操作で最新のOSにアップデートすることも可能だ。 あなたの端末が古いバージョンであれば、一度お試しすることをお勧めする。 以下の記事で注意点などを確認してほしい。 アプリのアップデートはしているか?:システム要因、アプリ要因 アプリはアプリを開発した会社により、あらゆるバグを修正するために、常にアップデートを行っているため、常に最新の状態にすることを心がけてほしい。 古い状態だとバグを修正していない状態のため、不具合を引き起こす可能性が高い。 また、上記ソフトウェアのアップデートや、OSのアップデートに伴いアプリも合わせてアップデートを行わなくてはならない。 アプリ使用中にフリーズなど起こる場合には、そのアプリのアップデートを行っていない可能性が考えられる。 要するにソフトウェアバージョン、OSバージョンに合っていないアプリを利用しているのであれば、当然フリーズなどの不具合が起きるだろう。 カード類の接触不良はないか?:システム要因 スマホには、SIMカードとSDカードが挿入されている。 これらカード類が何らかの故障をしたり、接触不良を起こすと、 何度も接触をし直す操作を繰り返す。 このため、何度もエラーを起こし、また繰り返しの操作により処理動作も継続され負担がかかり、他のアプリなど起ちあげるとフリーズを起こしてしまったり、自動的に電源を落とし、リセットをする操作に切り替わることがある。 SIMカードの故障では、通話やインターネットに接続出来ないことが大半を占めるため分かりやすいが、SDカードの場合は少し分かりずらく、この場合SDカード内のデータを読み込むことができるか確認が必要だ。 多くの処理動作が必要なアプリを普段利用しない。 バックグランドでも立ち上げていない。 SDカードか挿してあるが、頻繁に利用しない。 上記ユーザーであれば、一度SDカードがしっかり読み込めているかの確認をした方が良いだろう。 上記接続を繰り返す処理動作により、フリーズしたり、勝手に電源が落ちて再起動を繰り返すこともあるだろう。 こちらもアプリの相性と同様に、修理に出す際にはカード類は全て抜いて修理に出すため、メーカー修理拠点ではエラーの確認ができない。 そのためた、故障ではなく戻ってきたケースで、SDカードの故障により頻繁に処理動作が働き、エラーが起きていたことも考えられる。 スマホの画面がつかない、画面が反応しない事象のまとめと改善ができない場合の対象法 スマホの画面がつかない、画面が反応しないなどの フリーズ要因の一つとしては、 処理動作過多によるものであり、設定やシステム(通信を含めた)の問題もあるが、ほとんどがアプリ要因であることが、理解できたかと思う。 また、 二つ目の要因は、 アプリ同士の不具合によるものだ。 何にしろ汎用性のあるスマホでは、あらゆる好みのアプリをインストールすることができ、非常に便利で実用的だが、その分上記のようにアプリの負担が大きくなることを理解しておかなければならない。 特に、ご自身のスマホのスペックに合っていない、処理動作過多のアプリを一つインストールするだけで、その他の処理動作にかなりの負担が掛ることも実際にあり、またそれを継続することで、端末システム自体に負担が掛かり故障をしてしまうこともある。 ハイスペックでないスマホであれば、不要なサードパーティーアプリはできるだけアンインストールをし、最低限必要なアプリを選択しながら利用することが必要だろう。 あらゆるゲームアプリなどを楽しみたいのであれば、パソコンと同じでハイスペックなスマホを利用することをお勧めする。 ただし、ハイスペックなスマホでも、アプリの相性での不具合は勿論無いとは言い切れ無い。 自分のスペックに合ったアプリを選びながら、スマホや電池に出来るだけ負担をかけずに大事に利用することが長持ちの秘訣と言えるだろう。 どうせ修理に出すなら、自分で初期化をしてみよう! 上記で要因を確認しても改善されない場合には修理となるが、修理を出した際には、大手キャリアでは必ず初期化状態で再現されるかチェックがされる。 それであれば、先に自分自身で初期化をしてしまうのも一つの方法だ。 また、その前にアプリ要因かの切り分けをするにはで確認ができるだろう。 セーフモードでフリーズなどの不具合が起こらなければ、アプリ同士の相性の問題で不具合が発生していることがわかる。 アプリ要因と特定できた場合には、端末の故障ではないため、最悪あなたがインストールした全てのアプリ(サードパーティアプリ)をアンインストールすれば回復できるだろう。 また、全てのアプリのアンインストールをしなくないという場合には、個々にアンインストールしながら確認していくのも手段と言える。 セーフモードでアプリ要因ではなかった場合には、OS側のエラー要因の可能性が高いため初期化が必要になる。 初期化をすると、工場出荷時の状態になるため、それでも同じようにフリーズなどの不具合が起こる場合には、完全に故障であることがわかる。 初期化で回復できなかった場合は故障の可能性大! 一時的な不具合であれば、強制終了や放置をする方法で改善ができるばずだが、この操作方法を試しても改善されない場合には、故障の可能性が高い。 強制終了で改善できない場合には、システム本体の故障が原因と断言をしても良いだろう。 要するに基盤そのものを交換しなければならない。 残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。 スマホ購入時にキャリアの保証に加入している方は まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。 上記のようにご自身で強制終了方法を既に試しているのであれば、キャリアでも話は早い。 すぐにキャリアの故障の窓口に相談をしてみよう。 補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。 また、 新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がない場合や、過去に水没の経緯がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を無償で受けられる可能性もある。 ただし、落として破損した形跡がある場合や、水没をさせていなくとも、スマホの端末の中の水濡れシールが反応をしていると、自然故障の扱いにならない。 また本体リアカバーなどを開けた場合なども、メーカー保証の対象にはならないことも当然ながら伝えておこう。 スマホ購入時にキャリアの保証に加入をしていない方は スマホ購入時にキャリアの保証に加入をしていない方も少なくはないだろう。 毎月数百円支払う上に、故障をした場合の修理や、水没・全損などの場合にもプラスして金額が掛かるケースが殆どだ。 トラブル時に、負担が発生するのは納得がいかないものである。 新規購入一年未満であれば、そんなあなたにピッタリなモバイル保険があるのは、ご存知だろうか? 月額700円を支払えば、故障時の修理や水没・全損のトラブルでも1年間で上限10万円まで何度でも保証が可能であり、主端末以外で2端末の合計3つの端末が保険適用になるのも、嬉しいモバイル専用の保険だ。 詳しくは以下の動画やモバイル保険のウェブサイトで確認ができる。 また、購入してから一年以上経っている場合や、キャリアの補償や上記のような保険に加入をしていない場合には、民間の修理業者に修理をお願いするか、中古などの買い替えが必要になるだろう。 最近では、民間の修理業者の修理レベルも非常に高くなってきており、キャリアで修理に出すよりも価格も安く、保証などのサービス性に溢れている。 キャリアのメーカー修理は修理に出してから手元に戻るまで2週間は時間が掛かるが、民間の修理業者では、予約をすれば最短30分で修理をしてくれる業者などもある。 また、水没からデータ復旧ができる業者や、画面割れなどはデータそのままで修理が行える業者もある。 キャリアの保証がない場合には、検討してみるのも得策だろう。 更に、思い切って中古品を購入する手もある。 今後は、格安SIMの時代。 SIMフリーのスマホを一台持っておく事は、今後のスマホ生活でのリスク回避になるだろう。 以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。 知っておいて損はない!豆知識の記事は以下からご覧ください。

次の

Androidスマホの容量不足を解消|ストレージの空き容量を増やす方法

スマホ 容量 足りない

また、この強制終了をする際に注意をしていただきたいことが一点ある。 既に画面がつかない、画面が反応しない(スマホの動作が完全に停止)ため、何か操作を途中であった場合にはそのデータは回復できない可能性があること、また極稀ではあるが全てのデータが飛ぶことがある。 しかし起動をしなければ、そのデータすら戻らないため元も子もないのも事実だ。 実際に画面がつかないまま回復ができずに修理なることもあるが、その際にデータを復旧することは難しいことを予め理解をしていた方が良いだろう。 そのためには、日頃からバックアップをしているかどうかが鍵になるだろう。 その場合は、 一旦放置をしてみよう。 強制終了をする動作自体が遅くなっているのか、時間が経過した後に電源が落ちるか、再起動をすることがまれにあるからだ。 回復しないからといって、何度も執拗に強制終了をおこなわずに、寛大に待つことも大事だ。 また放置をする際には、充電器に差し込むことはなるべく避けた方が良いだろう。 端末本体に余計な負荷をなるべく掛けないためだ。 だが、基本的に画面がつかない時には、充電ができていないことがある。 実際に充電器に差し込んでも充電のランプは反応しないことだ殆どだ。 画面がつかない反応しない時間が長ければ、充電器を挿すことも必要になるが、數十分前に画面がつかなくなったということであれば、できるだけ充電器には挿さずに放置をした方が良いだろう。 起動をする動作がある場合には、 セーフモードを起動してみて、アプリ要因かの確認をした方が良いだろう。 以下にセーフモードに関する詳しい内容を記載している。 セーフモードの確認をした後に、ご自身のスマホの機種でセーフモードの方法を試してほしい。 昔のパソコンで例えると、動画を見るのにも回線の速さだけでなく、パソコンのスペックが追いつかなければ、スムーズな動画を見れないことがあった。 現在のパソコンでもネットゲームをしようものなら、通常のスペックではカクカク動くため、ゲーム専用のハイスペックなパソコンを用意しなければゲームにならないだろう。 また、パソコンでも頻繁にYoutubeなどの動画を見たり、ゲームなどをプレイをしていると熱を持ちはじめるため、冷却ファンが忙しく稼働し始め、終いには動作が遅くなったり電源が切れたりする。 頻繁に同じ環境を続けていると不具合が起きたり、故障することもある。 パソコンでも不具合が生じるため、冷却ファンを持たなくコンパクトになったスマホでは、より負担になることが理解できるだろう。 パソコン同様に各スマホには、それぞれ処理能力が決まっている。 購入をする際に、CPUやRAMなどの表示を見たことがないだろうか? このCPUとRAMが人間でいう脳であり、 処理スピードと 処理範囲と考えて良いだろう。 つまりは脳が処理する内容がいっぱいになってしまうと、動作が遅くなったり、フリーズを起こす。 最近のスマホではフリーズ状態になってしまう前に制御システムが働き、 電源を落としたり、 再起動をするシステムになっている端末が多いのも事実だ。 また、フリースを引き起こす二つ目の要因としては、この処理能力との影響があるかは不明だが、あなたがインストールをしたアプリ同士の相性により引き起こることがある。 新規購入の際に初めからインストールされているアプリを プリインストールアプリ、あなたがご自身でインストールしたアプリを サードパーティアプリというが、上記ではサードパーティを指す。 このアプリの要因に関しては、実際にどのアプリとどのアプリかは明確にする事はできないが、不具合が起きた際に、セーフモード起動時や初期化をすると不具合が改善される場合がある。 これは確実に アプリが原因による不具合と判断ができる。 フリーズをする原因としては、上記二つによるものと判断ができるため、これらを改善する操作・設定や、アプリによる影響、システム本体による要因について説明をしていきたい。 以下、判りやすく要因について以下のように分けて説明をしていきたい。 操作設定要因(操作や設定方法で改善できる要因)• アプリ要因(サードパーティアプリによる要因)• ステム要因(AndroidOS、ソフトウェア、本体などの要因) あなたのスマホの操作なども含めて確認をしてほしい。 また、最後のまとめについても重要な内容であるため確認をしてほしい。 タスクマネージャーを利用しているか:操作設定要因 普段の操作で、タスクマネージャーは利用しているだろうか? Androidスマホであれば、ホームボタンに右か左に四角か、四角が二つ重なった表示のタスクマネージャー(履歴キー)のボタンがある。 上記スマホでは右にある。 このボタンを押すと以下のようにバックグラウンドで立ち上げっぱなしにしているアプリを表示することができる。 アプリ自体に終了という操作がないのはご存知だろうか? もし、終了という操作があったとしても完全に終了はできていない。 何故なら、実際には次回すぐに起動ができるように裏側で待機をさせているからだ。 そのためタスクマネージャーで消去をしなければ、バックグラウンドで立ち上げっぱなしのままになっている。 待機しているアプリを消去ぜずに、どんどんアプリが多くなれば、その分だけ待機させているアプリの履歴に処理動作が奪われる。 そのため、通常の操作が遅くなったり、フリーズしてしまうことがある。 当然このタスクマネージャーで、小まめに必要のないアプリは削除をした方が良いだろう。 内部ストレージ(メモリなどのデータ容量)が上限に近い:操作設定要因 スマホの端末は、各機種によってそれぞれデータを保存できる容量が違う。 販売スペックの表示ではROMと表され、ストレージ(内部ストレージ)ともいう。 最近のスマホやiPhoneでROMの多いものでは、iPhoneの256GB、Androidスマホでは最大で128GBであるが、少ないものでは12GB程度の機種もある。 特にアプリを多くインストールしているユーザーは、多くのROMが必要であるため、できるだけ不要なアプリやデータは削除が必要だ。 この内部ストレージの空き容量が1GB未満になると、あらゆる動作に不具合が生じる可能性が考えられるが、実際には全体容量の10%ぐらい空き容量があれば、フリーズなどの要因とは考え難いだろう。 だが、この内部ストレージはできるだけ、開けておいた方が良いのは事実だ。 そのため、移動できるデータはできるだけSDカードに移動するか、パソコンなどに移動することをお勧めする。 SDカードに移動できるデータは、画像、動画、音楽、連絡先などで、できるだけ内部ストレージを空けた状態をキープしよう。 データを削除するのに注力してもらいたいのが、まずはゲームアプリだ。 最近ではゲームを進行していくと5GB以上になるゲームアプリも多いため注意が必要だ。 また、スマホ端末は次回起動する際に負担がかからないように、自動でキャッシュという履歴を残すのだが、ゲームアプリのキャッシュは通常のアプリより量が多い。 そのため、複数のゲームアプリをインストールしている場合には内部容量の負担になるだろう。 その他アプリでは、目安としてLINEで499MB、Facebookで364MBのデータ量だ。 5MB(画質中)だとして、1000枚削除をしたとしても1. 5GBしか削除されない。 それを考えると画像のデータ量は決して多くないため、それであればゲームアプリや、利用していないアプリをいくつか削除することで、ストレージの空き容量を作ることができるだろう。 また動画ファイルになると、かなりのバイト数を使うので注意が必要だ。 尚、内部ストレージの確認やアプリキャッシュの削除方法は以下の画像を右にスライドさせると操作方法を確認できるだろう。 内部ストレージ9. 55GBへの減少を確認 通信関連の設定で処理動作が遅れる:操作設定要因 例えば、音声通話の電波の悪い場所に居たとしよう。 その場合には、電波を掴む動きを自動的におこなってしまい、電池の消費やスマホ自体の処理動作が少なくとも奪われる。 これと同じで、スマホではあらゆる通信機能が付いている。 音声通話以外でも、インターネットのデータ通信(パケット)、GPS(位置情報)、Wi-Fi、Bluetooth、またテザリング機能などが付いている。 主に音声通話やデータ通信はリアルタイムな通信であり必要不可欠なため、接続を切っておく必要はないが、 必要のない場所でのGPS(位置情報)、Wi-Fi、Bluetoothなどはオフにする事が必要だ。 特に、電車(地下鉄)や街中でWi-Fiを利用するのも良いが、微量なWi-Fiを掴もうとする動きで処理能力を必要とする事、またデータ通信よりWi-Fiを優先するため、インターネットが遅かったり、繋がりずらかったりすることがある。 そのため、電車(地下鉄)や街中でWi-Fiを利用するのであれば、いっそWi-Fiをオフにして、ご自身のデータ通信を利用する方が、スマホにとっても良いし通信も快適のはずだ。 また、アプリ側からGPS(位置情報)やパケット通信があることを忘れてはならない。 実は アプリが原因で処理動作を使ってしまうことが多くあるからだ。 アプリは立ち上げていなくとも、LINEのように必然的にデータ通信がオンになっているのがわかるだろう。 LINEのように必要不可欠なアプリは別にしても、アプリの位置情報をオンにしていると、常にモバイルダータやGPSが位置を確認しようとするために機能する。 これらは、アプリそれぞれの権限を変えることも可能ではあるが、アプリそれぞれの権限を各々変えていかなくてはならない。 一つ一つのアプリを開いて権限を変えれば設定は変更できるが、この操作はビギナー向けではなく、面倒であるため 不要なアプリはアンインストールすることを勧める。 特定のアプリで処理動作が遅れる:アプリ要因 最近では、多くの処理動作を必要とするアプリが多い。 スマホのスペックの進化につれて、アプリもそれに合わせるように便利なアプリが開発されている。 そのためか、多くの処理動作を必要とするアプリがあるのも事実であり、自信のスマホのスペックに合ったアプリを選ぶ時代になったと言えるだろう。 また、 通信を伴いながら多くの処動作を必要とするアプリが端末に負担が掛かることを認識しておくことが必要だろう。 では、以下から多くの処理動作を必要とする代表的なアプリについて紹介していこう。 ただし、多くの処理動作を必要とするアプリは以下だけではないことを伝えておく。 最新ゲームアプリ 最新のゲームアプリはかなりの処理動作を必要とする。 ゲームアプリは通信を伴うが、先にゲームストーリーを一度でダウンロードできるものや、ゲームアプリを立ち上げた際に毎時ダウンロードするものも多く、瞬時に通信を伴わなくて良いように工夫がされている。 だが最新のゲームアプリは、そもそもが多くの処理動作を必要とする。 すばやい画面の動きや、連続する画面タッチや長押しなど非常に端末に負担が掛ることが多い。 パソコンと同じように、最新のゲームアプリをいくつもプレイしたい際には、CPUとRAMはハイスペックな機種を利用した方が良いだろう。 また、CPUとRAMのスペックが低い端末で最新のゲームをプレイする場合には、プレイしていくにつれ容量が増えていくゲームもあるため、プレイをしながら見極めていく必要があるだろう。 また、CPUとRAMのスペックが低い端末では、複数ではなく厳選してゲームをインストールした方が、その他の処理動作を必要とするアプリに影響を与えずに済むだろう。 動画アプリ Youtubeなど動画アプリで動画を視聴している時なども(Chromeなどのブラウザ動画視聴も同様)で、かなりの処理動作が必要になる。 パソコンでも動画を視聴していると、熱が上がるため冷却ファンが忙しく稼働し始める。 スマホも同様で、動画を見ていると端末が暑くなることがあるが、これは多くの処理がされている証拠である。 通信と継続的に動画表示を同時に行う動作は、かなりの処理を必要とするが、ましてや視聴時間が数時間などになれば、かなりの負担が掛るだろう。 スマホがアプリ要因でフリーズをしてしまう事象で、もっとも多いのが動画アプリによる視聴だ。 また、原因はわかならいが動画アプリの視聴後にフリーズすることが多い。 ナビアプリ ナビアプリも動画アプリと同様と言えるだろう。 車のナビの代わりとして、スマホを利用している方もいると思うが、これも通信かつアプリ自体の処理動作を多く必要とする。 またナビアプリは、データ通信のみでなく、的確に位置情報を示すためにGPSも同時に機能させるため、処理の負担が多い。 3つのアプリに共通!最も負担の掛かる充電を繋ぎながらの起動と操作 ゲーム、動画、ナビアプリは多くの処理が必要となるため、電池の減りも早くなる。 また、上記3つのアプリは長時間利用するユーザーが多いのが事実だろう。 そのため、長時間利用をしていると端末が熱を持つこともあるだろう。 ましてや、充電の減りが早いため充電器に繋ぎながらの起動や操作をしてしまいがちだ。 だが、この環境は一番スマホ端末に負担を描けることはご存知だろうか? 充電器に挿しながらのアプリ起動や操作(放電と充電を同時に繰り返す)だけでも、スマホ端末には負担になるが、ましてや処理動作が必要で熱を持っている場合には、なおさら負担が掛かるだろう。 スマホ端末にも負担がかかり、フリーズなどの具合が起きやすくなるだけでなく、電池にもかなりの負担が掛かり、劣化を早めてしまうだろう。 スマホを長く愛用をしたいのであれば、絶対に避けるべき動作だという認識をしてほしい。 アプリ同士の相性で不具合が起きている:アプリ要因 ここでいうアプリの相性というのは、購入時に初めからインストールされているアプリ(プリインストールアプリ)ではなく、あくまでもあなた自身がインストールしたアプリ(サードパーティアプリ)のことを指す。 不具合を起こす要因として、アプリの相性の問題もある。 例えば、以下のような事例は多くある。 あなたのスマホが、何らかのアプリをインストールした後にフリーズを起こす場合には、そのアプリをアンインストール(削除)を試してみることが必要だ。 また、その時期などがわからない場合には、上記のような多くの処理動作を必要とするアプリを一旦アンインストールをして様子をみることも必要だ。 その際には、アカウントなどの紐づけを忘れずにアンインストールしてほしい。 端末情報を開くと、どちらかに「ビルド番号」という表示があるが、それがソフトウェアのバージョンの番号になる。 各キャリアのホームページなどに最新ビルド番号の表示があると思うので、自分の端末のバージョンと照らし合わせ、最新ではない場合にはソフトウェアのアップデートをしてみよう。 もしくは、上記ソフトウェアアップデートの表示から「手動で実行」や「今から実行」などの表示をタップすると、最新の状態ではない場合には「アップデートの注意事項」が表示されるため、その表示で最新か古いソフトウェアかの確認ができるだろう。 ソフトウェアアップデートは、表向きは端末を最適に利用するためのアップデートになっているが、実際は バグ(瑕疵・不具合)を改善するアップデートも含まれている。 このソフトウェアアップデートで、不具合が改善されたという例は良くあることだ。 もちろんこの操作で最新のOSにアップデートすることも可能だ。 あなたの端末が古いバージョンであれば、一度お試しすることをお勧めする。 以下の記事で注意点などを確認してほしい。 アプリのアップデートはしているか?:システム要因、アプリ要因 アプリはアプリを開発した会社により、あらゆるバグを修正するために、常にアップデートを行っているため、常に最新の状態にすることを心がけてほしい。 古い状態だとバグを修正していない状態のため、不具合を引き起こす可能性が高い。 また、上記ソフトウェアのアップデートや、OSのアップデートに伴いアプリも合わせてアップデートを行わなくてはならない。 アプリ使用中にフリーズなど起こる場合には、そのアプリのアップデートを行っていない可能性が考えられる。 要するにソフトウェアバージョン、OSバージョンに合っていないアプリを利用しているのであれば、当然フリーズなどの不具合が起きるだろう。 カード類の接触不良はないか?:システム要因 スマホには、SIMカードとSDカードが挿入されている。 これらカード類が何らかの故障をしたり、接触不良を起こすと、 何度も接触をし直す操作を繰り返す。 このため、何度もエラーを起こし、また繰り返しの操作により処理動作も継続され負担がかかり、他のアプリなど起ちあげるとフリーズを起こしてしまったり、自動的に電源を落とし、リセットをする操作に切り替わることがある。 SIMカードの故障では、通話やインターネットに接続出来ないことが大半を占めるため分かりやすいが、SDカードの場合は少し分かりずらく、この場合SDカード内のデータを読み込むことができるか確認が必要だ。 多くの処理動作が必要なアプリを普段利用しない。 バックグランドでも立ち上げていない。 SDカードか挿してあるが、頻繁に利用しない。 上記ユーザーであれば、一度SDカードがしっかり読み込めているかの確認をした方が良いだろう。 上記接続を繰り返す処理動作により、フリーズしたり、勝手に電源が落ちて再起動を繰り返すこともあるだろう。 こちらもアプリの相性と同様に、修理に出す際にはカード類は全て抜いて修理に出すため、メーカー修理拠点ではエラーの確認ができない。 そのためた、故障ではなく戻ってきたケースで、SDカードの故障により頻繁に処理動作が働き、エラーが起きていたことも考えられる。 スマホの画面がつかない、画面が反応しない事象のまとめと改善ができない場合の対象法 スマホの画面がつかない、画面が反応しないなどの フリーズ要因の一つとしては、 処理動作過多によるものであり、設定やシステム(通信を含めた)の問題もあるが、ほとんどがアプリ要因であることが、理解できたかと思う。 また、 二つ目の要因は、 アプリ同士の不具合によるものだ。 何にしろ汎用性のあるスマホでは、あらゆる好みのアプリをインストールすることができ、非常に便利で実用的だが、その分上記のようにアプリの負担が大きくなることを理解しておかなければならない。 特に、ご自身のスマホのスペックに合っていない、処理動作過多のアプリを一つインストールするだけで、その他の処理動作にかなりの負担が掛ることも実際にあり、またそれを継続することで、端末システム自体に負担が掛かり故障をしてしまうこともある。 ハイスペックでないスマホであれば、不要なサードパーティーアプリはできるだけアンインストールをし、最低限必要なアプリを選択しながら利用することが必要だろう。 あらゆるゲームアプリなどを楽しみたいのであれば、パソコンと同じでハイスペックなスマホを利用することをお勧めする。 ただし、ハイスペックなスマホでも、アプリの相性での不具合は勿論無いとは言い切れ無い。 自分のスペックに合ったアプリを選びながら、スマホや電池に出来るだけ負担をかけずに大事に利用することが長持ちの秘訣と言えるだろう。 どうせ修理に出すなら、自分で初期化をしてみよう! 上記で要因を確認しても改善されない場合には修理となるが、修理を出した際には、大手キャリアでは必ず初期化状態で再現されるかチェックがされる。 それであれば、先に自分自身で初期化をしてしまうのも一つの方法だ。 また、その前にアプリ要因かの切り分けをするにはで確認ができるだろう。 セーフモードでフリーズなどの不具合が起こらなければ、アプリ同士の相性の問題で不具合が発生していることがわかる。 アプリ要因と特定できた場合には、端末の故障ではないため、最悪あなたがインストールした全てのアプリ(サードパーティアプリ)をアンインストールすれば回復できるだろう。 また、全てのアプリのアンインストールをしなくないという場合には、個々にアンインストールしながら確認していくのも手段と言える。 セーフモードでアプリ要因ではなかった場合には、OS側のエラー要因の可能性が高いため初期化が必要になる。 初期化をすると、工場出荷時の状態になるため、それでも同じようにフリーズなどの不具合が起こる場合には、完全に故障であることがわかる。 初期化で回復できなかった場合は故障の可能性大! 一時的な不具合であれば、強制終了や放置をする方法で改善ができるばずだが、この操作方法を試しても改善されない場合には、故障の可能性が高い。 強制終了で改善できない場合には、システム本体の故障が原因と断言をしても良いだろう。 要するに基盤そのものを交換しなければならない。 残念ながら、修理か買い替えなどを検討したほうが良いだろう。 スマホ購入時にキャリアの保証に加入している方は まずは、ご自身のキャリアに相談をしてみよう。 上記のようにご自身で強制終了方法を既に試しているのであれば、キャリアでも話は早い。 すぐにキャリアの故障の窓口に相談をしてみよう。 補償に加入しているのであれば、利用期間などの範囲内であれば、修理や交換のサービスがあるはずだ。 また、 新規購入から一年未満の利用期間で、破損の箇所がない場合や、過去に水没の経緯がなく「自然故障」と判断される場合であれば、メーカー補償を無償で受けられる可能性もある。 ただし、落として破損した形跡がある場合や、水没をさせていなくとも、スマホの端末の中の水濡れシールが反応をしていると、自然故障の扱いにならない。 また本体リアカバーなどを開けた場合なども、メーカー保証の対象にはならないことも当然ながら伝えておこう。 スマホ購入時にキャリアの保証に加入をしていない方は スマホ購入時にキャリアの保証に加入をしていない方も少なくはないだろう。 毎月数百円支払う上に、故障をした場合の修理や、水没・全損などの場合にもプラスして金額が掛かるケースが殆どだ。 トラブル時に、負担が発生するのは納得がいかないものである。 新規購入一年未満であれば、そんなあなたにピッタリなモバイル保険があるのは、ご存知だろうか? 月額700円を支払えば、故障時の修理や水没・全損のトラブルでも1年間で上限10万円まで何度でも保証が可能であり、主端末以外で2端末の合計3つの端末が保険適用になるのも、嬉しいモバイル専用の保険だ。 詳しくは以下の動画やモバイル保険のウェブサイトで確認ができる。 また、購入してから一年以上経っている場合や、キャリアの補償や上記のような保険に加入をしていない場合には、民間の修理業者に修理をお願いするか、中古などの買い替えが必要になるだろう。 最近では、民間の修理業者の修理レベルも非常に高くなってきており、キャリアで修理に出すよりも価格も安く、保証などのサービス性に溢れている。 キャリアのメーカー修理は修理に出してから手元に戻るまで2週間は時間が掛かるが、民間の修理業者では、予約をすれば最短30分で修理をしてくれる業者などもある。 また、水没からデータ復旧ができる業者や、画面割れなどはデータそのままで修理が行える業者もある。 キャリアの保証がない場合には、検討してみるのも得策だろう。 更に、思い切って中古品を購入する手もある。 今後は、格安SIMの時代。 SIMフリーのスマホを一台持っておく事は、今後のスマホ生活でのリスク回避になるだろう。 以下のような中古で安い端末や優良な端末を探してみるのも選択肢の一つだ。 知っておいて損はない!豆知識の記事は以下からご覧ください。

次の