山梨コロナ女性の実名。 山梨帰省の20代女性誰?職業や勤務先会社の場所どこ?鳴沢村コロナ拡散?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

山梨コロナ女性虚偽報告理由は「友達の彼氏と濃厚接触だったから」鳴沢村

山梨コロナ女性の実名

山梨県に帰省の女性が感染! 山梨県は2日、東京都に住む20代の女性が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。 県内で感染が確認されたのはこれで55人です。 この女性は、味覚や嗅覚に異常が出ていたにもかかわらず、県内の実家に帰省していたということで、県はあらためて不要不急の帰省や旅行を自粛してほしいと呼びかけています。 (中略) 1日、東京の同僚が新型コロナウイルスに感染したことがわかったことなどからPCR検査を受けたところ、2日、感染が確認されたということです。 (中略) 県は、女性に対し、検査の結果が出るまで実家で待機するとともに、公共交通機関の使用を控えてほしいと伝えましたが、女性はその日の夜の新宿行きの高速バスで東京に戻っていたということです。 引用元:NHK山梨県のニュース 追記 虚偽報告判明! 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて 知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 引用元: 女性は初め、虚偽の報告をしていたということです。 PCR検査の結果は午前9時に伝わっており、自分が陽性だと分かっていながらバスで帰ったということです。 5 月 1 日 帰国者・接触者相談センターに相談• 富士急イランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅• 現在の症状はなし.

次の

【炎上】山梨コロナ感染女性が顔写真まで暴露されプライバシー侵害された理由 / 本名も特定され流出 | バズプラスニュース

山梨コロナ女性の実名

虚偽報告判明!知人に暴露される 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて 知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 引用元: 元々女性はPCR検査の結果が出る前に、5月1日夜に東京へ帰ったと虚偽の報告をしていました。 しかし、女性の知人からこの情報が 「嘘」であるとの情報提供があったのです。 感染女性は 陽性だと分かっていながら、高速バスに乗り東京に帰ったのです。 さらに、家族も女性と同じ虚偽申告。 陽性判明後に東京へ帰宅した理由が「犬」 帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は 「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 引用元: 陽性と分かっていながら高速バスを使って東京へ帰った理由が「飼い犬」。 そもそも4月29日に山梨県へ行っていて、既に4日経っています。 その間、犬は放置していたことになります。 「犬が心配だった」?どれだけ飼い主の帰りをひとりぼっちで待っていたか。 この理由には疑問が残ります。 5 月 1 日 帰国者・接触者相談センターに相談• 富士急イランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅• 現在の症状はなし 感染女性が症状が出ていながら実家に帰り、BBQをしたことで家族や友達だけでなく、友達の家族や職場の人にまで感染が広がる恐れがありますよね。 さらに高速バスを利用しているので、感染源は至る所に行っていることになります。 味覚や嗅覚の症状があれば、これだけコロナに感染している人の症状にこの2つも明らかになっている中で、「もしかしたら…」と考えるのが当たり前。 「違うかも」ではなく「感染しているかもしれない」と思うことが大事。 感染を広げないためにどう行動すべきか、自分の行動に責任を持つ必要があります。 ただ、この情報の真偽は不明です。 今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。 追記していきます(続く…).

次の

山梨に高速バスで帰省した在京女性がコロナ感染発覚、実名など特定へ | akkiの鉄道旅行記

山梨コロナ女性の実名

保健所に虚偽説明の概要 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 20代帰省の女性と陽性判明の男性は複数回接触 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 山梨県内の実家に帰省中に新型コロナウイルス感染が2日に判明した東京都在住の20代女性が、県が公共交通機関の利用を控えるよう求める中で、高速バスで東京に戻っていたことが3日、県への取材で分かった。 山梨県内に滞在中に複数回会っていた県内在住の20代男性も3日に陽性が確認されており、県が詳しい行動歴や濃厚接触者を調べている。 県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚に異常を感じたものの、28日まで都内で勤務。 29日に山梨に帰省して、翌日は友人宅でバーベキューをした。 勤務先の同僚が陽性と分かったため、今月1日にPCR検査を受けた。 日夜バス会社は客が減る中で頑張ってるのに。 腹立つわ山梨の女。 — はさみ 833hasami833 仮に乗った日にちを嘘ついていたら…消毒作業等違う号車を消毒する可能性、本来消毒作業が必要なバスがスルーされてしまう可能性大。 日夜バス会社は客が減る中で頑張ってるのに。 腹立つわ山梨の女。

次の