モンク スキル 回し 5.2。 FINAL FANTASY XIV

【5.2】Lv80モンクのスキル回しと解説

モンク スキル 回し 5.2

44 スキスピ倍率 102. 94となる様に調整しています。 44 スキスピ倍率 102. 94となる様に調整しています。 他のジョブでは、意思の代わりにDHなどを入れて理論型になる事が多いのですが、今回は意思が入る場所にSSがぴったり入っているため、変更の余地がなく唯一の最終装備となりました。 モンクにおすすめのサブステータス モンクの場合、特有の効果で必ずクリティカルヒットする「連撃 」があるためクリティカルを伸ばすし、ダメージ量を上げると基本的に強くなります。 まずはクリティカルを優先し 次にダイレクトヒット、意志力とスタンダードな積み方で問題ありません。 クリティカル > ダイレクトヒット(DH > 意志力 で積んでいきます。 この辺りは、 理論的な計算式に基づいて決める人もいれば 好みで「スキルスピードをつけたい!」という考えで決める人もいます。 結論でいうと、SS1015辺りが最適値です。 6回入らない人は、バフを使うタイミングが早い可能性があります。 DCGのリキャストが6時(半分)を過ぎてから使うようにすると余裕がでます! 「超」基本的な装備候補の考え方(モンク) FINAL FANTASY XIVでは IL(アイテムレベル)というものがあり、基本的にILが 高いものが強い装備となります。 現在武器はIL505のものが1種類となるので、武器の最終装備は確定で「エデンコーラスシリーズ」となります。 防具・アクセサリーは、IL500のものが 2種類あり、どちらかが基本的に 最終装備の候補となります。 エデン零式で獲得できる「エデンコーラスシリーズ」と、 トークン:奇譚で交換できる「クリスタリウムREシリーズ」 (正確にはエデン零式2. 3層で獲得できる強化薬・繊維が必要)があります。 この組み合わせで 最強となる装備を組み合わせていきます。

次の

【FF14】モンクのスキル回し(70レベル)【パッチ5.2】|ゲームエイト

モンク スキル 回し 5.2

装備とか モンクはdotの更新と紅蓮の極意のリキャが噛み合わないとロスが生まれるのでSSが飯込みで1015になるように調整します。 装備を揃えている過程で調整するのは手間なので揃えてからモンクを始めるか、最低ラインの761を確保するようにしましょう。 個人的に最低ラインのSSでやるくらいなら別の職やるわってくらい噛み合わないと悲惨なことになるのでまず装備を揃えます。 ちなみに高すぎてもダメなのでSSとGCDの閾値を調べてGCDが1. 94より早くならないようにしましょう。 開幕回し 闘気5、紅蓮の構え、演舞で3にして羅刹衝でスタートします。 最後の破砕でちょうど紅蓮の極意が切れます。 実際は闘気斬があるのでGCD間に挟む順番が前後しますがなんとなく対応できると思います。 スキル回し モンクは何かを管理する職というよりも順番にスキルを発動させていくようなメカニクスになっています。 ルールを守れてさえいれば簡単ではないですが自然と火力が出るようになります。 ・コンボ1段目は 双竜と連撃の交互にする。 連撃効果upをつけて連撃をするだけ。 ・ 2段目は双掌バフをつけた後に正拳突きを2回したら双掌バフ更新。 バフ更新の時にバフが切れますが正拳突きの回数を増やせるならそっちのほうがプラス。 ・3段目は破砕したら 崩拳2回して破砕。 1段目はバフがついてるかついてないかで判断出来て、2段目はバフの残り秒数を見て判断出来て、3段目はdotの残り時間を見て判断出来ます。 毎GCD判断しなきゃいけないのかとめんどくさくなるかもしれないですが「1段目はバフがついてるか否か」「2段目は1段目を打った時にバフが切れたかどうか」「3段目はdotの残り時間がわずかかどうか」の2択なのでそこまで難しいものでもありません。 あとは敵から離れる必要がある時は六合星導脚を使う。 さらに叩けない時間に突入する前には旋風脚をする。 無我で迅雷を戻す。 敵を倒す直前に六合と旋風脚のセットを入れる。 方向指定はもちろん守るべきで金剛の極意を使えばかなり長い時間方向指定無視して叩き続けられます。 侍の心眼と違って結構ギリギリに使っても反応してくれるので使ってみましょう。 94になっていて しっかり回せていれば破砕で更新するタイミングでちょうどリキャが終わります。 紅蓮の極意の効果終了間際に破砕と1段目がちょうど収まります。 踏鳴の使いかた 踏鳴のリキャが終わったら使える条件が整ってから使います。 「双掌バフの更新をした直後のコンボ1段目を打った後」です。 発動させたら双竜と連撃を交互に繰り出しながら破砕でdotを更新したり迅雷維持のために崩拳を打ったりします。 効果時間中に1回は迅雷を延長しておかないと迅雷が切れるのでどちらかを入れます。 dotの更新タイミングならdot、そうでなければ崩拳。 XHB配置 背面指定と側面指定で固めてあります。 本当は疾風の極意の位置を変えたいけど変えて楽になるのも開幕の1回だけだしいいやってなってこの通りになっています。

次の

『FF14』疾風迅雷を維持せよ!ジョブ別火力アップ講座・モンク編

モンク スキル 回し 5.2

1 2 3 4 羅刹衝 破砕拳 踏鳴 崩拳 5 6 7 8 崩拳 薬 双掌打 疾風の構え 9 10 11 12 紅蓮の極意 破砕拳 桃園結義 陰陽闘気斬 13 14 15 16 双竜脚 蒼気砲 双竜脚 羅刹衝 17 18 19 20 正拳突き 崩拳 連撃 双掌打 21 22 23 24 崩拳 双竜脚 正拳突き 破砕拳 モンクのトッププレイヤーが考案した「踏鳴」を使った開幕スキル回しです。 パッチ5. 1では「無我」の仕様が変わったため、下記の無我回しが非常にやりづらくなりました。 そのため、「踏鳴」をつかって迅雷を増やしていく開幕回しが安定です。 途中の「双竜脚」が2回入る理由は、「踏鳴」後は型が乗らないこと、型が乗ってない状況では「双竜脚」が一番威力が高い理由により連続で双竜脚が入ってます。 最初の「破砕拳」を入れた直後に「無我」を使い、疾風迅雷を2までスタックさせましょう。 うまく嵌まれば強力な回しですが、「無我」中に疾風迅雷が付与されるタイミングの調整が難しく、運が悪いと「無我」実行後迅雷付与まで3秒程度必要となる場合がある点に注意してください。 無我の仕様 無我の迅雷付与タイミングはサーバー時間と同期しており、付与タイミングを正確に測るのは難しくなっています。 ただし、迅雷の付与タイミングは、リジェネなどのhotの回復効果が発生するタイミングと一緒なので、一応無我の迅雷付与タイミングを把握することは可能です。 しかし、結局開幕で最速無我回しをするためにはリジェネなどのhotを貰い、かつ最速で迅雷付与されるタイミングを把握したモンクが戦闘カウントを始めなければならない もしくはそれを知ってる協力者が必要 ため、最速の無我回しをするには難易度が高いのです。 ただ、前述した通り無我で付与される迅雷のタイミングが一定ではないので、シナジーを入れるタイミングが前後してしまい他シナジーとのズレが生じることもあります。 ですが、Lv76以降のモンクは迅雷4によるスキルスピード上昇により、普段のスキル回しよりも少し火力の出る「双正正回し」が出来るようになります。 1 2 3 双竜脚 側面 双掌打 側面 破砕拳 背面 4 5 6 連撃 背面 正拳突き 背面 崩拳 側面 7 8 9 双竜脚 側面 正拳突き 背面 崩拳 側面 10 11 12 連撃 背面 双掌打 側面 破砕拳 背面 Lv70以前のスキル回しは、背面ルートと側面ルートを交互に回すものでした。 しかし、迅雷4によりSSが上がったことで、「双掌打」のが持続する内に 「正拳突き」の回数を1回増やすことができます。 普段、双掌打と正拳突きを交互に繰り返していましたが、これにより双掌打1回分が正拳突きに置き換わり火力上昇に繋がります。 ただし、このスキル回しは背面と側面の移動が忙しくなること、双掌打バフの時間がシビアなので多少難しいです。 モンクのスキル回しに慣れないうちは、でも十分火力が出るのでそちらを使っていっても問題ありません。 型条件無視の効果を利用して「双竜脚」と「連撃」を交互に繰り返すという回しです。 踏鳴中にWSが6発入るのですべて入れられるように意識しましょう。 双掌打のバフを載っけてから使う• WSのGCDが7時辺りで踏鳴を使う• 途中3の型を入れるのは迅雷維持目的 破砕が切れそうだったら破砕でも良い• 踏鳴後は型がないので双竜から通常回しへ移行する• 基本的には70レベル時と同じですが、「万象闘気圏」が使用可能になっているので、予め戦闘前に闘気Vまで進めておく必要があります。 リキャストが60秒と非常に使いやすいなので、敵の全体攻撃などと合わせて積極的に使っていきましょう。 更にロールアクションの「トゥルーノース」と合わせることで、 合計50秒間方向指定無視が可能です。 レベル70以降の新アクション解説 レベル70以降の新アクション一覧 アクション 概要と主な使い方 万象闘気圏 ・闘気Vを消費する直線範囲攻撃 ・ID道中など敵が複数居る場合に強力 ・レイドやボス戦では陰陽闘気斬を使う 無我 ・疾風迅雷の効果時間を最大まで延長 ・効果中は疾風迅雷が1スタックずつ蓄積 ・効果中は移動不可&アクション使用不可 ・開幕の迅雷付与として使う(無我回し) ・履行技などボスを殴れない間に使用 六合星導脚 ・単体強攻撃 ・使用後は WSに約5秒のリキャが発生する ・疾風迅雷の効果時間を最大まで延長する ・トドメやボスが殴れなくなる直前に使用 XHB クロスホットバー のスキルセット参考配置 PS4ゲームパッドでプレイする際の、XHBのスキルセット参考配置です。 XHBに加え、L2R2同時押し拡張操作で2ページ目のスキルを使うことを前提とした配置になっています。 なお、この配置はWSに限り以下の法則で並べています。 基本動きながら使うスキルかつスティック操作しながらになるためです。 桃園や紅蓮などよく使うバフは、R2側に配置しています。 基本L2側は自由枠ですので押しやすいボタン配置にしましょう。 パッチ5. イシュガルド復興• レイド 零式 共鳴編• 覚醒編• ノーマル 共鳴編• 覚醒編• 宝の地図• ジョブ• タンク• ヒーラー• DPS メレー• レンジ• キャスター• リミテッドジョブ• ギャザクラ• 漆黒のヴィランズ• 討滅戦• ノーマル• アライアンスレイド ヨルハダークアポカリプス• リターントゥイヴァリース• シャドウオブマハ• クリスタルタワー• 風脈 新フィールドの風脈の場所• エウレカ• NM情報• ハウジング•

次の