カリブ の 海賊 音楽。 なぜカリブ海には海賊がいたのか?【カリブの海賊たち】

上海ディズニーのカリブの海賊はエンディングが2種類!!日本カリブとの違いはどこ?【別次元の面白さ!】

カリブ の 海賊 音楽

1度聞いたら、なぜか忘れられなく口ずさんでしまう歌です。 この歌の名前は「Yo Ho」というのですが、海賊たちが早口で歌うのでよく聞き取れません。 英語ですしね。 歌詞を確認してみる 歌詞はこんな感じです。 「Yo Ho」 作詞 Xavier Atencio,George Bruns Yo ho yo ho a pirates life for me. We pillage,plunder,We rifle,and loot. Drink up me 'ear-ties yo ho. We kidnap and ravage and don't give a hoot. Drink up me 'ear-ties yo ho. Yo ho yo ho a pirates life for me. We extort and pilfer. We filch and sack. Drink up me 'ear-ties yo ho. Maraud and embezzle and even high-jack. Drink up me 'ear-ties yo ho. Yo ho yo ho a pirates life for me. We kindle and char,and inflame and ignite. Drink up me 'ear-ties yo ho. We burn up the city. We're really a fright. Drink up me 'ear-ties yo ho. We're rascals and scoundrels. We're villains and knaves. Drink up me 'ear-ties yo ho. We're devils and black sheep. We're really bad eggs. Drink up me 'ear-ties yo ho. Yo ho yo ho a pirates life for me. We're beggars and blighters and ne'er do well cads. Drink up me 'ear-ties yo ho. Aye but we're loved by ouor mommies 'n' dads. Drink up me 'ear-ties yo ho. 日本語に訳すとこうです。 「ヨーホー」 ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし 略奪 強盗 くまなく奪う 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー 誘拐 破壊 おかまいなしさ 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし ゆすり こそ泥 くすねて いただき 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー 略奪 使い込み ハイジャックだってするぜ 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし 燃やして 灰にする 火をつけるんだ 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー 町中を焼き尽くす 恐怖の集団 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー 俺たちはならず者の悪党さ 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー 俺たちは悪魔、はみだし者、本当にひどいやつらだ 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし 物乞いに海賊 汚いやつさ 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー でもこんな俺たちだってママやパパには愛されてた 思いやりなんてのは忘れたさ、ヨーホー カリブの海賊の歌は歌詞が一部おかしい 海賊の恐ろしさが分かる歌詞となっていますが、都市伝説として噂になっているのは上から4行目の部分です。 We kidnap and ravage and don't give a hoot. 日本語訳は「誘拐して破壊もおかまいなしさ」です。 ここで問題になってくるのは「ravage(破壊)」という単語。 実はここに入る単語がもともとの歌詞は違う単語だったという噂があるんです。 その単語とは・・・・ ravish ravage と ravish 一見すると似たような単語に見えますが、この単語の意味がかなりヤバいんです。 ravishの意味は「強姦」です。 「誘拐して破壊」ではなく「誘拐して強姦」という歌詞がもともとはつけられていたというのです。 意味としても「誘拐して強姦」の方がしっくりきます。 「誘拐して破壊」だとちょっと意味が分からなくないですか? 「誘拐して強姦」というのは過激ですが、まあ海賊なんだから普通にあり得ると思います。 でも子供たちが集まるディズニーランドで流す曲としてはマズいと判断されて「ravish(強姦)」から「ravage(破壊)」という単語に変わったというのです。

次の

【カリブの海賊】カンクンで海賊船ディナークルーズに参加してきました!

カリブ の 海賊 音楽

カリブの海賊 カリブの海賊は、東京ディズニーランドのワールドバザールを抜けてすぐのアドベンチャーランドに位置しています。 開業当時から存在しているアトラクションで、現在まで作られているすべてのアトラクションの中で歴代2番目に費用がかかっているアトラクションです。 カリブの海賊は、カリブ海沿岸を17世紀から19世紀に暴れまわっていた海賊たちがモデルになっています。 アトラクションでは、水しぶきが跳ねたりボートの上を銃弾が飛び交ったり海賊たちの怒号が響き渡るなど大迫力な演出がありますよ。 『オーディオアニマトロニクス』というコンピューターによって音と動きを同調させるように制御することができる技術が導入されています。 そのため、まるで本当に生きているかのような動きをする海賊達がたくさん登場しています。 有名な映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』もこのカリブの海賊がモデルとなっているんですよ。 アトラクションの中にキャプテン・ジャック・スパロウが登場するのですが、まるで本物のキャプテン・ジャック・スパロウではないかという声が出るほどかなり高いクオリティになっています。 私も初めて見たとき目を疑ってしまいました。 そんなリアルなキャプテン・ジャック・スパロウも登場するカリブの海賊は、35年経った今でも多くの人に愛され続けています。 ・ カリブの海賊の概要 カリブの海賊は、20人乗りの大きなボートに乗って冒険していくライド型アトラクションです。 所要時間は約15分で、最初から最後まで暗闇を進んでいきアトラクションの序盤には、滝を下るというスリルもあります。 また、滝を下るアトラクションではありますが安全バーがついていません。 しっかりと前の手すりにつかまって滝下りを楽しみましょう。 身長制限はなく、1人で座れる年齢なら乗ることができますが、滝を下ったり暗闇を進んでいくアトラクションのため注意が必要です。 カリブの海賊の歌:『Yo Ho』 カリブの海賊で使われている歌は、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』でも使われている『Yo Ho』という曲です。 かなり有名な歌なので誰でも1度は聴いたことがありますよね!! 歌は聴いたことがあるけどYo Ho~以外はなんて言っているかわからないというのは私だけではないはず(笑) ということで『Yo Ho』の歌詞を英語バーション、その歌詞を和訳したものをご紹介したいと思います。 『Yo Ho』の歌詞 Yo ho yo ho a pirates life for me. ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし We pillage,plunder,We rifle,and loot. 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー Yo ho yo ho a pirates life for me. ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし We extort and pilfer. We filch and sack. 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー Maraud and embezzle and even high-jack. 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー Yo ho yo ho a pirates life for me. ヨーホー、ヨーホー、海賊の暮らし We kindle and char,and inflame and ignite. 親切心なんてものはとっくに飲みほしちまったぜ、ヨーホー We burn up the city. 思いやりなんてものは忘れたさ、ヨーホー Yo ho yo ho a pirates life for me. 思いやりなんてのは忘れたさ、ヨーホー このような歌詞になっているんですね。 さすが海賊の歌だけあり結構ひどい内容ですね。 あんな楽しそうにこんなひどい歌を歌っていたとは!! カリブの海賊の歌:『Yo Ho』の歌詞に隠された秘密 カリブの海賊 楽しい雰囲気で陽気に歌われている『Yo Ho』ですが、実はとても恐ろしい意味が隠されています。 」の1文、和訳では『誘拐、破壊、おかまいなしさ』となっていますが、誘拐して破壊?どういう意味なの?と思いませんか? 実はこの『ravange』=破壊という意味なのですが、本当は『ravange』ではなく『ravish』=強姦するという意味の英語で歌われているという疑惑があります。 歌詞では『ravange』となっているようですが、英語が堪能な人には『ravish』と確かに聞こえるそうです。 ちなみに私は英語が全くダメなのでなんて言っているのかさっぱりわかりません!! カリブの海賊の歌:『Yo Ho』の歌詞通りの問題シーン カリブの海賊に併設しているブルーバイユーレストラン 『Yo Ho』の歌詞の通り、カリブの海賊のアトラクションの中には海賊が女性を追いかけているシーンや女性が売り飛ばされている花嫁オークションと呼ばれるシーンがあります。 海賊が女性を強姦したり売り飛ばしているという事実が歴史上で存在しています。 花嫁オークションの描写がアトラクションの中で再現されているのもおかしくはありませんが、夢の国のアトラクションとしてはちょっとふさわしくないような気がします。 また、この花嫁オークションのシーンは世界中のカリブの海賊に登場しています。 しかし、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドでは女性差別との声が上がっていることから、花嫁オークションではなく戦利品オークションに変更されました。 そして海賊が女性を追い回しているシーンでは、女性に食べ物を持たせ女性ではなく食べ物を狙って追いかけている意味合いに変更されています。 東京ディズニーランドのカリブの海賊は今のところ変更の予定はないようですが、いつ変更になってもおかしくはないでしょう。 カリブの海賊トリビア:知っておくとさらに楽しめる3つのポイント カリブの海賊外観 さまざまな細かい描写をしていることでも評判のディズニーランドのアトラクションですが、カリブの海賊にもしっかりと細かい設定がされています。 アトラクションをさらに楽しめる3つのトリビアを紹介します。 次、カリブの海賊に乗る際は注目してみてくださいね。 カリブの海賊の船名 ・エイドリアン ・アメリー ・アン ・アントワネット ・ベアトリス ・カミル ・セシル ・セレステ ・シャルロット ・シェリー ・クリスティーン ・クレアー ・エレノア ・エマ ・フローレンス ・アイリーン ・イサベル ・ジャクリーン ・ジャネット ・ジーン ・ヘレン ・マリアンヌ ・マリー ・ミッシェル ・ナタリー ・レイシェル ・レベッカ ・サラ ・スザンヌ ・バイオレット フランスやイギリスでは、船に女性の名前をつけて航海の無事を祈る風習があり、海賊達もこの風習を採用したようです。 ちなみにカリブの海賊では、海賊達が航海をしている中で1番惚れた女性の名前を付けたんだとか!! 極悪非道の海賊たちにも惚れた女性がいることに驚きですね。 カリブの海賊の船には船首に英語で上にあげたいずれかの名前が書かれているので、乗った際にはチェックしてみましょう。 そして、滝を下ると宝を奪い合って共倒れしている海賊や、自分が死んだことにすら気が付いていない海賊が登場します。 これは海賊時代が終わったという意味合いを持ち、滝を下った序盤で海賊時代の終焉を観ることになります。 そして船が進んでいくと海賊達が堂々と暴れまわっていた時代が描かれており、大きな船や大砲、鉄砲でお宝を取り合っている海賊が登場します。 カリブの海賊は滝を下ってから進むにつれて時代を逆行していくんですね。 海賊達が大きな大砲や鉄砲で戦う場面はかなり迫力がありますよ。 この船乗り場は彼の家で、船長だった彼はさまざまな追手から逃げるために目立たないひっそりとした場所に船着き場を作りました。 この秘密の船着き場から冒険に出かけるという細かいこだわりがディズニーっぽさを感じさせますよね。 まとめ いかがでしたか? カリブの海賊の曲の歌詞や歌に隠された秘密、そしてカリブの海賊の概要やトリビアをご紹介しました。 カリブの海賊に乗る際にはぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

人気3大マウンテン、カリブの海賊…みんなが大好きな東京ディズニーランド®のアトラクションは?

カリブ の 海賊 音楽

1494年6月7日にスペインとポルトガルの間で結ばれたにより、大西洋沖にあるカーボベルデ諸島から2. 193 km西南北方向線(子午線)で、ヨーロッパ以外の世界をスペインとポルトガルの間で分割することとなる。 この時代、海の覇権を巡り争っていたのは、主にスペインとポルトガルだったからだ。 そこでスペイン帝国は、カリブ海周辺大陸沿岸のフロリダ半島からメキシコ、中米に南米北岸を開拓して交易のための町を造った。 カリブ海を囲むように形成された大陸沿岸のスペイン開拓地をイギリスは「 スパニッシュ・メイン」と呼んだ。 16世紀から18世紀にかけて、スパニッシュ・メインから、金銀、宝石、香辛料、木材、毛皮、その他の莫大な財宝がヨーロッパに向けて運び出されたのである。 さらに、16世紀、スペインはヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)のサカテカスやペルーのポトシ(実際には現在のボリビアにある)にあった鉱山から驚くべき量の銀塊を掘りだした。 これに目をつけたのが海賊たちである。 彼らは、本国へ銀などを運ぶ輸送船を襲い略奪を始めたのだった。 肉を燻す煙を出して、島の漂流者が沖を行く船を交易のために近寄らせたように、海賊が船を捕まえることができたからだった。 当初の海賊たちは、植民地を支配する権力者によって住んでいた島を追われたので、海上で他の船舶を襲撃し続けるという新しい生き方をするしかなかった。 このように船を陸に引き寄せて、自船で一気に襲撃していたのである。 こうして、ヨーロッパの商船を攻撃し(特にカリブ海からヨーロッパに向かうスペイン船隊)、その貴重な荷物を捕獲するという、船乗りにとって魅力はあるが、法に触れる機会を作りだした。 以下はウェールズの海賊からの引用であり、18世紀カリブ海の海賊に対する動機を示している。 この仕事(海賊)はお宝はたんまり手に入るし、楽しくて簡単、そして自由で力がある。 こんなうまい仕事、やらずにいられる奴がいるのかい? 最悪の時は縛り首にもなるだろうが、「人生は太く短く」が俺のモットーだ。 しかし、驚くべきことに海賊行為が「 合法」とされたこともある。 そこには、国家の利権が絡んでいた。 これは、大西洋やインド洋で領海政策を確立したライバル国の海上貿易を弱めることを期待したものだった。 この合法的な海賊行為は 私掠と呼ばれ、私掠を行う船を 私掠船と呼んだ。 1520年から1560年、フランスの私掠船だけでスペイン王国と新世界における広大なスペイン帝国の商業に戦いを挑んだ。 後にはイングランドやオランダの私掠船も加わり、最早、大国の代理紛争のような様相を呈していたのである。 これと闘うのは常に危険が伴った。 そのため、1560年代、スペインはを採用した。 スペインの宝物艦隊とも呼ばれるこの船団の目的は、行きには兵士およびヨーロッパで製造された商品を新世界にあるスペイン植民地に運び、帰りは1年間に採掘された価値ある銀をヨーロッパに運ぶことだった。 船団で行動するため、海賊たちも手が出しにくなった。 さらにこの期間に実際に活動した海賊は約2,400人いたとされる。 新世界におけるスペイン帝国の軍事力は、の跡を(在位1665年-1700年)が嗣ぎ、4歳でハプスブルク・スペイン最後の国王になった時に衰退を始めた。 その頃には新世界(アメリカ)にも、イングランド、フランス、オランダが入植を始めており、1660年までにそれぞれの領有権の中で新世界植民地強国となっている。 しかし、それまでにヨーロッパ本土では各国の戦争が続き、カリブ海における各国のパワーバランスも崩れていた。 17世紀後期までに、カリブ海のスペイン領にある大きな町は繁栄を始め、スペイン本国も緩りと断続的な回復を始めたが、イングランドの支配権は、イングランド自体がヨーロッパで強国にのし上がっているときだったので、カリブ海でも拡大を続ける。 しかし、その影にも海賊や私掠船の存在があり、時には海賊を植民地の防衛と母国の当面の敵に対する戦闘に使った国もあった。 西ヨーロッパ諸国の海軍が拡張され、その任務は海賊との戦いにまで広げられた。 ヨーロッパ海域から海賊を駆逐すると、18世紀にはカリブ海に、1710年までに西アフリカと北アメリカにまで及び、1720年代にはインド洋でも海賊が働くには難しい場所になった。 さらに、1720年以後、ヨーロッパの軍隊や海軍、特にイギリス海軍が長期の実経験を積むために、海賊に対抗して広い範囲で活動したので、カリブ海では古典的な意味での海賊はごく希になった。 イギリス海軍艦船は飽くことなく海賊船を追求し、戦闘になれば常に勝利するようになる。 こうなっては、海賊も衰退への道と進むしかない。 しかし、1713年にスペイン継承戦争が終わってから1720年頃まで、海賊行為が一時的に復活したときがあった。 戦後は水兵が余ったので、賃金や労働条件が下がった状態に合わせるために、多くの失業した水兵が海賊になった。 の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の時代設定がこの時代である。 この時代の有名な海賊は、黄金時代の完全に違法な生き残りであり、その選択肢は直ぐに引退するか、捕まえられることに限られていた。 17世紀で最も破壊的な海賊船長の1人だったが、その私掠行為でイギリス王室からナイトに除せられ、ジャマイカの副総督に指名されたことと比べれば対照的である。 その後もカリブ海の海賊は19世紀まで小規模ながら隆盛を繰り返したが、1830年代までに艦船は蒸気力駆動に転換されたので、カリブ海における帆船時代と古典的な海賊の概念は終わったのだった。 最後に 最初は、単なる犯罪者集団としか思っていなかった海賊だが、時代が進むにつれ、私掠船などに姿を変えることで、各国に軍事的・政治的にも利用されたことがわかった。 その過程は、ここにまとめたものよりさらに複雑だが、カリブ海に海賊が多かった理由はハッキリした。 多くの財宝、資源、交易品が絶えず行き交う航路がカリブ海に集中していたからなのだ。 カテゴリー• 107• 353• 351• 1,410• 149• 807• 589• 169• 100• 177• 142• 134• 106• 559•

次の