花子くん ヤンデレ。 【地縛少年花子くん】ヤンデレ?双子から逃げるっ!!←

【地縛少年花子くん】ヤンデレ?双子から逃げるっ!!←

花子くん ヤンデレ

コメントで応援しよう!• キャラにコメントをするとランキングポイントが加算されます。 人と怪異の関係を保つ。 花子くんは「大切なものと引き換えに願いを叶える」という噂なので、ヒロインの八尋寧々は先輩との恋を叶えるために彼を呼び出す。 その後、様々な怪異に向き合う。 2014年より『月刊Gファンタジー』連載中。 20年1月TVアニメ化。 作品名の一部を入力すると、好きな作品の診断やキャラランキングを見れます。 見つかったキャラを自分の「キャラソート」に入れておくと、後から思い出すことができます。 二択で順位を設定できるようになりました。 作品ごとにソートを作ることもできるようになりました。 New! 執事の好きなキャラを好きな順で並べた、執事のキャラソートをご覧いただけます。 ユーザー登録なしでも作って友達に見せられます。 自分の好きな属性や自分に合いそうなキャラも判明します。 しばらく対処されてないスパムがあったら、その近くでコメントして教えて下さい。 利用者の方が自分でスパムに対して報復コメント・報復用画像を添付することは、当サイト自体に深刻なダメージを与えるので、絶対におやめください。 エフェクト。 特にストラクチャー、ドラマ、明度、コントラスト など、複数のアプリを使うといい画像が作れます。 もちろん、自分で描いた絵も大歓迎です!• こだわれば、かなりこだわることもできますが、自分の考えをすばやく画像にしてどんどん発表していくのがよいと思います。 サイトに最近投稿された属性イラスト.

次の

#地縛少年花子くん #つかさ ヤンデレ過ぎるつかさくん

花子くん ヤンデレ

隣には夏彦がいました。 扉だらけの境界かと思ったら、境界とはちょっと違うと夏彦。 するとラジオのようなものが現れ花子の声が!! いつもピンチの時に助けてくれる花子の声に安堵し、涙する八尋。 花子は、目を離すとすぐにイケメン怪異に引っかかる。 困った助手だと告げました。 (やだ。 どこでもなくてどこにでもあってどこにでも行けると・・・・ 白杖代でこちらも捜索するから、八尋も見覚えのある扉を探して欲しいと。 扉は危険なところにつながっているのもあるから気をつけるようにと告げて電話は切れてしまいました。 夏彦とともに扉を捜索する八尋。 火が吹き出したりお化けが飛び出したり散々な目にあう二人w そしてついに扉の中に連れ去られてしまった夏彦www グッドラックの言葉を残して扉が閉まりましたw 夏彦ならきっと大丈夫だろうと一人扉の捜索を進める八尋。 すると夕焼けチャイムが聞こえてきました! 見覚えのある教室の扉を開いた八尋。 そこにはカーテンの後ろで涙を流す花子・・・が!? しかし胸には柚木普の名札が。 気がつかない八尋は花子くん!と駆け寄るも、逃げられてしまいました。 すると今度は本当の花子の声が聞こえてきました。 やっと見つけたと花子。 八尋を無事元の世界に戻すのでした。 花子を前に、いつも守ってくれる花子を自分も守ってあげたいと思う八尋なのでした。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)が貰えますので、 600 円以内の書籍なら実質無料で購入できちゃいます! つまり お得に普と出会う八尋 が拝めるのでぇす!!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

【ネタバレ注意】『地縛少年花子くん』3つの魅力と最新10巻の見所を紹介!アニメ化決定

花子くん ヤンデレ

今日も日課のトイレ掃除中・ヒロイン、八尋寧々です! 花子くんは会議に行きました!だから現在1人です! 「あっれー、普イナイんだー」 そう言って入ってきたのは花子くんと顔はそっくりだけど、服装と声と頬にはってる「封」の場所が違う男の子—つかさくんだった。 私は思わず身構える。 「いきなりどうしたの?」 するとつかさくんは 「今日は寧々に用事があってきたんだー!」と、楽しそうに言った。 「俺ねー、あまねのことが好きなんだー!」 見ていたら分かりそうなことを言う。 でもその後に、 「でもね、寧々のことも同じくらい好きなんだー!」と、 いきなり告白してきた。 突然の事に戸惑っていると、「ヤシロ、つかさから離れて!!! 」と耳馴染みのある声がした。 「つかさ、何の用?」 「ちょっと話してただけだからもう帰るよ じゃあねー!」 そう言ってつかさくんはくるりと背を向けたが急に何かを思い出したように振り返った。 直後、胸の辺りに重い激痛が走った。 見ると包丁がある。 つかさくんが私を刺したのだ。 すぐに意識は薄れていった。 「大好きだから死んで、ネネ?」最期につかさくんのそんな声が聞こえた。 「ヤシロ?嘘でしょ?」八尋寧々の亡き穀を抱き締めながら普はそう言って八尋の遺体に口付けをした。 「ヤシロ、俺まだ大好きって言ってなかったよ?」 つかさはそれを見ながら、 「人間って意外にもろいねー」そう言って、消えた。 普は泣きながら、いつまでもいつまでも口づけをしていた。

次の