五等分の花嫁いつき可愛いイラスト。 『五等分の花嫁』花嫁は中野四葉エンドなのか徹底考察!肯定説VS否定説【ネタバレ注意】 │ anichoice

【五等分の花嫁】五月(いつき)の可愛いシーン・名セリフランキング【画像】

五等分の花嫁いつき可愛いイラスト

ラブコメアニメ「五等分の花嫁」の概要 この物語は結婚式での思い出話しから始まります。 高校2年生だった頃出会った2人。 主人公の風太郎は「家庭教師のバイト」として、勉強が苦手な5つ子の家庭教師になる事になります。 結論としてこの中の誰かと風太郎は結婚しており、 その相手がいったい誰なのかを考察していくラブコメになっています。 ちなみに、 誰が花嫁にふさわしいかアンケートを取っています!よければ投票をお願いします!• ラブコメアニメ「五等分の花嫁」が人気の秘密 このアニメはヒロインたちがそれぞれ個性を持っており、5つ子なのに別々の良さを出しているのが人気のアニメです。 そしてそれと同じく人気の秘密となっているのが、豪華すぎるヒロインの声優陣! それぞれがアニメで主役級のヒロインを演じれる程の、超売れっ子声優が5つ子を演じています。 ラブコメアニメ「五等分の花嫁」の名場面・名シーン これはどのキャラが好きなのかで変わってくると思うのですが、個人的に最高の名シーンと言えば、四葉が風太郎に「好きだから」といった後のシーン! このあと顔を覗き込むようにイタズラな笑顔で「嘘」というシーンは、物語が進んだ今でも私の中では最大の名シーンとなっています。 ラブコメアニメ「五等分の花嫁」の続編は? 五等分の花嫁は2019年冬アニメで現在放送中の為、続編の有無はまだ発表されていません。 今後の売り上げ次第では続編にも期待できると思われます。 2019年4月追記 円盤売上は5000枚いけば続編である2期制作が行われると言われております。 現時点での円盤売上枚数は7000枚を超えました! 原作の人気も高いため、2期制作は期待してはいいのではないでしょうか。 2019年5月追記 2019年5月5日のスペシャルイベントに合わせて五等分の花嫁の2期制作が発表されました!しかし、いつ放送されるかなどの詳細情報は、まだ発表されていませんので、続報を期待しましょう! 「五等分の花嫁」上杉風太郎(うえすぎふうたろう)のキャラ紹介 5つ子の三女。 右目が隠れているのと常に首にかけているヘッドフォンが特徴。 口下手で姉妹の中で口数はすくないものの、風太郎に対しては一番に恋心を抱いたキャラクターです。 成績が悲惨な姉妹の中では比較的上位に位置する成績で、中でも歴史については詳しく戦国マニアとして知られています。 中野三玖(なかのみく)が人気の秘密 本誌の人気投票でもぶっちぎりで1位をとった人気キャラクター。 序盤の時点で風太郎に恋心を抱いており、それを応援しているひとが多いのが人気となっています。 引っ込み思案でもじもじしながらも、風太郎に何とか想いを伝えようとしている所が人気の秘密。 中野三玖(なかのみく)の名言• 責任、取ってよね 「五等分の花嫁」中野四葉(なかのよつば)のキャラ紹介 5つ子の四女。 髪は短く頭に付けたウサギのようなリボンが特徴です。 とにかく元気いっぱいで序盤から風太郎には比較的協力的な存在。 運動神経抜群で何も考えていないバカっぽい子にも見えますが、実際はよく姉妹の事を考えていたり人の役に立ちたいという気持ちが強く、いろいろと無理をしています。 中野四葉(なかのよつば)が人気の秘密 四葉が人気な理由は元気いっぱいな性格と、姉妹や友達を特に大切に思っているところ! 普段はバカっぽいキャラクターなのですが、魅せるところではしっかりと魅せてくれるのが人気の秘密です。 中野四葉(なかのよつば)の名言• 私……初めて報われた気がします 「五等分の花嫁」中野一花(なかのいちか)のキャラ紹介 5つ子の長女。 正面から見て左側の髪が少し長いアシンメトリー風のショートヘヤーが特徴の一花は、長女なだけあってお姉さんっぽい性格をしています。 主人公の風太郎に対して助け舟を出すことも多々ありますが、小悪魔的な性格もしており、からかったり脅したりすることもあります。 中野一花(なかのいちか)が人気の秘密 セクシーな下着を持っていたり、部屋の中では全裸で過ごしたりと作品の中では、セクシー的なポジションを担っております。 さらに、小悪魔という男性が追いかけたくなるような性格をしているため絶大な人気を誇っています。 中野一花(なかのいちか)の名言• あーダメダメ。 服着てないから照れる 「五等分の花嫁」中野二乃(なかのにの)のキャラ紹介 5つ子の次女。 5つ子の中でも一番髪が長く、髪の両サイドに黒色の蝶のリボンをつけているのが特徴的です。 また、プロポーションに自信があるのかどんな時でも胸を強調する服装をしております。 主人公の風太郎の事をとても嫌っており、名前で呼ばす「君」と呼びます。 長女の「一花」は、お姉さん的な性格はしていルものの、なかなか抜けていましたが、次女の「二乃」は、とてもしっかり者で料理が得意です。 しかし、姉妹の事を思いすぎて、風太郎に睡眠薬を飲ませたりするのが、たまにキズ。 中野二乃(なかのにの)が人気の秘密 誰よりも姉妹の事を考えており、そのせいで主人公の風太郎などに強く当たったりしますが、たまに見せる「デレる」部分はとてつもない破壊力を発揮します。 強さと弱さのギャップがとても激しい「ツンデレ」で、デレてる時の顔を見たいファンが急増中です! 中野二乃(なかのにの)の名言• マジありえないから 「五等分の花嫁」中野五月(なかのいつき)のキャラ紹介 5つ子の五女。 ふわふわとした長い髪の毛にアホ毛が生えているのが特徴的です。 5つ子の中では比較的まともな性格をしており、真面目で努力家ですが、努力が実を結ばないことの多いちょっとかわいそうなキャラクターです。 根に持つタイプで、主人公である風太郎のから「太る」など言われて、嫌っていました。 中野五月(なかのいつき)が人気の秘密 愛嬌のあるキャラクターとなっており、食いしん坊なところが人気の秘密です!よく食べる女性はモテると言いますが、五月はまだにその典型的なキャラクターと言えるでしょう。 中野五月(なかのいつき)の名言• どうかしてます…あんな人を好きになるなんて… 「五等分の花嫁」の人気キャラランキング!のまとめ.

次の

【2019冬アニメ】『五等分の花嫁』の登場人物プロフィールまとめ!気になる花嫁姿は誰?

五等分の花嫁いつき可愛いイラスト

「見てください。 」 プロフィール 誕生日 身長 159cm イメージカラー 好きな食べ物 好きな飲み物 嫌いな食べ物 好きな動物 よく見るテレビ 好きな映画 犬が死ぬ系 好きな本 ガイドブック 日課 腹筋、ヨガ お気に入りスポット ペットショップ 得意科目 5教科 CV 概要 『』に登場するの。 五つ子の中では最初にと出会う。 コミックの1巻・6巻・11巻の表紙に登場している。 容姿 ウェーブのかかった長い髪で前髪の一部が長く後ろに伸びている。 星形の髪飾りを前髪に着けており、が生えている。 私服では長いスカートを履くことが多い。 制服は赤いセーターを着ている。 ハイソックスを履いている。 視力が悪いため、勉強の時などにはを掛ける。 人物 風太郎のことを「上杉君」と呼ぶ。 風太郎と2年の時から同じクラス 3年では五つ子全員がクラスメイト。 五つ子の中では常識人で真面目だが、テストでは努力が実を結ばない。 真面目な性格が影響して他の姉妹に変装するときはかなり緊張するらしい。 食いしん坊な一面があり、から「 肉まんお化け」と言われている。 五つ子の体重の合計は250kgで本人は一人当たり50kgで割り切れると言っているが他の姉妹のリアクションからもっと重いと思われる。 水着のイラストから体型は崩れていないので、栄養は胸に行っているのかもしれない。 根に持つタイプで、初対面の際に風太郎に「勉強を教えてほしい」と言ったが断られたことを根に持ち、と同じように彼に冷たい態度を取っていた。 そのため、花火大会で自分たちの関係を問われた際には「100歩譲って赤の他人」と答える程であったが、自分たちに対する頑張りや林間学校で変装したことで取り返しのつかない事態から救ってくれたことで、次第に信頼を寄せるようになる。 彼の妹ののことは最初から気に入っており、彼女の頼み事は断れないことがある。 そのために嫌いな風太郎にメアドを教える羽目になったり、プリクラを一緒に撮ったことがある。 おばけが嫌いで、林間学校の肝試しでとはぐれた際には泣き出してしまった。 今は亡き母親の影響を受けており、みんなの母親代わりをしたり、父親のことで男に対して警戒しているところがある。 今の所、上杉家へ行ったことがあるのは彼女だけである。 家庭の事情は本人から聞いたも知っている。 関連イラスト 余談 五等分の花嫁の公式ツイッターで作中のシーンをセリフだけ変えたコラが発表される。 五月は毎週金曜日に発表されるが、ほとんどがごはんのことばかりである。 では、五月が159cmの標準体重は55. 6kgであると言っているが、自身のことを指しているのかは不明である。 第1回人気投票では3位。 関連タグ 家庭教師 五つ子の姉妹 ネタバレ 2学期の期末試験の勉強中にとケンカしたことで家出するが、財布を忘れた彼女は以前から住所を知っていた風太郎の家に居候することになる。 夜に風太郎と一緒に散歩に出るが、風太郎に「お嬢様には自身の貧乏な生活に耐えれらないのでは?」と指摘される。 すると五月は過去に風太郎たちと負けず劣らずの貧乏な生活をしていたことを明かす。 彼女の父親は自分たちを置いてどこかに消えてしまい、母親が女手一つで五つ子達を養っていたがそれが祟って体調を崩し入院してしまう。 今の父親は再婚した人で作中では顔を見せなかったが、病院の医者であることが分かる。 前述の男を警戒することや母親の代わりを必死に努めようとするところはそれらのことが理由となっている。 なお、会話の最後に雲が晴れて満月が見えるようになった際に冒頭の台詞を呟くも、風太郎からは「やっぱりまだまだ勉強した方がいいな」と返されている。 以下、壮絶なネタバレ!! 「やっぱり...... 、言えない......。 京都のことも...... 」 六巻の42話で再会を果たした、風太郎を助けた少女。 実は五月が変装していたことが79話で完全に判明する 家に帰れないのにどうやって変装道具を持っていたかは不明。 77話で五月が風太郎に「実は私は...... 、もう一つの顔があるのです」と暴露。 しかし風太郎はこれを有名レビュアー「M・A・Y メイ 」であると予想し、途中の四葉の介入もあって正体をバラすのは不発に終わり、五月は風太郎から離れてしまう。 その後、五月は零奈に変装した時に風太郎から半ば奪うように持ち去った京都での、風太郎と少女のツーショット写真を落とし、一花に拾われてしまう 因みに五月自身はそのことに気付いていない。 一花はその写真に何かしら心当たりがあるようだが、こちらは真相が不明である。 そして79話。 風太郎は再び零奈に再会する。 風太郎は誕生日プレゼントのお返しをらいはから催促され、五月の買い物に付き合い、欲しいものを調べようとする。 五月の下着の採寸中、風太郎は四葉に押される形で零奈のことを問い詰められ、しょうがなく話し、らいはから「つまり、お兄ちゃんの初恋の人だよね」と言われ、四葉は激しく動揺。 その後、四葉はらいはと一緒にご飯を食べに行ったので、風太郎がベンチに腰掛けると—— ここで零奈再び。 いつの間にか隣に座っていた。 「君に会いたくて、って言ったらどうする?」と恋愛ゲームのような台詞を言う零奈に風太郎は「こんな事しなくてもいつも会ってるだろ」と五つ子の誰かである事を看破。 「私が五つ子のうち誰か分かるかな?」と挑発めいて言うが、風太郎は「わからん! 早く教えろ」とあっさり考えることを放棄。 零奈は考えようともしない風太郎にショックを受け、更に「楽しい修学旅行にケチをつけるな」と冷たく厄介払いされ、「私のことどうでもよくなったの?」と浮気された妻の如く悲しげにその場を去ってしまう。 そしてそのあとに、試着室でウィッグを取ったことにより、 五月が零奈であることが証明された。 修学旅行当日。 五月は風太郎に零奈との思い出は大切だったことに気づかせようと一緒に行動するように言い、『あなたなら気づいてくれると信じてます』と彼に零奈との思い出を振り返させようとする。 以下、更にネタバレ 実は五月は本物の零奈 写真の子 ではなかった。 現時点の86話では詳しいことは明かされていないが、どうやら本物の写真の子のために自分が影武者となって変装していたようである。 また、その子に対して『やはり言うべきです…。 5年前に会ったのはあなただったと…。 』と言ったり、その子が風太郎に対して恋愛感情を持っていることを知っているため、約束を守れなかったことを理由にこのまま一生自身の気持ちを胸の内に秘めようとしているときは『誰だって幸せになる権利はあるはずです。 』と言ったりして自身の気持ちが素直になるように説得している。 関連記事 親記事.

次の

【五等分の花嫁】12話最終回ネタバレ感想!結婚相手は誰!?【無料動画】

五等分の花嫁いつき可愛いイラスト

『五等分の花嫁』人気投票 さて、そんな『五等分の花嫁』で人気投票結果発表がありました。 いやまて落ち着け。 当然、三玖ちゃんが1位なのだろうが油断は禁物だ。 近年はマイベストヒロインと思っても世間一般の人気との乖離は起きちゃってましたからね。 『ゆらぎ荘』の雲雀ちゃんとか『ぼく勉』のうるかちゃんとか、当たり前のように1番の人気キャラだと思ったら違うんだもんなぁ…。 <関連記事> そういった事があって『五等分の花嫁』の人気投票も不安があったわけです! ドキドキしながら結果を見ました。 たくさんのご応募、ありがとうございました。 風太郎は6位にランクイン! 気になる1位は? 47号発売中! — 週刊少年マガジン公式 shonenmagazine1 !? 1位 三玖(2393票) まじで1位取ってしまった。 1番人気です。 しかも大差のぶっちぎりの1位!これはすなわち正ヒロイン…冒頭の お嫁さんも三玖ということでいいんだろうか。 いいともー!え?五月? まあ、『五等分の花嫁』は五月がどう見ても正ヒロインのように描かれてはいます。 普通に考えれば花嫁も五月と思うでしょう。 ところがどっこい!ここで三玖が一番人気だと証明した意味は大きい。 どうせ五月ENDなんだろと諦めてはいけない。 読者の声が絶対神ともいえる作者の心を動かすことだってあるのだ。 作者といえど人の子。 人気商売の漫画家です。 資本主義社会の歯車なのです。 読者の声を無視することはできない! 読者から三玖エンドを望む声が大きければ、 「そっちの方がいいのかな…?」と気持ちが揺らぐはずなのだ。 そして三玖は人気投票で1位を取った。 つ・ま・り…? やったね!三玖ちゃん大勝利! 二乃の結果について 5位 二乃 1位 三玖(2393票) 2位 四葉(1403票) 3位 五月(1235票) 4位 一花(1170票) 5位 二乃(1003票) さて、1位に関しては納得なんですが5位「二乃」にはおいおい…。 ちょっと待ってくれと。 その結果は無いんじゃないのかと。 二乃が5姉妹で一番下ってどういうことだってばよ? ちなみに自分の中で甲乙をつければ「三玖>二乃>一花>五月>四葉」です。 もう三玖と二乃 両者と結婚したい、もしくは お嫁さんは三玖で愛人は二乃という未来を夢に見てるだけにこの結果はどうなのかなーって思うよ。 投票期間の時期はベストだったんですよ。 人気投票開始は49話掲載時でしたので、ちょうど二乃に風が吹いたところだったし。 それなのに一番人気がないってどういうこっちゃねん! 二乃こそ最も成長してるヒロイン 2話 二乃は可愛かったか可愛くなかったでいえば可愛く無かった。 これは紛れもない事実。 5姉妹それぞれ事情がありましたが、1人だけ冷酷に突き放し消えろとまで言いのけてましたからね。 こんな子は御免だと読者が思うのは仕方ないでしょう。 ラブコメというハートを温めて欲しい作品なのに心が凍ってしまうツンドラ気候のようなヒロインでしたからね。 心が凍死してしまいます。 しかし!しかしである! 寒いツンドラがあってこそツンデレという「デレ」の温もりがあるのです。 暖かさは微塵も無かったが、それは過去です。 なんだかんだで徐々に解凍されていく姿こそ二乃の醍醐味でしょう。 50話 最近の二乃はヒロインとしての成長力には目を見張るものがありました。 大嫌いだった主人公を徐々に受け入れてるというか気持ちが揺れていたのは明らかでした。 冷たいヒャド系呪文しか使えなかったあの二乃がだよ?回を重ねるごとに物凄い勢いで魅力を開花させていき、ついには熱いメラ系呪文を覚えてるわけですよ。 今ではマヒャドと同時にメラゾーマを使いこなしつつある。 そう! 究極の呪文「メドローア」を放てる状態になりつつある。 全てを消し去る破壊力なのです。 それがツンデレなのです。 美味しいツンデレとは農業 これがデレ部分のうま味だよ 一口に「ツンデレ」と言いましても、これがなかなか奥が深いのです。 大きく分けると「天然もの」と「養殖もの」があります。 具体的に言えば、養殖は最初からデレてる状態で素直になれずにツンツンしてしまうヒロインですな。 完成された「ツンデレ」状態で提供されます。 これはこれで美味しいですよ。 でもね、本当に 脂が乗って絶品なのは「天然もの」に限ります。 天然は育てるのがマグロぐらい面倒くさいですからね。 なんたって、最初は「大っ嫌い」からスタートして「大好き」にさせなくてはいけません。 大変なんですよ。 それが二乃なのです。 また、 天然のツンデレというのは農業にも通じてます。 何も無いところから畑を耕して、種をまいて、水をやって、じっくり育つのを待たなくてはいけません。 事実、二乃はここまで育てるのに 59話もかけました。 苦労したからこそ本当に美味しいくなるんですねぇ。 ここまでじっくり育てた 二乃はついに実りの季節を迎えたのです。 いつ収穫するか?今でしょ! 好きよ 感無量である。 フータローに聞こえてたどうかは分かりませんが確かに二乃は「好きよ」と言ったのです。 自分の気持ちに素直になったのです。 じっくり育てた二乃が、ついに 実りの季節を迎えたのです。 あとは収穫して美味しく頂くだけです。 苦労した甲斐あるよ。 めちゃくちゃうめーっす。 「天然ものツンデレ娘」って育てるのが面倒くさいヒロインだけに、四苦八苦してようやく実って、食べ頃になったのすからね。 今、人気投票やればトップに食い込むな!間違いない(確信)。 あの二乃がここまで育ったのかと感動ものですわ。 三玖と二乃の頂上決戦 いやはやそれにしても…。 「三玖VS二乃」はまさに 世紀の一戦と呼ぶに相応しい。 「アントニオ猪木VSジャイアント馬場」「辰吉丈一郎VS薬師寺保栄」「朝青竜VS白鵬」「メッシVSロナウド」「アムロ・レイVSシャア・アズナブル」「矢吹ジョーVS力石徹」「孫悟空VSベジータ」「曹操VS劉備」「武田信玄VS上杉謙信」に勝るとも劣らない頂点の戦いなり。 責任取ってよね これまでの『五等分の花嫁』最強の破壊力といえば 三玖の「責任取ってよね」であることは誰もが認めるところでしょう。 みんな悶絶死しました。 可愛すぎて。 完全に三玖の一人舞台だったと言えます。 しかし、まさかまさかである。 二乃も負けてはいませんでした。 究極呪文「好きよ」で対抗するのであった。 最強のカード切ってきたー!以前の三玖に匹敵するほどの威力ですよ!これは…!インパクト的にも勝るとも劣りません。 好きよ 三玖がギャリック砲クラスの「責任取ってよね」を放てば、二乃は三倍かめはめ波クラスの「好きよ」を放って、両者の波動はまったくの互角!すごい戦いになったものです。 ふぅー。 なんという息をもつかせぬ攻防戦でしょうか。 三玖と二乃の「可愛さ」は天元突破です。 両者一歩も譲らず。 お互いが持てる魅力を存分に発揮し、「いつか見た花嫁」の座を全力で勝ち取りにきてます。 ラブコメ漫画多しと言えども、これほどの名勝負はめったにお目にかかれませんよ。 未来の花嫁!現在空位!.

次の