オール ウェザー ポートフォリオ。 レイ・ダリオのオールウェザーポートフォリオを検討する

レイ・ダリオの「オール・ウェザー(全天候型)」ポートフォリオをシンプルに作る。

オール ウェザー ポートフォリオ

最小分散ポートフォリオと動的資産配分 本書で紹介されていたポートフォリオは「最小分散」「動的試算配分」がポイントです。 最小分散ポートフォリオ 与えられた投資対象の組み合わせの中で、リスクが最も低くなると期待されるポートフォリオのこと。 理論的には効率的フロンティアの最も左端に位置するポートフォリオである。 実証研究において、最小分散ポートフォリオは、時価総額加重インデックスよりリスクが小さく、リターンは同程度か高いという結果が報告されており、リスク抑制を目的とする投資戦略である。 三菱 UFJ信託銀行 用語解説 動的資産配分(ダイナミック・アセット・アロケーション) 市場の均衡を前提に、保有する資産価格の変動に応じて、一定の基準のもとで機動的に資産配分比率を変更する運用手法。 順張り手法は凸戦略、逆張り手法は凹戦略と呼ばれている。 短期のアセット・アロケーション戦略の一つ。 野村證券 証券用語解説集 私は、 その時々において、リスク(資産の振れ幅)が最も小さくなると期待される割合で資産を組み合わせると理解しました。 最小分散とオールウェザー 本書では2010年からのレバレッジETFを用いた運用が紹介されていました。 2010年から2017年までは非常に相場がよく、上り調子だったのでレバレッジETFを利用した運用はすばらしい実績でした。 でも、上げ相場で調子がよいのは当たり前です。 相場がよいときだけ強くても、相場が悪くなったときに致命的なダメージを受けてしまっては意味がありません。 レイ・ダリオのオールウェザーのような安定感が欲しいです。 (わがまま) というわけで、最小分散とオールウェザーを比較してみました。 レバレッジETFは歴史が浅くデータが少ないので、最小分散はレバレッジのかかっていない米国株式(VFINX)と米国長期債(VUSTX)を使用します。 なお、どちらも手数料、税金を考慮していませんので、実際のパフォーマンスはもう少し悪くなりますが、これだけリスクが少ないのであれば、レバレッジをかけたくなりますよね。 もし、手数料と税金がフルにかかるとしたらいったいどんなパフォーマンスになるのでしょうか? 2010年~2018年のパフォーマンス リバランス時に、売却分から20. 315%減算(利益が出ていない場合は減算なし)、手数料はSBI証券の売買額の0. (2010年~2018年)税金・手数料の有無によるパフォーマンスの差についての比較(グラフ) SPXLとTMFの最小分散は、2010年に10,000ドルでスタートし、2018年には11. 46倍になりました。 67倍) やはり少額の場合には手数料の影響でパフォーマンスを落としており、1,000ドルでスタートした場合は8. 46倍、5,000ドルでスタートした場合は11. 02倍のパフォーマンスでした。 2010年からのパフォーマンスでは、手数料と税金を考慮しても、すばらしいパフォーマンスだったと言えると思います。 ただし、先にも述べましたが、いいときにいいのは当たり前です。 市場が不安定だった2018年はどうだったのでしょうか? 2018年のパフォーマンス 悪かったときの状況がみたい(本当はITバブルとかリーマンショックのところが確認出来ればいいのですが)ということで、市場が不安定だった2018年だけ切り取ってみてみます。 そして、こっそり追加してみたレバレッジド・オールウェザー(ROKOHOUSEさん参照 SPXL20:TMF25:IEF25:GSG15:GLD15)よりもよいパフォーマンスでしたね。 ただ、全体としてパフォーマンスが悪かったため、手数料の影響が大きい少額での運用ではマイナスになりました。 (ちなみに3,000ドル以上で運用してればプラスになった計算でした。 ) まとめ 2018年含め、最小分散ポートフォリオの動的資産配分は、これまですばらしいパフォーマンスだったことは間違いありません。 ただ、本書でも述べられているとおり、過去のパフォーマンスは未来のパフォーマンスを保証するものではありません。 それでも今後、どのようなパフォーマンスになるか楽しみでなりませんね。 そこまでいうのに採用しないのかって?昨年末のボーナスはつみたてNISAに突っ込んでしまったので、お試しできる元手がないのです。 笑 特定口座で運用中の資産を切り替えてもよいのですが、あせっても仕方がないので、もう少しよく考えてみようかなと思います。 もし運用することになったら、こちらでお知らせする予定です。

次の

レバレッジド・オールウェザーポートフォリオを紹介する

オール ウェザー ポートフォリオ

レイ・ダリオは、世界最大規模のヘッジファンドである「ブリッジウォーター」の創業者。 ヘッジファンドは通常の投資信託と異なり、どんなマーケット環境でも利益をだすことを目指します。 しかし、レイ・ダリオは、伝統的なポートフォリオ運用では不況の時に大きな損失がでることを知っていました。 そのため、「どんな環境でも高い実績を上げられる資産配分はないか」と探し始めました。 そこで、マーケット環境を1925年までさかのぼり、どんな環境でも高い実績を上げられるポートフォリオ(資産の組み合わせ)を完成。 1996年に低投資額1億ドルの条件を満たす顧客に対して、「オールウェザーファンド」の提供を始めたのです。 他の投資信託やヘッジファンドの多くは、2008年のリーマンショック時に保守的なポートフォリオを組んでいても、大幅な資産価値の減少となりました。 しかし、レイ・ダリオは2008年のリーマンショック時でも利益をだしたのです。 レイ・ダリオは、「想定外の事態に備える」という信念を持っています。 これまで多くの経済危機が起こってきましたが、レイ・ダリオは「次の経済危機は来るのかどうか」ではなく、「襲来時期はいつか」と常に考えているのです。 資産価格変動の4つの季節 レイ・ダリオは、資産価格の変動を4つの経済の季節に分類しています。 インフレの季節• 想定インフレ率より高い• 対応商品 商品取引・金・TIPS(米国物価連動国債) デフレの季節• 想定インフレ率より低い• 対応商品 長期米国債・株式 経済成長の季節• 想定成長より高い• 対応商品 株式・社債・商品取引・金 経済停滞の季節• 想定成長より低い• 対応商品 長期米国債・TIPS(米国物価連動国債) 自然の季節とは違い、経済の季節が訪れる順番は決まっていませんが、季節にあった金融商品は必ず値上がりします。 ただし、どんな商品にも暴落はあり、それを避けることはできません。 経済の季節は4つしかないので、各季節に適した資産を25%ずつ投資してリスクを分散するのです。 そして、レイ・ダリオはこのアプローチを「オールウェザー・ポートフォリオ」と名付けました。 4つの季節のうち、次にどれが訪れるかはわかりません。 しかし、オールウェザー・ポートフォリオを使えば、どの季節がきてもポートフォリオは守られます。 リスクを同量に分けて、どんな経済の季節が来ても利益のでる組み合わせ(ポートフォリオ)を構築するのです。 オール・シーズンズ戦略 レイ・ダリオがオールウェザー・ポートフォリオで対象にしているのは、最低初期投資額1億ドル、投資可能額50億ドル以上の機関投資家。 しかし、資金が少ない個人投資家でも可能な戦略が「オール・シーズンズ戦略」です。 オール・シーズンズ戦略は、「レイ・ダリオの黄金のポートフォリオ」とも呼ばれています。 具体的なポートフォリオは以下の通りです。 株式:30%• 金:5%• 商品取引:5% 債券の比率が55%で株式の比率が30%なので、保守的なポートフォリオに見えます。 しかし、株式の価格変動リスクは債券の3倍あるので、リスクは均等になっています。 さらに、長期国債の比率を高めることで、利回りを高める効果があります。 ただし、ポートフォリオの配分比率を守るために、年に1度はリバランス(資産の再調整)をする必要があります。 金と商品先物はインフレの時に価格が上がりやすい金融商品です。 両方ともボラティリティ(値動き)は大きいものの、インフレ加速時に下落しやすい株式や債券のリスク軽減に役立ちます。 オール・シーズンズ戦略なら、リーマンショックのような金融危機で株式が大きく値下がりしても、債券や金の値上がり益によって損失をカバーし、利益をだせる可能性もあるのです。 つまり、株式のようにリスクの高い金融商品も、別の値動きをする金融商品を組み合わせることで、リスクを下げることができます。 これは通常のポートフォリオ理論と同じ考えですが、オールウェザー・ポートフォリオやオール・シーズンズ戦略は、経済環境がどのようになっても利益をだせるよう考えられているのです。 たとえば、経済が下降している時期には米国債が、インフレが進んでいる時期には商品や金・物価連動国債が上昇します。 株式のパフォーマンスが優れない時期でも、資産を守りながら育てることができるのです。 まとめ レイ・ダリオの「オールウェザー・ポートフォリオ」、「オール・シーズンズ戦略」は、どの経済の季節でも利益を目指すので、幅広い金融商品に分散投資します。 時期によっては、株式のインデックスファンドに投資しておいた方がいい時期もあるでしょう。 しかし、どんな環境でも大きな損失をださずに着実な利益を目指す投資家には、レイ・ダリオの考え方は参考になるのではないでしょうか。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。 Copyright The Motley Fool Japan 2019.

次の

レバレッジド・オールウェザーポートフォリオを紹介する

オール ウェザー ポートフォリオ

セミリタイアをして新規投資をしていないので大幅な下落による一発退場だけは避けなくなてなりません。 それにはできるだけ株式などのリスク資産を減らしすことです。 しかしそうするとリターンを下がるそんなジレンマから偶然発見したのがレイダリオの「オールウェザーポートフォリオ」という考え方です。 参考記事• レイダリオの考え方が書かれた本で大変参考になるので読むことをオススメします。 また色々なサイトで紹介されていたサイトでというサイトが過去のETFのデータからポートフォリオを作ることが出来て大変便利なので活用させてもらいました。 全部英語で書かれていますがそれほど難しくないと思うのでみなさんも活用してください。 滅茶苦茶便利です。 たった三本のETFでレイダリオのオールシーズンポートフォリオを作って過去のデータからリスクとリターンを読み取ってみました。 それではどうぞ。 Contents• オールウェザーシーズンポートフォリオの過去のリスクとリターン レイ・ダリオ氏は経済には四つの季節がありその季節にあった金融商品は必ず値上がりする。 そしてどんな商品も必ず暴落がありそれを避けることは出来ないと訴えています。 レイダリオの唱える四つの季節 季節 概要 対応商品 経済成長 想定成長より高い IVV IAU 経済停滞 想定成長より低い TLT インフレ 想定インフレ率より高い IAU デフレ 想定インフレ率より低い IVV TLT またレイダリオの考える経済の流れを解説している動画もとても参考になるので視聴をオススメします。 この四つの季節に対応する商品として米国の3つのETFを選びました。 04% TLT iシェアーズ 米国国債 20年超 ETF 0. 15% IAU iシェアーズ ゴールド トラストETF 0. 25% ポートフォリオ ポートフォリオはシンプルにIVV40%・TLT40%・IAU20%です。 これはレイダリオが株式は債券の3倍リスクがあると話していること、個人投資家のリスク許容量は自分が思っているよりずっと低いという考えから割合を40%としました。 (レイダリオは更に低く30%となっています。 ) 比べるポートフォリオは IVV100%のポートフォリオと個人投資家に多い株式60%、債券40%のタイプの3つで比較します。 比較する3つのポートフォリオ 運用機関は2005年1月〜2018年8月の12年8ヶ月 投資機関は2005年1月〜2018年8月の12年8ヶ月です。 理由はIAUのリターンのデータが2005年1月からとなっているからです。 3つのポートフォリオのリスクとリターン PF 平均リターン リスク 最大上昇年 最大下落年 最大下落率 IVV100% 9. 04% 13. 59% 32. 3% -37. 02% -50. 78% IVV100% TLT40% 8. 79% 8. 23% 19. 06% -8. 64% -24. 58% IVV40% TLT40% IAU20% 8. 55% 7. 92% 16. 24% -2. 31% -14. 89% このように長期債40%と金20%を入れることにより、ボラティリティーが大きく下がります。 特に注目をするのが大幅下落が抑えられている。 リーマンショック時にIVV単体のポートフォリオが37%の下落の時にたったの0. 21%しか下落をしていません。 (ただしドル建てですので注意してください) 最大下落年は2015年の-2. 31%と驚きのデータです。 大きく下落すると回復に時間がかかる 特に新規積立投資のほとんどない私のような人間は大幅下落は必ず避けなければなりません。 50%暴落したら100%の上昇をしないと元に戻りません。 同様に90%暴落して90%上昇してもたったの19にしかなりません。 90%暴落したら10倍にならないと元に戻らないのです。 このように大幅な下落に直面すると原状回復に時間がかかります。 この10年米国株の成績はとてもいいのですが、リーマンショックの大幅下落を経験しているIVVはその後とても運用成績がいいのですが、運用リターンを長期債や金を入れているポートフォリオを上回るのは2018年の今年になってからです。 運用からみる大切なこと このレイダリオが提唱しているどんな経済の季節にも耐えることができるポートフォリオ「オールシーズン戦略」という考え方ですが、とても重要なヒントを私たちに教えてくれます。 それは リスクが高い商品でも別々に動く商品を組み合わせることによってリスクを下げることができる 例えばリーマンショックにより米国株は暴落しますが、長期債券と金というリスクは高いが株式とは別の動きをすることが多い商品を所有することにより下落を下げることができました。 同様に2013年〜2015年の三年間は金がトータル40%と大暴落をしましたがその間は株式の調子がよかったためトータルリターンの大幅悪化を避けることができています。 勿論この時に金に投資などしなければいいだろうとい考えもありますが結果論に過ぎません。 このように株・長期債券・金と3つのボラティリティーの高くリスクの高い商品ですが、価格が大きく動く局面が違うことが多いので長い目でみるとリスクを避けることができることが多いのです。 私は投資を初めて10年以上経ちますが長い間金投資には否定的な考えでしたが、このインフレ局面に強い商品としての金の役割を考えるようになって金投資も悪くないと思うようになりました。 ただし次の下落局面で金が下がらない保証はどこにもありませんので注意してください。 注意事項としてのこの10年の米国株の環境 ただし比較した3つのポートフォリオに共通する注意事項があります。 それは この10年の米国株式市場の環境がやはり良すぎる! 12年8ヶ月の米国株のボラティリティー、リスクが13. 59%しかありません。 これは長期債券のリスク13%とほぼ同じ金の17. 9%より遥かに小さい。 リスクが低いことはいいことではないか!と思う方もいるでしょうが、過去の歴史から株式のリスクは大体20%ほどと言われています、それを考えるとどう考えても米国株式市場のこの12年のリスクは低すぎます。 バンガードを創設したジョンボーグル氏は本の中で株式には回帰性があり上がりすぎたものは必ず下がり、下がりすぎたものは必ず上がりほどほどの水準になると本の中で何度も話しています。 この本はブログで紹介していないですがとてもオススメです。 そのように考えると今後の米国株式市場が今後もこのようにリスクが少ないままだと考えて投資をすると必ず痛い目に会うと思います。 今後のリターンはどのポートフォリオも大幅に下がると考えるのが妥当だと思います。 (株式のリターンが下げる可能性があるため) もう一つが円高リスクです。 日本人にとって頭が痛いのは円高のリスクです。 リーマンショックのダメージが大きかったのは株安と円高が同時に起こり円建ての下落が米国人より大きなものになったことです。 これは米国株式市場が最も下がった月の円建ての下落率の比較と最も円高の時の下落率の比較です。 2005年1月に1万ドルをIVVに投資をしたと過程した下落率です。 ダウ平均 ドル円相場 ドル建て下落率 円建て下落率 2009年2月 6,777ドル 92円 -34% -42% 2012年1月 12,805ドル 77. ただし次の下落局面で必ず円高になる保証はどこにもないので注意してください。 まとめ cub版オールウェザーポートフォリオ 金や長期債券の株式と別に動く商品を組み入れるのは長期的にポートフォリオのリスクを下げる可能性があるので、今後は金にも一部投資をしていこうと思います。 ポートフォリオの入れ替えは「積立NISA」と「iDeCo」口座を中心に行う。 株式は日本株・先進国株・新興国株を1:1:1とIVVより、より分散投資を行う。 金はIAUとリアルの金を一部所有することにより行う こんな感じでポートフォリオを作っていきます。 金の割合に関しては一割ぐらい入れていいかなと考えています。 今回のように20%入れるのはちょっと悩みますね。 流石に入れすぎのような気がして・・・ その辺は難しいところです。 どうなんでしょうか? それではまた!• 245• 427• 290• 332• 186•

次の