プレミア プロ テロップ。 【Premiere】超効率的!YouToube動画用のテロップ(テキスト)を大量にまとめて作成する方法

Premiere Proテロップ作成方法4選&おすすめチュートリアル動画

プレミア プロ テロップ

暫く作業をしないとやり方を忘れるので自分用メモです! 「文字ツール」で字幕となる文を入力する 事前準備として字幕を付けたい動画をPremiere Proに取り込んでシーケンスを作成しておき、Premiere Pro画面中央の下側にあるツール群から「横書き文字ツール」のアイコンをクリックします。 Premiere Pro画面右上の動画が表示されている部分の適当なところをクリックすると、赤枠の四角形が表示されます。 文字を入力していくと赤枠の中に文字が書き込まれていきます。 ためしに「テロップ書き込み 改行 テスト」と打ち込みました。 文字の入力は終わったので次は設定を色々変更していきます。 ツール群の中から「選択ツール」をクリックしてからテロップの真ん中あたりをクリックして選択状態にしておきます。 テロップの設定変更画面を表示するにはPremiere Pro画面の上にある「エフェクト」をクリックします。 すると画面右上に「エフェクト」「エッセンシャルグラフィックス」などが書かれたウィンドウが新たに開きます。 この中から「エッセンシャルグラフィックス」をクリックするとさらに下に項目が色々表示されるのですぐ下にある「編集」をクリックします。 するとテロップに関係する様々な設定を変更できる画面が表示されます。 ここでは下記画面の赤点線で囲っている箇所をクリックして変更します。 ・整列と変形・・・テロップを画面の一番下側で、真ん中に表示するようにします ・テキスト・・・プルダウンメニューからフォントを選んで変更できます ・中央揃え・・・テキストを変更したところの2行下にあるアイコンでテロップを中央揃えにできます ・アピアランス・・・ここで文字の色などを変更できます。 右側の数値は太さです。 設定を全て行うと下記画面のようなテロップになります。 また、画面中央の下側でテロップを表示する長さを変更できます。 「長方形ツール」で字幕の背景を作成する ここまでで字幕の作成は完了ですが、動画の内容によっては字幕が動画に溶け込んで文字が読みにくいということが起きたりします。 そのため字幕の裏に背景を配置しておくと文字の視認性が上がる可能性があるので、次は背景を作っていきます。 ツール群のペンマークのアイコンの上で 左クリックをしたままにしておくと新たにメニューが開くので「長方形ツール」をクリックします。 とりあえず適当な場所にテロップの大きさより少し大きいくらいの長方形を作成します。 長方形を作成すると「エッセンシャルグラフィックス」の編集画面に「シェイプ~」という行が新たに増えています。 これをクリックしてから「整列と変形」の一番下で長方形の透明度を変更できます。 また文字の設定変更時と同様にアピアランスで背景の色を変えたりできます。 ふたたびツール群から「選択ツール」をクリックすると長方形を移動したり大きさを変更できるので、字幕の背景に合うように位置やサイズを変更します。 これで設定は全て完了です。 この設定を行うことで、字幕の内容を変更しても背景がそれに追従して拡大したり縮小したりしてくれます。 以上です。 一回作った字幕はコピーして貼り付けて文だけ変更すれば流用できるので楽です。 適当なやり方ですが、これでも最初は全然分からなかったので我ながら先が思いやられます・・・コツコツ勉強して他の機能も使えるようになりたいものです。

次の

初心者でも簡単 Premiere Proのテロップ入れを解説|ゴルデザブログ 映像制作とライフスタイル

プレミア プロ テロップ

プレミアプロでテロップを入れる方法 準備 テロップを入れたい場所のクリップに 再生ヘッドを合わせます。 再生ヘッドを合わせたら、左側にあるツールの中の Tアイコンを選択します。 縦書きテロップを入れたい場合は、Tアイコンを長押しすることで変更も可能です。 テロップの文字を入れる プログラムモニターで左クリックして文字を直接画面に入力します。 テロップを入れた時に、四角く文字化けしてしまう時は フォントを日本語に変えると入力できます。 縁やシャドウをつけるとで、動画内のテロップが読みやすくなり、見やすい動画に仕上がります。 シャドウをつける幅は、下のバーを右にずらすと広くなります。 コピーした先の文字を変えて、効率よくテロップを作りましょう。 エッセンシャルグラフィックスを活用する 先ほどテロップの色や縁をつける時に使用した、 ソーステキストは必要最低限の機能だけが備わっています もっと細かくテロップの設定したい場合は、 エッセンシャルグラフィックスを活用しましょう。 図形がテロップの上に重なって見えない場合は、テキストを ドラッグして下にスライドさせるとテロップが見えます。 図形の色や縁はエッセンシャルグラフィックスの[アビアランス]で変更できます。 図形を用いると、このようなテロップも作成可能になります。 テロップのフォントを追加する 最初に変更できるフォントは、パソコンに初めから入っているフォントです。 Adobeには、 無料でフォントを追加することができます。 Adobe Fontsを活用する エッセンシャルグラフィックスを出して、フォントのテキストを開く。 右上に Adobe Fontsを追加するをクリックすると、フォントを追加することができます。 テロップを選ぶ 日本語表示を選択する。 気に入ったフォントを探してください。 テロップをインストールする フォントを アクティベートするを選択するとインストールされます。 インストールしたフォントを使用する 先ほどと同じように、エッセンシャルグラフィックスからフォントを開きます。 クリエイティブクラウドのアイコンを選択すると、Adobe Fontsのみ表示されます。 適用したいフォントをクリックしてください。

次の

プレミアプロ Premiere Proの使い方。文字を入れて動かすアニメーションを入れる

プレミア プロ テロップ

Photoshopでテキストデータを用意• まずはテロップにしたいテキスト改行して並べておきます。 メモ帳等に保存。 Photoshopでテキスト制作。 先程のメモした文字を全てコピペ。 大量生産前に文字に装飾も施して起きます。 色とか縁とか影とか付けたり。 下記のスクリプトをメモ帳に書いて「SplitMultiLine. ファイル>スクリプト>「SplitMultiLine. jsx」を実行。 改行ごとにレイヤー分割されます。 最後に表示したいテロップ位置に整えて、PSDに保存します Premiereでテキストインポート• Premiereを起動、ファイル>読み込みからPSDを選択します。 「個別のレイヤー」で読み込みます。 フォルダの中に各テロップがレイヤー別で読み込まれます。 あとは各テロップをすべて選択して、シーケンスにドラッグ&ドロップすれば一気に配置できます.

次の