生理前に増えた体重いつ戻る。 生理前の体重は増える?それとも減る?体重コントロールの方法を紹介!

生理中の体重

生理前に増えた体重いつ戻る

生理が近づくと、女性の人は太りだすという話を聞いたことや、実際に体験したことがある人も多いのではないでしょうか。 生理前になると、イライラしたり不安になったりすることはよくあります。 食事も量も増えてしまって、食べ過ぎたことにまたイライラしてしまう、、、そんな悪循環に陥ってしまって後悔を繰り返している人もいるはずです。 特にダイエットの時期などはこの生理前の体重の増化が関係して上手くダイエット効果が感じられず以上に食事制限を行ってしまうことなどが原因で生理不順や栄養不足などの問題につながってしまう可能性もあります。 今回は、生理前に太ることについての記事を書いています。 生理前に太るのってどうしてなの!?その詳しい原因やタイミングについて知りたい方や自分が太るのは異常なのだろうかなど、そんな悩みをお持ちの方は是非読んでみてください! この記事の目次• 生理前に太りだす時期について 生理前に太るというのは、よく聞くんだけれど、実際に体に変化があるのっていつくらいからなの?という疑問をお持ちの方も少なくないはずです。 生理は主に、3つの周期から成り立っています。 生理開始の10日前〜生理が始まる時期というのが一番太りやすくなります。 月経前症候群(PMS)の時期 特に生理前の時期には月経前症候群(PMS)という、生理の前の身体のホルモンのバランスの変化などが影響して身体に様々な異常症状が発生する時期があります。 この時期には頭痛や、身体のむくみや下半身のだるさなどの多くの症状に加え体重の増加も発生します。 この症状は生理が始まると徐々に軽減していきます。 この月経前症候群(PMS)の問題は生理前の2週間〜生理開始くらいまでの期間に継続的に発生します。 一般的な人では10日前〜1週間程の期間に発生しやすい問題になります。 この働きは女性ホルモンの増減などが関係し身体に影響を及ぼしている問題と考えられているもので、個人差が大きくあり全く症状のない人も居ます。 症状のひどい場合は症状は多岐にわたり、身体症状を始め、肌症状、精神症状、持病の悪化、血糖値の変化などの多くの問題が引き起こります。 生理前に太る原因について 生理前に太る原因を把握することで、太ることを予防できます。 自分がなぜ生理前に太ってしまうのかを知っておきましょう。 また太ってしまったとしても、一時的に体重が増加してしまっているだけでまた元の状態に戻る問題でもあるということを知っておき冷静に対処していきましょう。 体が様々な成分を溜め込もうと働くため 生理が近づくことで、体の体質が変化して水分や栄養分などを蓄えようと働く体になるために、太る場合があります。 生理が近づくと、ホルモンバランスが変化してしまい、黄体ホルモンの分泌量が一時的に多くなります。 黄体ホルモンの分泌が増えると、生理により起こる出血などで体のエネルギーが不足しないようにと、栄養分や水分を体に溜め込む体質になります。 そのため通常の状態であれば、体外に排出される量よりも、多くの成分が体にプラスされるため、体重が増えることがあります。 また、むくみや便秘を同時に起こすこともあります。 個人差はありますが、平均的に2キロ前後太ることが一般的なようです。 しかし、これは生理前の一時的な現象であるPMS(月経前症候群)であるために、生理が始まると徐々に元の体重やスタイルに戻るので、あまり不安になる必要はありません。 逆にこの時期に痩せてしまうことのほうが身体の機能としては問題なので注意しましょう。 この時期にどんなダイエット方法を行ったとしても食い止めることは難しいことを知っておきましょう。 食欲が促進されるため こちらも、生理前に起きる月経前症候群により、一時的に食欲が旺盛になってしまい、いつもよりも多くの食事量を食べてしまい太ることがあります。 これは、黄体ホルモンである 「プロゲステロン」の分泌が活発になるためです。 これを黄体期と言います。 プロゲステロンが分泌されると、体内の血糖値が低下してしまいます。 そうなると、血糖値を安定させようと体が働くために、 「アドレナリン」の分泌量が多くなり、食欲が増してしまうのです。 アドレナリンには、 食欲促進効果があるためです。 また、月経前症候群により情緒不安定になってしまい、ストレスを感じる人が多くいます。 そのために、甘いものを食べて気分を落ち着かせようとし、ケーキやお菓子などをたくさん食べる人もいるのではないでしょうか。 こういったことが原因で、体重が増加して太ってしまう人は多くいます。 生理前に食欲が旺盛になってしまうことを把握しておけば、我慢できる場合もあるので、食べ過ぎには十分注意しましょう。 もしこの問題で体重が増加してしまっている場合は生理が終わっても落ちない体重の変化になりますので、注意しましょう。 運動不足になるため 生理前になると、集中力の低下ややる気の低下などが現れることが多くあります。 それにより体を動かすのが面倒になってしまい、運動不足になってしまうことも太ってしまう原因になります。 ホルモンバランスの変化により、ただでさえ新陳代謝が低下して、余分な水分や老廃物が溜め込まれている状態になっています。 一時的なものだからといって放置するのではなく、生理前のむくみを避けるために、なるべく体をテキパキと動かして少しでも、無駄なものを体に溜め込まないようにしましょう。 またホルモンのバランスの変化により代謝の低下も引き起こり、体内の水分と塩分のバランスが崩れることでもむくみが引き起こりやすくなります。 代謝が低下すると脂肪分が燃焼されにくくなるので結果的にむくみが発生しやすくなり太ってしまいます。 生理前に太るのを予防する方法 では、太りやすい生理前の時期をなんとかやり過ごす方法を紹介します。 もちろん無理をするのは禁物ですが、自分のできる範囲で予防してみましょう! もし体重が増えてしまっても、生理が終わった時に元の状態に戻るために出来ることや生理中や生理前から始められるむくみ対策などの方法を紹介しますので是非参考にしてみてください。 食事を意識する 生理前の食事を意識することで、体に余計に溜め込んだものをうまく排出できる場合があります。 まずは、食べる方法についてです。 通常であれば、1日3回お腹が空いたら食事を行います。 しかし、生理前の空腹の状態は、食欲が増してついつい食べ過ぎてしまうことが多くあります。 なので、空腹状態を作らないようにするのがポイントになってきます。 難しいかもしれませんが、少ない量の食事を何回かに分けて食べたほうが、食べ過ぎてしまうのを防ぐことができます。 さらに、食べるものも意識してみましょう。 生理前にぜひとも食べたいのが、PMSに有効とされている 「ビタミンB6」水分などの排出を促進する効果のある 「カリウム」セロトニンを作成する 「トリプトファン」の3つの成分です。 (ビタミンB6) にんにく・まぐろ・きな粉・かつお・塩シャケetc• (カリウム) にぼし・するめ・ひじき・のり・ピスタチオetc• (トリプトファン) たらこ・ぶり・ナチュラルチーズ・ゴマetc 以上になります。 これらをバランスよく摂取するようにしてください。 また、甘いもの動物性脂肪の多いものは、脂肪分が多かったり、食欲を促進する効果があるのでなるべく避けるようにしてください。 食事をする際は、噛む回数を意識的に増やしてみましょう。 噛むことで満腹感を感じる満腹中枢を刺激することができます。 運動をする 体のむくみが発生して太る原因にもなります。 むくみを解消するために、運動を行うことも解消法として効果的だといえます。 運動を行うことで、血行を良くし、新陳代謝を高めることができます。 代謝が良ければ、体に余分に溜め込んだ水分や老廃物を排出する力が高まるので、水分による体重増加を防ぐことができます。 また、運動をすることで、PMSの症状を緩和することができます。 ストレスを発散する効果もあるので、イライラして食べ過ぎるのを防ぐ効果も期待できます。 さらに、生理前になると 「セロトニン」の分泌が少なくなってしまうのですが、運動をすることでセロトニンの分泌を促すことができます。 セロトニンが分泌されれば、イライラしたり落ち込んだりすることが少なくなるので、生理前でも落ち着いて生活することができます。 激しい運動は必要ありません。 ジョギングやランニングなどの有酸素運動を、1日30分〜1時間行うだけで十分です。 実際に効果が現れてくると、運動するのが楽しくなってくるはずです!根気強く頑張りましょう。 入浴する 生理前に太るのを防ぐために、シャワーではなくしっかり入浴するという解消法もおすすめです。 入浴をすることで、血行を促進し新陳代謝を高めることができます。 運動の時と同じく、体のむくみを解消するには、入浴をするのが一番効果的なのです。 入浴をしてリラックスをしているときは、手足にたまったむくみを排出しやすくなります。 ふくらはぎやのマッサージなどを積極的に行いましょう。 オススメは、あまり温度を高くせずに、ぬるま湯に長時間浸かるようにすることです。 少しづつ体温を上げることで、副交感神経を優位にできるので、リラックス効果を高めることができます。 むくみの解消方法は、や、に詳しくかいてあるので、読んでみてください。 豆乳ダイエット方法 生理前に起こる月経前症候群(PMS)の溜め込みの問題を防ぐために出来る有効なダイエット方法があります。 生理前にもどうしても体重を増やしたくないと言う人におすすめなのがこの豆乳を使った豆乳ダイエット方法になります。 豆乳には大豆サポニンや大豆イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンに似ている働きをする成分が含まれています。 この成分が身体の女性ホルモンの足りていない働きを補ってくれて、水分量の調整や余計な水分などの蓄えすぎを防いでくれます。 豆乳には無調整豆乳と調製豆乳が存在しますが、若干無調整豆乳がイソフラボンなどの数値は上回っていますが殆ど変わりません。 調整豆乳の方が味が調整されて飲みやすい、無調整豆乳は健康に良さそうな味がするくらいです。 また豆腐などの原材料でもある大豆製品ですのでカロリーも非常に低い点も最適な理由ですね。 飲む量について この豆乳を生理前の体重の変化や体調の変化が起こるタイミングに合わせて1日200ml程の量を目安に飲むと効果があります。 もし便秘などの問題がある場合は合わせて食物繊維を多く含んでいる野菜やイモ類や根菜などを多く食べると腸内のお通じも良くなり更に溜め込みの問題は回避されるでしょう。 大豆類、きなこや豆腐や納豆や豆乳などにも食物繊維は含まれていますがイソフラボンは摂りすぎると乳がんや子宮がんなどの問題を引き起こすことにも繋がるので1日70mg〜75mgの摂取量を超えないように注意しましょう。 生理を利用したダイエットについて 上記で生理の周期について紹介しました。 実は、生理が終わってから次の排卵日が始まるまでの時期は、体が元の状態に戻ろうと働いているために、新陳代謝が活発になダイエットにむいている「痩せやすい時期」だといえます。 この時期に、運動やトレーニングを行うと通常の状態の時よりも高い効果を得ることができます。 ただし無理な食事制限を行うと、体の調子を元に戻せなくなり、負担がかかることがあります。 食事制限でダイエットを行うよりも、運動などの脂肪燃焼をメインとしたダイエットを行うようにしましょう。 女性ホルモンの周期を利用した女性ホルモンダイエットも有効ですのでしっかり身体の仕組みを理解してダイエット方法を行っていきましょう。 その他の生理のトラブルにサプリを 生理のトラブルといえば、肌荒れやイライラなど様々です。 そういったトラブルを改善するために、専門的なサプリメントなどを試してみましょう。 ルナベリーは、女性の生理前症候群(PMS)に特化した商品です。 ビタミンやカルシウム、イソフラボンなど、女性に嬉しい成分を多く配合して生理前のトラブルを抑制する効果が期待できます。 また、120日間の返金保証もあり、何の効果も得られない場合は全額返金されるのも嬉しく、リピート率も非常に高い商品です。 マカってなに?と思う方もいると思います。 マカは南米で使用される野菜の一種で高い栄養成分を含んでおります。 自分に不足している成分を把握して適切なサプリメントを選ぶことが出来るので、ピンポイントで効果を得ることができます。 生理前の症状には個人差があります。 人それぞれのPMSを改善するために開発されたアロマオイルです。 症状に合わせて成分を変更しているので、自分に合ったものを選ぶことができます。 リラックス効果もあり、アロマ好きにはたまらない商品です。 生理に特化したアイテムです。 毎月トラブルに悩んでいたり、症状をなんとかしたいと考えている人はぜひ試してみましょう。 まとめ 生理前に太る原因 ・ホルモンバランスの変化により、体にむくみが発生するため ・食欲旺盛になって、食べ過ぎてしまうため ・運動不足になって、新陳代謝が低下してしまうため 生理前に太るのを防ぐ方法 ・食べ方や食べるものを意識してみる ・運動をして代謝を良くする ・入浴をしてリラックスをする 以上が今回の記事のまとめになります。 生理前に太るのは、月経前症候群が主な原因です。 一時的なものなので心配する必要はありません。 しかし、食べ過ぎてしまった場合の体重増加は、後を引くことになるので、食事のとりすぎには気をつける必要があります。 運動や入浴などを普段の生活に取り入れることで、太るのを防ぐことができるうえに、ストレスを溜めるのを防ぐことができるので、一石二鳥だといえます。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

生理前に太る5つの原因&体重増加の5つの解消方法まとめ【女性ホルモン】

生理前に増えた体重いつ戻る

この記事の目次です• 生理前 体重は増える?減る? 生理前は女性ホルモンの働きによって体重が変動し、その変動分は生理後に戻りやすいため、自身の体重変動について知っておくといいでしょう。 基本的に、 排卵後の妊娠可能な時期に女性は体重が増えやすいです。 これはまさに体が妊娠に備えているがための反応であり、同じものを食べていても吸収率の増加により体重が増えやすいですが、それだけでなく食欲自体も高まるため、いっそう体重が増えてしまうのです。 引用元- 生理前になると、体に水分が溜まりやすくなり、血流も滞りがちになってきます。 血流が悪くなることにより、体の各臓器に十分な栄養分が届きにくくなってくるため、 消化吸収が悪くなってしまうのです。 胃腸の働きが血行不良により悪くなることで、十分な栄養成分を吸収できなくなってしまう為、体重も落ちやすい状態になってきます。 引用元- 体重増加の原因は水分だった?!? 【生理前の体重増加はいつから?】 生理前の体重増加は、ほとんどの方が生理5日前頃 から始まります。 ダイエットしていても、体重の減少が停滞したり、増加 したりし始めます。 そして、生理が始まって3日目頃からまた体重が落ち ていきます。 ただし、この時の体重減少は、生理前に戻ると言うこ とだけですので一概に安心してはいけません。 引用元- 【生理前の体重増加は水分によるもの!】 生理前から生理中は、黄体ホルモンの影響で、あなた のからだが一時的にため込み型になっています。 だから、500g~3kg程度体重が増えることはとても自 然なことです。 この時期に増えた体重は、脂肪ではなくほとんどが水 分ですから、必要以上に気にすることはありません。 ただし、この時期の体重を上手くコントロールしてやれ ば、 生理が終わってからのダイエットを加速させること が出来るようになります。 【生理前に体重が増加するあなたの対策!】 生理の時は、 極端なダイエットは禁物だと言うことは あなたもご存知だと思います。 この時期は私たち女性にとって、特に疲れやすい時期 でもあります。 この時期は体重の減少を望むのではなく、女性ホルモ ンによる影響を、少しでも少なくするよう心掛けることが 必要です。 引用元- 生理前 太らないための対策 ホルモンバランスの変化により、ただでさえ新陳代謝が低下して、余分な水分や老廃物が溜め込まれている状態になっています。 一時的なものだからといって放置するのではなく、生理前のむくみを避けるために、なるべく 体をテキパキと動かして少しでも、無駄なものを体に溜め込まないようにしましょう。 引用元- 生理前の食事を意識することで、体に余計に溜め込んだものをうまく排出できる場合があります。 まずは、食べる方法についてです。 通常であれば、1日3回お腹が空いたら食事を行います。 しかし、生理前の空腹の状態は、食欲が増してついつい食べ過ぎてしまうことが多くあります。 なので、空腹状態を作らないようにするのがポイントになってきます。 難しいかもしれませんが、 少ない量の食事を何回かに分けて食べたほうが、食べ過ぎてしまうのを防ぐことができます。 引用元- 女性を悩ます月経前症候群とは? あなたのまわりに、よくイライラしている女性はいませんか? もし、あなたが男性なら、彼女や奥さん、職場の同僚の女性がイライラしていて困ってしまった経験はありませんか? その女性がイライラしているのは、「PMS(月経前症候群)」という女性特有の症状が原因かもしれません。 引用元- このPMSは、症状があらわれる時期が決まっています。 それは、 生理の3日前から10日くらい前までの間の約1週間ほどの期間。 生理は基本的に毎月きますから、ほとんどの女性が1ヶ月のうち約1週間は、PMSに悩まされているということになります。 では、PMSになると具体的にどんな症状が出るのでしょうか? PMSの症状は、大きく分けると3つあります。 心に影響が出る症状と、身体に影響が出る症状、そして、行動に影響が出る症状です。 1、心に影響が出る症状 イライラする 憂鬱な気持ちになる わけもなく泣きたくなる 孤独感を感じる、など 2、身体に影響が出る症状 肌荒れが起こる 腰痛がある むくみやすくなる 胸が張る 体重が増える、など 3、行動に影響が出る症状 攻撃的になる 怒りっぽくなる 甘いものが食べたくなる 眠気が強くなる 集中力が低下する、など 引用元- 豆乳効果で生理後の体重が減る? 本当は生理前に溜め込んだものを、生理後の痩せやすい時期に排出するので、プラスマイナス0になるはずなのですが、生理中の食欲に負けると、プラスになってしまいます。 ところが、 生理前に豆乳を飲むことで、生理前の水分や栄養素の溜め込みを防ぐことができるのです。 生理が始まったら、豆乳を飲むのをやめましょう。 ポイントは、 生理前の1週間だけ飲むこと。 身体を豆乳に慣れさせないためです。 量は200ml。 豆乳の種類も、とりあえず好きなもので大丈夫です。 これで、生理が来る度に痩せられる!と評判です。 く20分の散歩と鉄分補給 「ウォーキング」なんて、気張らなくて大丈夫。 生理中にもダイエットを続けたいからと、過度な運動をすると、身体に負担がかかってしまいます。 「お腹が空いた!」と思ったら、まずはゆっくり温かいお茶か常温の水を飲み、ゆったりと自宅周辺の散歩をしてみましょう。 気分転換にもなるし、生理中の眠気、イライラも解消できますよ! 外へ出るのが億劫な場合は、軽いストレッチやラジオ体操でも効果があります。 そして、生理中は経血によって貧血になりがちなので、鉄分を補給することを心掛けましょう。 この時期に鉄分などのミネラルを補充しておくと、脂肪が燃えやすくなり、生理後の体重減少しやすい時期にスムーズに体重が減ってくれますよ。 生理前のせいでめっちゃ寝るしお腹減るしずっと口寂しいし体重増えるし肩こるし立ち眩みしっぱなしだし頭回らんし謎の不安感のビックウェーブでちょっとハゲそう。 嬉しいけど大丈夫なんかなwww — さあちゃん 382Team あと生理前に豆乳飲むやつはほんまに痩せる! 原理知らんけど体重は減る笑 でもまあ、説得力ないからもっと頑張らないと。 せめて5SOSのライブまでに! — マドチャン。 つらい。 はやく消えろおおう。 〔diet! 〕 N21Naco.

次の

生理前に太る3つの原因とは?いつから太りだすの?

生理前に増えた体重いつ戻る

はっきり言って生理前はホルモンの関係上、水分などを溜め込もうとするのでむくみやすく、体重は増えますよ。 逆に生理が始まると、体重は減ります。 個人差はあると思いますが1~3kgの変動は問題ありません。 ダイエット中と書かれていますが、誰でも最初は順調よく体重が減っていたのに、急に減らなくなったり、逆に少々増えたりします。 これを停滞期といいます。 摂取カロリーを落としていたのに体が慣れて、低いカロリーで身体を維持しようとしちゃうんです。 そこで減らないからといって食べちゃうと、すぐに元に戻ってしまいますから要注意です。 停滞期をすぎれば、また体重は落ちていきますから、ぐっと我慢して乗り切るしかありません。 食事制限だけじゃなく、筋肉を付けて基礎代謝をあげるのも、ダイエットにはいいですよ。 基礎代謝をあげれば、リバウンドもしにくくなりますから。 筋肉をつけるといってもハードな運動ではなく、ゆっくりな運動でもいいんです。 ストレッチや、ヨガみたいなもので、深層筋肉(体の奥にある筋肉)を鍛えてください。 ダイエットは短期間で落ちたものは、短期間で元に戻る可能性がありますので、ストレスを溜め込まず、気長に楽しくやってください。 頑張ってください 女性は生理周期によって体重が増減します。 毎朝体温を測っていると、排卵日がわかります。 基礎体温が低温期から高温期に変わるときがありますが、このときが排卵が起こったときです。 排卵が起こると、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されて子宮内が卵子の着床に適した状態になります。 プロゲステロンには体温を上昇させる作用があるために、このとき体温が上昇します。 排卵から生理までの間は子宮内膜に体液が貯留されるので、浮腫みと体重増加があります。 この時期には無理に体重を減らしても、あまり効果が出ません。 体重増がありますが、これは女性の体の当然の働きなので、やけにならずに、いつもの同じようにダイエットを継続することが大切です。 生理が始まると、子宮内膜が剥がれ、血液が喪失します。 次の排卵までの2週間は、貯留されていた水分が減るので体重が落ちやすくなります。 生理前にあきらめないでダイエットを続けた結果が、この期間に報われます。 一般に、月経周期による体重変動は1~2Kg程度です。 Q 2日間の食べ過ぎで体重3. 4kg増。 5日経過しても1kgしか減らないのはなぜ? おはようございます。 体重が戻らなく混乱しており書き込み致します。 よろしくお願いします。 私は男性で半年前からダイエットをして15kgぐらい落としました。 これまでは多少の体重増減はありましたが、ほぼ順調に月3kg程度落としてきました。 しかし、先日の土日に急に食欲が出てきてしまい、2日間だけドカ食いをしてしまいました。 ざっと計算したところ2日間で8000kcalぐらい取ってしまいました。 揚げもの、ご飯(炭水化物)、菓子パンなどです。 後悔しています。 この2日間の食べ過ぎで月曜日の体重は、3. 4kg増。 便を出せば元に戻るだろうと思って、その後はまたいつものカロリー減の食事に戻し生活をしていますが 5日経過しても1kgしか減りません。 あと2. 4kgがとてつもなく遠いです。 毎日便も出ていますし量もこれまで通りです。 運動もしていますし、お腹も2. 4kg太ったという感じではありません(むしろ一番やせていたときと同じ感じ?) もしかした1度のドカ食いですべて脂肪になってしまったのでしょうか?だからなかなか落ちないのでしょうか。 2日間の食べ過ぎで体重3. 4kg増。 5日経過しても1kgしか減らないのはなぜ? おはようございます。 体重が戻らなく混乱しており書き込み致します。 よろしくお願いします。 私は男性で半年前からダイエットをして15kgぐらい落としました。 これまでは多少の体重増減はありましたが、ほぼ順調に月3kg程度落としてきました。 しかし、先日の土日に急に食欲が出てきてしまい、2日間だけドカ食いをしてしまいました。 ざっと計算したところ2日間で8000kcalぐらい取ってしまいました。 揚げもの、ご飯(炭水化物... A ベストアンサー 全然大丈夫ですよ。 炭水化物はグリコーゲンとして蓄えられます。 その際、保水もしますので体重は増えますが、実際体脂肪はたいして増えていません。 じゃぁどれくらい増えているかといいますと。 これを脂肪に換算すると400gちょいくらいですね。 筋トレやってたり、普段炭水化物を控えてるような食事をやってらっしゃるのなら、実際脂肪になってるのはこの半分くらいだと思いますよ。 つまりトータル1500kcal程のマイナスを数日で設ければすぐに元に戻ります。 楽勝ですね。 筋トレしてなくても実際400gも蓄えられてないです。 普通食べすぎた日は摂取カロリーから目をそむけたくなるものですが、しっかり計算されているところから、今のやり方を継続して問題ないと思います。 元の身長・体重わかりませんが、半年かけて15kg落としたってたいしたもんです。 その努力が数日の爆食で無駄にはなりませんよ。 逆に言えば、半年爆食してる人間が二日間食事管理をしたところで体型は変わらないでしょう? それと一緒です。 ちなみにカロリーオーバーした際 炭水化物・・・グリコーゲン補充や代謝に使われる。 脂肪への変換も効率が悪い。 タンパク質・・・主に代謝に使われる 脂肪・・・主に体脂肪として蓄えられる です。 私も今減量中です。 頑張りましょう。 全然大丈夫ですよ。 炭水化物はグリコーゲンとして蓄えられます。 その際、保水もしますので体重は増えますが、実際体脂肪はたいして増えていません。 じゃぁどれくらい増えているかといいますと。 これを脂肪に換算すると400gちょいくらいですね。 筋トレやってたり、普段炭水化物を控えてるような食事をやってらっしゃるのなら、実際脂肪になってるのはこの半分くらいだと思いますよ。 つまりトータル1500kcal程のマイナスを数日... A ベストアンサー 専門家ではありませんので、そのつもりでお読みくださいね。 まず、質問者さんの生理前体重増加は、暴食のせいではないような気がします。 生理前は、足がむくんだり乳房が張ったりします。 体が水分をためこもうとしているのですね。 このむくみや張りが、体重増加という形になっているのです。 生理が始まるとむくみは自然解消しますから、体重も元に戻るわけです。 質問者さんも生理が始まれば体重は元に戻るとのことですから、生理前の体重増加はほとんどむくみや張りのせいで、食べて太っているわけではなさそうです。 食べて太ったのなら、生理が始まっても体重は元に戻らないはずです。 この、体が水をためこむ期間は、質問者さんの食欲が増す期間と同じです。 生理前10日前後。 排卵の後のホルモンの変化によるもののようです。 排卵から生理までは2週間前後ですが、質問者さんの場合は排卵後数日してからホルモン変化の影響がはっきり現れて食欲が増しているのでしょうね。 そして、ここが重要なのですが、排卵から生理までの期間は、2週間前後と決まっているのです。 黄体機能不全で短くなることはあっても、10日間も長くなることはないと思います。 排卵だけして生理が来ないなどということは普通あり得ず、排卵すれば必ず2週間前後で生理が来ます。 (「ストレスで生理が止まる」とよく言いますが、あれはストレスで排卵が止まったので生理も止まっているのです。 ストレスで生理が止まったけど排卵はある、というのはありません。 ) ちょっと説明がくどくなってしまいましたが、おわかりいただけるでしょうか。 排卵から生理までは、必ず2週間前後なのです。 ですから、現在質問者さんの生理が10日間遅れているのなら排卵も10日間遅れていたはずなのです。 つまり質問者さんの食欲が増すのも10日間遅れていたはずなのです。 でも質問者さんはいつもどおり生理予定日の1週間以上前から食欲が増していた。 そこが、変なのです。 可能性1 妊娠しているのでは? 排卵はあったのに生理が来ない・・・そう聞けば普通は妊娠を疑います。 可能性2 妊娠の可能性がないのなら、もしかしたら質問者さんの年齢は、30代後半以上でしょうか? それくらいの年齢になると排卵や生理が乱れてきますから、排卵したのに生理は来ない、ということもあるようです。 可能性3 妊娠の可能性もないし、年齢もそこまでいっていない、とおっしゃるのでしたら、 今回生理予定日前にいつものように食欲が増してしまったのは、質問者さんのカン違い。 つまり、「もうすぐ生理だ」と思ったために、食欲が増しているように感じてしまった。 (本当の生理は遅れているので、実はまだ排卵していないから食欲が増す期間には入っていない。 ) 以上三つの可能性ぐらいしか考えられないのですが・・・。 可能性1でしたら、体重戻る戻らないなんて言ってる場合じゃありませんね。 早く確認してみてくださいね。 可能性2・3の場合は、排卵後の一時的なむくみや張りによる体重増加ではないため、残念ながら次に生理が始まってもやせることはないと思います。 こんな回答しかできませんけど、お役に立てればいいのですが。 専門家ではありませんので、そのつもりでお読みくださいね。 まず、質問者さんの生理前体重増加は、暴食のせいではないような気がします。 生理前は、足がむくんだり乳房が張ったりします。 体が水分をためこもうとしているのですね。 このむくみや張りが、体重増加という形になっているのです。 生理が始まるとむくみは自然解消しますから、体重も元に戻るわけです。 質問者さんも生理が始まれば体重は元に戻るとのことですから、生理前の体重増加はほとんどむくみや張りのせいで、食べて太っているわけ... Q こんばんは。 ダイエットをしようと思い、ウォーキングを始めました。 毎日30分程度のウォーキング(+ダンベルなど少々)をするようになって、 2週間以上たちますが、体重もサイズも全然変わりません…。 食事は今までと変わっていないので、運動量が増えた分、痩せると思うんですが… (ちなみにここ2年ほど、体重の増減は殆どありませんでした。 ダイエット目的でウォーキングをしている方、どれくらいで効果が出てきましたか? 2週間程度じゃ、やっぱりまだまだこれからですか? A ベストアンサー 1年前、6kmを60分くらいかけて毎日歩き、2ヶ月で10kg強痩せました。 最初は痩せない…というか、体重は落ちにくいようです。 というのは、脂肪が減るかわりに筋肉がつくから。 筋肉は重いので体重はかわらない時期があるけど、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるので痩せやすい体になるそうです。。 わたしも体重はかわらないけど、体はしまってきた!という時期がありました。 特におなかとか、あごとか、普段タプっとしてるところが、スッキリしはじめたのはやはり2~3週間くらいからでしょうか。 2ヶ月目からはおもしろいように体重も落ちました。 narumi27さんのおっしゃる「サイズ」ってどこですか? 有酸素運動 ウォーキング と、筋トレを組みあわせて行なうと、効率よく筋肉にかわるそうです。 ウォーキングの後にダンベル体操、というのは理想だそうで、この時1杯牛乳を飲むとタンパク質がとれていいみたい。 欲を言えば、ウォーキングは歩きはじめて15~20分で脂肪燃焼しはじめるらしいので、もう少し時間を長めにするといいかも。 最初は痩せない…というか、体重は落ちにくいようです。 というのは、脂肪が減るかわりに筋肉がつくから。 筋肉は重いので体重はかわらない時期があるけど、筋肉がつくと基礎代謝量が増えるので痩せやすい体になるそうです。。 わたしも体重はかわらないけど、体はしまってきた!という時期がありました。 特におなかとか、あごとか、普段タプっとしてるところが、スッキリしはじめたのはやはり2~3週間くらいからでしょうか。 2ヶ月目か... A ベストアンサー こんにちわ、生理って本当に厄介ですよね。 毎月同じ周期で体重増加があればホルモンだと思います。 専門家では無いので詳しくは説明出来ませんが以前私も調べた事がありました。 私も排卵前から体重が増えますよ。 排卵日から生理が始まるまで体重増加です。 生理が終わり近くから足のむくみで体重増加です。 その後1週間はむくみも治まり体重が元に戻ります。 戻ったと喜んでいたらまた排卵日近くから体重増加です。 毎月この繰り返しです。 (涙 ですので体重が元に戻る期間は7日~10日位です。 bboさんも「生理開始後10日くらいから体重が増えているように思います。 」と書かれていますので10日位なんですね。 排卵日は大切な日なので身体の中で「おお~赤ちゃんが出来るよ。 栄養を貯めておこう。 」って思うらしいです。 整理中は「大変だ、赤ちゃんが出来たぞ~~。 赤ちゃんの為に栄養分、水分消費は最小限に。。。 」って、、、。 そう言う様に身体が出来てるらしいです。 ですが、この先一生この周期が続く訳では無いですよ。 何かしらの切欠でまたホルモンバランスは変わります。 出産とか、仕事が変わったとか、運動初めたとかで、、。 参考になるか分かりませんが、もし参考になればと思っています。 こんにちわ、生理って本当に厄介ですよね。 毎月同じ周期で体重増加があればホルモンだと思います。 専門家では無いので詳しくは説明出来ませんが以前私も調べた事がありました。 私も排卵前から体重が増えますよ。 排卵日から生理が始まるまで体重増加です。 生理が終わり近くから足のむくみで体重増加です。 その後1週間はむくみも治まり体重が元に戻ります。 戻ったと喜んでいたらまた排卵日近くから体重増加です。 毎月この繰り返しです。 (涙 ですので体重が元に戻る期間は7日~10日位です。 bbo... A ベストアンサー 私は体脂肪計で毎朝基礎代謝をはかり、基礎代謝以上で基礎代謝の1. 3倍を超えない範囲で食べています。 ウェブサイトの基礎代謝は正確でありませんが、家庭用体脂肪計の基礎代謝はかなり正確です。 基礎代謝を摂取カロリーの目安にすると、最低限度の栄養が摂れるので健康的に痩せられます。 また、基礎代謝は体重に比例して低下しますが、基礎代謝を目標カロリーにしていると、停滞が起こらず確実に痩せられます。 厚生労働省の定義で推奨量とは国民の97~98%の人の栄養を満たす必要摂取量ですから、この量を食べると、国民の97~98%の人が実は肥満してしまいます。 2000Kcalも食べると、よほど運動しないかぎり肥満すると思います。 女性の基礎代謝は1100~1200Kcalですから、ダイエットのためには、1200Kcalを目標に食べ、どんなときでも1800Kcalを超えない範囲で食べなければ痩せられません。 私は体脂肪計で毎朝基礎代謝をはかり、基礎代謝以上で基礎代謝の1. 3倍を超えない範囲で食べています。 ウェブサイトの基礎代謝は正確でありませんが、家庭用体脂肪計の基礎代謝はかなり正確です。 基礎代謝を摂取カロリーの目安にすると、最低限度の栄養が摂れるので健康的に痩せられます。 また、基礎代謝は体重に比例して低下しますが、基礎代謝を目標カロリーにしていると、停滞が起こらず確実に痩せられます。 Q こんばんは。 お世話になってます。 ここ1年で、ストレスによる過食で10キロ太ってしまいました。 そこで皆さんにお聞きしたいのですが、10キロの増減で人ってどのくらい変わりますか? 「彼女が10キロ太って別人のように醜くなった」 「ダイエットで10キロやせてモテた」 など、具体的にどんな変化があるのか知りたいです。 自分を客観的に見るのが苦手で、絶対前とは違うんですけど変わらないかも?とか思ってしまっています。 こんな自分に喝を入れるためにも現実を知りたいです。 皆様のご回答をお待ちしております。 よろしくお願いします! A ベストアンサー 165cmで68kgあった体重を54kgに落としました(私はオジサンです)。 あれから7年経ちますが、ずっと減量した体重を維持しています。 毎日スポーツジムで体重を測っていますが、昨日は53. 5kgでした。 10kg減量した頃から世界は一変します。 久しぶりに会った人からは、大病でもしたのか、と言われるほどです。 まず、体が軽くなってよく動けます(動くことが苦になりません)。 以前は体を動かすとワイシャツがズボンからはみ出しましたが、いまは少々動いてもシャツやズボンは体にピッタリの状態が維持できています。 体つきも変わります。 体が細身になっただけではなく(ベルトサイズが88cmから73cmになっています)、二重あごがなくなってとてもスッキリした顔立ちになりました。 二重まぶたが三重まぶたみたいになりましたし、声帯まで痩せて(耳鼻咽喉科で胃カメラで確認しました)ハスキーなしわがれ声に声変わりしています(この点は声が聞き取りにくいとの理由で家族にはとても不評です)。 健康面でもよいことずくめです。 健康診断に行くと以前は生活習慣病にかかわる検査項目でたくさんひっかかり、E(要精密検査)判定が山のように出ましたが、14kg減量した今はほとんど良好な状態に快復しています。 脂肪肝であったり糖尿病予備軍だったのが、そこから抜け出ました。 まず、全身にわたってシワや皮膚の弛みが目立ち、顔は一気に10歳ほど老けた感じになります。 基礎代謝量も落ち、以前は冬でも寒さ知らずだったのが(夏は大汗かきでした)いまは夏でもそれほど暑いとは思わず、逆に冬は足や手の指先が凍えます(以前は手足が冷えると言う人のことを理解できませんでしたが、いまは身を以って分かります)。 以前の着物は全部ダメになり(ブカブカで見っとも無い状態になるので)多くの背広も含めて全部捨て、買い直しました。 大損です。 でも、太っていた以前はどんな高級で格好いいはずの服を買っても着ると似合いませんでしたが、痩せた今はどんなに安物の服を着ても似合い、とても格好よく見えます(周りからそう言われます)。 食べる量も減りましたので、食費も助かっていますよ。 165cmで68kgあった体重を54kgに落としました(私はオジサンです)。 あれから7年経ちますが、ずっと減量した体重を維持しています。 毎日スポーツジムで体重を測っていますが、昨日は53. 5kgでした。 10kg減量した頃から世界は一変します。 久しぶりに会った人からは、大病でもしたのか、と言われるほどです。 まず、体が軽くなってよく動けます(動くことが苦になりません)。 以前は体を動かすとワイシャツがズボンからはみ出しましたが、いまは少々動いてもシャツやズボンは体にピッタリの状態が維持できていま...

次の