ディミング ターン シグナル。 なんちゃって現代用語(40)

なんちゃって現代用語(40)

ディミング ターン シグナル

人物 [ ] には・バンド『』のとしてに劇場的効果を導入し、奇抜な(衣装やメイク)でので一躍有名となる。 ソロ活動を開始してからはの普及に精力を尽くすとともに、自らの音楽にも大胆に取り入れてきた。 また、技術革新を生かした創作活動にも積極的に取り組んでいる。 かなりの寡作家としても知られており、以降はアルバム発表のインターバルが長くなっている。 等の企画盤の制作依頼や、様々なイベント参加もその要因である。 一方、ジェネシス再結成の噂は幾度となく取り沙汰されてきたが、に発表された再結成ツアーには不参加となった。 日本における音源リリースの名義表記は(ジェネシス時代から)一貫して本項表題の「ピーター・ ガブリエル」で、日本独自の「ピーガブ」という省略呼称を使うファンも存在するほど 浸透している [ ]が、はかつてコラムを連載していた『』誌上で「原音は ガブリエルではなく ゲイブリエルのほうが近いのだから、表記もそうするべき」と提言 [ ]。 同誌はそれ以降、まで表記を「ゲイブリエル」で統一した [ ]。 また、これ以降、他の音楽雑誌で特集が組まれる際も「ピーター・ゲイブリエル」と表記されるケースが増えた。 本人も「日本でのみガブリエルと呼ばれている」と苦笑している [ ]。 来歴 [ ] 幼少期からデビューまで [ ] ・のウォーキング近郊のチョバムで、発明好きの電気技師の父の元に生まれた。 サリーにを持つなど比較的裕福であった一家は、ガブリエルをに入れ寄宿舎生活を送らせたが、そこでの旧式で厳格な生活様式はガブリエルにとって染まないものであった。 を叩くことに精神的活路を見出した彼は、 The Spoken World、 David Thomas Band、 The Garden Wallといったバンドを経て、にパブリック・スクールの仲間である、、、等と共にロック・バンド、 ( Genesis)を結成する。 ガブリエルは、後にや等が在籍することになるバンドのとして中心的な役割を果たした。 ジェネシス在籍時 [ ] ジェネシス時代 1974年 、10代にしてプロデビューを果たしたジェネシスは、2作目のアルバム『侵入』(1970年)以降、当時隆盛期を迎えつつあったの有力バンドの一つとして諸国で名声を得ていった。 ガブリエルがジェネシスの音楽を視覚化するために、発表のアルバム『』の楽曲から取り入れ始めたというライヴでの奇抜な衣装やメイク、そして演劇性を取り入れたステージングは大きな注目を集めた。 ジェネシスのフロントマンとしてバンドの主導権を握っていくが、あまりに強烈な個性のため、 他のメンバーはあまり快くは思っていなかった [ ]。 発表のアルバム『』に至っては、 ガブリエルが全面的に主導権を握り [ ]、ストーリー性の高い 難解な [ ]を作り出している。 ソロ・キャリア [ ] 1980年代 1986年 、音楽性及びプライベートな理由(結婚や出産など)でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。 その後、にソロ・アーティストとして活動を再開した。 ソロ・アルバムはや、等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。 『III』(1980年)や『IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新やの導入によって独自の音楽世界を構築した。 特にの民族運動家、のことを歌った『III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。 ポップスの要素を取り入れたのアルバム『』は世界的ヒットを記録。 1に輝いた。 ピーターにとって、これが唯一の全米No. 1となった。 の制作にも関わっており、1980年代には『』(1984年)と『』(1989年)の2枚のアルバムを発表している。 にはそれまでのキャリアを総括する『』を発売。 、6年振りのオリジナル・アルバム『』を発表。 『Us』発表後に行われたの「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のをに起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。 また、 初の来日公演 [ ]を日本武道館で行っている。 そのツアーの模様はやビデオ(現在は版)で発売されている。 にはイベントのサウンドトラック・アルバム『』、には映画『』のサウンドトラック『LONG WALK HOME』を制作している。 に久々の新作『』を発表。 その後、2本のワールドツアー「グローイング・アップ・ツアー」と「スティル・グローイング・アップ・ツアー」を開催している。 のの開会式では、のスピーチを引き継いでの「」を披露した。 、『』の主題歌「」を発表。 第66回主題歌賞と第81回歌曲賞にノミネートされ、第51回では最優秀歌曲賞(映画・テレビ部門)を受賞した。 、ジェネシス名義で『』入り。 8年ぶりのスタジオ・アルバムとなるカバー・アルバム『』をリリース。 、自身の楽曲にオーケストラ・アレンジを施した集『』をリリース。 、ソロ名義で『ロックの殿堂』入り。 「」も参照 に傾倒していることでも知られ、以来、「」( WOMAD, World of Music, Arts and Dance)フェスティバルを主宰し、ワールドミュージックの普及に貢献している。 現在では、世界最大規模のワールドミュージック・フェスティバルとして知られている。 さらにボックスにリアル・ワールド・スタジオを建設すると共に、にはワールドミュージックのレーベル、を立ち上げている。 これらの活動によって、、等のやの多くのミュージシャンをヨーロッパ世界に紹介するのに大きな役割を果たしたが、商業的には大失敗して大赤字であった。 また、音楽の他にもなど最新の技術を取り入れた創作活動に興味を持っていたガブリエルは、製作にも積極的で、そこに曲の宣伝目的以上の芸術的価値を見出していた。 とりわけ コマ取り [ ]のを多用して作られた前述の「スレッジハンマー」(監督)のプロモーション・ビデオは大きな評判を呼び、のミュージック・ビデオ・アワーズのベストビデオに選ばれている。 同じ年には、メディアアートの世界的祭典であるにおいてコンピュータ・ミュージック部門で最初のゴールデン・ニカ賞(グランプリ)を受賞している。 には として公開されたマルチメディア作品『エクスプローラ1』を、には『イヴ』を発表した。 その他にも、いち早くオンデマンドの音楽配信会社「OD2」の設立に加わったり、でプレイリストを自動作成するためのアプリケーション「The Filter」の開発に携わるなど、新しい技術にも率先して関り続けている。 活動にも積極的に携わっており、には支援のいくつかのコンサートに率先して参加したほか、にはビデオと通信メディアを利用して人権侵害を監視しようというWITNESSプロジェクトを人権基金と共に設立している。 には、デジタル時代におけるミュージシャンの立場を守るための組合『MUDDA』をと共に立ち上げている。 日本公演 [ ]• JAPAN AID 主催、公認のチャリティー・イベント 1986年12月20日、21日 -• A CONCERT FOR HUMAN RIGHTS NOW! 国際人権団体主催のチャリティー・イベント 1988年9月27日 -• これまでの発表曲のインスト・バージョンが収録されている。 Passion 29位 60位 Gold 監督の映画『』のサントラ盤。 リアル・ワールド・レーベルの第1作となった。 OVO 24位 - 2000年にので行われたショーのサントラ盤。 Long Walk Home: Music from the Rabbit-Proof Fence - - 監督の映画『』のサントラ盤。 映像作品 [ ] 発売 タイトル 備考 CV CV 『So』の楽曲を中心とした集。 POV POV 1987年の『So』ツアーの模様を収録したビデオ作品。 未DVD化。 Secret World Live - に開催された「Secret World Tour」の模様を収録。 Growing Up Live - 2003年に開催された「Growing Up Tour」の模様を収録。 ライヴ・イン・アテネ1987 Live in Athens 1987 『POV』の増補盤。 『So』発売翌年、1987年に開催されたツアーの模様を収録。 Back to Front: Live in London 2013年10月21日、22日、「Back to Front Tour」からにあるでのライブの模様を収録。 ジェネシス [ ] 詳しくは「」を参照• 『』 - From Genesis to Revelation 1969年• 『』 - Trespass 1970年• 『』 - Nursery Cryme 1971年• 『』 - Foxtrot 1972年• 『』 - Selling England By The Pound 1973年• 『ライヴ』 - Genesis Live 1973年• 『』 - The Lamb Lies Down On Broadway 1974年 関連人物 [ ]• 脚注 [ ].

次の

流れるウィンカーはダサい?次に流行るのはマツダの鼓動ウィンカー(え、ナニソレ?)

ディミング ターン シグナル

機能一つ一つから人馬一体 読んでいて気になったのは、いろいろ考えているんだなぁと。 マツダの中の人はみんなロマンチストなのか?とも(笑)。 シグナルひとつをとっても、マツダの魂動デザインにつながるような生命感を持たせたい• まるでクルマが生きているような、そんなターンシグナルを作り出したかった• 世界中の様々な法規に対応することが必要で、周囲の安全への配慮なども満たさねばならない• 法規を満たすもの、さらに人間工学的にもきちんと人の反応速度に対応できるもの、そして誰が見ても心地いいもの• ライトの光らせ方を0. 01秒単位で何度も何度もチューニング• ターンシグナルひとつにもその思いを込めることで、人馬一体をさらに実現できると考える 公式ブログの記事では、ディミングターンシグナルが他の車種にも展開されるのかには言及されていません。 「CX-30から初採用」ということは、順次横展開されるという解釈であっているのかな? 通称「コドウ ウィンカー」と呼んでいますが、コドウは、鼓動?それとも魂動? どちらピッタリ?.

次の

CX

ディミング ターン シグナル

いまやすっかりマツダの看板シリーズになったクロスオーバーSUV。 その最新モデルがCX-30だ。 ポジション的には「CX-5」と「CX-3」のあいだ。 屋根の低いマツダ車との関係では「マツダ3」格のSUVということになる。 3車のボディーサイズを書き出してみると、このようになる。 逆にCX-3はイメージよりかなり小さい。 デザインの統一性が高いためか、またSUVを増やすの!? と感じさせなくもないCX-30だが、マツダSUVシリーズの新顔として、ちゃんとサイズ的な必然性があったわけである。 パワートレインは1. 5リッターがないことを除いてマツダ3と同じ。 すなわち2リッターガソリンが2種類と、1. 8リッターディーゼルである。 今回試乗したのはディーゼルの「XD Lパッケージ」の4WD(330万5500円)。 ちなみに同じクリーンディーゼルを搭載したマツダ3の同級グレードは320万9555円。 ついついCX-30に手が伸びてしまいそうな価格設定といえる。 「美しく走る」という広告コピーでもおなじみのCX-30は、ビジュアル系のエクステリアが大きなセールスポイントである。 冬のギラッとした日差しの下、ソウルレッドのボディーを観察すると、リアフェンダーの面の張りが美しい。 微妙な3次曲面がもたらすドアの映り込みも格別だ。 Kカメラマンがいつになく激写している。 細部の仕上げも見もので、例えばワイパーが収まるボンネット終端部のパネルはネコの耳のように薄く見える。 これだって大量生産の金型から生まれていることには違いないが、そう感じさせない手づくりの逸品感が随所にある。 跳ね石などでちっちゃなエクボひとつできても悲しいだろうなあ、なんてやっかみしか思い浮かばない美ボディーである。 Lパッケージということもあり、インテリアもきれいで上質だ。 ドア内張りやダッシュボードのフェイクレザーは本物っぽく見えるし、ステアリングやATセレクターのリアルレザーは手触りがいい。 使ってナンボのSUVにこのほうがいいのかどうかは考え方だろうが、レザー感の高い室内だ。 一方、これだけデザインに重きを置いたボディーだから、リアシートや荷室はとくべつ広いわけではない。 その点でもCX-3とCX-5の中間である。 ノーズの長いプロポーションはマツダ3に通じるが、サイドウィンドウは後ろまで広くとられているため、3の「ファストバック」のように、昔の「日産チェリーX-1クーペ」並みに斜め後方が見えないということはない。 ディーゼルのCX-30はゆったりした走りの中型SUVである。 最高出力116PS、最大トルク270N・mの1. 8リッターディーゼルターボは、マツダ3やCX-3に搭載されているものと発生回転数などのチューニングも含めて同じである。 だが、1530kgの車重はマツダ3のXD Lパッケージより60kg重い。 「マツダ2」ベースのCX-3比だと160kgも重い。 当然、動力性能にパンチは感じない。 しかも今回、試乗に同道したのは1リッターコンパクトSUVの「トヨタ・ライズ」だった。 ただこのクリーンディーゼル、マナーのよさはさすがである。 初めてライズから乗り換えたときは、こっちのほうがガソリンエンジンではないかと思った。 それほど滑らかで、音も静かだ。 6段ATがいまどき段数不足であるという指摘もあるようだが、乗っていて特に不満を覚えるようなことはない。 それよりも、これだけスポーティーな美丈夫なのだから、カタログアピールを考えても、エンジンのアウトプットにもう少し色をつけられなかったものかと思う。 約360kmを走って、燃費は13. 2020年年明けから波乱含みの中東情勢だ。 というか、波乱のない平和な中東が果たしてこの先実現するのだろうか。 ディーゼルの最上級モデルだから、運転支援システムを含めて装備は豊富だ。 冬場の味方、ステアリングヒーターやシートヒーターも標準装備である。 でも、CX-30に乗っていて細かいところで妙に気に入ってしまったのはウインカーの音だった。 これが耳に心地よくて、いつもより多めに曲がりたくなった。 外で見るLEDのウインカーもひとくせあり、余韻を残して拍動するように明滅する。 「神は細部に宿る」を合言葉にさまざまな部署の人ががんばってつくったと感じさせるクルマである。 CX-30はたしかに美しく走りたい人のSUVだ。 最大の魅力は、丹精込めたスタイリング。 そのルックスにはガソリンエンジンのほうがよりマッチしていると思ったが、燃料コストの安いクリーンディーゼルがフツーに選べるのはもちろんマツダSUVならではである。 (文=下野康史<かばたやすし>/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝).

次の