崖 の 上 の ポニョ 津波。 崖の上のポニョ・結末の意味は?最後のリサのセリフについて考察

「崖の上のポニョ」は 大好き が世界を救う物語!不思議と惹かれる魅力に迫る

崖 の 上 の ポニョ 津波

ジブリ映画の中でも、 評価が大きく分かれている作品である「崖の上のポニョ」 子供向け風の作品の割には、 話の内容が分かりにくいかなと、 個人的にも思った作品でもある。 事実、あるサイトのアンケードで、 この作品の評価を見てみた所、面白いように二分していた。 最近だと、 「風立ちぬ」という作品も同じような感じで評価が二分していて、 直接の知り合いで、「素晴らしい作品だ!」という人もいれば、 「全然意味が分からなかった・・・」という人もいる。 ただ、崖の上のポニョは主題歌が流行ったりと、 観客動員数は1200万人を超える爆発的HITになった。 そんな崖の上のポニョだが、 ジブリ作品ではもうお決まりになりつつある、 都市伝説が存在する。 それが、 「物語の後半は全ての登場人物が死んでいる」 というものだ。 これは、僕自身も感じたこと。 これに関しては、 ある程度文脈を共有しないと分かりにくい面もあるので、 少しだけ崖の上のポニョのストーリーに触れよう。 崖の上の一軒家に住んでいる宗介が、 魚の子であるポニョと出会う。 その際、宗介の血を舐めたポニョが、 宗介に思いを寄せるようになる。 そこで、人間になりたいと思うようになったポニョ。 しかし、父である魔法使いのフジモト なぜか和風な名前・・・ はそれを許さなかった。 それでもポニョは人間になりたいと願い、 父の元から魔法を盗み出してしまう。 そして、人間になることが出来たポニョだが、 盗み出した魔法のせいで、町全体が津波に襲われてしまう。 ここまでが、一応、話の前半。 問題はここから。 町全体が津波に襲われた後、 作中の世界観が前半と大きく変わっているのだ。 まるで、死後の世界、というよりも 極楽浄土のような雰囲気に包まれていた。 それを後押しするかのような設定が多々あり、 まず、車いすだった老人が全員走り回るようになる。 更には、ポニョの母が登場し、 それを見た町民たちが、「観音様だ!」と口々に言い始める。 津波に襲われたにしては、 町の状況も全く変わっていない。 そういった諸々のことから、津波で襲われた後、 町の人たちは全員亡くなってしまっているのではと言われているのだ。 と、ここまでは見ている側の憶測だが、 実はこの件に関して、宮崎駿監督自身、 ある雑誌のインタビューにこのように答えている。 「死は匂うけど、そういうものの中に、同時に、 自分たちがキラキラしたものもあるから。 あんまり生と死って言葉を使いたくないですよね。 」 僕はこの発言を聞いた時、 生きている、死んでいる、と言った、 現実社会の二元論的な描写を意識しているのではなく、 一段高い次元で、生と死を表現したかったのではと、感じた。 子供向け作品にしては、考えられる作品ですね。 147• 133• 128•

次の

崖の上のポニョ

崖 の 上 の ポニョ 津波

『崖の上のポニョ』本編動画 魚の女の子ポニョは、海の女神である母と魔法使いの父に育てられている。 ある日、家出をして海岸へやってきたポニョは、空き瓶に頭が挟まっていたところを、保育園児の宗介に助けられる。 宗介は魚のポニョが好きになり、ポニョも宗介が好きになる。 ところが、ポニョがいなくなったことに気づいた父に追いかけられて捕まり、ポニョは海底に連れ戻されてしまう。 その井戸が一杯になると、忌まわしき人間の時代が終わり、再び海の時代が始まるのだという。 ポニョは、宗介に会うために家から逃げ出そうとして、偶然に、その井戸へ海水を注ぎ込んでしまう。 すると命の水はポニョの周りに溢れ出し、ポニョは人間の姿へと変わる。 強い魔力を得た彼女は激しい嵐を呼び起こし、津波に乗りながら宗介の前に現れて、宗介に飛びついて抱きしめる。 宗介は、女の子の正体が魚のポニョであるとすぐに気づいて、彼女が訪れたことを嬉しがる。 しかし、ポニョの母は、ポニョを人間にしてしまえば良いのだと夫に提案する。 古い魔法を使えば、ポニョを人間にして、魔法を失わせることができるのだ。 だが、それには宗介の気持ちが揺らがないことが条件だった。 さもなくば、ポニョは泡になってしまうという。 嵐が落ちつくと、宗介の母は、彼女が勤めている老人ホームの様子を見に出かけていく。 翌朝、ポニョと宗介が母の後を追うと、途中でポニョは眠り出し、魚の姿に戻ってしまう。 そこへやってきたポニョの父が、二人を海底に沈んでいる老人ホームまで連れて行くと、そこには宗介の母とポニョの母が待っていた。 ポニョの母は、宗介が心からポニョを好きなことと、ポニョが魔法を捨てても人間になりたいことを確かめて、ポニョを人間にする魔法をかける。 ポニョと宗介が陸に戻り、キスをすると、ポニョの姿は5歳の女の子に変わるのだった。

次の

映画『崖の上のポニョ』評価は?ネタバレ感想考察あらすじ/世界を救う方法は?魔法使いの計画とは?

崖 の 上 の ポニョ 津波

0億円 () 世界興行収入 2. 批評家と一般は単純平均 映画『崖の上のポニョ』あらすじや概要。 崖の上で暮らす5歳の少年の宗介は、家出した魚を助けてポニョと名付け仲良くなります。 魔法使いの父フジモトが連れ戻すが、ポニョは逃げ出し、世界は破滅へと導かれ…。 ポニョは人間になれるのか?その条件とは? 『崖の上のポニョ』ネタバレあらすじ この先は ネタバレありのあらすじです。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 海の中で、魔法使いのフジモト(声:所ジョージ)が魚や生物たちを増殖させてます。 少女の顔を持ち金魚のような赤い魚の1匹が、小さな妹たちから抜け出して、巨大クラゲに乗って海面まで浮上します。 ゴミあさり船に巻き込まれ、空きビンにハマり気絶して浜に流されます。 ポニョの正体は?ケガ治りが全ての始まり? (ネタバレあらすじ) 海沿いの崖の上に住む5歳の少年の宗介(そうすけ)(声:土井洋輝)はガラスびんを割り、金魚と思い家へ持ち帰ります。 バケツで元気になったので保育園に持って行きます。 魔法使いフジモトは波から話を聞き崖へ上がるが、宗介の母リサ(山口智子)に怪しまれます。 宗介は怪我が治ったことから、ポニョと名付けた魚を魔法使いだと思います。 母リサは、保育園の隣の老人介護施設(デイケアサービスセンター)「ひまわりの家」で働いてます。 ポニョはサンドイッチのハムだけ食べたり、悪口言う園児クミコに水鉄砲をかけ泣かせます。 騒ぎをおそれた宗介はポニョを「ひまわりの家」へ移すが「人面魚は津波を呼ぶ」と言った車椅子のトキに、ポニョは水鉄砲を吹き、宗介は海辺の岩場に隠れます。 宗介「ぼくが守ってあげる」に「ポニョ、そうすけ、すき」と話し出します。 そこへ フジモトが現れ、波でポニョを連れ去ります。 宗介は海へ追うが母に救われ放心します。 久々に父の耕一(長嶋一茂)の帰宅日だったが帰れなくなったと電話され、ごちそうを作ってた母リサはビールを飲んでいじけます。 夜、そばを通る内航貨物船「小金井丸」船長の耕一と宗介は、モールス信号で話します。 リサ「バカァ。 BAKA、BAKA…」。 耕一「すまない。 愛してる」。 宗介「航海の無事を祈る」。 小金井丸はカラフルに明滅します。 宗介はリサをはげまし「僕はポニョを守る」と決心します。 フジモトの計画とは?ポニョの母も登場? (ネタバレあらすじ) 海底でポニョは「ハム食べたい。 人間になりたい。 手足ほしい」とさわぐと手足が生えます。 フジモト「人間の血をなめたな」と、ポニョのパワーに負けそうなので、謎の薬を飲みポニョを抑えこみ眠らせて、ポニョの妹たちの水槽へ入れます。 珊瑚の塔に住む フジモトは、魔法で浄化した海水「生命の水」を井戸に貯め「満タン時には人間の時代は終わり、再びカンブリア紀のような海の時代がくる」と言います。 ポニョは脱出し、手足が生え人間の少女のようになり結界も破ります。 珊瑚の塔へ海水が流れこみ、 ポニョは井戸の「生命の水」をあび、願いどおりに半魚人から人間の少女に変身します。 妹たちも水魚の大波に変身し、ポニョを宗介のもとへ運びます。 人間の世界は暴風雨が発生し大混乱です。 保育園は終了し、宗介はひまわりの家へ行くが停電して暗いです。 宗介はトキに折り紙で折った小金井丸を渡すと「バッタみたい」と言われます。 大雨で避難命令の中、リサは宗介を乗せた車で強引に家へ向かいます。 宗介は、水魚の 大波の上を走る赤い服の人間の少女を見ます。 家へ着くと、大波からポニョが走って来て宗介に抱きつき、大波の妹たちも祝福します。 ポニョはハチミツ入り茶を気に入り、発電機を魔法でなおし、ハム入りチキンラーメンを食べると疲れて眠ります。 リサはひまわりの家を心配して出かけます。 その頃、父の耕一の小金井丸は、大量の船が集まる場所に流され「船の墓場だ」という者もいます。 勢いある巨大な女性姿の波で小金井丸も動き出し、船員は「観音様の御神渡りだ」と言います。 ポニョの結界や妹たちの妨害にあうフジモトの前に、 巨大な女性の波がきてポニョの母グランマンマーレ(天海祐希)が現れます。 フジモト「ポニョが人間の血と生命の水で魔法を使い放題で、月と地球が近づき人工衛星も落ち始め、世界が破滅する」。 母「古い魔法でポニョを人間にすれば魔法を失う」。 父「失敗すると泡になる」。 母「私達も泡から産まれたのよ」 ポニョが人間になれる条件とは? (ネタバレあらすじ) 翌朝、潮力バランスがくずれ、海面が崖の上の家まで上がってます。 おもちゃの船をポニョの魔法で巨大化させ、宗介らはリサを探しに海に出ると、デボン紀の古代魚があふれてて、避難する街の人達のボートとも出会います。 ポニョが疲れて眠ると宗介は船を押して道路まで運びます。 宗介はリサの放置された車を見つけて泣きそうになるが、ポニョがはげまし一緒にリサを探します。 トンネルを恐がるポニョは、宗介に手を握られ歩くが半魚人になって気絶します。 トンネル抜けて海水につけると魚に戻り、宗介は悲しみます。 フジモトが現れ「リサらの所へ行こう」と言うが、トキが「だまされちゃダメ。 みんな連れていかれた」と忠告します。 フジモトは落ちそうな月をさして「時間がない。 君しか世界を救えない」とお願いするが、ポニョが妨害し宗介は逃げます。 少し前、リサと老人達は、フジモトとグランマンマーレに誘われて海底ドームへ行きました。 息もでき、めずらしい魚を間近に見れ、車椅子なしで走れます。 マンマーレはリサに、 ポニョの人間化には宗介の愛の力が必要と話し理解をえます。 地上でフジモトは、ポニョの妹らの大波で3人をさらい、海の底のドームへ入ります。 グランマンマーレ「ポニョは宗介の血をなめて魚から半魚人になった。 人間になるには半魚人でも好きでいられる男の子が必要。 いいですか?」。 宗介「どんなポニョも好き」。 グランマンマーレ「魔法は捨てることになるけどいい?」。 ポニョ「うんっ」 グランマンマーレは宗介に「地上でポニョの泡にキスすると、同じ5歳の女の子になる」。 宗介「ありがとう」。 グランマンマーレ「世界のほころびは閉じられます」。 皆が祝福します。 地上へ戻ると、おばあさん達は車椅子なしで坂を登れます。 フジモトも謝罪し、宗介と握手します。 宗介の父の耕一の小金井丸も戻ってきます。 ポニョの泡は高く舞い上がり、宗介の口に落ちてキスする形になり、人間の少女に生まれ変わります。 エンドクレジットはおなじみの「ポーニョ、ポニョポニョ、さかなの子〜」という曲とともに短いアニメ画が流れます。 ネタバレ感想『崖の上のポニョ』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 少年少女が主人公になることが多いジブリ作品ですが『崖の上のポニョ』は最年少です。 その 大ヒットの主な要因は、藤岡藤巻と当時8歳の大橋のぞみ(無期限休業中)によるテーマ曲「崖の上のポニョ」です。 TVでの番宣効果もあり曲もヒットして、紅白歌合戦などにも出場し社会現象のようになりました。 ちなみに、 大橋のぞみは保育園「ひまわり園」の物静かな園児カレンの声優もつとめています。 テーマは「魔法をこえる愛や人魚伝説」? 海で暮らす魚がなぜか地上へ出たくなり、そこで知り合った男の子の血を飲んで半魚人となり、強力な魔法もえて偶然に世界を破滅に導くが 「人間になりたい」思いを、海の神のような母の魔法と男の子の愛によりかなえ世界も救われます。 キス(愛)により人魚が人間になったりし 「人魚伝説」を題材にしてるのは明らかです。 ただし愛といっても8歳児なので、あまり恋愛やラブストーリーとは感じません。 せめて15歳とかの方がよかったけど恋愛感を出したくなかったのかも? そんな宗介とポニョの「 友情に近い愛」だけでなく、宗介の母リサとめったに帰宅できない父の耕一との「 遠距離な夫婦愛」、人間のフジモトと海の女神グランマンマーレの「 異人種愛」、それぞれの家族の「 親子愛」なども描かれています。 都市伝説や裏設定は?大災害を連想? 『崖の上のポニョ』だけでなくジブリ作品には深読みされたような裏テーマや、都市伝説のような裏設定などがよくささやかれます。 本作も「 津波で死の世界へ行った人達が、この世に戻る物語」と考えるとつじつまがあうけど怖い話ですね。 宮﨑駿監督らはそれらを否定してます。 裏設定として 「人魚姫」をもとにしたことや、フジモトが実は「海底2万マイル」(ジュール・ベルヌの小説)の潜水艦ノーチラス号のアジア少年だったことや、グランマンマーレは「オフィーリア」がもとであったことは語ったようです。 また、人工衛星・月の落下や津波や暴風雨や海面上昇など、 大災害を連想させるので、東日本大震災後はしばらくTV放送されませんでした。 フジモトがカンブリア紀に戻そうとする理由は不明ですが、地球の環境問題も連想させます。 フジモト計画とは?ツッコミどころ多数? ポニョの父フジモトは元人間の魔法使いですが、なぜか 人間世界を終わらせてカンブリア紀の海の世界にしようとたくらんでいます。 その理由や彼の過去は不明のままなので説明がほしかったです。 グランマンマーレの賛否もわかりません。 ポニョが家出した理由、人間になりたい理由も不明ですが、子どもの好奇心と考えることもできそうです。 ポニョが人間の血と生命の水で得た魔力は、グランマンマーレも止められないほど強力でしたが、 血統によるものだったのでしょうか。 ポニョと宗介がボートで出会った、赤ちゃんのいる夫婦や街の人達は何かの伏線かと思いましたが全くからんでこなくて拍子抜けしました。 この部分をばっさりカットして、フジモトとグランマンマーレの話をもっと盛りこんでほしかったです。 『崖の上のポニョ』私の評価 私が大好きな『』を含めてのジブリ全盛期の勢いは失ってる気がしますが、ポニョやフジモトやグランマンマーレ等、 一度見ると忘れられないキャラクターたちが物語を引っ張ってくれてます。 世界観は複雑だし世界滅亡まで起こりうる「セカイ系」みたいな設定ですが、あまり生かせておらずメインストーリーはシンプルどころが物足りないです。 演出しだいで面白くできそうですが、ポニョと宗介がかわいい以外は印象に残りません。 ただし、そのシンプルストーリーと、藤岡藤巻と大橋のぞみが歌う耳になじむ テーマ曲「崖の上のポニョ」と、大津波を勢いよく走るシーンによって、子どもには受けてたようです。 危なげない物語なので、家族で一緒に観るのもおすすめです!.

次の