うぜん 小説。 【連載小説】マジカル戦隊M.O.G.(第5回)|みゅんひはうぜん|note

歴史・時代小説一覧(9ページ目)

うぜん 小説

名称 [ ] 古名は「ノウセウ(陵苕 )」または「ノセウ」で、それが訛って「ノウゼン」となった。 また蔓が他の木に絡み攀じ登るため「カズラ」の名がついた。 また古くは「まかやき(陵苕)」とも呼ばれた。 「ノウセウ」については凌霄(りょうしょう)の「ヌンソ」の訛りとする 説もある。 別名に「ノウゼン」、「ノショウ」がある。 「のうぜんかつら」と表記される場合もある。 漢名の凌霄花は「(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ登ることによる命名。 では他物に絡むための象徴となる。 また、「陵」(リョウチョウ)も本種を表す。 花の形がに似ていることからでは「トランペット・」( )、「トランペット・クリーパー」( trumpet creeper )あるいは「トランペット・フラワー」と呼ばれる。 特徴 [ ] 蔓性落葉 で、花期は7-8月。 蔓は長さ3mから10mほどまで成長し 、他のものに吸着する(木質の )を出して這い登る。 幹はと同じように太くなる。 樹勢が非常に強く丈夫なであり、を延ばしを周囲に芽生えさせ、繁殖する。 は奇数でする。 は2-6対 (5-13枚 )、長さは3-7cmで表裏面ともに無毛 、幅は2-4cm 、縁には粗いがある。 柄は無柄。 側小葉は卵形ないし広卵形または楕円形で、その表面は濃緑色で光沢があり、裏面は帯白緑色。 先端は鋭頭または鋭尖頭で基部は広い。 は5-7対。 枝先にを萌出し、直径6-7cmの橙黄色の花をする。 花房は垂下し 、は広いで、先端は5裂し平開する。 は4本のうち2本が長い。 日本では結実しにくい。 花は暖地では晩夏から秋にかけ大量に形成される。 落花すると、蜜がたれ周りを湿らすほど。 その蜜にや蜂が集まってくる。 その蜜は毒性があるといわれるが、根拠のない俗説・風評である。 利用 [ ] 古くから観賞用に植えられており、庭園、公園などにとして利用される。 日本での植栽地は本州以南で日当たりと水捌けがよい肥沃地に生育する。 寒さを嫌うため植え付けは3月下旬から4月上旬にかけ行われる。 6月から7月上旬にかけで殖やされる。 また、樹勢が強く、よく成長するため落葉期の2月に前年の枝を全て切り落とし、幹だけにする整姿剪定が行われる。 日光不足では花がつかず、蔓は固定していないと冬に枯れてしまう。 また、近年では赤花や黄花も作出されている。 長雨でが落ちやすい。 花や樹皮はではやに使われる。 園芸品種が複数存在し、ピンクや黄色などの花色もある。 新梢に房となって花が枝元から次々に咲き、花は毎日のようにすぐに散る。 花が終わった新梢をそのままにしておくと、樹の姿が乱れ、樹勢が衰えるので適切なが必要。 であり、が空中をしながら嘴を花の中にさし込んで蜜を吸う。 作品 [ ] の俳句に「家毎に凌霄咲ける温泉(いでゆ)かな」がある。 近縁種 [ ] は本種ノウゼンカズラ C. grandiflora と、南東部原産の ( C. アメリカノウゼンカズラの花は中国系ノウゼンカズラより小ぶりで細長く、濃い赤橙色。 grandiflora と C. radicans の雑種で、蔓性の耐寒性木本植物。 樹高は5m から10m。 花期は6-9月で直径5cmの橙色の花を咲かせる。 形の花房が下垂する。 原種より剛健で生育は旺盛、日向と水捌けの良い用土を好む。 雨や曇りが続いても蕾は落ちない。 小葉は7枚以上で、鋸歯のある細い卵形。 ギャラリー [ ]• 369• 515• 『漢字に強くなる 難読漢字辞典』,p. 2188• 加納, p. 127• 670• 158• 130• 『広辞苑』, p. 2630• 徳島県観光サイト 阿波ナビ. 2016年1月15日閲覧。 『漢字源』, p. 1324• 108• 217 参考文献 [ ]• 英国 責任編集:Christopher Brickell、監訳: 『新・花と植物百科 New Encyclopedia of Plants and Flowers 』、2001年3月15日、217,515頁。 『 第六版』、2188,2630頁。 学研辞典編集部『漢字に強くなる 難読漢字辞典』、2000年11月14日、初版、25頁。 『動植物の漢字がわかる本』、2007年1月10日、127,130頁。 林弥栄『山溪カラー名鑑 日本の樹木』、1985年9月1日、670頁。 鈴木庸夫『葉 実 樹皮で確実にわかる 樹木図鑑』、2005年。 川原田邦彦『花色・仲間・落葉・常緑で引ける 庭木・植木図鑑』、2006年4月28日、158頁。 『花色図鑑』、2003年3月27日。 馬場多久男『葉でわかる樹木』、1999年12月10日、89,369頁。 高橋秀男 監修『ポケット版 学研の図鑑2 植物』、2002年4月10日、92頁。 ・松本昭・・『漢字源』、改訂第5版、1324頁。 日外アソシエーツ『難読誤読植物名漢字読み方辞典』、2015年2月25日、初版、37頁。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (キンレンカ) - の植物。 本種に因んで名付けられた。

次の

歴史・時代小説一覧(9ページ目)

うぜん 小説

没年:明治35. 24 1902 生年:明治4. 10 1871. 28 明治期の評論家,ジャーナリスト。 本名は林次郎。 山形県西田川郡高畑町 鶴岡市 に旧庄内藩士斎藤親信,芳の次男として生まれ,2歳のときに父方の伯父高山家の養子となる。 少年期から投書雑誌『穎才新誌』や地元新聞に投稿するなど文才を発揮した。 明治20 1887 年第二高等学校入学,26年帝大哲学科に入学。 在学中,『読売新聞』の懸賞募集に「滝口入道」を応募し,当選。 また帝大文科大学の帝国文学会機関誌『帝国文学』やの雑誌『太陽』などに,それまでの戯作を批判し理想主義的文学を高く評価する評論を次々と発表し,注目を集めた。 29年大学卒業と同時に二高教授に就任し,一時,中央から離れたが,評論への志望は強く,二高教授を辞職,30年再び『太陽』文芸欄に復帰した。 この時期の彼の評論は,国家を至上の人格的存在ととらえ,それを自我の独立と直結する国家主義,日本主義を高唱するものであったが,折から日清戦争 1894~95 後の国威発揚の社会風潮もあって,論壇を領導した。 30年には木村鷹太郎らと大日本協会を起こし,機関誌『日本主義』を創刊した。 しかし33年喀血し,病気療養に努めるころからニーチェに傾倒し,ニーチェを天才主義の文明評論家として解釈し礼賛する評論「文明批評家としての文学者」「生活を論ず」などを発表し,大きな反響を引き起こした。 特に,自己の内面に沈潜する傾向を強めていた青年学生層に人気を博した。 彼の天才主義,主我主義は,日蓮上人崇拝に進み,日蓮を絶対的な予言者に見立てた。 彼は常に時代思潮に鋭敏で,巧みにそれを先取りし,華麗で辛辣な文体で表現し,賛否両論を巻き起こした。 明治期の論壇・文壇を象徴する評論家である。 『樗牛全集』 有山輝雄 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について の解説 [生]明治4 1871. 鶴岡 [没]1902. 平塚 明治の評論家,思想家。 本名は林次郎,別に林斧太,高斎林良と号した。 父は斎藤親信。 叔父高山久平の養子として育ち,1888年第二高等学校に入学,その頃から文才を示した。 93年東京帝国大学に入学。 在学中,日就社の懸賞募集に応募,歴史小説『滝口入道』が当選し『読売新聞』に掲載された。 95年雑誌『帝国文学』創刊とともに上田敏らと編集委員となり,次いで雑誌『太陽』の文芸部主任として評論を執筆。 96年大学を卒業,二高教授となったが,翌年4月辞任,『太陽』を編集しながら東京帝国大学や東京専門学校に出講。 日清戦争後,井上哲二郎らとともに日本主義を唱え『日本主義』を『太陽』に掲載。 ニーチェの死に際し大いに感化を受けニーチェ主義を主張した。 1902年文学博士となり,晩年は日蓮に傾倒。 著作は『わが袖の記』 1897 ,『文明批評家としての文学者』 1901 ,『美的生活を論ず』 01 ,『平家雑感』 01 ,『平相国』 02 ,『日蓮上人と日本国』 02 ,『日蓮と』 02 ,『日蓮上人とは如何なる人ぞ』 02 など。 『樗牛全集』 7巻 がある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 明治時代の思想家、評論家。 明治4年1月10日、 うぜん 国西田川 にしたがわ 郡高畑町(山形県鶴岡市)に庄内 しょうない 藩士斎藤親信 さいとうちかのぶ の二男として生まれる。 本名は林次郎。 2歳のとき父の兄高山久平の養子となる。 官吏であった養父の転任に従って、山形、福島と移り、1886年(明治19)に上京、東京英語学校に入学した。 彼はその短い生涯において、「浪漫 ろうまん 主義」「日本主義」「個人主義」と思想を三変させた。 しかし、その死の直後に桑木厳翼 くわきげんよく が、樗牛の「煩悶 はんもん は一貫して一つの問題に触れて居 い 」た、それは「人生問題と云 い ふものゝ解決であつた」と述べているように、変転する彼の思想遍歴のうちに新しい時代の刻印をはっきりと見て取ることができる。 仙台の第二高等中学校に入学した樗牛は、1891年有志と語らって『文学会雑誌』を創刊し数編の論文を載せた。 そこには、人生への懐疑、文学への志向などすでに浪漫主義のモチーフがみられる。 1893年帝国大学哲学科に入学した樗牛は、小説『滝口入道』(1894)を発表する一方、上田敏 うえだびん 、姉崎嘲風 あねさきちょうふう (姉崎正治 まさはる )らと『帝国文学』(1895)の創刊に加わり、近松文学に託して自らの思いを吐露した。 それによれば「愛」こそ「人生に対しては幸福の最大なる源」であり、「情死」こそ「幸福なる愛の最後」であった。 1897年雑誌『太陽』の主筆となった樗牛は、やがて「日本主義」を唱え国家至上主義を説くに至る。 しかし彼は、あくまでも「人生の目的は幸福にあり」、国家は「幸福を実現する方法」であるとしており、単純な国家主義とは一線を画している。 1900年(明治33)、欧州留学を目前にして樗牛は突如、血を吐いて倒れた。 以後、彼の思想は国家至上主義から一転して、「美的生活を論ず」(1901)、「日蓮上人 にちれんしょうにん とは如何 いか なる人ぞ」(1902)など、いずれも、すべてに優先する個人の価値を高唱したものであった。 そしてニーチェの思想を賛美し、強烈な「超人」的な個性に傾倒していった。 この「晩年の叫び」が後の世代に大きな影響を与えたのである。 日本ではすでに1901年に高山樗牛が,《太陽》掲載論文《美的生活を論ず》の中でニーチェを持ち上げて以来,特に《ツァラトゥストラ》が,やがては《人間的な,あまりに人間的な》などのアフォリズム群が広く読まれはじめた。 13年に出た和辻哲郎の《ニイチェ研究》は当時としては世界的に見てもきわめてすぐれた解釈である。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

女装男子小説一覧

うぜん 小説

自分でも引くほど小説が書けなくなった。 自信がない、カンペキなものを作ろうとしてしまうのが原因だ。 自分から「読んでほしい」と頼んだものの、善意で直してくれちゃった人がいて、そこで「私の小説を取られた」気分にショックを受けている。 私を書いた文章が、他人の価値観で、違うものになっている。 その絶望感は計り知れないだろう。 余計なお世話だった。 いつも見てくれている人が、どれだけ私の文章を尊重してくれていたか分かった気がする。 今度からは信頼できる人に見てもらう。 Webライターの仕事をしていると、当然、赤が入って返ってくる。 慣れないサイトで掲載する場合は、必ずと言っても過言ではない。 そのたび落ち込んでしまう。 別に悪いことじゃない。 最初はそのように、価値観をすり合わせて仕事をしていくスタイルのひともいるから。 その時に、表現まで直されてしまうと、楽しみに取っておいたプリンが食べられているのを見つけたときぐらい気持ちが沈む。 その人にとっては「違う」かったのだろう。 もちろん、何食わぬ顔をして直したけれど、未だに引きずっているところがある。 そのひとつで、私の表現センスすべてを否定されたような気がした。 本人には、そのつもりはないだろう。 真っ当に仕事をしているだけなのだから。 「文脈がおかしい」「これを加えてほしい」なら、喜んで直す。 小説家志望のわたしは、言葉ひとつ選ぶのにも気を遣っているから。 より文章がきれいになることは、嬉しいことである。 「センスがない」という烙印がどんどん積み重なってきて、ある日突然、雪崩は起きた。 その日から、小説を書くことができない。 書こうとすると「あなたが書かなくてもいいんじゃない?」「プロ作家だけで十分」「金にもならないのに、意味があるの?」頭に住んでいる住人が、口々に自分勝手な自己主張をしてくる。 それを聞いていると、「わたしが書かなくていいかもね」と思えてきてしまう。 完結できていない作品が、山のようになっていく。 だから、まずは、それから仕上げたい。 完結させられたら、また書けるようになる気がする。 達成感ほど原動力になるものはない。 いろんな本を読んでインプットもしよう。 これから応募する作品の受賞作を読んで、リサーチする期間にするのも悪くない。 それまでに、自信を取り戻せるなにか、が見つかりますように。 (何かよい本、おすすめの小説、参考になるサイト等、あれば教えてください).

次の