水いぼ 子ども。 水いぼ

水いぼ治療

水いぼ 子ども

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 小さな子供や赤ちゃんがなりやすい「水いぼ」。 発症しても日常生活に支障はありませんが、人にうつしてしまう恐れがあることや、自然に治るまでに時間がかかることから、なるべく早めに治療を始めた方がいいとされています。 そこで今回は、子供や赤ちゃんが水いぼを発症したときのために、水いぼの治療にはどのような薬が使われるのか、リンデロンという薬を使っていいのか、市販の薬では何が効くのかをご説明します。 水いぼってどんな病気なの? 水いぼとは、別名「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」といい、伝染性軟属腫ウイルスに感染して発症する「いぼ」のことです。 水いぼは直径2〜5mm程度の大きさで、水っぽい光沢があり、真ん中が少しくぼんでいるのが特徴です。 また、水いぼは人から人へと感染します。 関連記事 水いぼはどんな薬がある?市販薬も? 水いぼの治療には以下で紹介する薬が使われることがあります。 ただし、水いぼの治療方法は他にもいくつかあり、医師の間でもどの治療法を選択するべきか意見がわかれています。 主成分のイミキモドが水いぼの原因となる伝染性軟属腫ウイルスの増殖を抑えるため、効果があるとされています。 ただし、本来は尖圭コンジローマや日光角化症の治療のために使う薬です。 現在は肌荒れやニキビ用のサプリメントとして市販されています。 ヨクイニンを飲み始めるときは、事前に医師に相談しましょう。 具体的には、水いぼをかき破った後や取り除いた後に綿棒などで塗ります。 イソジンの水いぼに対する効き目については不確かなことが多いため、治療に使用する際は医師に相談してください。 関連記事 水いぼの薬以外の治療法は? 水いぼの治療では、薬を使わず、次のような治療が行われる場合があります。 ピンセットでつまみ取る 水いぼの数が少ないうちに行うのであれば、数ある治療法の中でももっとも効果的とされています。 先端が輪になっている専用のピンセットで水いぼをつまみ、中身を取り除きます。 10個以内であれば子供も痛みに耐えられますが、それ以上になると嫌がって泣き出すことが多いとされています。 液体窒素で凍らせる ピンセットでつまみ取るのと同じく、確実に効果のある治療法ですが、痛みを伴います。 自然治癒するのを待つ 医師に診てもらった結果、とくに治療はせず、自然に治癒するのを待つことになる場合もあります。 この方法は、完治するのを待っている間に水いぼの数が増えてしまったり、他の子供に水いぼをうつしてしまう恐れがあります。

次の

子どもの夏の皮膚病「あせも・とびび・水いぼ」は悪化に要注意!症状・治療法・ケア方法まとめ

水いぼ 子ども

水いぼの症状とは? 水いぼとは、子どもが罹ることの多い皮膚感染庄で、皮膚の表面にできる水をもったような白っぽいいぼです。 正式名称は「伝染性軟属腫」。 水いぼと呼ばれていますが、中には水が入っているわけではありません。 いぼの中には、ウイルスが白い塊になって入っています。 水いぼがつぶれて中のウイルスが外に出ることで、水いぼのできていない部分や他の人にも感染してしまうのです。 水いぼ自体には痛みやかゆみはありません。 しかし、アトピー性皮膚炎や皮膚の弱い子どもは特に、皮膚をかいてしまうことであっという間に全身に広がってしまうこともあります。 水いぼの治療法 水いぼは、特に治療をしなくても自然に治る感染症であると言われています。 しかし、広がってしまうと治るまでにかなりの時間がかかり、自然治癒までに2,3年というケースも少なくありません。 その間、他の子どもへの感染にも配慮しなければならないため、数が少ないうち治療をすることが多くなります。 行われることの多い治療法は2つ。 専用のピンセットを使って、水いぼの中のウイルスを取り出す方法と液体窒素を使った凍結療法です。 ピンセットで水いぼを取るメリットは、確実に取ることができて少ない受診回数で完治すること。 しかし、痛みを伴いますし、出血することもあります。 少ない数ならば良いですが、数が多くなってしまった場合には、子どもにとってかなりの負担です。 そのため、麻酔テープを使用する場合もあります。 一方液体窒素を使った方法は、ピンセットでの除去に比べると痛みが少ないことが特徴です。 しかし、一度の治療では消失しませんので、定期的に通院する必要があります。 水いぼを治療するのか、治療しないのか。 どんな治療法の病院を選ぶのかということは、保護者の方が判断することですが、知識としても知っておくと良いでしょう。 子どもに水いぼができた時の保育園での対策 水いぼはプールの時期に流行ることが多いので、プールの水で感染すると思われがちですが、プールの水を介して感染することはありません。 プールで使うビート版や浮き輪に水いぼのウイルスが付着したり、直接肌が触れることで感染してしまうのです。 水いぼができている時には、保育園や幼稚園、小学校のプールに入れないという決まりはありません。 ビート版や浮き輪の使用を控えることで感染予防効果があるからです。 しかし、プール中は直接肌が触れることもありますし、肌の出ている範囲が広いので水いぼを引っ掻いてしまい、その手で他の子どもの肌に触れる機会も増えます。 その為、水いぼができている場合は、プールを控えてもらうという対策をとっている園も少なくありません。 プールの可否は園の方針によりますが、必ず保育士間で共通認識を持っている必要があります。 この先生は入って良いと言ったのに、他の先生は入ってはダメと言っている、という様に、保育士によって対応が違うと不信感につながるからです。 プール活動の前には必ず全身のチェックを行い、水いぼと思われる症状が見られた時には、保護者の方に伝えましょう。 そして、ビート版や浮き輪の使用、タオルの共有を控えることで、水いぼの感染予防に努めることが大切です。

次の

子どもの水いぼってどんなもの?特徴や治療方法を実体験よりご紹介

水いぼ 子ども

膨れて水が入っているように見えるイボ。 光沢があって少し硬いのが特徴 水いぼの正式名称は 「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」。 ウイルスが皮膚に感染することで湿疹ができます。 水いぼの伝染力は強くはありませんが、ヒトからヒトに感染してしまいます。 ウイルスが皮膚に感染といっても、ウイルスが皮膚に付着してすぐにイボ上になるわけではありません。 皮膚に付着したウイルスは「真皮」という角質より深い部分まで潜り込み、そこの細胞に感染します。 感染した真皮の細胞は風船のように膨らみ、膨らんだ状態で細胞分裂を繰り返して増えていきます。 風船のような細胞が集まることで、その部分がプックリと膨らみ、表面からは水が入っているように見える部位になります。 水ぼうそうの場合は、実際に中に水が溜まっていますが、水いぼの場合はそう見えるだけで、実際に水が入っているわけではありません。 水いぼの原因・感染経路 原因は、ポックスウイルスというウイルス。 ポックスウイルスはウイルスの遺伝子は2本鎖のDNAです。 今は撲滅した天然痘と同じウイルスです。 感染経路は水いぼがある部分に触ることで起きる「接触感染」です。 直接患部に触れなくてても、タオルや衣服などを介してうつったり、患部を触った手で触れたものを介して周りに広がったりします。 プールの水と言うよりはビート板などの皮膚に触る物が要注意です。 特に多くの人が肌の露出が多い状態で接するプールや公衆浴場を始め、レスリングなど一部のスポーツで感染しやすい病気です。 水いぼの症状 水いぼはどこにでもでき、顔や体、手足まで広がってきます。 特に子供に多く見られ、症状が出る範囲も広いです。 イボが確認できる以外はほとんど無症状ですが、脇や股に集まってできるとかゆみが出る場合があります。 水いぼの特徴は、光沢のある、真珠のような白からピンク色の湿疹。 直径は2~5mm程度で、大人の場合は陰部にできることが多いようです。 水いぼの治療法 水いぼは治療しなくても、6ヶ月~2年の間に自然治癒するので、必ずしも病院での治療が必要ではありません。 人への感染が心配な場合や、体の他の部位に 広がるのを防ぎたい場合、現在の患部の見た目が気になる場合などには、病院で治療を行います。 治療の基本は、ウイルスに感染した皮膚の細胞を取り除くこと。 下記のような方法で治療する。 刺抜き用ピンセットでつぶす• 液体窒素で水いぼの部分を凍結する• 電気によって水いぼを焼く これらの治療法には当然ですが、針で刺すような痛みを伴います。 治療時には患部をすべて取り除かないとまた残った水いぼからまた皮膚感染が広がってしまうので、しっかりと全体をカバーしなければなりません。 外科的な治療法以外では、漢方薬の服薬を薦められることもあります。 よく使われるのは「ヨクイニン」という生薬ですが、1回に飲む量が多く、治るまで時間がかかるため、少し負担感があるかもしれません。 免疫不全などの疾患がなければ、例え体の他の部位に広がっても自然に治ります。 上記の治療が必須ではないので、人に感染させないよう気をつける必要はありますが、様子を見て自然治癒を待つのもよいでしょう。 学校保健法での水いぼの扱いは、通常登園・登校停止の措置は必要無いと考えられます。 「原則として、プールを禁止する必要はありません。 しかし、二次感染のある場合は禁止とします。 多数の発疹のある者はプールでビート板や浮き輪の共有をさける。 」となっていますので、プールに入るための除去は不要です。 保育園も、学校保健法に準じることが多いです。 更新日:2016年08月19日.

次の