関西大学 商学部。 商学部|学部・大学院・別科・併設校|関西大学

関西大学

関西大学 商学部

この記事の目次• 5 関西大学商学部は、関西学院大学商学部の少し下、立命館大学経営学部の少し上くらいです。 実際には、関西学院大学に落ちた子が関西大学に合格していたりします。 私自身は、兵庫県立大学経営学部を受験して、落ちてしまいました。 他の私立大学は受験していないため、比較できません。 しかし、私の友人のレアなケースでいうと、近畿大学を志望校としており、関西大学を記念受験したのにもかかわらず、受かり、現在関西大学に通っています。 関西大学「商学部」の志望理由 私が関西大学商学部を志望した理由は、まず、滑り止め(安全校)としてちょうど良かったからです。 実際に、第一志望ではなかったですが、私立大学なこともあり、合格者も多かったため、志望しました。 商学部にまず、入りたかったし、関西大学というと関西の人で知らない人はいないので、ネームバリューもあり、入学したとしてもちゃんとして教育を受けることができる、自分に力をつけることができると思い、志望しました。 また、マンモス校なので、人との繋がりを多く持てるし、関西大学出身の社会人も多数いることから、将来の自分の幅も広がりやすいと当時は思っていました。 地方の大学に行くよりは、関西で名の知れている大学へ進学した方が将来のためになると言った教師の助言があったことも志望した理由の一つです。 関西大学「商学部」に入学してから感じたギャップ 私が関西大学に入学してから感じたギャップは、それほどまでチャラチャラしていないということでした。 入学前は、パリピや遊んでいる人が多いと言ったイメージでしたし、実際に周りの人からも関西大学商学部って大丈夫なの?と言った言葉を聞いたこともありました。 しかし、入学して見てからは、確かにそういった部類の人もいますが、全員がそうではなかったし、逆にすごく真面目な人も多くいました。 この点が一番大きなギャップでした。 関西大学「商学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 周りの人、特に地元の人に関西大学の商学部の学生ですというと、賢いね、すごいねと言われることが多いです。 親戚やいとこに大学名をいった時も同様の反応をもらいます。 マイナスな反応をもらったことは私の周りでは一回もありません。 逆に良い反応をしてもらったことしか今までありません。 地元での評判も関西大学は「関関同立」と言われていることから、高校生が目指すべき、入学すべき大学の一つとしていつも挙げられている大学だと思います。 内部生からみた評判 商学部は関西大学ではやはり、遊んでいる人が多いといった印象で、大学内では「楽商学部(らくしょうがくぶ)」と言われています。 実際に、遊んでいる人も大学生なので不特定多数はいますが、そのような人ばかりではないと思います。 いうならば、遊んでいる人はたくさん遊んでいるし、勉強している人は勉強しているといった印象です。 しかし、テスト期間になると全員が勉強をするので、そういった点で見れば、勉強を少なからずはしている印象です。 ですので、一般的な大学生よりかは、一般的な大学生と同様に単位数を気にし、単位を落とさないように勉学に励んでいると思います。 関西大学「商学部」のそれぞれの学科で勉強すること 関西大工商学部は三年生になってから、専修を選択する機会があります。 実際には、流通専修・マネジメント専修・国際ビジネス専修・会計専修・ファイナンス先週の5つの専修が存在しています。 流通専修ではマーケティングなどのことを勉強するため、企業のマーケティングや実際に経営することに興味を持った学生が多いです。 マネジメント専修では、組織の組み立て方などを勉強するため、組織に構造について興味を持つ学生が多いです。 国際ビジネス専修では、英語を中心にビジネスのことについて学ぶので英語を得意としている学生が多いです。 会計専修では、会計のことを学ぶのですが、他の専修にピンと来なかった人や、公認会計士や税理士を目指している学生が多いです。 ファイナンス専修は、保険やファイナンスについて学ぶので、そのような職業につきたい人であったり、リスク管理に興味を持つ学生が多いです。 関西大学「商学部」のリアルな就職先について 実際には、大手銀行(りそな銀行)から小さな町の銀行まで大きく捉えて銀行業界に就職する人に加えて、保険業界や証券会社に就職する学生は全体の2割ほどいると聞いたことがあります。 優秀層の学生は、資生堂やダイキンなどのみんなが知っているような大手企業に就職する人が多いです。 普通の層の学生は、商社やメーカーなどbtobの企業へと就職する学生が多いと思います。 その下の残念な層の学生は、サービス業や不動産業界などに就職する人が多いと聞きました。 しかし、層によって就職先が決まるわけではなく、どんな層に所属していたのしても、それぞれが行きたい企業に焦点を当てて就職活動をしているため、この層に所属しているからといって必ずしもこういった結果になるとは考えていません。 また、残念な層と分けられる学生も関西大学の学生であることには変わりないので、関西であれば何処かには就職できるといった印象です。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、関西大学「商学部」の在校生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 関西大学「商学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで関西大学のパンフレットを請求してみて下さい。 関連記事.

次の

先輩に聞く、関西大学 商学部の評判は?【大学の口コミ】

関西大学 商学部

多様なビジネスの現場に対応できる人材を育成する。 商学部は創設以来、実学教育を学部教育の根幹と考え、グローバル化・情報化時代に対応できる人材の育成に力を注いでいます。 商学部では、「英語と会計に強いビジネスリーダー」を育成するため、商学の5つの分野の基礎を低年次で学び、上位年次では専門的な学習に集中するというカリキュラムを2008年度から導入し、さらに進んで学びたい人のために複数の特別プログラムを提供しています。 イギリスに滞在しながらビジネス英語を学ぶ「海外ビジネス英語プログラム(BestA)」、少人数で国際的なビジネスリーダーをめざす実践的なプログラム「ビジネスリーダー特別プログラム(BLSP)」は英語に強い国際的なビジネスリーダーを育成します。 公認会計士をめざす「会計連携特別プログラム(ALSP)」は高度な企業経営を支援する会計プロフェッションを育てます。 その他には、最新の情報技術を駆使するイノベーターを育成する「サービスイノベーション特別プログラム(DSI)」も開講されています。 教室で学ぶだけでなく、海外を含むビジネスの現場に出かけて行き、実践的に学ぶこと。 これが商学部のカリキュラムの特徴です。 また、商学部ではさまざまな学びの機会を提供しています。 例えば、関西大学ビジネスプラン・コンペティションKUBIC(キュービック)は、商学部が主催する全国規模のイベントで、全国の高校生・大学生等からビジネスプランを募集し、予選を通過した応募者が本選会でプレゼンテーションを競い合っています。 このようにさまざまな機会を提供することで、学生のやる気を刺激し、潜在的な可能性を引き出すことを可能にしています。

次の

関西大学/偏差値|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

関西大学 商学部

満足していること:学習する環境が充実している 外国語をより深く、楽しく学べるセミナーなどが無料で提供されており、そこにいく事で普段は話す事も出来ない外国人留学生の方たちと触れ合い、学び、成長する機会が増えてきています。 そして大学内、大学の駅周辺などに安いカフェや喫茶店などが続けてできており、学生証を見せればさらに安い値段で注文できたりといったサービスが提供されているのがありがたいです。 後はある学部に行くまでの道のりがかつては遠回りしなければ行けなかったのに、エスカレーターや道が整備されて行きやすくなったり、とても便利になっていますね。 エントリーシートを書く際にどのように書けば注目されるか、そして最終的にパスできるかといったことをとても親身になってアドバイスして下さりました。 面接の前にはほぼ毎日申し込んでおけばプレ面接対策などをして頂くことができました。 必要書類に関してもギリギリ間に合わなそうな時はその日にそろえてくださりました。 とてもありがたかったです。 不満に感じていること:必修科目が抽選制 私の大学、学部では必修科目のうち、4つくらいが抽選制度になってます。 これは大学の授業が始まる前の長期休暇などの時に時間割を作るのですが、その時に応募して見事当選すれば、その授業を取ることができるのですが、私の先輩で4回生になるまでほとんどその抽選に落ちて、4回生になって受かったので就活にとても影響して大変だった人がいました。 私自身も3回生になるまで受からなかったのでめちゃくちゃ焦りました。 抽選科目は必修科目でないものにするべきだと思います。 しかし、大学に所在している駐車場は大学の教授や関係者しか使えないものになっており、学生はそこからとても距離のある民間駐車場にお金を払ってとめなければなりませんでした。 最寄りの駅まで遠くて車でしか来れない生徒もいるわけなので、そのような生徒の為にも学生が払った駐車場の値段の一部をキャッシュバックしたりそのような制度ができればより生徒を集められるのではないかと思います。 関西大学のおすすめ学部:商学部 やはり自分が行っているか商学部です。 1つ目は、自分みたいなダメ人間ですら成長させてくれた学部だからです。 そしてもう1つは、ゼミへの加入が自己参加という民主的なところですね。 他の学部ではゼミへの参加は必修なのでどこかへは所属しなければならないのですが、商学部は自己参加でした。 総合的に見ると商学部をオススメします。 関西大学に通って良かった?• 大学:関西大学 商学部• 状況:大学卒業後、1年以内• 性別:男性• 通りがかりに友人や先輩後輩に声を掛けられることも多… 不満に感じている点 大阪の都心近郊にキャンパスが位置し、便利であると宣伝されています。 周りの友人にもいい環境だねとたびたび言われますが、実際のところ阪急千里線がメインの交通手段でワンウェイ… おすすめ学部:商学部 商学部という名の下、マーケティングやファイナンス、人事など多岐にわたる分野を学ぶことができます。 大学:関西大学 商学部• 状況:現在大学に通っている 大学3年生• 性別:男性• しかし、それだけにそれに見合ったメリットがあります。 それはブラン… 不満に感じている点 学部によって建物の綺麗さが全く違うことに不満を持っています。 私は商学部に通っていますが、いつもトイレの汚さにはため息が出ます。 法学部の建物のトイレは最新設備が整っており… おすすめ学部:商学部 関西大学の商学部は、巷では楽商学部と言われており、他の学部に比べて簡単に単位がとれる授業が多くあるとされています。 大学:関西大学 商学部• 状況:現在大学に通っている 大学4年生• 性別:男性• 外部の留学システムを使用すれば値段も安いなどメリットもありましたが、私は大学の留学システムを使いました。 その理由は、… 不満に感じている点 一部の教員の講義内容です。 大体の教員の講義は自らが研究し、得た結果や自己の体験を交えて話をして下さいます。 しかし、中には一方的にパワーポイントで文章を羅列しノートに写さ… おすすめ学部:商学部 将来CAになりたい方、経営者になりたい方に特にお勧めしたいと思います。 なぜなら関西大学には各分野に著名な教員がいらっしゃるからです。 大学:関西大学 商学部• 状況:現在大学に通っている 大学1年生• 性別:男性• また学生向けの安くてボリューム… 不満に感じている点 関西大学は人数が多いので、大きな教室での授業も多いのですが、先生は教科書の内容をただ読んでいるだけで、授業を成り立たせようとしているように見えるし、教室の後ろの方に座っ… おすすめ学部:商学部 関西大学の商学部は、楽勝学と呼ばれており、非常に楽なことで有名です。

次の