お年玉 金額。 お年玉相場【中学生】子供の金額はいくら?平均/合計額一覧 | 子育て19(子育て塾)

お年玉の相場は?小学生・中学生・高校生・大学生ごとに調査

お年玉 金額

中学生 13歳、14歳、15歳 の 子供は お年玉を 親 親戚 から いくらもらうのか? お年玉の 平均金額を一覧にしました。 また、中学生のお年玉合計金額も紹介! お年玉【中学生】子供の相場はいくら? 平均金額一覧 中学生の子供にお年玉をあげた親 親戚 の方にアンケートを取り、お年玉の金額とその金額にした理由をまとめました。 年齢別に紹介します。 子供の年齢 お年玉相場 お年玉平均金額 13歳 約3000~5000円 約4200円 14歳 約5000~6000円 約5454円 15歳 約5000-6000円 約5642円 ・幼稚園保育園児のお年玉相場は500~3000円であり、平均金額は1776円でした。 ・小学生低学年 1~3年 のお年玉相場は1000~5000円であり、平均金額は2773円でした。 ・小学生高学年 4~6年 のお年玉相場は1000~5000円であり、平均金額は3536円でした。 ・中学生のお年玉相場は2000~10000円であり、平均金額は5476円でした。 ・高校生のお年玉相場は3000~10000円であり、平均金額は7315円でした。 親の価値観や、家計の状況などによって金額の差があるようです。 たくさんあげても無駄遣いしそう、と不安になる年代ですね。 ・小学生…3000~4000円 ・中学生…5000円 13歳でも、小学生卒業前か、中学に入学しているかで金額が違うようです。 子供の金遣いが荒いから少なめにあげるという意見も。 子供の年齢 お年玉金額 お年玉金額の理由 13歳 2000円 小学生には千円一律。 中学生には二千円一律。 高校生には三千円一律と決めてますよ。 13歳 3000円 小学生はこの金額、中学生はこの金額として決めています。 13歳 3000円 子供のうちはこれぐらいがいいかなと 13歳 3000円 ずっと3000円です 13歳 3000円 あげすぎても無駄使いするだけなので 13歳 3000円 まだ小学生なのでこの金額です。 13歳 5000円 中学生から5000円にしています 13歳 5000円 我が家は、親戚・小学生以下3000円、中・高校生5000円、大学生10000円です。 13歳 5000円 中学生になったので。 13歳 5000円 中学生の相場です 13歳 10000円 中学生の欲しがるものは1万円くらいするから。 大きくなったので、 「1000~3000円では可哀想」と感じる親御さんも多いようです。 ほぼ5000円あげている家庭が多い中、10000円あげたという方も。 中学生の欲しい物がゲームソフトなど高価なものが多いので、子供も5000円は欲しいと思っているでしょう。 子供の年齢 お年玉金額 お年玉金額の理由 14歳 5000円 私の基準は高校生10000円、中学生5000円、小学生3000円、それ以下2000円です。 14歳 5000円 両親同士で大体お互いに同じような金額であわせています。 14歳 5000円 中学生なのでみんなが貰っている平均的な金額です 14歳 5000円 中学生 双子 は基本5000円。 14歳 5000円 中学生は統一しています 14歳 5000円 中学生ならこれくらいの5000円が相場と思います。 14歳 5000円 少ないと思いますがみんな同じくらいなので 14歳 5000円 これ以上上げられません 14歳 5000円 子供も親戚もみんな中学生は5000円 14歳 5000円 あらかじめ、親族間で年齢によって値段を決めています。 もう一枚千円札を足してボリュームを出す6000円も見受けられました。 最近の服やゲームソフトなど、欲しいものは結構な金額しますので、もらう側としては、1万円位は欲しいようです。 「高校生になったら10000円」というイメージがあるので、中学生のうち3年間は一律5000円が多い意見でした。 子供の年齢 お年玉金額 お年玉金額の理由 15歳 2000円 出せる範囲で 無理のない金額で 15歳 5000円 最近はどんどん相場が上がっててよく分からないです。 誰か友達に聞くしかないですね。 15歳 5000円 兄弟の子供や親せきの子供、友人の子供などで金額は変えています。 あまり頻繁ではない親せきの子供などは1000円から3000円位と本くらい買える値段で、兄弟の子供などはもらった位を返す感じにしています。 15歳 5000円 色々なサイトに目安が載っています。 平均的な額がわかり役に立ちます。 15歳 5000円 学年によって金額を変えています。 小学校低学年は1000円、小学校高学年は3000円、中学生は5000円、高校生は10000円のように決めています。 15歳 7500円 500円玉を年齢の数だけあげるのが恒例です。 落語のように数をちょろまかそうとしたりしながら遊びながらあげていますが、そろそろ金額的に満足してもらえなくなりました。 15歳 10000円 今時、1万円位ないと好きなもの変えないかと思うので。 相場もこれ位じゃないですか? 中学生年齢学年別お年玉平均合計金額 中学生が貰っているお年玉の 合計金額・総額の平均金額です。 学研教育総合研究所2017年調査情報 もらった間柄は特定せず、貰ったお年玉の総額のアンケートから平均を計算した結果です。 gakken. html 「中学生の間は5000円」という意見が多いのですが、学年が上がるごとに合計の平均金額も上がっているので、 年齢が上がるごとに金額も少しずつ上げているケースも多いようです。 ちなみに、お年玉の使い道は、中学生の調査は行われていませんでしたが、 【小学生のお年玉の使い道】の調査では、.

次の

お年玉の金額の決め方。目安を紹介!年齢で考えてみよう

お年玉 金額

お年玉いくらあげる? お正月の風物詩である「お年玉」。 そこで、今回はアンケート調査をもとに、一般的な相場を紹介いたします。 身近な小学生とお正月に会う機会がある方にとっては、お年玉を意識せざるを得ないと思わせる結果ですね。 それもそのはず、大人(20代以上)のほぼ2人に1人が、誰かしらにお年玉をあげているというデータもあるのです(男性49. 8%、女性51. 3人に1人は、3~4人の子どもたちにお年玉をあげている お年玉をあげる人数は、支出に直結するため気になるところですね。 前述のアンケートからデータを紹介します。 42人ですが、中には、30人もの子どもたちにお年玉をあげたという回答者も! 1人3000円としてもその総額は9万円に。 孫がたくさんいる方なのかも知れません。 親戚の子どもにあげる人が多い それでは、お年玉をあげる対象は誰が多いのでしょうか。 一番多いのは、「甥、姪などの親戚の子 64. 1% 」、次いで「自分の子 36. 1% 」「孫 21. 4% 」と続きます。 意外な結果として「親 義理の親も含む 」にも9. 子どもにとっては嬉しいお年玉ですが、スリにあったりお友達とのトラブルの元になったりと、そこに潜む危険もいっぱいです。 もらった側としては、子どもにお年玉を渡しっぱなしにせず、一緒に使い道を考え、未使用分については、子ども名義の銀行口座を開設して子どもの手で預けさせるのが良いでしょう。 あげる側としても、年齢に対してあまり大きな金額を包むのは避けたほうが良いと思います。 1人の子どもにいくらあげているの? 学年別の相場 やっと本題ですが、お年玉を用意するときに一番悩む包む金額。 中高生になると、約半数が5000~10000円あげているようです。 身内とあらかじめ取り決めをしておくのもオススメです。 楽しいお正月が、お年玉が原因でトラブルなど起こらないように、あげる側ももらう側も、楽しくお年玉のやり取りをしたいものですね。

次の

お年玉の金額で兄弟で差を付ける?決め方は?幼児の場合は?

お年玉 金額

スポンサーリンク お年玉の金額は兄弟で差を付ける? お年玉をあげる行為自体は毎年変わりませんが、変わるのは相手である子供の年齢ですね。 毎年増える一方なのが当然という風潮はありますが(笑)、それとともに、渡そうとする子供に兄弟がいる場合に、お年玉の金額に差をつけるべきでしょうか。 と、ここまで書いていて、すでに結論的なことに触れてしまってましたね。 年齢によるのか、それとも学校の学年によるのかで細分化のレベルが異なってきますが、やはり基本的に年上の子供には年下の兄弟よりは多くあげる、というのが一般的です。 上の子に多く渡すことで、自然と下の子にも『大きくなったら良いことがたくさんある』的なことが伝わりますし。 小学校に上がって数年もすれば、お金についての価値もわかってきているはずですし、兄弟の中では金額の多寡で多少揉めるかもですが、その方が無難なんです。 小学校に上がる前の未就学の子供については、年齢の開きはありますが(早ければ0歳児にもあげることも)、基本的に一律で良いでしょう。 お年玉の金額の決め方は? 色々とサイトを見てみますと、1歳ごとに金額を算出する計算式などもあり、その方法ですと確かに毎年純粋に計算式により算出される金額をあげれば良い、ということになります。 ですが、わたす子供の年齢が事前に正確に把握できていない場合に困るかもといった点や、毎年計算して金額を弾き出す手間を考えますと、逆にどうなのかなとも思います。 そこで、1歳ごとの年齢に基づくというよりは学齢によって分ける方式(?)をおすすめします。 実際には、その子や親との関係や親密度合い等により、金額は多少高低の差が出ても当然でしょうし、そのあたりは親類どうしで話し合って柔軟に対応する、というのも一つの方法です。 スポンサーリンク お年玉の金額について幼児の場合は? 未就学児童の場合には、そもそもお金の価値がわからない赤ちゃんや幼児にお年玉をあげるのか、で悩んでしまいますよね。 ですが、この場合はその子本人にというよりも親御さんにあげる感覚で、少額でも良いからあげれば良いと思います。 この時の金額の相場は、全国的に千円程度が目安とされていて、場合によりお菓子やおもちゃとともに、またはお金に代えてそれらを渡すケースもあるようです。 この世代の子供なら、きっとおもちゃやお菓子の方がありがたいはずです。 まとめ お年玉の金額の相場については、決定版の決まりがあるわけではありませんが、自分の中で基準は持っておきたいものですね。 年始に急に親類と逢って慌てないように、その子供たちの学齢も把握しておきましょう。 また、お年玉に用いるお札については、やはりいわゆる『ピン札』(未使用の新券)が良いでしょう。 前年末の銀行業務の休業日までに、銀行等に行って新券に両替しておきましょう。 都市銀行よりも地方銀行や信金等の方が、気前よく(?)同じ券種でしたら多い枚数で両替可能なところが多いような気がします。 ご参考にどうぞ。

次の