ウィー ケスト リンク。 2019年9月15日第203回「今月の言葉」「ウィーケスト・リンクとは何か?④(歴代の横綱について②ー①)」(weakest link)

ザ・ウィーケスト・リンク

ウィー ケスト リンク

題名の有無。 一部の日記には題名をつけていなかったため、後付けですが、題名をつけました。 記事の概要の有無。 日記では記事の概要を書いていなかったため、後付けですが、記事の概要を書きました。 カテゴリの有無。 日記ではカテゴリによる分類をしていなかったため、後付けですが、カテゴリを指定しました。 本文の内容。 本文が異なる理由は、以下の対処をしたからです。 問題がある表現を含む文章は、表現を改めたり削除したりしました。 整合性のない文章は、文意を変えないように注意しながら改めました。 整合性のない文章の具体例として、例えば、ある日の出来事が前日の日記に書かれているのがあげられます。 読みやすいブログの記事にするため、工夫しました。 テキストのみで書かれた長い文章は、ブログの記事として読みにくいと考えたからです。 MMORPGの記事は、ギルド名や私を含むキャラクタ名、スクリーンショットなどを全て伏せました。 なお、データが消失したため、日記の一部はブログの記事にできませんでした。

次の

ウィーケストリンク☆一人勝ちの法則

ウィー ケスト リンク

ザ・ウィーケスト・リンクが輸出された国・地域 ザ・ウィーケスト・リンク The Weakest Link は、ので放送されたである。 初回の放送は。 オリジナルであるイギリス版は、および を通じ、世界中に配信された。 番組フォーマットのライセンスは、BBC()の商業部門である を通じて配信された。 世界中の50の国・地域にライセンス契約され、それぞれの版が制作されており、その中には日本も含まれている。 世界に先駆けてライセンス契約によって取り入れた国はである。 各国版における番組名は、そのほとんどが「ザ・ウィーケスト・リンク」またはその訳語となっている。 また、他国版を放送した国は11にのぼる。 ザ・ウィーケスト・リンクは、として、世界で2番目に好評を博した番組となった。 1番目は『 Who Wants To Be a Millionaire? 』であり、こちらもイギリス発祥の番組である。 オリジナルのイギリス版では、司会者を務める は、黒い衣装をまとい、決して笑わないという設定を徹底している。 これにならい、各国版の司会者もすべて黒(ないし暗い色)の衣装をまとっており、決して笑わない。 またほとんどの版でイギリス版と同じく女性が務めている。 フォーマット [ ] オリジナルであるイギリス版、および多くの各国版におけるフォーマットは以下の通りである。 9人の解答者は半円形に1列に並び、全員が1チームとして、1人ずつ順に1問1答の一般常識問題に解答していく。 これを一定時間行い、1ラウンドとする。 各ラウンドの目的は、その制限時間内に連続して正解し、チーム全体で共有する賞金を増額していくことである。 このとき増額される賞金は、後述する「マネー・ツリー Money tree 」に従う。 しかし、1問でも不正解すると、それまでに積み上げた賞金は全額没収されてしまう。 これを防ぐための手段として、司会者が出題する前に解答者は「バンク Bank 」と宣言することで、それまでに積み上げた賞金を確保し、マネー・ツリーの第1段の賞金から連続正解を再スタートすることができる。 それ以降で不正解しても、バンク宣言してある賞金は没収されない。 賞金のバンクは安全策であると言える。 その反面、バンクせずに次の問題に正解できたならば、バンクして正解した場合に比べ、より高額の賞金を積み上げることができる。 各ラウンドの制限時間に達すると、そのラウンドは終了し、その時点でバンクしていなかった賞金は没収される。 この際、司会者が問題を読み上げている最中だった場合、もしくは解答者が解答する前だった場合、その問題は破棄される。 幾つかの国の版では、解答者が正解を答えられようとそうでなかろうと、司会者によりその問題の正解が発表される。 もし解答者側が、与えられた制限時間に達する前に、そのラウンドでの最高賞金額、すなわちマネー・ツリーの最終段ないしその同額に到達してしまった場合、そのラウンドは自動的に終了となり、次の解答者はバンクを宣言する。 各ラウンド終了時に、司会者はそのラウンドでの獲得賞金を発表する。 その後、解答者たちはそのラウンドの内容(各解答者の正解数等)をふまえて、次のラウンド開始前に、退場させたい解答者1人に投票する。 視聴者にのみナレーションでどの解答者が統計的な「ストロンゲスト・リンク(strongest link。 各ラウンドにおいて正解率が最高だった解答者)」だったのかが知らさせる。 統計的な「ウィーケスト・リンク(weakest link。 各ラウンドにおいて正解率が最低だった解答者)」も併せて知らされる場合もある。 解答者は全員でチームとして行動するため、お互いに容赦なく投票することが求められる。 解答者にとって投票は、自身が優勝できる可能性を最大限にし、かつ獲得賞金を最大限にするためにも、戦術的に重要と言える。 正解率の低い解答者に投票し退場させることは、優勝者が獲得する賞金を増額できる可能性を高めることに繋がるが、同時に正解率の高い解答者を残留させることは、最後のヘッド・トゥ・ヘッド(1対1の最終対決。 詳細は後述)で打ち負かすことがより困難になることに繋がるからである。 このため、序盤は賞金を稼ぐために最も正答率の低い解答者に投票して蹴落とし、ゲームが進むにつれ最終ラウンドに備えて正答率の高い解答者に投票して蹴落とす傾向にある(ただし、今度は多くの賞金を稼ぐことが困難になるというリスクも伴う)。 投票結果が発表されると、司会者は各解答者に対して、なぜその人物に投票したのかの理由を訊(たず)ねるのだが、同時にその解答者の無知・経歴・趣味などを侮辱したり皮肉を言ったりすることが決まりとなっている。 すべての解答者に一通り訊ね終わると、最多得票者が「ウィーケスト・リンク」として失格となる。 この際、司会者から「You are the weakest link. Goodbye! (貴方がウィーケスト・リンクです。 さようなら!)」とすげなく言い放たれ、ステージを退場する。 この退場の様を「ウォーク・オヴ・シェイム(Walk of Shame。 不名誉の歩み)」と呼ぶ。 最多得票者が複数居た場合、司会者はストロンゲスト・リンクを発表し、そのストロンゲスト・リンクが誰を退場させるかを最終決定する。 ストロンゲスト・リンクが候補者の内の1人に投票していた場合、あくまで投票した人物を退場させることに固執するか、あるいは他の人物を退場させることに気を変えるかは自由である。 また、ストロンゲスト・リンク自身が候補者だった場合でも、誰を退場させたいかを訊ねられる。 以上の流れを繰り返し、最後の2人が勝ち残るまでラウンドを繰り返す。 賞金は、各ラウンド毎の獲得額を加算してゆく。 最後に残った2人は協同して最終ラウンドに挑む。 それまでのラウンドと同様だが、異なる点が2点ある:• 最終ラウンドでバンクした賞金額は、版によって異なるが2倍もしくは3倍となり、それまでのラウンドでバンクしていた賞金に加算され、最終賞金額が決定される。 ラウンド終了後は、投票による失格退場がなく、ヘッド・トゥ・ヘッドに移行する。 ヘッド・トゥ・ヘッド Head to Head は1対1の最終対決であり、サッカーの PK 戦方式で両解答者に5問ずつ出題される。 5問ずつ出題を終えた時点で正解数の多い者が優勝者となる。 優勝者には、それまでに積み上げた獲得賞金の全額が授与される。 最終対決に負けた解答者は、それまでのラウンドで失格となった解答者たちと同様に、何も獲得できず帰途に着くこととなる。 正解数が同数の場合は、以降サドンデス方式にて行う。 すなわち両解答者は、いずれか一方が正解し他方が不正解するまで、出題され続ける。 これは決着が着くまで行われるが、幾つかの国の版では、放送時間の都合上、サドンデスは1回に編集されている。 「ウィーケスト・リンク」の意味 [ ] 直訳すると「最も弱い鎖の環」。 鎖の強さは最も弱い環によって決まるが、逆に、他の要素を守るために、最も弱い環を犠牲にしてもよいということ。 システム上のウィーケストリンクは強化など対策をとらなければならないものと、逆にのボタンののように弱い事が重要な役目を持っているものがある。 各国のザ・ウィーケスト・リンク [ ] イギリス [ ] イギリスは、この『ザ・ウィーケスト・リンク』のオリジナル版が制作された国であり、高い視聴率を獲得した。 フィンタン・コイル Fintan Coyle とキャシー・ダニング Cathy Dunning が考案し、エンターテインメント部が制作した。 司会者は 、ナレーターはジョン・ブリッグズ Jon Briggs。 夕方の時間帯で放送されるデイタイム版で大成功を収めると、すぐにプライムタイム版が制作されるに至った。 デイタイム版は、放送開始以来で放送されていたが、2008年2月11日よりでの放送に切り替わった。 しかし、2011年7月から再びBBC Twoでの放送に戻った。 オーストラリアの『ネイバーズ 』の放送局が に移動したため、その枠に移動したかたちとなった。 2006年12月18日には、放送1,000回を迎えた。 週1回のプライムタイム版と週5回(月 - 金)のデイタイム版が放送されていたが、デイタイム版は2012年3月30日、プライムタイム版は同年3月31日にアン・ロビンソンの契約終了に伴い終了した。 製作のSFドラマ『』では、21世紀においてなお続くクイズ番組として登場した。 から2006年4月末まで、のスカイパーフェクTV! 110(現 )の「BBC JAPAN」 Ch. 025 にて月金曜の4:45・10:15・15:45に放送されていたが、BBC JAPAN の放送終了と共に番組も終了した。 アメリカ合衆国 [ ] アメリカ版は『 Weakest Link』という番組名で、で2001年4月16日から2002年7月14日まで放送された。 この際、幾つかの回は未放送のままであったが、その内の数回は で2002年に放送され、さらに残った分は最終的には で放送された。 また、(地方局や独立局への番組の直接販売)によって、2002年1月から2003年9月まで放送された。 PAXでは両方の版が短期間だが放送されていた。 現在ではGSNで両方の版が放送されている。 NBC版では、イギリス版と同じくアン・ロビンソンが司会者を務め、シンジケーション版では、ジョージ・グレイ が司会者を務めた。 ジョージ・グレイは、この時点では『エクストリーム・ゴング 』の司会者として知られていたが、現在ではこの番組の司会者としてより幅広く認知されている。 また、『ザ・ウィーケスト・リンク』の各国版の内、男性が1人で司会者を務める例として挙げられる。 フォーマットは、基本的にヨーロッパ各国の版と同じである。 NBC版では、解答者は8人で、最高賞金額は 1,000,000。 アメリカでこの番組が2年目シーズンで失敗に終わったことの一因として、多くの局が抱える決算上の問題が挙げられる。 アメリカのテレビ界における2002-2003年シーズン開始時に、既に『ウィーケスト・リンク』を放送していた局の多くで『』のシンジケーション版の放送が始まり、中には『ウィーケスト・リンク』を放送していた枠で放送する局まで現れた。 新番組のたたき出す高い視聴率は、『ウィーケスト・リンク』の購入をキャンセルするのに十分な理由となったのである。 なお、『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』のシンジケーション版は、現在も放送が続いている。 ドイツ [ ] ドイツ版は、『 Der Schwachste fliegt! 』という番組名で放送された。 ドイツ語では、「The Weakest Link」を「 Das schwachste Glied」と訳せるが、これは性的な意味で「The Weakest Virile Member(性的能力が最も弱い陰茎)」という意味にも読めるため、「 Der Schwachste fliegt! (最も弱い者が逃げる)」となったとされている。 初回は で2001年3月19日に放送された。 平日午後3時から放送開始。 司会者は Sonja Zietlow。 彼女は、前年に放送された自身の名前を冠したトークショーでの辛辣な語り口で既に知られていた。 解答者はイギリス版と同じく9人、最高賞金額は 50,000。 この年の9月までに、視聴率は急速に低下。 視聴率回復のために Sonja は解答者に対しもう少し敬意を払うようになった。 それ以前には、「 Da wollen wir doch mal sehen, wer unsere kostbare Studioluft lang genug weggeatmet hat! (見てください、私たちの貴重なスタジオ内の空気を余りに長く吸っている人を!)」などと侮辱するなど、解答者を罵倒していた。 Sonja が態度を改めたものの、それも視聴率を回復させるには十分ではなく、12月に打ち切りとなった。 2002年2月には、土曜日深夜の時間帯で復活する機会を得た。 スタジオも改装し、観客も取り入れ、最高賞金額も 50,000 に引き上げられた。 しかし、最初の数回の放送では、より多くの視聴者を惹き付けるために、俳優に金銭を渡して解答者になってもらっていたという噂が流れた。 これらの変更も番組の視聴率を跳ね上げる原動力とはならず、翌3月には打ち切りとなった。 オーストラリア [ ] 『 The Weakest Link』というタイトルで、2001年2月から2002年4月まで、で制作・放送された。 司会者はコーネリア・フランシス。 解答者は9人で、最高賞金額は 100,000。 週2回、プライムタイムに放送された。 司会を務めるコーネリアがあまりに失礼だとして多くの批判を浴び、セヴン・ネットワークが番組の雰囲気を軟化させるも視聴率は伸び悩み、2002年に打ち切りとなった。 数回、特番が放送されたことがあり、ある回では他番組の『ザ・モール 』とリンクして、その参加者たちが解答者となった。 この回では、ヘッド・トゥ・ヘッドでボブ・ヤング Bob Young がタオ・グェン Thao Nguyen に勝ち、優勝者となった。 優勝賞品として、次回の『ザ・モール』へのフリー・パスを勝ち取り、失格免除となった。 なお、獲得賞金は全額『ザ・モール』の積み立て金に回された。 別の特番回では、以前の回で失格退場した解答者たちが再戦する「Worst Loser Special」が放送された。 また、以前の優勝者たちに、さらに賞金を獲得する機会を与える「The Best of the Best」が2001年の中ごろと終わりごろの2回放送された。 香港 [ ] 『 一筆OUT消』、英語副題『 The Weakest Disappears』という番組名で放送された。 司会者は香港の女優 鄭裕玲(中国語・広東語名。 英語名: キャロル・チェン Carol Cheng )が務め、で放送された。 『 一筆OUT消』は、 が広東語版の『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』で大幅な視聴率を獲得した直後に、そのライバル局である が迅速にライセンス契約し、TVB Jade で放送を開始した。 最高賞金額は 3,000,000。 初回は2001年8月に放送された。 ライセンス契約に基づき、キャロル・チェンは元祖のアン・ロビンソンのように、冷淡な口調と表情で振る舞わなければならなかった。 しかし、中国の文化では、一般的に他人に対しこのような態度で接することを快く思わないため、TVB はこの番組に対する苦情を多数受けることとなった。 制作側は大衆からの圧力に迎合するかたちで、番組のスタイルを変更し、キャロル・チェンのキャラクターを第5回放送までの意地悪なものから軟化させた。 その結果、番組は視聴者から受け入れられ、視聴率も上昇していき、最終的には『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』のそれを上回るまでになった。 TVB は、平日版108回分しか契約していなかったため、2002年1月には最終回が放送されて終了した。 司会は。 TV でイギリス版を放送。 RTP Internacional でポルトガル版を放送。 NTV network でロシア版を視聴可能。 CTV でアメリカの NBC版(プライムタイム版)を放送。 ASTRO(衛星放送)Channel 731 BBC Entertainmentでイギリス版を放送。 TV でイギリス版を放送。 アメリカ版を放送。 BBC Prime (現・BBC Entertainment)でイギリス版を放送。 BBC、後に Challenge でアメリカの NBC版(プライムタイム版)を放送。 BBC America でイギリス版を放送。 イギリス版およびアメリカ版を放送。 Viva Prime Channel でフィリピン版を放送。 マネーツリー [ ] 上から順に1チェイン、2チェイン…の順。 なお、最高チェイン数は、1チームの解答者の人数に等しい。 イギリス(昼) [ ] 司会: Anne Robinson 最高金額:10,000• 司会: 最高金額:16,000,000• (2年目シーズン) 最高金額:1,000,000• PHP1,000• PHP2,000• PHP5,000• PHP10,000• PHP20,000• PHP50,000• PHP80,000• 本家においてはプライムタイム版では解答者席にモニタなどがあるのに対し、デイタイム版では解答者の名前が書いてあるだけのシンプルなものとなっている。 このためデイタイム版では、ウィーケスト・リンク投票の際にフリップに書いて掲示する。 他国でもセットのデザインはイギリス版を基にしているが、それぞれの国によってデイタイム版、プライムタイム版、または両方のデザインを合わせたものになっている。 またアメリカではプライムタイム版のデザインを大幅にアレンジしている。 脚注 [ ].

次の

〜第2回ウィーケストリンク★エグゼ勝ちの法則〜

ウィー ケスト リンク

」 メイル「正解(1万)、マハ君、日本のミリオネアで、2002年8月に、久しぶりの1000万獲得したのは、スペシャル以外のレギュラーは、何ヶ月ぶり。 」 マハ「8ヶ月振り。 」 メイル「正解(5万)、大山君、新潟県と福島県を結ぶ、高速道路は、」 デカオ「磐越自動車道。 」 メイル「正解(10万)、黒井君、巨人の正式名所は、」 みゆき「読売ジャイアンツ。 」 メイル「正解(25万)、サロマ君、中京圏は、岐阜、三重と後一つは、」 サロマ「愛知。 」 メイル「正解(50万)、火野君、伊東四郎主演のテレビ朝日のドラマ、笑う何々。 」 火野「せぇるすまん。 」 メイル「正解(100万)、マハ君、ヤクルトの抑え投手の高津慎吾は、何処の芸能 プロダクション。 」 マハ「吉本興業。 」 メイル「正解(150万)、大山君。 」 デカオ「バンク(150万獲得)。 」 メイル「日本の中央競馬の左回りコース、中京、新潟と後一つは、」 デカオ「東京。 」(悲しい顔) メイル「正解(1万)、黒井君、熱海は、何処の県。 」 みゆき「静岡県。 」 メイル「正解(5万)、サロマ君、選択問題、新宿、原宿、御宿、千葉県なのは、」 サロマ「御宿。 」 メイル「正解(10万)、火野君、群馬県で、動物に隠れているのは、」 火野「馬。 」 メイル「正解(25万)、マハ君、盛岡競馬場の別の名前は、」 マハ「オーロパーク。 」 メイル「正解(50万)、大山君。 」 デカオ「・・・・・・。 」 ナレーター「えっ、デカオ君は、バンクしない、今度2度目の200万がパーになるのか。 」 メイル「常盤貴子主演の恋愛偏差値の第2章は、」 デカオ「パーティー。 」 メイル「正解(100万)、黒井君。 」 みゆき「バンク(200万達成、拍手、終了)、デカオ君、バンク忘れただろう。 」 デカオ「ごめん。 」 メイル「又も、200万でました、では、投票を行ないましょう、恋愛偏差値の第2章の常盤貴子の役名が、三咲結花になっているのは、誰でしょうか(大爆笑)、足を引っ張った人、ウィーケストリンクを書きなさい。 」 (投票中) ナレーター「ストロングゲストリンクは、デカオ君ですが、バンクの間違いと見逃した所があります、果たして退場になるんでしょうか、そして、ウィーケストリンクは、みゆきさんです、しかし、波乱が出ます。 」 (投票終了) メイル「採決が下されました、では、投票結果を確認しましょう。 」 デカオ「マハ=ジャラマさん。 」 みゆき「マハ=ジャラマさん。 」 マハ「えっー。 」 メイル「マハ君に2票です、これで決まれば、決定です、どうぞ。 」 サロマ「マハ=ジャラマさん。 」 マハ「ウソー。 」 火野「マハ=ジャラマ君。 」 マハ「大山デカオ君です。 」(怒りと爆笑) (マハ君、満票。 ) メイル「何と、マハ君が、全員書くとは、思いもよりませんでした(爆笑)、さて、ストロングゲストリンクの大山君は、何故、マハ君ですか。 」 デカオ「俺に催眠術をかけた、犯人でした、オラウータンをさせられました。 」(大爆笑) メイル「そうですか、さて、本物のウィーケストリンクの黒井君、何故、マハ君を、」 みゆき「デカオ君と同じです、やっぱり、催眠術です、私は、モモンガーをさせて、その後、解けた時に、落下して、骨折する大けがをしたので、マハさんを退場した方が言いと思います。 」(笑) メイル「そうですか、サロマ君、ひどい目にさせましたね。 」 サロマ「カンガルーで、解けた後に、階段に落っこちて、大けがしました。 」(笑) メイル「火野君も被害にさせましたね、その前に、氷川君に、同じ使い道で、私にデートを、何で、デートを、」(笑) 火野「メイルちゃんが、まさか、床屋にいると思いましたので、だから、お詫びとして、メイルちゃんとデートをしたいと、」(笑) メイル「そうですか、さて、火野君は、何故、マハ君を、」 火野「私にも、催眠術をかけたのは、許しません、あの、95%の人気番組は、消した方が言いと思います。 」 メイル「とう言う事で、マハ君がウィーケストリンクと決定しました。 」 ナレーター「ストロングゲストリンクのデカオ君は、次のラウンドで、最悪の舞台が出ます。 」 マハ(敗者の弁)「催眠術をしなければ良かったんです、くやしーです。

次の