トマト サラダ。 韓国風トマトサラダ by NAGANO久留米 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

キュウリとトマトのカラフルサラダ…ひと手間を加え食べやすく : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

トマト サラダ

1人分はすし酢の計量が難しいので、 2人分で作ると作りやすいです。 チューブの生姜を使うときは、 1片=大さじ1、で同じ量になります。 レシピでは、生姜はきざんで使いますが、 チューブのすりおろし生姜でも作れます。 チューブ生姜の方が、きざみ生姜よりも 風味がやさしい仕上がりになりました。 すし酢がない時はどうする? ふつうの醸造酢でも作れます。 ミツカンのかんたん酢も、 すし酢の代わりになります。 かんたん酢を使うときは、 すし酢と同じ分量を使えばOKです。 家政夫のナギサさんレシピ ナギごはん トマトサラダねぎ生姜だれの作り方 作業1 トマトの湯むき トマトのヘタをくり抜き、 身まで切らないように、皮に十字に 切り込みをいて、トマトを湯むきする。 湯むきしたトマトは、冷蔵庫で冷やす。 トマトを湯むきしたほうが ねぎ生姜だれの絡みがよくなり おいしい出来上がりになりますが、 皮つきのトマトでも作れました。 作業2 ねぎ生姜だれ作り 長ねぎと生姜をみじん切りにし、 ボウルで合わせる。 そこにすし酢を入れて混ぜ合わせる。 これでねぎ生姜だれは完成。 作業3 盛り付け 冷やした湯むトマトを6等分に切り、 器にもる。 作業2で作ったねぎ生姜だれを トマトにのせる。 円を描くようにごま油を トマトにかけたら出来上がりです。 トマトの湯むきは少し面倒ですが、 湯むきの方が確実においしいです。 湯むきしたトマトをしっかり冷やすのが とにかく大事な作業ポイントです。 作業自体はカンタンで、 あっという間に終わりました。 暑い夏の夜にぴったりな、 さっぱりとした味わいの一品です。

次の

韓国風トマトサラダ by NAGANO久留米 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

トマト サラダ

1人分はすし酢の計量が難しいので、 2人分で作ると作りやすいです。 チューブの生姜を使うときは、 1片=大さじ1、で同じ量になります。 レシピでは、生姜はきざんで使いますが、 チューブのすりおろし生姜でも作れます。 チューブ生姜の方が、きざみ生姜よりも 風味がやさしい仕上がりになりました。 すし酢がない時はどうする? ふつうの醸造酢でも作れます。 ミツカンのかんたん酢も、 すし酢の代わりになります。 かんたん酢を使うときは、 すし酢と同じ分量を使えばOKです。 家政夫のナギサさんレシピ ナギごはん トマトサラダねぎ生姜だれの作り方 作業1 トマトの湯むき トマトのヘタをくり抜き、 身まで切らないように、皮に十字に 切り込みをいて、トマトを湯むきする。 湯むきしたトマトは、冷蔵庫で冷やす。 トマトを湯むきしたほうが ねぎ生姜だれの絡みがよくなり おいしい出来上がりになりますが、 皮つきのトマトでも作れました。 作業2 ねぎ生姜だれ作り 長ねぎと生姜をみじん切りにし、 ボウルで合わせる。 そこにすし酢を入れて混ぜ合わせる。 これでねぎ生姜だれは完成。 作業3 盛り付け 冷やした湯むトマトを6等分に切り、 器にもる。 作業2で作ったねぎ生姜だれを トマトにのせる。 円を描くようにごま油を トマトにかけたら出来上がりです。 トマトの湯むきは少し面倒ですが、 湯むきの方が確実においしいです。 湯むきしたトマトをしっかり冷やすのが とにかく大事な作業ポイントです。 作業自体はカンタンで、 あっという間に終わりました。 暑い夏の夜にぴったりな、 さっぱりとした味わいの一品です。

次の

サラダチキンとフレッシュトマトのパワーサラダ

トマト サラダ

こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。 今回は、夏野菜のトマトとキュウリを使ったサラダのご紹介です。 トマトもキュウリも洗うだけですぐ食べられるので、とても便利な野菜ですが、トマトの皮が口に残ったり、キュウリをかむことが難しいと感じることはありませんか。 トマトの皮は薄くて硬く、焼きノリのように口の中に貼りつきやすく、かみ切ることが難しいものです。 キュウリも黄緑色の果実の部分に比べ、濃い緑色の部分は硬さがあります。 野菜を食べやすくする調理のポイントは「皮をむく」「ゆでる」というひと手間を加えること。 トマトやキュウリの皮をむく、ゆでることはあまり一般的でありませんが、この工程を行うだけで生よりもずっと食べやすくなります。 今回は手作りのマリネ風のドレッシングで味付けをしましたが、市販のゴマドレッシングやフレンチドレッシングなどをかけるとより手軽に味付けができます。 湯通しした野菜は、水分が出やすいので、味が薄まってしまいがちです。 水気をしっかり切ることで味がぼやけず、食欲増進にもつながります。 [作り方] (1) ミニトマトはへたをとり、反対側につまようじで穴をあける。 沸騰した湯に入れ3~5秒たったら氷水にとり、表面の皮をむく。 (2) キュウリはピーラーで緑の皮の部分をむき、5mm幅の輪切りにする。 沸騰した湯で1~2分ゆでる(硬さは食べる人に応じて調整) (3) (1)と(2)をキッチンペーパーにのせ、水気を切る。 (4) (A)を混ぜ合わせて、盛り合わせた野菜にかける。 食べる機能を確認しましょう。 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世).

次の