ライン クーポン の 使い方。 LINE(ライン)の新機能「LINEクーポン」「マイカード」の使い方を解説! 上手く活用してお得にポイントを貯めよう!

LINE(ライン)の使い方・スタンプ・裏技 完全マニュアル【2019年最新情報】【Android・iPhone】

ライン クーポン の 使い方

・大戸屋のアイス無料 ・大戸屋のしゃきしゃきキャベツ無料 ・大戸屋の大豆とひじきの煮物無料 ・大戸屋のほうれん草のおひたし無料 残念ながら、一人、1回1ラインクーポンになっているので、 どれかを選んでタップします。 私は、今回、野菜不足解消のために、 大戸屋さんのしゃきしゃきキャベツにしました。 これを注文の時、またはお会計の時に見せるだけでOKなのです。 他にもあるある!地元で使えるお得なlineクーポン 実は、ラインクーポンは、 あなたの住んでいる地域で使えるクーポンをチョイスして紹介してくれる機能もあるのです。 探してみると、地元では 色々なラインクーポンが発行されていたのです! 地元で使えるお得なlineクーポンの探し方 では、実際に地元で使えるお得なラインクーポンがどんなものがあるか探してみましょう。 地元だけでなく、地域設定をしたら、自分の探している地域のラインクーポンも探すことができますよ。 まずは右下のウォレットから真ん中ぐらいにある「公式アカウント」をタップ。 すると、公式アカウントが色々と出てきます。 右上にある「クーポン」をタップします。 すると、色々なクーポンが出てきます。 カテゴリーわけもできます。 今回は、「グルメ・フード」にジャンルを絞って探してみようと思いました。 あーあ、残念。 基本設定は、自分の住んでいる場所になっています。 違う場所でのクーポンも探すことができますので、探してみてくださいね。 まだまだ、この辺りのクーポンは 店舗さんはあまり力を入れていないのかな・・・。 神戸では美味しいな、と感じるクーポンは今回ありませんでした。 次回に期待! lineクーポンの大戸屋でランチも使える使い方と取得方法 ラインクーポンは、ラインアプリから入り、2種類ラインクーポンを探す方法があります。 大戸屋さんのラインクーポンは、ラインクーポンから。 そこから、好きなメニューを探して、注文の時かお支払いの時に見せるだけ。 大戸屋さん以外のラインクーポンは、 お店によって、提示の仕方が変わるので、 ラインクーポンの説明箇所をチェックしてくださいね。

次の

LINE公式アカウント(旧LINE@)~抽選(クーポン)機能の活用法~

ライン クーポン の 使い方

普及率が高く、国内メッセンジャーアプリのなかで確固たる地位を築いているLINE。 LINE クーポン機能とは、そんな幅広く親しまれているLINEで店舗に集客できる機能です。 本記事では効果的に集客につなげるにはどのような活用方法があるのか事例をもとに考察し、解説します。 LINE のクーポン機能とは• リアル店舗のLINE クーポン活用事例• ネット通販、ECのLINE クーポン活用事例• LINE クーポンの活用ポイント• まとめ LINE のクーポン機能とは まずLINE のクーポン機能について解説します。 LINE クーポン機能では開封率や使用率の測定が可能なクーポンをユーザーに配信できます。 クーポンのフォーマットには、友だち登録している全ての人に配ることができる 「全員配布」、ユーザーが応募して当選した人に配る 「抽選」の 2種類があります。 用途にあった形でユーザーへ配信することができるので、単発的でなく持続性のある集客施策が行える機能です。 クーポンブックというクーポンの期限順から表示したり、近隣のお勧めを表示することができる機能があります。 これにより、埋もれやすいクーポンも検索しやすくなります。 クーポン機能の特徴 LINEの普及率が非常に高く、リアルタイムな配信も出来るという点で 即時性が高いことが挙げられます。 またタイムラインやメッセージ画面をすぐに確認できるため、メルマガと比較すると開封率やクリック率も高くなります。 クーポン配信では統計情報が画面で確認出来るため、個々の開封率や使用率の測定も可能です。 クーポンの作成方法 LINE クーポンの作成方法は以下のサイトにまとめてありますのでご覧ください。 リアル店舗のLINE クーポン活用事例 飲食店による活用例 事例1 : パン工房ル・ブール 地域密着型で近隣住民がリピーターとして多く訪れる、手作りパンのパン工房ル・ブールのLINE@のアカウントです。 月に1回ユーザーへ商品割引の「抽選」クーポンを配信しています。 過去、同店の事情で抽選クーポンを配信できなかった時には、お客さんからクーポン配信を求める電話がきたそうで、それ以来欠かさずクーポンを配信し続けています。 LINE のクーポン文化が根付いていることがわかりますね。 持続性のある集客へ効果を発揮している事例です。 参考: 事例2 : 麺屋 むげん 千葉県産の食材にこだわり、ガゴメ昆布を練り込んだらーめんを提供する麺屋 むげんのLINE のアカウントです。 LINE 導入で前年比140%まで売り上げが増加している同社はこれまでに、新メニューを出した際に配信する 「1週間限定50円引き」クーポンや、インパクト大の 「ラーメン1カ月半額券」が当たる抽選クーポンを配信しています。 同地域でもクーポンを活発に利用する人が多く、全国展開していない店舗においても、集客に効果的だったといえます。 参考: 事例3 : 四十八漁場 日本全国の漁場より直送される鮮度の高い魚と日本酒を提供している、居酒屋の四十八魚場のLINE のアカウントです。 LINE 導入後、1カ月で売り上げが100万円増加した四十八魚場は、これまでに異なるおつまみ系の小皿プレゼントのクーポンを交互に毎週配信しています。 これにより友だち数が月ごとに増えると同時にクーポンの使用率も増加しており、友だち数に対して5. LINE のクーポン機能を活用することで、友だち数獲得と企業の認知度を上げる事例です。 参考: 事例4 串カツ田中 「大阪伝統の味の串かつを日本の食文化の一つにする」という目標を掲げ、全国100店舗以上展開する直営・フランチャイズの串カツ田中・六本木店のLINE のアカウントです。 これまでに、「雨の日クーポン」を配信しています。 雨の日は足取りが悪くなり集客するのが難しい中、一度来た人の再来店のきっかけとして作られました。 LINE ならではの使用で、当日の状況に合わせた内容のクーポンを配信することができます。 具体的に「チンチロリン」という名前の雨の日クーポンは、会計時に提示後、サイコロを振り出た目によって異なる割引サービスが受けられるといったイベント性が含まれています。 これは、多くの人に好評がありリピーター数獲得につながっています。 その他、友だち追加で串が1本無料になるというクーポンもありお客さんに好評で友だち数獲得に効果的といえます。 参考: 事例5 : 蒙古タンメン中本 「辛旨ラーメン日本一!」を掲げ、関東に16店舗を構える株式会社誠フードサービスが経営する蒙古タンメン中本のLINE のアカウントです。 LINE@導入後、10ヶ月で友だち数は3万人を超えている蒙古タンメン中本は、ほぼ毎月のメッセージとともにクーポンを配信しています。 以前紙のクーポンを配っていた時と比べLINE のクーポン機能を導入したことにより利用者数は桁違いに増加、クーポン利用率は1日に1店舗辺り50人以上となっています。 参考: 事例6 : かっぱ寿司 全国に約340店舗を構えた大手企業カッパ・クリエイト株式会社の回転寿司チェーン店かっぱ寿司のLINE のアカウントです。 これまでに、10%OFFクーポンや土曜限定クーポンを配信しています。 中でも、年始に土曜日限定のクーポンを配信した際、今までにない大反響がありました。 LINE の即時性を生かした活用により、ランチ情報や限定クーポンなどの情報をタイミングよく配信することで、クーポン使用率はメルマガの約2倍となっています。 参考: 事例7: ラケル 中年代女性に人気のあるとろ~りオムライスとふわふわラケルパン、豊富な品揃のあるスイーツを提供しているレストラン株式会社ラケルのラケル テラスモール湘南店LINE のアカウントです。 具体的なクーポン機能活用として、友だち登録時から使える10%OFFクーポンをプレゼントており、月に平均約300人の友だち登録があります。 LINE@導入後約1カ月間は友だち数は約300人だったため、リピーターへと繋げるためお年玉企画として「すべてのデザートの中からお好きな一品サービス」といった特別感のある内容のクーポンを配信。 その開封率は63. 4%と高く、実際に使用した人は40件でした。 情報と、時間のタイミングに合わせたLINE のクーポン機能の活用例です。 その一方、週末だけでなく平日もお得に購入できるテイクアウトのラケルパンの割引クーポンを配信したところ、思ったほど反響が少なかったようです。 ユーザーのニーズに合わせたクーポンを配信することが重要であることがわかりますね。 参考: 小売店による活用例 事例8 : ダイシン 株式会社アイリスプラザ・ダイシンカンパニーが宮城県を中心にチェーン展開・運営する住まいと暮らしのDIYセンターの「ダイシン長命ヶ丘店」LINE のアカウントです。 週末にクーポン配信することで来店を促進させることにつながっています。 時には30mもの列ができたこともあるようです。 参考: 事例9 : 天満屋ハピータウン 天満屋ストア株式会社が岡山県を中心にスーパーマーケットチェーン展開している大規模店舗の天満屋ハピータウンのLINE のアカウントです。 (使用頻度も高く) 反応がいいクーポンのため、幾度と配信しています。 友だち登録した人がどんな情報が受け取れるかを伝えるため、タイムラインには過去配信したクーポンの内容を定期的に掲載しいます。 これにより、クーポンをとったらすぐにブロックしてしまうユーザーを減らすことができます。 メルマガで配信するクーポン利用率が低くなってきたため代替手段として始めたLINE ですがこれまでに、友だち登録時に1作品の鑑賞料金でもう1作品無料で鑑賞できるクーポンを配信。 キャンペーン2週間で約4,000人が友だち登録し約1,000人がクーポンを使用しました。 また、「新作割」というクーポンを配信することでリピーターを増やすとともに新たな来客の促進につなげています。 参考: ネット通販、ECのLINE クーポン活用例 事例11: 伊藤久右衛門オンラインショップ 宇治茶・抹茶スイーツ・高級茶を取り扱うことで有名な京都宇治に店舗を構える伊藤久右衛門の伊藤久右衛門オンラインショップのLINE のアカウントです。 これまでに、約1ヶ月半でクーポンの使用件数が1500件上回った事があり、ネットショッピングモールのクーポンをはるかに超える10%という高い使用率を打ち出しています。 LINE の友だち登録時には約1ヶ月間有効期限のある300円OFFクーポンを配信し、習得は会員登録が必須となっています。 さらに、オンラインショップとLINE連携で300円分のお買い物ポイントもプレゼントすることにより、会員数と販売促進に効果を発揮しています。 参考: 事例12 : DHOLIC(ディーホリック) 購入しやすい価格帯とトレンドを組み合わせた豊富な品揃えのある株式会社ZIPIAのファッション系ECサイト『DHOLIC』のLINE のアカウントです。 これまでに、期間限定で友だち追加した人に「10%OFFクーポン」を配信し、約1ヶ月間で5万人の友だちを集めました。 LINE のクーポンの使用により会員数とともに、購入率が増加した事例です。 クーポン発行締切間近に締切日直前の前日に配信することでサイトの流入数が4倍になりクーポンを使用した売上もキャンペーン期間中最も高い数字になったという事例もあります。 クーポン配信のタイミングが集客や売り上げにつながる効果的な事例です。 参考: LINE クーポンの活用ポイント LINE@のクーポンは他のメッセージに埋もれやすいため、どのタイミングでどの情報を配信するかがカギになります。 リアルタイム性が高いため、当日の状況に合わせたタイムリーな配信も可能となります。 たとえば、友だち追加時にクーポンでサービス訴求すれば、次の再訪のきっかけを作ったりもできます。 また開封してもらってからビジュアルで訴えたい時は、配信内容を「リッチメッセージ」にしてリンク誘導したほうがいいケースもあります。 そのため、ユーザーに対してどんなアクションをとってもらいたいか目的をはっきりさせる必要があります。 まとめ メルマガに代わる新しい手段として非常におすすめなLINE クーポン機能の活用事例を紹介しました。 普及率が非常に高いLINEに連動したLINE のクーポン機能は、活用の仕方ではタイムリーな来店促進、売上アップの効果、リピーター率向上が発揮できることがわかりました。 ぜひ、新たなクーポン配信手段として効果的で持続性のある集客に活用してみてはいかがでしょうか。 合わせて読みたい記事.

次の

LINEギフトクーポンの使い方・入手方法。所持クーポンと有効期限の確認方法

ライン クーポン の 使い方

普及率が高く、国内メッセンジャーアプリのなかで確固たる地位を築いているLINE。 LINE クーポン機能とは、そんな幅広く親しまれているLINEで店舗に集客できる機能です。 本記事では効果的に集客につなげるにはどのような活用方法があるのか事例をもとに考察し、解説します。 LINE のクーポン機能とは• リアル店舗のLINE クーポン活用事例• ネット通販、ECのLINE クーポン活用事例• LINE クーポンの活用ポイント• まとめ LINE のクーポン機能とは まずLINE のクーポン機能について解説します。 LINE クーポン機能では開封率や使用率の測定が可能なクーポンをユーザーに配信できます。 クーポンのフォーマットには、友だち登録している全ての人に配ることができる 「全員配布」、ユーザーが応募して当選した人に配る 「抽選」の 2種類があります。 用途にあった形でユーザーへ配信することができるので、単発的でなく持続性のある集客施策が行える機能です。 クーポンブックというクーポンの期限順から表示したり、近隣のお勧めを表示することができる機能があります。 これにより、埋もれやすいクーポンも検索しやすくなります。 クーポン機能の特徴 LINEの普及率が非常に高く、リアルタイムな配信も出来るという点で 即時性が高いことが挙げられます。 またタイムラインやメッセージ画面をすぐに確認できるため、メルマガと比較すると開封率やクリック率も高くなります。 クーポン配信では統計情報が画面で確認出来るため、個々の開封率や使用率の測定も可能です。 クーポンの作成方法 LINE クーポンの作成方法は以下のサイトにまとめてありますのでご覧ください。 リアル店舗のLINE クーポン活用事例 飲食店による活用例 事例1 : パン工房ル・ブール 地域密着型で近隣住民がリピーターとして多く訪れる、手作りパンのパン工房ル・ブールのLINE@のアカウントです。 月に1回ユーザーへ商品割引の「抽選」クーポンを配信しています。 過去、同店の事情で抽選クーポンを配信できなかった時には、お客さんからクーポン配信を求める電話がきたそうで、それ以来欠かさずクーポンを配信し続けています。 LINE のクーポン文化が根付いていることがわかりますね。 持続性のある集客へ効果を発揮している事例です。 参考: 事例2 : 麺屋 むげん 千葉県産の食材にこだわり、ガゴメ昆布を練り込んだらーめんを提供する麺屋 むげんのLINE のアカウントです。 LINE 導入で前年比140%まで売り上げが増加している同社はこれまでに、新メニューを出した際に配信する 「1週間限定50円引き」クーポンや、インパクト大の 「ラーメン1カ月半額券」が当たる抽選クーポンを配信しています。 同地域でもクーポンを活発に利用する人が多く、全国展開していない店舗においても、集客に効果的だったといえます。 参考: 事例3 : 四十八漁場 日本全国の漁場より直送される鮮度の高い魚と日本酒を提供している、居酒屋の四十八魚場のLINE のアカウントです。 LINE 導入後、1カ月で売り上げが100万円増加した四十八魚場は、これまでに異なるおつまみ系の小皿プレゼントのクーポンを交互に毎週配信しています。 これにより友だち数が月ごとに増えると同時にクーポンの使用率も増加しており、友だち数に対して5. LINE のクーポン機能を活用することで、友だち数獲得と企業の認知度を上げる事例です。 参考: 事例4 串カツ田中 「大阪伝統の味の串かつを日本の食文化の一つにする」という目標を掲げ、全国100店舗以上展開する直営・フランチャイズの串カツ田中・六本木店のLINE のアカウントです。 これまでに、「雨の日クーポン」を配信しています。 雨の日は足取りが悪くなり集客するのが難しい中、一度来た人の再来店のきっかけとして作られました。 LINE ならではの使用で、当日の状況に合わせた内容のクーポンを配信することができます。 具体的に「チンチロリン」という名前の雨の日クーポンは、会計時に提示後、サイコロを振り出た目によって異なる割引サービスが受けられるといったイベント性が含まれています。 これは、多くの人に好評がありリピーター数獲得につながっています。 その他、友だち追加で串が1本無料になるというクーポンもありお客さんに好評で友だち数獲得に効果的といえます。 参考: 事例5 : 蒙古タンメン中本 「辛旨ラーメン日本一!」を掲げ、関東に16店舗を構える株式会社誠フードサービスが経営する蒙古タンメン中本のLINE のアカウントです。 LINE@導入後、10ヶ月で友だち数は3万人を超えている蒙古タンメン中本は、ほぼ毎月のメッセージとともにクーポンを配信しています。 以前紙のクーポンを配っていた時と比べLINE のクーポン機能を導入したことにより利用者数は桁違いに増加、クーポン利用率は1日に1店舗辺り50人以上となっています。 参考: 事例6 : かっぱ寿司 全国に約340店舗を構えた大手企業カッパ・クリエイト株式会社の回転寿司チェーン店かっぱ寿司のLINE のアカウントです。 これまでに、10%OFFクーポンや土曜限定クーポンを配信しています。 中でも、年始に土曜日限定のクーポンを配信した際、今までにない大反響がありました。 LINE の即時性を生かした活用により、ランチ情報や限定クーポンなどの情報をタイミングよく配信することで、クーポン使用率はメルマガの約2倍となっています。 参考: 事例7: ラケル 中年代女性に人気のあるとろ~りオムライスとふわふわラケルパン、豊富な品揃のあるスイーツを提供しているレストラン株式会社ラケルのラケル テラスモール湘南店LINE のアカウントです。 具体的なクーポン機能活用として、友だち登録時から使える10%OFFクーポンをプレゼントており、月に平均約300人の友だち登録があります。 LINE@導入後約1カ月間は友だち数は約300人だったため、リピーターへと繋げるためお年玉企画として「すべてのデザートの中からお好きな一品サービス」といった特別感のある内容のクーポンを配信。 その開封率は63. 4%と高く、実際に使用した人は40件でした。 情報と、時間のタイミングに合わせたLINE のクーポン機能の活用例です。 その一方、週末だけでなく平日もお得に購入できるテイクアウトのラケルパンの割引クーポンを配信したところ、思ったほど反響が少なかったようです。 ユーザーのニーズに合わせたクーポンを配信することが重要であることがわかりますね。 参考: 小売店による活用例 事例8 : ダイシン 株式会社アイリスプラザ・ダイシンカンパニーが宮城県を中心にチェーン展開・運営する住まいと暮らしのDIYセンターの「ダイシン長命ヶ丘店」LINE のアカウントです。 週末にクーポン配信することで来店を促進させることにつながっています。 時には30mもの列ができたこともあるようです。 参考: 事例9 : 天満屋ハピータウン 天満屋ストア株式会社が岡山県を中心にスーパーマーケットチェーン展開している大規模店舗の天満屋ハピータウンのLINE のアカウントです。 (使用頻度も高く) 反応がいいクーポンのため、幾度と配信しています。 友だち登録した人がどんな情報が受け取れるかを伝えるため、タイムラインには過去配信したクーポンの内容を定期的に掲載しいます。 これにより、クーポンをとったらすぐにブロックしてしまうユーザーを減らすことができます。 メルマガで配信するクーポン利用率が低くなってきたため代替手段として始めたLINE ですがこれまでに、友だち登録時に1作品の鑑賞料金でもう1作品無料で鑑賞できるクーポンを配信。 キャンペーン2週間で約4,000人が友だち登録し約1,000人がクーポンを使用しました。 また、「新作割」というクーポンを配信することでリピーターを増やすとともに新たな来客の促進につなげています。 参考: ネット通販、ECのLINE クーポン活用例 事例11: 伊藤久右衛門オンラインショップ 宇治茶・抹茶スイーツ・高級茶を取り扱うことで有名な京都宇治に店舗を構える伊藤久右衛門の伊藤久右衛門オンラインショップのLINE のアカウントです。 これまでに、約1ヶ月半でクーポンの使用件数が1500件上回った事があり、ネットショッピングモールのクーポンをはるかに超える10%という高い使用率を打ち出しています。 LINE の友だち登録時には約1ヶ月間有効期限のある300円OFFクーポンを配信し、習得は会員登録が必須となっています。 さらに、オンラインショップとLINE連携で300円分のお買い物ポイントもプレゼントすることにより、会員数と販売促進に効果を発揮しています。 参考: 事例12 : DHOLIC(ディーホリック) 購入しやすい価格帯とトレンドを組み合わせた豊富な品揃えのある株式会社ZIPIAのファッション系ECサイト『DHOLIC』のLINE のアカウントです。 これまでに、期間限定で友だち追加した人に「10%OFFクーポン」を配信し、約1ヶ月間で5万人の友だちを集めました。 LINE のクーポンの使用により会員数とともに、購入率が増加した事例です。 クーポン発行締切間近に締切日直前の前日に配信することでサイトの流入数が4倍になりクーポンを使用した売上もキャンペーン期間中最も高い数字になったという事例もあります。 クーポン配信のタイミングが集客や売り上げにつながる効果的な事例です。 参考: LINE クーポンの活用ポイント LINE@のクーポンは他のメッセージに埋もれやすいため、どのタイミングでどの情報を配信するかがカギになります。 リアルタイム性が高いため、当日の状況に合わせたタイムリーな配信も可能となります。 たとえば、友だち追加時にクーポンでサービス訴求すれば、次の再訪のきっかけを作ったりもできます。 また開封してもらってからビジュアルで訴えたい時は、配信内容を「リッチメッセージ」にしてリンク誘導したほうがいいケースもあります。 そのため、ユーザーに対してどんなアクションをとってもらいたいか目的をはっきりさせる必要があります。 まとめ メルマガに代わる新しい手段として非常におすすめなLINE クーポン機能の活用事例を紹介しました。 普及率が非常に高いLINEに連動したLINE のクーポン機能は、活用の仕方ではタイムリーな来店促進、売上アップの効果、リピーター率向上が発揮できることがわかりました。 ぜひ、新たなクーポン配信手段として効果的で持続性のある集客に活用してみてはいかがでしょうか。 合わせて読みたい記事.

次の