封筒 切手 は いくら。 郵送する時いくら切手を貼るの!?郵便料金と封筒の関係を徹底解説!

封筒を郵送するときの送料(切手の料金)

封筒 切手 は いくら

返信用封筒の切手金額はいくら? 国内に発送するのであれば普通の郵便物と同様に封筒の大きさと重さで金額が決定されます。 距離は関係ありません。 切手金額がいくらなのか判断するコツ まず封筒の大きさから定形郵便なのか定形外郵便なのかをチェックしましょう。 そして返信時に封筒になにを入れるのかを予想し、封筒の重さと合わせて図りましょう。 そうすることで切手金額がいくらになるのか大体わかります。 もし重量が切手金額が変わるギリギリのラインだった場合には、1段階上の切手を貼っておくのが良いと思います。 でないと受け取った側が返送する場合に切手金額が足りず、切手代金をさらに負担することになってしまいます。 相手に対するマナーや配慮として、金額が変わりそうな重量ギリギリの場合は1段階上の切手がオススメです。 不要の場合は貼らない? 返信用封筒には「切手不要」と書かれているものもあります。 企業などのアンケートや申込書の返送に使われているのを、よく見かけます。 この場合私達(差出人)は切手を貼る必要がありません。 企業(受取人)が料金を負担してくれることになっています。 また返信用封筒に「切手を貼ってください。 100gまで15円、100gを越える1kgまで100gまでごとに10円増」などと書かれているケースもあります。 そういう場合はその金額の切手を貼ることで送ることができます。 スポンサーリンク ちなみに切手料金は消費税増税すると変わります 2016年現在消費税は8%です。 これが10%になると切手料金も変わります。 切手は郵便局かコンビニで買えます 切手を購入するときには郵便局の窓口かコンビニで買えます。 コンビニだと24時間空いていますからいつでも買えて便利です。 返信用封筒に関する記事 他にも返信用封筒に関する知識をまとめた記事です。 スポンサーリンク.

次の

封筒は切手代いくら?定型郵便の料金やサイズ、封筒の種類一覧

封筒 切手 は いくら

日常生活の中でも、ビジネスの世界でもよく使用される封筒に「長方3号」、通称「長3封筒」があります。 この封筒はコンビニでも購入でき、定形郵便として送ることができるため、非常に便利な封筒になります。 A4用紙の文書を送る際によく使用される封筒であるため、ビジネス文書を送る際も使われています。 さて、そんな長3封筒ですが、 「切手代はいくらなのか?」という疑問がしばしば持ち上がるようです。 速達で送る場合の切手代についても、どんな変化があるのかわからない!という方もいるようなので、今回はその疑問をメインに紹介していきます。 また、切手を貼る位置や宛名書きの方法などについても紹介していきますので、最後まで読んでいただけると幸いです。 では、はじめていきましょう! A4用紙1枚:約4g 長3封筒は材質にもよりますが、 クラフト紙の場合5g〜5. 5gになります。 A4用紙に関しては、こちらも材質によって変わってきますが、一般的な用紙であれば4g前半といったところ。 つまり、25g以内にするならば、 A4用紙3枚〜4枚まで入れることが可能でしょう。 A4用紙1枚〜2枚であれば、ほぼ確実に82円切手でOKですね。 ちなみに、50g以内であれば、7、8枚は入れることができる計算になります。 ただ、長3封筒にA4用紙を入れる場合、 3つ折りにしていれるため、そこまでたくさんの用紙は入りません。 ? 続いて、上記の通常料金に加えて、 速達や簡易書留といったオプションの送料について、料金表を作っていきます。 今回は、速達や簡易書留に加えて、配達日指定郵便の料金表についても作成していきますよ。 では、以下の料金表を御覧ください。 長3封筒の速達や簡易書留の料金表 種類 25g以内 50g以内 速達 362円 372円 現金書留 512円 522円 一般書留 512円 522円 簡易書留 392円 402円 配達日指定 (平日指定) 113円 123円 配達日指定 (休日指定) 103円 113円 先程紹介した通常の切手代に加え、オプション料金を追加した金額の合計となります。 速達の場合は 362円、簡易書留の場合は 392円で利用することができます。 これらのオプション料金を利用することで、 休日も配達が可能です。 もともと、通常配達だと休日を挟む場合は到着が遅れることもありました。 そのため、 重要な書類などは速達や簡易書留などのサービスを利用することをおすすめします。 それぞれどんなサービスなの? 速達:通常の封筒よりも優先して配達される。 翌日までに確実に配達となる。 一般書留:配達から到着まですべて記録され、郵便物が壊れた場合に実損額が賠償される。 現金書留:現金を送る際の書留。 お祝いやのし袋を送る際に使用。 簡易書留:一般書留よりも安価で利用でき、5万円までの損害賠償がある。 配達日指定:配達日を指定し、指定日の指定の時間帯に届くようにする 長3封筒の切手を貼る位置や宛名書きのポイント 続いて、長3封筒の切手を貼る位置や宛名書きのポイントに触れていきましょう。 まずはじめに、長3封筒の宛名書きから行っていきます。 宛名書きとしては、縦書きで行っていきましょう。 長3封筒は縦長の封筒であるため、 縦書きが良いでしょう。 住所は、郵便番号から一段下げて書くようにします。 裏側には、自身の住所と郵便番号、名前を左下に書くことで宛名書きは完成します。 では、切手を貼る位置はどこになるのか?についてです。 縦書きの場合は、 左上に統一して切手を貼るようにしていきましょう。 画像のように、郵便番号の左側に切手を配置すれば、長3封筒の宛名書きと切手の貼る位置についてはOKでしょう。 また、速達にしたい場合は、郵便番号の上に 赤いラインを引いておきます。 切手の料金を 362円or372円のものにして、赤いラインを引けば、ポストから出しても速達扱いで配達されますよ! 長3封筒のサイズは縦235mm、横120mmです。 A4用紙、B5用紙どちらも三つ折りで入ります。 長3封筒は、定形郵便として送ることができる最大サイズの封筒です。 A4用紙、B5用紙ともに三つ折りで入れることができます。 もし、A4用紙やB5用紙を折らずに入れたい場合は、 A4封筒、B5封筒を利用すると良いでしょう。 まとめ 今回は、長3封筒に関して、切手の料金はいくら?という疑問にお答えしていきました。 切手の料金としては、重さで変わってきますが、大体82円〜92円の間となってきます。 目安となる重さを紹介しましたが、郵便局に持っていくと確実です。 重要な書類などに関しては、郵便局で重さを計ってもらい、切手を局員さんに貼ってもらうことをおすすめします。 では、今回のまとめをしていきましょう!.

次の

手紙の切手代はいくら?はがきや往復はがきの切手代と新料金!

封筒 切手 は いくら

知っ得情報:消費税の増税により郵便料金も上がった!? 2019年の消費税増税に伴い、一部の郵便料金も上がりました。 長形3号の封筒の重さを概算する 先述した通り、 長形3号の切手代は「重さ」によって変わります。 そのため、切手代を求めるには、重さをはかる必要があります。 しかし、いちいち重さをはかるのは面倒くさいですよね。 重さを概算することができれば、いちいち重さをはかる手間はなくなります。 郵便物の重さは、「用紙」「封筒」「クリアファイル」の3つから概算することができます。 用紙の重さ• 封筒の重さ• クリアファイルの重さ 用紙の重さ 用紙の重さは、紙質によって異なるので、あくまで参考程度にお考えください。 長形3号の封筒の宛名の書き方 まず宛名の書き方は、「縦書き」と「横書き」に分かれます。 (縦書きの場合が多いです)• 縦書き:目上の方や改まった内容• 横書き:親しい方やちょっとしたお礼状 縦書きの場合 表書き• 左上に切手を貼る• 右上に送り先の郵便番号を書く• 郵便番号を書く• 住所を書く• 自分の名前を書く 横書きの場合 表書き• 右上に切手を貼る• 送り先の郵便番号を書く• 郵便番号を書く• 住所を書く• 自分の名前を書く 封筒に関する知っ得情報 定形郵便と定形外郵便の違い 定形郵便と定形外郵便は「サイズ」と「重さ」によって決まります。 簡単に考えると、定形郵便に当てはまらないサイズは定形外郵便になります。 ちなみに、定形外郵便に当てはまらないサイズは郵便扱いにはなりません。

次の