韓国 旅行 危険。 韓国旅行は危険ですか?

2020年は安全?危険と言われる韓国旅行を体験してきた件|コンサルティング事業部ブログ|株式会社アクセスジャパン

韓国 旅行 危険

嫌がらせ 一概に全ての韓国人が反日とは言えないまでも、歴代の韓国政府は、反日教育で国民をまとめ上げようとした歴史があります。 その為、日本人と見ると嫌がらせをして来ることも多いのが現状。 汚い話ですが、レストランでは、日本人向けに唾などが混入されることもあるとか。 水を頼めば、不潔な水を渡されたという事例もあります。 また、日本人価格と言って、相手が日本人と見れば高い値段を吹っかけてくる店もあるとか。 とにかく、用心に越した事はありません。 不衛生な食品 日本が世界的に見ても清潔大国なのは事実で、素晴らしい事ですが、世界はそれほど衛生的でない所が多いのが現状。 同じような東洋人だからと言って、韓国にその清潔さを求めるのは極めて危険。 特に、韓国では風土病たる寄生虫などを克服出来ているとはお世辞にも言えません。 これは、日本でも戦後長い間かけてやっと駆除出来たので当たり前なのですが、そのことを知らずに迂闊に韓国の生鮮食品やキムチを食べると、帰国後に回虫などが寄生していたりすることもあるので、ご注意を。 また、食べ残しを使いまわしたり、異物などの混入が多々見受けられるので、お世辞にも衛生状態が良いとは言えません。 不健康な食品 日本食品はとにかく健康的。 ヘルシーだし栄養もバランスが摂れています。 しかし、残念ながら、韓国の食品はそうではありません。 韓国料理と言えばキムチですが、キムチに使われる唐辛子に含まれるカプサイシンは刺激物で、食べれば脳の中枢神経を刺激してアドレナリンを出し、ダイエット効果やハイになる作用があります。 しかし、刺激物は刺激物。 辛味というのは実は痛みで、大量に摂り過ぎるとダメージを身体は受けます。 具体的には、味覚障害や胃の荒れ、腸内環境が乱れたり、それが原因の肌荒れなど、美容にも悪い影響が出てくる事があります。 品質の悪さ 不衛生は何も食品だけではありません。 品質管理は、世界でもなかなか大変です。 韓国製化粧品に漂白剤が混入したりして、台湾が販売を中断したり、韓国製カラーコンタクトに異物が混入したりするなど、様々な事件が起きているのが現状です。 また、韓国の某自動車会社は1992年に日本法人を設立しましたが、2013年に撤退しました。 その間、日本では一台も売ることが出来なかったとか。 とにかく、韓国でお土産などを買う場合は、気をつける必要があります。 偽ブランドや海賊版 去年、日本の観光客に40億ウォン台の偽ブランド品を売ったカップルが送検されました。 日本製のマンガなどの海賊版が売られていることも珍しくありません。 現地ガイドがそういう業者と結託し、「偽ブランド品専門店」へ観光客を案内することもあるとか。 そういう店では、「偽物だと分からないように、本物のロゴなどを付けてあげよう」などと誘うこともあるとかで、注意する必要があります。 値段が安い、個人的使用のみだ、と自分を納得させる人もいるでしょうが、確かに買うこと自体は犯罪ではないのですが、日本への持ち込みは関税法違反。 10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、又はその両方の処罰がされますので、偽ブランド品には近づかない事をお勧めします。 性的被害 去年は、半年で1万7000件の性犯罪が起こり、約25分に1件の割合で被害が生まれている状態の韓国。 性犯罪は上昇の一途を辿り、パク大統領も対応措置をとると表明していますが、危険な事には変わりありません。 日本人観光客はもとより、他の外国人観光客も強姦事件などの被害が多く、先進国の間では注意を促している国もあります。 前に、一般タクシーで女性がレイプされた事件があり、実は運転手と相乗りしていた男性が共犯者だったという事があったとか。 治安の悪さ 観光客の行く場所に集まるのが、スリ。 外国人を狙ったスリは珍しくありません。 日本人は外国人に比べて無防備な事が多いので、気をつけるべきです。 韓国は、他国に比べてそれほど治安が極端に悪いとは言えませんが、やはり不況のせいか、年々治安が悪くなっているようです。 人気のない場所や路地裏には近づかないようにしましょう。 加えて、軍事施設や軍事関係の場所には武装した軍人が警護しているので、そういう場所で不用意に撮影などをすると、デジカメのデータを消されるなどということもあるようです。 さて、外国を旅行するのに、カントリーリスクは付き物。 日本はとかく治安が良くて安全な為に、平和ボケのまま無防備で行動しますが、いくら隣の国でも、不用意な行動は避けるべきです。 違う文化の国だということを忘れずに。 特に女性の単独行動や深夜の外出はご法度。 適度に注意しつつ、旅行を楽しんで下さい。 まとめ 韓国の危険すぎる現状、女性旅行者を襲う7つのリスク ・ 嫌がらせ ・ 不衛生な食品 ・ 不健康な食品 ・ 品質の悪さ ・ 偽ブランドや海賊版 ・ 性的被害 ・ 治安の悪さ.

次の

「韓国旅行が危険、日本人旅行者が激減?」韓国の反応も

韓国 旅行 危険

日本の、韓国のホワイト国除外決定から、日韓関係の悪化が見られています。 日本が韓国をホワイト国から除外した理由は、韓国企業の管理がずさんで、兵器などの材料になりうる危険な物資が北朝鮮とつながっている国にへせいに輸出されていたということが判明したからです。 このホワイト国除外を受けて韓国の国民は憤慨して半日活動を続けています。 そして8月6日、韓国は日本への旅行制限も検討しているということを発表しました。 これは現在、反日の活動が大きくなりすぎて日本に危険な物資を持ち込む人が現れる可能性があるという懸念から行われる措置です。 韓国といえば、日本人がよく旅行で訪れる国でもあり、今年の夏休みも韓国旅行を計画していた方も多いと思います。 しかし、いま日本と韓国の関係がよろしくない今、韓国旅行は安全なのでしょうか。 2019年の渡航はやめたほうがいいのでしょうか。 今回は、 韓国旅行は安全or危険?2019年の渡航はやめたほうがいい? と題しまして、 今、韓国旅行は安全なのか危険なのか、また2019年の渡航はやめたほうがいいかについてお伝えしていきます! 韓国旅行は安全or危険? 今、韓国旅行をするのは安全なのでしょうか、危険なのでしょうか。 結論から言いますと、「 安全ではない可能性がある」です。 実際、外務省は8月4日に韓国への渡航・滞在予定者に対し、半日でもへの注意を呼びかける「スポット情報」を出しました。 日本が韓国をホワイトこくから除外したことによって韓国では半日活動が活発化し、デモなども頻繁に行われていると言います。 外務省は、スポット情報で、韓国在留の邦人や旅行者に、「でもが行われている場所には近づかず、慎重に行動し、無用のトラブルに巻き込まれないよう注意してください」と呼びかけています。 特に、15日には日本の統治からの解放を祝う「光復節」が迫っており、反日活動が活発化する可能性があるため、この時期の韓国旅行は危険な可能性はなくはないです。 韓国旅行を予定していた方の中には、キャンセルしたという方もいました。 しかし、危険と断言することもできません。 実際に韓国に行った方々は、このように言っています。 昨日から韓国旅行に来ていますが地下鉄でこの広告? シール が貼ってあります。 ですが、だからといって私と母が電車に乗って日本語話していても日本の悪口等は聞こえませんでした。 カロスキル. 東大門. 梨大と行きましたが路上ライブでも米津さんの歌歌ってましたし、ニュースでやってるような — マツコ maturi30947487 娘が韓国旅行から帰ってきた。 街は至って普通で嫌な思いもしなかったらしい。 煽ってるのはお互い支持率を上げるためだけでは??日本の嫌韓もほんの一部。 お互いの一般国民は恨みやわだかまりはない。 マスコミ報道に踊らされないように。 マスコミが少し過剰に報道しているという可能性もありますね。 2019年の韓国への渡航はやめたほうがいい? では、2019年に韓国への渡航はやめたほうがいいのでしょうか。 僕と同じような疑問を持っている方はかなりいました。 八月後半に韓国旅行でソウルあたりに行く予定なんですが、やはりいまは危険ですかね.. 上でも言いましたが、今の時期の韓国旅行は安全だとは言えません。 しかし、まだ実際に韓国にいる日本人が危害を加えられたという事実もありません。 どうやら、韓国人は日本の政治は嫌いだが、日本人自体が嫌いなわけではないということです。 お盆に韓国旅行行きます!危険とか大丈夫って言う人いるけど 15人くらいの韓国人に聞いてみたら 日本の政治が嫌いなだけで日本人には何も思ってない。 韓国に来る日本人は韓国が好きで来るから歓迎!と言ってくれました。 いい人もいれば悪い人もいる。 それは日本でも一緒。 巻き込まれる時は巻き込まれる — riko 01160rikko 韓国の日本不買運動記事に対し韓国人からのコメント欄が温かい。 「しかし韓国在中の日本人は親切です」「安倍が悪いそして嫌だ」「日本人を憎まない」「韓国旅行に来る日本人には親切でなければならない」「韓国は安全です。 日本、日本人が好きな韓国人はたくさんいます。 しかし、その他の懸念事項はあります。 やはり韓国人の中には日本人に対して負の感情を持っている方が少なからずいますので、雰囲気的に嫌な気持ちになるかもしれません。 また、韓国は日本への旅行制限をしましたので、最悪の場合日本に帰ってこれなくなる可能性もあります。 絶対に韓国に行きたい!という感情が特にないのであれば、他の国に変更するのが安全アナのではないでしょうか。

次の

韓国旅行 人気ブログランキング

韓国 旅行 危険

お隣の国、韓国。 数年前には韓流ブームが起きるなど、友好的な関係を続けてきた時期もありましたが、今は反日ムードが高まっているのも事実ですよね。 もちろん、全ての韓国人が日本人に対して反日感情をむき出しにして接してくるわけではありませんし、韓国=全て危険というわけではありませんが、危害を加えようとしてくる人がいる事も否定はできません。 それでも、街の雰囲気や食べ物が好き、韓流タレントが好き、文化が好きといった理由で旅行に行くのであれば、まずは韓国の危険な場所について学んでおきましょう。 韓国といえども外国です。 日本と同じような感覚で過ごしていては、いつどんなことに巻き込まれるかわかりません。 そこで今日はは韓国の危険な実態と、注意するべき場所についてお伝えします。 韓国の危険な実態その1 性犯罪率の高さ!深夜のタクシーや繁華街はNG! 特に女性の方には、ぞっとする話ではないでしょうか。 韓国における 1年間の強姦発生件数は約2万件。 人口10万人当たり40件の計算となります。 日本の場合は、同じ10万人当たり1件ですから、単純に40倍! 日本はとても治安の良い国だと言われています。 深夜に女性が1人で歩いたり、タクシーに乗ったりしていてもほぼ犯罪に巻き込まれるようなことはありません。 でも、韓国でも同じと考えることはとても危険です。 せっかくの旅行、少しはめを外したい気持ちもわかりますが深夜のタクシーには乗らない、1人で夜道を歩かないなど自己防衛は大切です。 危険な韓国の夜、何かあってからでは遅いのです。 韓国の危険な実態その2 反日政権後は、日本人女性に対する性犯罪率が更に上昇! 日本の40倍という性犯罪率も、既に驚くべき数字ですがこの数値、 反日政権後更に増え続けています。 それは、有名な観光地でも起きています。 韓国人男性にナンパされた日本人女性が、睡眠薬入りのコーヒーを飲まされて最終的にホテルでレイプされたという事件は、東大門の近くで起きました。 昼間だから安心、観光地だから安心というわけではありません。 韓国の危険な場所は、どこにでも溢れているのです。 ある意味、韓国に完全に安全な場所はなく、危険が溢れていると考えるくらいでちょうど良いかもしれません。 韓国は危険と隣り合わせの国とも言えます。 韓国の危険な実態その3 日本人向けの店が多い「明洞」は、日本人レートあり ソウルの若者が集まる街として有名な「明洞」ですが、ここは完全に外国人をターゲットにしたお店が多いことでも有名です。 日本でも地元の人があまり行かず、観光客のみで栄える地域がありますが、それに近いものだとイメージしてください。 通常よりも値段は高く、そして質もあまりよくないものを売りつけてやろうとするお店も多数あります。 もちろん中には素晴らしいお店もありますが、それを見抜くのは至難の業。 また、韓国に不慣れな日本人からひと稼ぎしてやろうと考える韓国人も多いため、危険に巻き込まれたくないのであれば、素通りすることをおすすめします。 韓国の危険な実態その4 繁華街ではスリ多数! 韓国に限らず、海外でスリにあいやすい日本人。 旅行という非日常空間では、開放的になってしまう気持ちもよくわかりますが特に 明洞ではスリに注意が必要です。 財布やパスポートは肌身離さず身に着けておくことは勿論、客引きなどが流暢な日本語で話しかけてきたときも要注意。 その間に別の仲間がスリを行うという手口も横行しています。 スリの危険も多い韓国。 油断は禁物です。 韓国の危険な実態その5 写真撮影から連行!? 旅行といえば、記念撮影も楽しみのひとつですが韓国で写真を撮る際は気をつけなければいけません。 特に軍事施設や橋、湾岸施設などは撮影禁止の場所が多く、 無断で撮っていると連行されてしまう可能性も。 「ただの観光客です」という言葉さえも、上手く伝わるかどうかわからない韓国語レベルであれば、無闇なトラブルを避けるためむやみやたらに写真を撮るのはやめましょう。 たかが写真1枚…と思う方もいるかもしれませんが、韓国では写真1枚で危険に巻き込まれる可能性もあるのです。 さて美味しい食べ物や韓流スター、日本とは異なる文化や韓国コスメなど明るい一面の裏側には、韓国の危険な面もしっかりと存在しているということを知り、驚いたという方もいるのではないでしょうか。 性犯罪率が高いからといって全ての韓国人がそうであるというわけではありませんが、そういった一面がある国だということを意識するかしないかで、旅行中のすごし方も変わってくるはず。 親切で話しかけてくれた人なのか、よからぬことを考えて話しかけてきた人なのか、なかなかすぐには判断ができませんよね。 人を最初から疑いたくは無い…と考えるのは、やはり治安の良い国、日本で育っている人独特の考え方。 韓国には危険な面もたくさんあるということを踏まえた上で、韓国人と接し、韓国旅行を楽しんでください。 まとめ 韓国の危険な実態と対処法 ・韓国の危険な実態No1にあげられる性犯罪率の高さ! ・韓国で危険を避けるために、深夜のタクシーや女性の1人歩き、ナンパの誘いに乗ることは避けましょう。 ・若者が集まる街「明洞」だけに限らず日本人レートのある店多し。 値段はしっかりと確認を。 ・韓国では軍事機関や橋などの撮影は絶対にNG!連行につながる可能性も。 ・韓国は危険な面もある国だということを踏まえた上で、韓国旅行を楽しみましょう。

次の