アイコス 互換品。 アイコス、プルームテックの各”上位互換品”の紹介!

私はアイコス互換機が欲しい!絶対に損をしない製品を物色してみた!

アイコス 互換品

タールなどの有害成分を9割カット の強烈なキャッチコピーとともに登場した加熱式たばこ 「アイコス(iQOS)」 2015年に登場してから爆発的なヒットを飛ばし、国内300万台以上の出荷を記録後もまだまだ売れ行きが好調です。 でもそんな中、 実際のアイコスユーザーにはいくつかの不満が溜まっています(私もその一人)。 それは、• フタが閉まらなくて充電できない• 連続喫煙できず吸いたい時に吸えない• ヒートスティックがうまく刺さらない といった内容のレビューが大勢を占めています。 そもそも人気商品だからこそレビューが多いんですけどね… そんな不満やクレームを基に開発されたのが「アイコス互換機」というデバイスです。 商標の問題などもあるのか表向きには「アイコスでの使用可能」と記載はされていませんが、 互換機なのでヒートスティック本来の味をしっかりと再現できるように工夫を凝らしています。 今回はアイコス互換機の性能や価格、どんな種類があるのかをまとめてみました。 「アイコスが壊れてもう一度購入しようか迷っている」という方、ぜひ参考にしてみてください。 アイコスユーザーの不満あるある 冒頭でも簡単に述べましたが、アイコスユーザーならではの悩みというものは多岐に渡ります。 まずはそんな 「アイコスユーザー不満あるある」について紹介していきます。 フタが閉まらなくなった アイコスはホルダー(ヒートスティックを加熱するスティック状のデバイス)とチャージャー(ホルダーの充電機)が別々になっていて、1本吸い終わるごとにチャージャー内へホルダーを装填する必要があります。 このとき「カチッ」とフタを閉めないと充電が始まらないのですが、チャージャーのフタに強度の問題があり、 しばらく使い続けているとフタの爪がポキッと折れてしまって閉まらなくなってしまいます。 当然、充電をすることができないので、再度ヒートスティックを吸うには 「充電完了まで手で抑えておく」か 「アイコスバンドなどで留めておく」必要があります。 ボタンが効かない・赤ランプ点滅 アイコスには寿命があります。 チャージャーはおよそ400回• ホルダーはおよそ7300回 の充電が可能ですが、1 日20本の喫煙(チャージャーは1日1回充電)で1年程度が寿命となります。 当然ホルダー・チャージャーどちらかが先に寿命がきます(1年以内であれば無償交換が可能)。 寿命と判断される多くの症状は 「ボタンを押しても反応がない」か「チャージャーの赤ランプが点滅」により充電されないケースです。 ホルダー・チャージャーともに1年以内に寿命が来ればいいですが、どちらか一方が1年以上使用できた時は無償交換期間が過ぎてしまい、結局再購入することになってしまいます。 連続喫煙ができない これ、何気に大きなデメリットです(個人差はありますが)。 たとえば仕事の合間に一服したいなと思って喫煙室に行っても、2本目を吸い始めるには3~5分ほどの充電時間を待たなければならず、結果ちょっとした息抜きの予定が15分以上も喫煙室にいて上司に怒られたなんてことも(実体験ww)。 また、このあと予定している会議が長くなりそうな雰囲気なので吸い溜めをしておきたいと思っていても、 連続喫煙ができないというデメリットがあります。 充電できていない 意外とよくあるのが 「充電していたはずなのにできていなかった」ということ。 理由は様々ですが、一番多いのが「バッグの中でチャージャーのフタがちょっぴり開いていた」ことで、次に多いのが「ヒートスティックの残りカスがホルダー内に付着」していることによりチャージャーのフタがしっかり閉まっていないことです。 いざ吸いたいなと思ってアイコスにヒートスティックを挿して パワーオン!ん?パワーオン!あれ? なんてことがあり、吸いたいのに再度充電が完了するまで待つ羽目に… ストレスを解消するために始めた加熱式たばこなのに、むしろストレスが溜まってしまうなんてこともしょっちゅうありますね。 結局タバコとアイコスの両刀使いに… かなり多くの方がこうした状況を打破するために 「昔吸っていたタバコとアイコスを両方持ち歩く」といった、ある意味本末転倒なことをしてしまいがちです。 「自分や周りの健康被害を気にして始めた加熱式たばこ」なのに、気づけばモクモクとタバコを吸ってしまっていて、ちょっと勿体ないですよね。 これで解決!アイコス互換機 冒頭でも触れましたが、アイコス互換機は「アイコスのヒートスティックが吸える互換デバイス」です。 様々な種類が発売されていますが、最新のものになればなるほど「アイコスの不満を解消」しています。 代表的な性能は以下の通り。 ヒートスティックが連続で吸える• 一体型で充電できていないということがない• アイコスに比べて喫煙後の掃除がラク などが挙げられます。 それではどんなアイコス互換機があるのでしょうか?詳細を見ていきましょう。 アイコス互換機の種類 それでは最近発売されているものから順を追って、価格・性能・特徴について紹介をしていきます。 イーフォス EFOS• 金額:8,980円(税込)• カラー:ブラック、ホワイト 2017年末に発売されたばかりのアイコス互換機で、レビューなどを見ていると 「アイコスを超えた!」「アイコス互換機の最終形態」などと非常に高評価です。 アイコスと比較した性能については以下の通り。 パフ回数:20回(アイコスは14回)• 連続喫煙可能(アイコスは1回ずつ充電が必要)• 高温、低温の温度調整機能(アイコスはなし)• 一体型モデル(アイコスはホルダー、チャージャーが別)• 3D加熱システム(アイコスはブレード加熱) といった機能の違いがあります。 一体型というところがミソで、ボタンも1つのみのシンプル設計です。 チャージャー・ホルダーが別々になっていないので充電できていなかった!なんてことも無くなりますし、どちらかを紛失することもありませんね。 また、 パフ回数(1本で吸引できる回数)もアイコスの14回から20回に増えたおかげで、1本で満足できるのが嬉しいです。 好みによりますが、 通常時は低温モード・通常のたばこのような味わいを求めるなら高温モード、と使い分けが可能です。 そして画期的なのが「3D加熱」というシステムの採用です。 アイコスはヒートスティックをホルダー内のブレードに挿して加熱しますが、これだとスティック全体が加熱されず「味ムラ」が発生します。 またうまく挿さらない時もありますね。 その点、 EFOSはスティックを周りから均一に加熱するので、非常にまろやかな味わいを楽しむことができます。 金額:7,000円(税込)• カラー:ブラック、ホワイト、レッド EFOSの前身とした作られたのがアイバディという互換機です。 発売以降大ヒットを収め、 楽天市場の電子たばこランキングで1位を獲得したこともあります(2017年9月)。 EFOSより機能はやや劣るものの、その分求めやすい価格になっています。 それではEFOS同様にアイコスとの違いをみていきます。 重さ70g(アイコスは120g)• 大きさ:約8cm(アイコスは約11cm)• パフ回数:16回(アイコスは14回)• 連続喫煙可能(アイコスは1回ずつ充電が必要) このような違いがあります。 アイバディの特徴として 「全てのアイコス互換機の中で最小」というものがあります。 全長8cmというのはちょうど煙草の箱と同じぐらいの大きさで、とにかくコンパクトで持ち運びに便利です。 もちろん一体型なのでEFOS同様にフタが閉まらなくて充電できなかったという心配はいりませんね。 また加熱方式もアイコスと違い、丸い棒状のブレードを採用しており(アイコスは板状)、より均一に加熱される仕組みです。 サイズが小さい分少しバッテリー容量に難がありますが、それでも満充電で約15本のヒートスティックを楽しむことができます。 金額:7,980円(税込)• カラー:ブラック、ホワイト 最後は人気のハーブスティックシリーズ最新モデルの「FyHit CS Pen」です。 もともとハーブスティックはその名前の通り、 「シャグ(タバコ葉)をスティックに詰めて加熱吸引するデバイス」で、その汎用性は高く「どのたばこでも吸える」のが魅力でした。 人気商品であるが故、毎年のように新モデルが開発されており、今回 「FyHitシリーズ」が登場しました。 「FyHit CS Pen」はその中でもアイコスのヒートスティックを吸えるように開発されており、イーフォスやアイバディとは違った性能を持っています。 大容量の2200mAhバッテリー• 加熱温度は3段階調整可• チェーンスモーク可能• メンテナンスがほとんど必要ない 形状はアイコスのホルダーを2回りほど大きくしたようなペンタイプで、そのままUSBケーブルで充電が可能です。 説明書の記載ではヒートスティック1本につき13パフで終了となっていますが、 大容量バッテリーのおかげか20パフ以上は軽く吸引可能です。 加熱温度もEFOSの2段階より多い3段階で、好みに応じた風味を味わうことができます。 また、シンプルな構造なので吸い終わったとのメンテナンス(掃除)がほとんど必要ないのも大きなメリットですね。 そして何といっても、ハーブスティック本来の 「シャグでの吸引も可能」にしているところです。 専用のマウスピースを付け替えることによって、たとえばヒートスティック1本で3回分程度のシャグとして楽しめるため、 コストパフォーマンスは群を抜いています。

次の

アイコス互換品人気おすすめランキング!最新製品や連続吸引可能な機種まで徹底評価!

アイコス 互換品

外側から360度全方位の均一加熱で味わいが芳ばしい• 中高低温調整付きで好きな味わいに調整できる• バイブレーターで吸い終わりが分かる• 18本の大容量を吸うことができる• 自動クリーニング付き 最初におすすめするアイコスの互換品は wand2. 8です。 最新の360度加熱式を採用し、アイコスのヒートスティックを均等に加熱してくれます。 360度から加熱が可能な発熱カップを使い、感情気流の加熱構造で4周から加熱することで、アイコスの純正品よりも良い味とキック感を味わうことができます。 3段階の強さの調整ができ、大容量バッテリーで 18本吸うことができながら 手のひらサイズのコンパクトさを実現してくれています。 そしてアイコスよりも耐久性に優れていて、互換品ながら加熱プレートも別売りで購入して交換できます。 また 自動クリーニング機能を持っていて、クリーニングも外して行うことができます。 アイコスの互換品の中で、アイコス以上に美味しく味わうことができ、他の点を取っても十分すぎるほどのハイスペックを持っていてまさにおすすめのアイコス互換品です。 3m 充電時間 2時間 加熱方法 360度加熱式 自動クリーニング あり• 大容量バッテリーで圧倒的に増える本数が多い• 360度全方位加熱• 中高低温調整付きで好きな味わいに調整できる• 自動クリーニング機能付き• バイブレーター機能 このアイコスの互換品のおすすめのポイントは大容量バッテリーにあります。 30本以上吸うことが可能で、アイコスのヒートスティックであれば軽く 1箱以上吸うことができてしまいます。 1日に吸う本数が多い方にとって、1回の充電でこれだけ吸うことができるアイコスの互換品は嬉しいですよね。 また温度の調整、4分間の喫煙が可能で、吸い終わるとバイブレーターで教えてくれます。 サイズもコンパクトであり、加熱方法には360度加熱式で味わいも楽しめる点もおすすめ。 とにかく吸う本数が多くて、 なるべく充電をしないで済むアイコス互換品を探している方は迷わずこれをおすすめします。 5時間 加熱方法 360度加熱式 自動クリーニング あり• 大容量バッテリーで圧倒的に増える本数が多い• 360度全方位加熱• 中高低温調整付きで好きな味わいに調整できる• 自動クリーニング機能付き• バイブレーター機能 コンパクトなアイコス互換機を探している方におすすめするはこの CVOSUNです。 5cmのペン型であるので、 1回充電しておけばスペースを取ることなく非常に簡単に持ち運ぶことができます。 しかし小さいながら吸うことができる本数は20本と十分な量を実現しています。 加熱式では両面発熱を採用し、温度設定を行うことができるのでアイコスカードリッチの濃い-薄いの調整が可能です。 240秒の喫煙が可能で、吸い終わるとモーターで知らせてくれます。 ペンタイプのアイコスの互換品を探していて、ある程度強度があり、本数が吸えるものを探している方におすすめすることができるアイコスの互換品です。 吸える本数 12本 喫煙時間 4分間 16口 サイズ 12. 5cm ペン型 充電時間 2〜3時間 加熱方法 両面発熱 自動クリーニング なし• 3000円程度で購入できる• ペン型で持ち運びにが便利• シンプルなデザインと色• 安いながら必要最低限の機能は使える アイコスの互換品の中を決める際に「 値段」は大きな基準ですよね。 なるべくお金を節約したい学生などにおすすめしたいのがこのアイコス互換品です。 ペン型で持ち運びが可能で12本、3分30秒吸うことが可能です。 3000程度で購入することができ、自動クリーニングまでついているので便利です。 色も3色から選ぶことができ、シンプルなデザインです。 アイコスと同様ブレード式で、値段も安いので壊れる可能性は否めませんが、これだけのコストパフォーマンスだとアイコス1つを買う値段で買い換えることも可能ですね。 電子タバコを試してみたい方や、予備機を探している方におすすめのアイコス互換機です。 吸える本数 12本 喫煙時間 3分30秒 サイズ 11. 28cm ペン型 充電時間 2〜3時間 加熱方法 両面発熱 自動クリーニング あり• 高級感あるアイコス互換品• 日本製のデザイン• 2A対応の急速充電• バイブレーター機能搭載• 待ち時間のない連続吸い可能 機能面で特徴を持つアイコスの互換品数多く存在しますが、 デザインに優れたものでのおすすめではダントツでgippro SW2をおすすめします。 なんとこのアイコス互換品のデザインは日本製で、中国で仕上げられるというこだわりぶりがあります。 赤にブラックという高級感のあるデザインです。 またデザインだけでなくブレード部分(加熱部分)がバネ式になっていて、 加熱した後にでるタバコの葉の残りの目詰まりを削減してくれて、アイコスのように底にたまる心配がありません。 また最新型アイコスのようなバイブレーターを搭載していて、2Aの高速充電に対応しているので吸える本数が10本であっても、さっと充電することができます。 見た目もアイコス以上にかっこよく洗練されているため、互換機というよりも上位互換的な感じさえしますが、デザインの良いアイコス互換品を探している方におすすめです。 吸える本数 10本 喫煙時間 3分30秒 サイズ 12. 65cm ペン型 充電時間 60分弱 加熱方法 ブレード式 自動クリーニング 強制加熱清掃モード機能 アイコス互換品の比較からおすすめを決める ここまで5つのアイコス互換品のおすすめを紹介してきましたが、紹介したアイコスの互換品を比較していきます。 5cm ペン型) 11. 28cm ペン型 12. 65cm ペン型 充電時間 2時間 2. 5時間 2〜3時間 2〜3時間 60分弱 加熱方法 360度式加熱 360度式加熱 ブレード(両面) ブレード(両面) ブレード式 自動クリーニング あり あり なし あり 手動強制加熱清掃モード 上で紹介したメリット以外にもこうやって比較すると、それぞれの弱点や強さが分かりますね。 「 どれだけの機能が自分に必要で、妥協できるところはどこなのか」を比較して自分に合ったアイコスの互換品を選びましょう。

次の

アイコス互換機おすすめ 厳選3選 アイコス正規品が1番な理由

アイコス 互換品

リンク いま人気の新型アイコス互換品はアイコス互換品の中でも新しく、高性能なスペックや価格の安さなどから一気に 人気No. 1となった互換品です。 イーフォス最大の特徴は、 最大5本のチェーンスモーク(連続吸引)が可能な点です。 従来のアイコス互換品は、熱や充電の問題から1本吸ったあとに数分間あいだを空ける必要がありましたが、イーフォスはあいだを空けることなく連続で5本吸うことが可能です。 また、 低温モードと高温モードの切り替え機能が搭載され、通常の味わいと濃い味わいを好みによって使い分けることが可能となり、「加熱式タバコは味が薄いから嫌だ」というユーザーの不満を解消してくれる加熱式タバコです。 一度、イーフォスの高温モードで1本吸ってみると、加熱式タバコのイメージが覆される、そんなアイコス互換品です。 特徴別おすすめアイコス互換品 おすすめランキングでイーフォスが一位を獲得しましたが、ここからは主な特徴別におすすめのアイコス互換品をご紹介していきたいと思います。 外出先での使用が多い、チェーンスモークすることが多いなど、ご自身の喫煙スタイルに合わせたアイコス互換品を見つけることができると思いますよ! 連続吸引可能なモデル チェーンスモーク(連続吸引)をする人におすすめのアイコス互換品は、イーフォス一択と言っていいほどです。 イーフォスは最大5本のチェーンスモークが可能で、しっかりとした熱処理設計がされていて、連続使用時の高温状態にも耐えられるタフなボディが特徴です。 他メーカーでもチェーンスモーク可能な製品はいくつか販売されていますが、実際に熱処理があまくてボディが溶けたりしてすぐに壊れるものも多いですが、イーフォスは3ヶ月の保証も付いているので安心して使うことができます。 その理由としては、まず取り扱いしている店舗が少なく探すのにも一苦労してしまうためです。 店舗に行って売っていなかったら、行く手間や電車賃やガソリン代、時間がとても勿体無いですからね。 そして、アイコス互換品や電子タバコが売っていたとしても、店舗での販売価格は基本的に高めになっています。 通販だと値引きやおまけが付くことも多いので、圧倒的に通販で購入した方が安く購入することができます。 また、最近は通販でもしっかりと保証が付いているので、店舗で購入するメリットも少なくなっていますよね。 ちなみに、で紹介したイーフォスは、通販でも保証が3ヶ月付いていて、さらにQUOカードも付いているのでかなりお得に購入することができます!.

次の