イルミネーションライト。 イルミネーションのレンタル料金(価格)と納期や施工とは?

LEDイルミネーションライトの通販│ガーデンライト・イルミネーション│ガーデン・DIY│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

イルミネーションライト

冬は街にイルミネーションやライトアップされた被写体があふれ、カメラを向けたくなる季節。 ここでは、それらをキレイに撮るためのカメラ設定や撮影機材などの基本知識から、ツリーやタワー、建物など、被写体ごとの対応法までを紹介する。 今回はイルミネーション&ライトアップ撮影のカメラ設定について確認していこう。 イルミネーションとライトアップをきれいに撮るための基本設定は、三脚使用か手持ち撮影かで少し変わる。 またホワイトバランスや仕上がり設定は撮影者の色味の好みもあるので、必ずしも紹介する設定でなくても構わない。 撮影時は、ときどき液晶モニターで撮った画像を部分拡大し、ブレやピンボケがないかを確認することも重要。 現場でならすぐに撮り直せるが、帰宅してから気がついたのではアウトだ。 その際、測距点がピンポイントな1点選択にしていると、そこが夜空に当たるときはAFが合わないので、なるべく広い測距エリアを選択しよう。 通常は最も広い「自動選択」で大丈夫だが、特定の箇所に合わせたければ「ゾーンAF」などが有効だ。 自動選択 被写体の多くは遠景になるので、ピントを合わせる位置は特に気にしなくて問題ない。 「自動選択」に設定しておけば、カメラが適切な場所を判断して合わせてくれる。 ゾーンAF この場合は奥のツリーにピントを合わせたかったが、「自動選択」では手前の木に合ってしまう。 上のように「ゾーンAF」を選んで、測距エリアをツリーに重ねて撮影している。 イルミネーションならボケを生かしてほんわか写真に、ライトアップならパンフォーカスで建物全体にピントが合った写真がおすすめだ。 F11 パンフォーカスを狙う 手前の石畳から奥のライトアップされた建物までピントを合わせたかったので、絞りをF11まで絞り込む。 15秒という長秒露光になったが、三脚を使用すればOK。 画面の隅々までシャープに写せた。 F4 ボケを狙う 歩道脇で点灯していたイルミネーションをカメラ(レンズ)直前まで近づけて、絞りを開放にセットし、奥の建物にピントを合わせて撮影。 きれいな建物だが、前ボケの明かりでさらに印象的に仕上がった。 一方、手持ちで撮る場合は、画質の良さよりもぶれないことが優先される。 そのため、ISO感度を上げるほどノイズは増えるものの、高感度を選択することになる。 高感度はノイズが増えるから使わない、というのはデジタルカメラ黎明期の話。 現行の一眼レフなら性能もだいぶよくなったので、積極的に使ってOK。 一度、高感度の試し撮りを行い、自分のなかでのノイズの出方の許容範囲を知っておこう。 イルミネーションはプラス補正で、ライトアップはマイナス補正で撮ることが多い。 7 カメラの自動露出は、明るいイルミネーションを標準的な明るさに写すため、見た目より暗い印象に。 イルミネーションのキラキラ感を表現するため、プラス1. 7補正で最適となった。 7 背景が暗いので、カメラの自動露出はその部分を明るくしようと判断し、ライトに照らされた建物が露出オーバーになってしまった。 そこで、マイナス0. 7補正して撮り直した。 写真・解説/川北茂貴.

次の

イルミネーションのレンタル料金(価格)と納期や施工とは?

イルミネーションライト

商品仕様 品名 イルミネーション ストレート 10m 100球(kirmstr) サイズ(約) 全長11. 9m(電源コード1. 高耐久ケーブルで長くご利用できるように設計いたしました。 店舗や商店街といった商業施設だけでなく、学校や幼稚園とご利用をいただいている業務用モデル。 クリマスイルミネーションとして定番のストレートタイプ。 用途はクリスマスツリーや庭木・樹木やフェンスへの飾り付けはもちろん、室内の装飾や結婚式・パーティーでの演出など、幅広くご利用できます。 もちろん、冬だけのイルミネーションとしてではなく、年間を通したガーデンライトとしてもおすすめです。 玄関・エントランス付近に飾ることで高拡散LEDのキレイな光であなたを出迎えます。 見る人を癒す光の演出に活用ください。 クリアケーブル・・・白い壁面やフェンスなど、淡い色の場所への飾り付けにおすすめです。

次の

湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典~|イルミネーション

イルミネーションライト

湘南の宝石は、1999年11月に開催された旧江の島展望灯台(現江の島シーキャンドル)ライトアップを前身に、今年で記念すべき20回目を迎える光のフェスティバルです。 地元藤沢市の官民一体となって作り上げている本イベントは、湘南の美しい海と空、ロケーションと一体となったデザインや、その独自性から、関東三大イルミネーションをはじめ、多くのイルミネーションランキングで上位に選ばれています。 特に、江の島一帯が会場となることから、島内各会場のイルミネーションと夜景を巡りながら楽しめるイルミ鑑賞のスタイルは、江の島でしかできない体験となります。 是非、湘南の夕景から美しい空の色の移り変わり、そしてイルミネーション点灯の瞬間から、光に溢れた江の島で素敵な時間をお過ごしください。 主催:湘南の宝石実行委員会• 藤沢市• 江の島観光会• 江の島振興連絡協議会• 江の島弁天会• J:COM湘南• 藤沢市• 株式会社湘南なぎさパーク• 協賛:企業協賛• 協力:藤沢市• 江の島観光会• 江の島弁天会• カラーキネティクス・ジャパン株式会社• 株式会社湘南なぎさパーク• 白井電気商会• J:COM湘南• レディオ湘南FM83. 1MHz.

次の