日本 語 アクセント わからない。 英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語を音節で区切る方法がよく分からないのですが、区切るコツとかはあ

日本 語 アクセント わからない

日本語のアクセント 日本語標準アクセントの概要 0.総論 アクセントとは、個々の語に特有で不可欠なストレス(強弱)またはピッチ(高低)の配列のことである。 アクセントによって文は語の単位で「塊り」や「山」として感知されやすくなり、理解が助けられる。 これをアクセントの統語機能と呼ぶ。 また、同じ音声(分節素)の配列であってもアクセントが異なることによって別の語として認識できる。 それによって同音異義を避け、音節数の節約もできる。 これをアクセントの弁別機能と呼ぶ。 言語によってはアクセントの形が一種類に限られ、したがって弁別機能を持たないことがある。 しかしその場合でも統語機能は有効に働く。 日本語のアクセントはピッチアクセントである。 日本語の発話にはもちろん強弱も伴っているが、それは語に特有でも不可欠でもないのでアクセントとは関係がない。 日本語のアクセントの体系は方言によって様々である。 関西方言のアクセントは比較的多くの型を言い分けるが、東日本ではそれより型が少なく、南九州の一部のように全ての語のアクセントが同一となっているものもある。 また、南東北、北関東、九州中部のような無アクセントのものもある。 標準アクセントと呼ばれるのはほぼ東京方言のアクセントである。 東京方言のアクセントは関西方言よりやや型数の少ない体系であるが統語機能、弁別機能ともに優れた体系と言ってよく、また同体系のアクセントが比較的広い地域にわたって分布しているために標準アクセントに採用されるにふさわしいと言われる。 しかし実のところはそのような吟味の上で採用されたのものではなく、首都の方言のアクセントがそのまま成り行きで標準アクセントと呼ばれるようになったものである。 1.本態 日本語標準アクセントの本態はピッチ(声の高さ、声の基本周波数)の有意的な下降である。 (発話は常に多かれ少なかれ経時的に自然なピッチの下降を伴うが、それは話者にも聴者にも何ら意味を持たない生理的現象である。 これに対してアクセントによる下降は生理的に自然で無意味な範囲を超えた程度に及び、聴取においても有意的に捉えられる。 ) 有意的下降は原則として語中に零ヶ所または一ヶ所現れ、その位置は拍と拍の境目であり、原則として拍内部では下降しない。 この場合、3拍目と4拍目の間にアクセントの「タキ(滝)」があると言い、3拍目をアクセントの「核」と言う。 各拍の高さを全て表示しなくてもタキや核の位置さえ明示できればこの語のアクセントの表記は完結する。 例えば でも良いし、単に「3」でも良い。 従って音韻論的アクセント表記は今示したような簡潔なものとなる。 ここで注意しなければならないのは、実際の発話では文頭の語及びプロミネンス(強調、卓立)の付加された語は語頭にピッチの上昇を伴うということである。 2.固定アクセント詞 名詞のアクセントは各拍のどれか一つに核があるか、又はどの拍にも核がないかの何れかである。 従って拍数プラス1の数の型が存在し得る。 名詞のアクセントに関する重要な規則は次の通りである。 名詞のアクセントは原則として変化しない。 (複合語の要素としてはこの限りではない。 複合名詞のアクセントはその最終成分によって決まる。 動詞、形容詞以外の全ての品詞(付属語を除く)のアクセントのしくみは名詞に準じる。 a式、b式を起伏式、平板式と言うことがある。 両者のアクセントは語形の変化に伴ってそれぞれのパターンに従って変化する。 (-の表示は語尾から数えての意。 0は核なし。 ) a式、b式を起伏式、平板式と言うことがある。 両者のアクセントは語形の変化に伴ってそれぞれのパターンに従って変化する。 原形 ~いか ~く ~くて ~かった ~かろう a -2 -3 -3 -4 -5 -2 b 0 -3 0 -3 -4 -2 形容詞のあとに付く付属語のアクセントは動詞の場合に準じる。 4.核の移動 いわゆる特殊拍(引き音、撥音、促音)は核になることはない。 これらの拍に予想される核は前後の拍に移動して実現する。 5.文の実際 「アネワ ゴゴノ ヒ コオキデ ヒロシマエ モドリ マス」を例として文のメロディーを見てみよう。 太字が核である。 まず文節ごとのアクセントを音韻論的に(本態のみを)示す。 アネワ ゴ ヒコ ヒロシマエ モドリマ ゴノ オキデ ス 以下は文としてのメロディーを音声学的に(実際的に)簡単に示したもの。 まず特にどの文節にもプロミネンスを付けない場合。 文頭の語には上昇が現れる(一種のプロミネンスと考えられる。 上昇の幅は任意である)。 他には上昇はなく、全ての核の後には有意的な下降がある。 全体として「へ」の字型のなだらかな下降線を描く。 (生理的な下降を考慮に入れれば下の模式図全体をやや右下がりに傾けたものが実際に近い。 ) ネワゴ ア ゴノヒコ オキデヒロシマエモドリマ ス 次に、「姉は」にプロミネンス(上昇の幅は任意である。 以下同様)を付けた場合。 ネワゴ ゴノヒコ ア オキデヒロシマエモドリマ ス 「午後の」にプロミネンスを付けた場合。 ゴ ネワ ゴノヒコ ア オキデヒロシマエモドリマ ス 「飛行機で」にプロミネンスを付けた場合。 ネワゴ コ ア ゴノヒ オキデヒロシマエモドリマ ス 「広島へ」にプロミネンスを付けた場合。 ネワゴ ア ゴノヒコ ロシマエモドリマ オキデヒ ス 「戻ります」にプロミネンスを付けた場合。 ネワゴ ア ゴノヒコ ドリマ オキデヒロシマエモ ス なお、文のメロディーにはこの他に文末やポーズの直前の一音節内部の上昇、下降である「イントネーション」が関与する。 アクセント、プロミネンス、イントネーションはそれぞれ独立した別要素である。 6.標準アクセントの特徴 文(一語文も含む)の先頭には必ずピッチの上昇がある。 一拍目が低ければ必ず二拍目が上がり、また一拍目が高い場合は他の方言に比べより高い傾向が見られ、かつ二拍目は大きく下降する。 つまり、発話の先頭がダイナミックなメロディーを持っているため訴求性に優れていると言える。 プロミネンスを語頭のピッチの上昇として統一的に実現できるため、音の上昇が感知できたらそれがすなわち重要な語の先頭であると知れるので意味内容の理解に有利である。 逆に重要でない語には上昇がないので余剰的情報によって理解を妨げられない。 すなわち文のフォーカス表現に優れ、論理性も情緒性も高いと言えよう。 拍と高さの結び付きが強い。 但し、プロミネンスが付く場合はこの限りではない。 核のない一拍名詞を拍の延長なしに発音するので理解に困難なことがある。 特に文頭にある場合は多くの方言話者にとって聴き取りにくく、ネイティブ話者にとっても聴き取りにくいことがある。

次の

日本語と英語のアクセント・リズムの違い!英語のイントネーションを身につける方法

日本 語 アクセント わからない

アクセント分布 日本語のアクセントは地域によって異なっている。 たとえば、ハナ(花)は東京ではハを低くナを高く、京都・大阪ではハを高くナを低く発音する。 その高低の配置はそれぞれの地域で個々の語に対して決まっている。 地域によってはアクセントの型の知覚がないものもあり、これを無アクセント(無型アクセントまたは崩壊アクセントとも)というが、大部分の地域ではアクセントの型知覚がある。 語におけるアクセントの高低の組み合わせをアクセントの型という。 このような型の種類は地域によって異なるが、体系的に大きく四つに分けられる。 一つは北海道・東北北部・関東(北部の一部を除く)・中部(北陸を除く)・中国・九州東北部など共通語に類似するもので、これを東京式アクセントという。 これと対立する代表的なものが京都・大阪などを中心とする京阪式アクセントで、北陸・四国などもこの京阪式と同類のものである。 このようなものを特殊式(二型アクセントとも)と呼んでいる。 型の知覚はあるものの、一つの型しかないものを一型式と呼ぶ。 これは型の知覚のない無アクセントとは区別される。 日本語のアクセントは文献上平安時代後期以降のものが明らかにされている。 たとえば、平安時代後期京都地方の二拍名詞のアクセントは五つの型に分類することができる(これらを第一〜五類と称する)。 これを基準にしてアクセントの語類の分かれ方を見ると、現代の京阪式では(一類)(二類・三類)(四類)(五類)の四つに、東京式では(一類)(二類・三類)(四類・五類)の三つに分かれる。 このようにアクセントの型の対応が現在の方言にもよく保存されていることから、平安時代の京都地方のアクセント体系が基盤となってそれぞれの方言アクセントが派生していったという説が有力である。 からい・しょっぱい 塩の味を表すことばを全国的に展望すると、大局的には、新潟(佐渡を除く)・長野・静岡の各県以東はショッパイ、富山(佐渡を含む)・岐阜・愛知の各県以西はカライ、とすることができる。 「からさ」には、塩味のほか唐辛子などのぴりぴりした味もある。 この地図だけからはわからないが、西日本ではともにカライと言って両者を区別しないのが原則である。 これに対して、東日本では塩味はショッパイ、辛子味はカライと言って区別するのが原則である。 西日本のカライの地域で特に塩味を表すためにシオカライが生まれ、この西日本のシオカライやカライは、上方文化を背景に、いまや東日本にその勢力を拡大しつつある。 その結果塩味に対してショッパイとカライを併用するようになった地域では、新しい微妙な意味や用法の分化が生じている。 しあさって・やなあさって アサッテの翌日は、分布地図を見れば、元来東日本はヤナアサッテ・ヤノアサッテ、西日本はシアサッテであったことがわかる(沖縄は別系)。 上方文化を背景にして西日本のシアサッテがヤナアサッテ地域に侵入してくると、混乱が生じてしまう。 この地図からはわからないが、関東地方などでは、ヤナアサッテの翌日を、もともとシアサッテと言っていたからである。 ヤナアサッテ・シアサッテの順がよいとする伝統を守る人、いやシアサッテとヤナアサッテは同義だとする人、そうではないシアサッテ・ヤナアサッテの順が正しいとする人などである。 そうした諸説の生まれる基盤については、地理的な背景を考えればよく理解することができる。 にる・たく 大根や芋を鍋に入れて味を付けて火にかける。 その動作を表す各地の言い方の分布地図である。 (沖縄にワカスにあたる表現があって注目される) 食物について、タクのは御飯だけと思っている人にとって「小豆をタク」「関東ダキ(おでん)」などということばを聞くと奇妙に思える。 しかしこの分布地図によって、そうした表現の地理的背景が明らかになる。 では御飯は全国タクと言うのかというと、そうでもない。 この地図からはわからないが、岩手・関東・中部地方の一部と西日本の山間部と沖縄の一部ではニルと言う。 つまりそれらの地方では、大根も御飯もニルと言って区別しないのである。 この地図でタクを使う地方が大根も御飯もタクと言って区別しないのと同じ事である。 なんぼ・いくら 物の値段を尋ねるときのナンボは、東京の人にとってすぐ関西を連想することばである。 しかしこの分布地図から、ナンボは西日本のほか、山梨県や北海道・東北地方にも色濃く分布していることがわかる。 一方イクラは、三重・和歌山両県、西北九州でも使われている。 ナンボは元来何程から変化した語で、値段ばかりでなく、イクツにあたる物の個数や年齢を尋ねるときにも使われる。 もっともイクツにあたるナンボは、この地図のナンボの分布よりやや狭く、山梨や福岡・大分県の一部などでは、値段はナンボ、個数や年齢はイクツと言い分けるところがある。 一方、東京にも「ナンボなんでもそりゃひどい」などの用法があり、注意したい。

次の

日本語教育用アクセント辞典

日本 語 アクセント わからない

2 1 日本語のアクセント(基本) 日本語の単語には一定のアクセントの型がある。 目標 「アクセントの規則と型を理解する」 「実際にアクセントを聞き取れるようになる。 その組み合わせにより、語の意味が区別されることがある。 」 b 庭には二羽トリがいる。 妻と娘はセーター売場へ、 夫はゴルフコーナーへに行った。 娘がセーターを試着しているところに、 夫がゴルフのドライバーを持ってやって来た。 それぞれの発話のアクセントを書き分けなさい。 アクセントが どの拍で下がるかにより、アクセントは5つの型に分かれる(アクセントの体系)。 23 うま(馬)。 うし(牛) 24 はな(鼻)。 はな(花) 25 ひ(日)。 ひ(火) 26 うさぎ。 おとこ 27 おもい。 かぶと。 【発展1】語形が変化するとアクセントの位置も変化する場合がある。 形容詞の連体形と連用形について、アクセントの型の変化を規則化しなさい。 28 連体形 あかい、しろい。 はやい、おそい。 おもい、かるい。 あつい、すずしい。 29 連用形 あかく、しろく。 はやく、おそく。 おもく、かるく。 連体形の中高型は、連用形になると「 」型となる。 ) 【発展2】動詞「行く」「来る」「歌う」「働く」のアクセント型は何か。 起伏式 a頭高型{ ひ(火)、ねこ、まくら、みどり、しんせつ、しんじつ、} b中高型{おかし、こころ、しおかぜ、たくあん、かたかな、・・} c尾高型{やま、おとこ、さかな、はんつき、いもうと、・・・・} 平板式 {ひ(日)、はし(端)、さき、さくら、すなはま、ふでばこ・・・} 【課題】聞き取りテープの中から、理論上では日本語にありえないアクセント (だから、外国人っぽく聞こえる)を指摘し、その理由を説明せよ。

次の