つぶつぶ生活。 つぶつぶ主人公

つぶつぶ生活 〜お待たせ!〜

つぶつぶ生活

つぶつぶ生活のあらすじ紹介 「一寸キャット」でデビューし、 大ヒットした絵本作家、 米田 コウジ。 しかしそれ以来作品が描けず、 時間を無駄に浪費しては、 夜になると飲み歩いてしまうほど 米田は自分を見失っていました。 そんな中、米田の同居人である 豆木が拾ってきた、 「一寸キャット」に良く似た 猫の「みるく」は、 実は人間が転生した姿であり、 しかもその正体は 米田の彼女の胡桃だったのです。 しかし、猫の正体をまだ知らない 米田は相変わらず作品が描けず、 熱意ある担当者の来訪に、 屋根に登って逃げるほど 自信をなくしてしまっていました。 つぶつぶ生活のネタバレと今後の展開は? デビュー作「一寸キャット」で、 大ヒットを記録し、一躍有名になった 絵本作家、 米田 コウジ。 遊び好きの彼は、入ったお店で 女の子を口説き、 部屋に入れようとしますが、 髪もヒゲもぼうぼうの男性と 美しい猫が出迎えてきたため 女の子は逃げ帰ってしまいました。 ヒゲの男性豆木とと米田は同居中で、 豆木は猫を飼うと言います。 不満を述べながらも受け入れる米田ですが、 豆木が猫に「くるみ」と名付けると、 米田はそれは駄目だと拒絶します。 そんなことをしている中、 料理の得意な豆木がご馳走を作ります。 今日は新担当を迎える日だったのです。 入社二年目という白花 貴恵さんは、 「一寸キャット」のファンだという女性で、 とにかく熱意の塊のような感じです。 明日また来るという白花さんの言葉に、 机に向かい合う米田。 しかし彼が書いているのは新作ではなく、 アイディアが浮かばない言い訳でした。 それを見た猫は、よりによってノートに 「粗相」をしてしまうのでした。 一方、米田は豆木に、くるみという 名前を嫌う真相を明かします。 米田にはかつて、「胡桃」という 彼女がおり、デビュー前から支えてくれ、 「一寸キャット」誕生にも、 多大な貢献をしてくれた人でしたが、 米田が忙しくなるとすれ違うようになり、 大喧嘩した直後に事故死してしまった 悲しい過去があったのです。 真相を知った豆木は「くるみ」でなく、 「みるく」と 猫に名付けることにしました。 サイト内で【 つぶつぶ生活】を検索! つぶつぶ生活の読んでみた感想・評価 デビュー作を描いたところで うまく筆が進まなくなってしまった、 つまりプロとして最初の「壁」に 悪戦苦闘している作家という、 非常にあるある感の強い、定番的な 業界漫画としての下地を置きつつも、 色々とクセがあり面白い登場人物の ドタバタを髄所に交えつつ、 主人公の恋人がいきなり猫に転生し、 ちょっとしたことで人に変わったりと、 とてもバラエティ豊かな面白さを 満喫することができました。 いきなり大々的なデビューを飾り、 しかし描けなくなった米田さんの 強がりとその裏返しの弱さや、 豆木さんの外見とは裏腹の優しさ、 「復活」した胡桃さんの奔放さなど、 表情豊かで個性的な各人の動きや、 様々な人が重なり合うことで、 予期せぬ変化が生まれそうな雰囲気、 作品を生む中での苦しさなど、 細部に至るまでの丁寧さと、 それを一気に吹き飛ばすような ハイパワーを持ったキャラたちの動きが、 非常に痛快で心地良く、 一気に読み進めることができました。 分かりやすく明確な筋がある一方で、 それが予期せぬ行動で崩れ、 やり直しになってしまうような、 現実的な不規則を、計算された 世界である作中で、実にうまく 盛り込んでいるのが素晴らしいですね。 つぶつぶ生活はこんな方におすすめな作品!必見 作家はデビューするのが簡単だが 作家であり続けるのは難しい、 といった感じの格言を良く聞きます。 実際のところ、一般企業に就職するよりも ずっと狭き門なのが作家の世界なのですが、 作家という「状態」を続けていくのは 本当に大変なことで、こうした言葉が ひとり歩きしているようです。 本作は絵本作家を主人公にした、 広い意味での「業界漫画」であり、 米田さんが詰まってしまっているのも、 「デビュー作の次が描けない」という、 作家として極めて良くある段階であり、 リアリティがある設定とも言えます。 作家の海の苦しみを表現する一方で、 どうしても物を壊してしまう豆木さんや、 熱意満点だがおっちょこちょいな 担当の白花さんなど、 個性豊かな登場人物が多く、 コメディとして非常に練られた うまい構成が光っています。 何より、家に招いてもらった 猫のみるくちゃんが 非常に面白い役どころ。 人間の食事を採ると姿を変え、 米田さんの恋人だった胡桃さんに なっていくわけですが、 人間のまま生活を満喫していると、 「猫」を拾ってきたはずの 豆木さんが心配してしまいますし、 猫のままだと当然人として 思うようにいかなかったりと、 転生後なのに思うようになりません。 こういった細やかさが全体に見られ 勢いだけの大味な感じがしない本作は、 動物好きにもラブコメ好きにも安心して 読み進めていける、非常に丁寧な 一作になっていると言えます。

次の

つぶつぶ生活

つぶつぶ生活

このプロジェクトは目標金額を達成している場合にのみ、募集終了時点でプロジェクト成立(売買契約成立)となり資金提供されプロジェクトが実行されます。 支援コースラインナップ サポート金額 3,000 円 本編デジタル配信 【お届け内容】 ・毎月1回、全6話分の本編データを配信します ・御礼コラムメールを毎月お届けします(全6回) お届け:2014年 02月予定 95人がサポート サポート金額 6,000 円 本編配信+未収録タイトル4作品 本編のデジタル配信と一緒に未収録4作品をお届け。 複製原画プリントを進呈。 お届け:2014年 02月予定 20人がサポート 残り10 サポート金額 20,000 円 本編配信+複製原画プリント 複製原画プリントを進呈。 本編の直筆生ネーム原稿3枚(ランダム)を進呈。 お届け:2014年 02月予定 5人がサポート 残り15 サポート金額 30,000 円 本編配信+生ネーム原稿(ランダム3枚) 本編の生ネーム原稿3枚(ランダム)を進呈。 お届け:2014年 02月予定 0人がサポート サポート金額 数量限定 50,000 円 本編配信+似顔絵描きます あたなのお望みの似顔絵をお描きし進呈します。 記念品、贈り物にもいかがでしょうか。 お届け:2014年 02月予定 7人がサポート 残り3 サポート金額 数量限定 60,000 円 本編配信+カラーA4サイズ原画 栗原まもるがあなたのために描く1点もののカラーA4サイズ原画を進呈。 劇中のキャラクターをお選びいただけます。 あくまで優先交渉権ですので、確約するものではございません。 既に対象コースにご支援下さっているサポーターの方も、もちろん対象となりますのでご安心ください。 ファンに惜しまれつつも未完で雑誌連載が終了してしまった、 栗原まもる作「つぶつぶ生活」の続巻である第6巻目を、皆さまの支援で 単行本分1冊にあたる6話分まるごと描き上げるプロジェクトです。 単行本一冊分(6話分)約180ページを描くために必要な費用として目標金額を設定しています。 プロジェクト成立した後から本編を描き始め、支援して下さったサポーターの方には半年に渡り月1回のペースで新しいお話しをお届けします。 初めまして。 漫画家の栗原まもると申します。 この度、ここFUNDIY(ファンディー)でプロジェクトを立ち上げに至った経緯をお話ししたいと思います。 今年7月まで雑誌Kissで連載、8月に最新刊5巻が発売となりました。 しかしある諸事情によりこの作品は未完のまま連載を終了することとなってしまいました。 物語もこれから大切なところに差し掛かってくるところでした...。 この作品は私にとってとても大切な作品です。 ストーリーを描いていてとても楽しく、キャラクター達は動いてくれるし、何より私は作品の中のみんながすごく好きです。 何としてもこの物語の続きを描きたい! 本来であれば、新しい連載先を見つけて続きを描けることが理想なのですが、現実的に難しい状況でした。 そんな状況の中、その夢を実現させるために、これまで作品を読んで下さっていた方、また、この試みで始めて「栗原まもる」「つぶつぶ生活」を知り興味を持って下さった方からクラウドファンディングを通して直接ご支援をいただき、直接皆様に向けて作品を描きたい、読者の方を思いながら描くことでより特別な作品へと昇華させたい。 そういう想いから今回ここでチャレンジしようと思い立ちました。 どうか「つぶつぶ生活」の続きを皆様の支援で描かせていただけないでしょうか? よろしくお願いします! 新作を描けない絵本作家と同居人と、同居人が拾ってきた子猫。 そして、二人の元に度々訪れる担当編集者。 3人と1匹による複雑な四角関係を描いたドタバタラブコメディー。 デビュー作が大ヒットしたものの、死んだ彼女・胡桃のことが忘れられず、スランプの日々。 同居人・・・・というか家主の豆木豊(愛称・マメ)は26歳の在宅トレーダー。 ある日マメが子猫を拾ってきた。 この子猫、みるくと名づけられるが訳アリで、なんとバターを食べると人間に変身してしまう。 それだけでなく、コウジの死んだ彼女・胡桃なのだ。 コウジの新担当の編集・白花さんはマメが好き。 マメは名前を偽って登場した胡桃のことが好き。 コウジは白花さんを一回好きになるも、胡桃に会ってしまったらやっぱり胡桃が好き。 胡桃ももちろんコウジが好き。 これから描く続巻のあらすじ 四角関係で悶々としたけれど、白花さんはマメに振られ、マメは胡桃に振られ・・・・・・。 コウジと胡桃はマメに内緒で逢瀬を重ね・・・・・・・ていたらバレちゃった。 そしたらマメが突拍子もない提案をしてきたのだった。 「3人で一緒に暮らせばよくない?」と・・・・・・・。 また【未収録作品4作品】をお付けします。 プロットからネーム、原稿完成までの過程がお楽しみいただけます。 先ずは6巻目分のプロジェクトであることをご理解いただけると幸いです。 ご利用のPC、タブレット、スマートフォン等でお楽しみ下さい。 ! プロジェクトが成功したとしても書籍化については今は何とも言えません。

次の

栗原まもるの『つぶつぶ生活』待望の続巻制作プロジェクト始動!!

つぶつぶ生活

このプロジェクトは目標金額を達成している場合にのみ、募集終了時点でプロジェクト成立(売買契約成立)となり資金提供されプロジェクトが実行されます。 支援コースラインナップ サポート金額 3,000 円 本編デジタル配信 【お届け内容】 ・毎月1回、全6話分の本編データを配信します ・御礼コラムメールを毎月お届けします(全6回) お届け:2014年 02月予定 95人がサポート サポート金額 6,000 円 本編配信+未収録タイトル4作品 本編のデジタル配信と一緒に未収録4作品をお届け。 複製原画プリントを進呈。 お届け:2014年 02月予定 20人がサポート 残り10 サポート金額 20,000 円 本編配信+複製原画プリント 複製原画プリントを進呈。 本編の直筆生ネーム原稿3枚(ランダム)を進呈。 お届け:2014年 02月予定 5人がサポート 残り15 サポート金額 30,000 円 本編配信+生ネーム原稿(ランダム3枚) 本編の生ネーム原稿3枚(ランダム)を進呈。 お届け:2014年 02月予定 0人がサポート サポート金額 数量限定 50,000 円 本編配信+似顔絵描きます あたなのお望みの似顔絵をお描きし進呈します。 記念品、贈り物にもいかがでしょうか。 お届け:2014年 02月予定 7人がサポート 残り3 サポート金額 数量限定 60,000 円 本編配信+カラーA4サイズ原画 栗原まもるがあなたのために描く1点もののカラーA4サイズ原画を進呈。 劇中のキャラクターをお選びいただけます。 あくまで優先交渉権ですので、確約するものではございません。 既に対象コースにご支援下さっているサポーターの方も、もちろん対象となりますのでご安心ください。 ファンに惜しまれつつも未完で雑誌連載が終了してしまった、 栗原まもる作「つぶつぶ生活」の続巻である第6巻目を、皆さまの支援で 単行本分1冊にあたる6話分まるごと描き上げるプロジェクトです。 単行本一冊分(6話分)約180ページを描くために必要な費用として目標金額を設定しています。 プロジェクト成立した後から本編を描き始め、支援して下さったサポーターの方には半年に渡り月1回のペースで新しいお話しをお届けします。 初めまして。 漫画家の栗原まもると申します。 この度、ここFUNDIY(ファンディー)でプロジェクトを立ち上げに至った経緯をお話ししたいと思います。 今年7月まで雑誌Kissで連載、8月に最新刊5巻が発売となりました。 しかしある諸事情によりこの作品は未完のまま連載を終了することとなってしまいました。 物語もこれから大切なところに差し掛かってくるところでした...。 この作品は私にとってとても大切な作品です。 ストーリーを描いていてとても楽しく、キャラクター達は動いてくれるし、何より私は作品の中のみんながすごく好きです。 何としてもこの物語の続きを描きたい! 本来であれば、新しい連載先を見つけて続きを描けることが理想なのですが、現実的に難しい状況でした。 そんな状況の中、その夢を実現させるために、これまで作品を読んで下さっていた方、また、この試みで始めて「栗原まもる」「つぶつぶ生活」を知り興味を持って下さった方からクラウドファンディングを通して直接ご支援をいただき、直接皆様に向けて作品を描きたい、読者の方を思いながら描くことでより特別な作品へと昇華させたい。 そういう想いから今回ここでチャレンジしようと思い立ちました。 どうか「つぶつぶ生活」の続きを皆様の支援で描かせていただけないでしょうか? よろしくお願いします! 新作を描けない絵本作家と同居人と、同居人が拾ってきた子猫。 そして、二人の元に度々訪れる担当編集者。 3人と1匹による複雑な四角関係を描いたドタバタラブコメディー。 デビュー作が大ヒットしたものの、死んだ彼女・胡桃のことが忘れられず、スランプの日々。 同居人・・・・というか家主の豆木豊(愛称・マメ)は26歳の在宅トレーダー。 ある日マメが子猫を拾ってきた。 この子猫、みるくと名づけられるが訳アリで、なんとバターを食べると人間に変身してしまう。 それだけでなく、コウジの死んだ彼女・胡桃なのだ。 コウジの新担当の編集・白花さんはマメが好き。 マメは名前を偽って登場した胡桃のことが好き。 コウジは白花さんを一回好きになるも、胡桃に会ってしまったらやっぱり胡桃が好き。 胡桃ももちろんコウジが好き。 これから描く続巻のあらすじ 四角関係で悶々としたけれど、白花さんはマメに振られ、マメは胡桃に振られ・・・・・・。 コウジと胡桃はマメに内緒で逢瀬を重ね・・・・・・・ていたらバレちゃった。 そしたらマメが突拍子もない提案をしてきたのだった。 「3人で一緒に暮らせばよくない?」と・・・・・・・。 また【未収録作品4作品】をお付けします。 プロットからネーム、原稿完成までの過程がお楽しみいただけます。 先ずは6巻目分のプロジェクトであることをご理解いただけると幸いです。 ご利用のPC、タブレット、スマートフォン等でお楽しみ下さい。 ! プロジェクトが成功したとしても書籍化については今は何とも言えません。

次の