論語 読み の 論語 知らず。 論語読みの論語知らず

「論語読みの論語知らず」の意味を易しく解説してください。

論語 読み の 論語 知らず

naganaga403さんが『論語を読んで頭では理解しても、実行が全くともなわない人を指します』と回答しています。 それでも良いのですが、『論語を読んで、記憶していて、その説明さえしてくれるのに、肝心な内容が理解できていない人』という方が、当たっているような気がします。 ~~~~~~~~~~~ 偉そうなことを言っているけれども、実際の場面では役立たない人。 たくさん勉強していて、テストの点数も悪くないのに、応用問題や現実の解決策はわからない人。 専門書や難しい本を読んで文章や言葉を記憶しているだけで、意味が理解できていない人。 ~~~~~~~~~~~ お坊さんをまねて、お経を覚えても、そのままでは呪文のようになってお経の意味はまったくわかりません。 これも「お経読みのお経知らず」です。 論語は、日本では、素読という方法で読んでいました。 先生の発音を聞いて、とにかく同じように発音するのです。 この論語を読んで、意味がわかりますか? 多くの人にとって論語は、そのままでは意味がわからないか、自分流の誤解をします。 専門的に勉強する人は先生から講義で説明してもらえるのですが、その説明も簡単で分かり易い言葉ではなかったのです。 場合によっては、100回読めば 自然に意味がわかるから、何度も読みなさいと言われてしまう場合もありました。 何年も論語を読んでいて、今からその意味を聞くこともできないので、結果、自分流に解釈することが多かったのです。 だから、論語を読んでいる多くの人は、意味がよくわかっていないか、いい加減な理解でした。 それで、きっと、【論語をよく読んでいる偉そうなAさんに聞いて「ああそうなのか」と思っていたら、論語を読んでいるB老人にきいたら別の説明をしてくれて、論語を読んでいる人への信頼感ががっくり落ちた】というようなことがあったのでしょう。 【いつも偉そうで、「病気はなんでも私に任せろ!」と言っていた医者が病気でダウンして、医者もダメなんだなと経験した】なども、同じようなことわざになっていったのだと思います。 (道徳や倫理だけのことではないし、理論と実践のこととは限りません) 『知らず』=『わかってない』ということです。 学校の勉強や試験対策で、正しい回答、公式を覚えているだけで、内容を理解しないと、そのときの試験では、穴埋めでも、計算でも、100点を取れても、数ヶ月後、数年後には、記憶は残っていても「論語読みの論語知らず」のようになる危険があります。

次の

論語読みの論語知らず

論語 読み の 論語 知らず

論語 ろんご 読みの論語知らず: 本に書いてある理論・理屈を知っているだけで、実際の社会生活における行動に伴わないこと 「論語読みの論語知らず」の意味を詳しく 「論語読みの論語知らず」は、 本に書いてある理論・理屈を知っているだけで、実際の社会生活における行動に伴わないことを意味することわざです。 表面的な理解だけで、物事の本質が分かっていないことを表します。 「論語」とは、古代中国の思想書です。 学者・思想家であった孔子の教えがまとめられています。 「論語読みの論語知らず」は、「論語」を読んでいても、その内容や精神は身についていないという状況を表しています。 同じ意味で、「論語読みの論語読まず」と表記することもあります。 また、「論語読みの論語知らず」から派生した、「マルクス読みのマルクス知らず」という表現があります。 あの先生は、生徒に道徳を説くくせに、裏で女子生徒と付き合っている。 論語読みの論語知らずを体現したような人だ。 彼は誰よりも知識を持っているが、行動が伴っていない。 論語読みの論語知らずなせいで、いまいち言葉に説得力が感じられない。 彼は自己啓発本を月に10冊も読んでいる。 しかし、一向に言動が変わる様子はない。 まさに 論語読みの論語知らずだ。 「論語読みの論語知らず」の由来 「論語読みの論語知らず」の由来は、朱子 しゅし の著書『論語序説』です。 原文の直接の元となった部分は、以下の通りです。 程子曰。 讀論語。 有讀了全然無事者。 これを書き下し文に直すと、以下のようになります。 程子 ていし の曰 いわ く、論語を読みて、読了 どくりょう して全然事 こと 無き者有り。 この記述が由来となり、ことわざ「論語読みの論語知らず」が生まれました。 A mere scholar, a mere ass. ただの学者はただのロバ。 Astrology is true but where is the astologer? 占星術は真理だ。 しかし、占星術師はどこにいるのか?• He is a learned fool. 彼は知識ばかりある、バカだ。 「占星術」は、簡単に言うと星占いです。 天文現象を元に、人間の運や社会の未来を占う術です。 まとめ 以上、この記事では「論語読みの論語知らず」について解説しました。 読み方 論語 ろんご 読みの論語知らず 意味 本に書いてある理論・理屈を知っているだけで、実際の社会生活における行動に伴わないこと 由来 朱子の著書『論語序説』の記述から 類義語 坊主の不信心、学者の不身持ち、医者の不養生など 対義語 知行合一 英語訳 A mere scholar, a mere ass. ただの学者はただのロバ。 真面目な人ほど、しっかりと知識を蓄えてから行動しようと考えるでしょう。 もちろんそれは悪いことではありませんし、知識が将来的に役立つ場面は多々あります。 しかし、「論語読みの論語知らず」になってしまう可能性もあります。 ときには思いきりよく行動することも、重要ということを覚えておきましょう。

次の

論語読みの論語知らず

論語 読み の 論語 知らず

naganaga403さんが『論語を読んで頭では理解しても、実行が全くともなわない人を指します』と回答しています。 それでも良いのですが、『論語を読んで、記憶していて、その説明さえしてくれるのに、肝心な内容が理解できていない人』という方が、当たっているような気がします。 ~~~~~~~~~~~ 偉そうなことを言っているけれども、実際の場面では役立たない人。 たくさん勉強していて、テストの点数も悪くないのに、応用問題や現実の解決策はわからない人。 専門書や難しい本を読んで文章や言葉を記憶しているだけで、意味が理解できていない人。 ~~~~~~~~~~~ お坊さんをまねて、お経を覚えても、そのままでは呪文のようになってお経の意味はまったくわかりません。 これも「お経読みのお経知らず」です。 論語は、日本では、素読という方法で読んでいました。 先生の発音を聞いて、とにかく同じように発音するのです。 この論語を読んで、意味がわかりますか? 多くの人にとって論語は、そのままでは意味がわからないか、自分流の誤解をします。 専門的に勉強する人は先生から講義で説明してもらえるのですが、その説明も簡単で分かり易い言葉ではなかったのです。 場合によっては、100回読めば 自然に意味がわかるから、何度も読みなさいと言われてしまう場合もありました。 何年も論語を読んでいて、今からその意味を聞くこともできないので、結果、自分流に解釈することが多かったのです。 だから、論語を読んでいる多くの人は、意味がよくわかっていないか、いい加減な理解でした。 それで、きっと、【論語をよく読んでいる偉そうなAさんに聞いて「ああそうなのか」と思っていたら、論語を読んでいるB老人にきいたら別の説明をしてくれて、論語を読んでいる人への信頼感ががっくり落ちた】というようなことがあったのでしょう。 【いつも偉そうで、「病気はなんでも私に任せろ!」と言っていた医者が病気でダウンして、医者もダメなんだなと経験した】なども、同じようなことわざになっていったのだと思います。 (道徳や倫理だけのことではないし、理論と実践のこととは限りません) 『知らず』=『わかってない』ということです。 学校の勉強や試験対策で、正しい回答、公式を覚えているだけで、内容を理解しないと、そのときの試験では、穴埋めでも、計算でも、100点を取れても、数ヶ月後、数年後には、記憶は残っていても「論語読みの論語知らず」のようになる危険があります。

次の