手取り 24 万 年収。 【年収240万の手取り金額とは】平均給与や生活費の目安を紹介

24歳の平均年収と給料|住民税、所得税、手取りはいくら?【2020年版】|税金奉行の税金解説書

手取り 24 万 年収

トピを開いて下さり、ありがとうございます。 自分の家庭の収入のレベルがわからないのですが、よそのおうちの月収など友達にもなかなか聞けないので、ここで質問させてください。 家族は夫37歳中小企業会社員、私41歳パート主婦、長女10歳、次女8歳の4人家族です。 ボーナスは年100万くらいです。 (これはわりともらっている方だと思います) 正直、自分ではやりくりが苦しいと思っていますが、友人からは 「みんな苦しいのよ。 みんな思っているほどもらってないのよ」 と言われ、私のやりくりが下手なのかな、、と思っています。 今はフルでパートに出て、私自身は月6〜7万の収入です。 今すんでいる市は、財政が苦しく、私立の幼稚園しかなくて、長女の時は 高い幼稚園にしか入れず、月平均すると4万円くらい払っていて、 当時の生活はかなり厳しかったです。 次女は幸い保育園に入れましたが、私の収入が大したことがなく、 また私自身、体も丈夫ではないのと長女が軽い広範囲性知能障害があり、 集団に溶け込むのが難しく、育てるのに苦労しました。 正社員は 考えられませんでした。 今は下の子だけ学童に入れ、それも月1万2千円と隣接する市に比べて高額 らしいのですが、がんばっています。 それでもやっぱりまわりも同じくらい苦しいのでしょうか。 ユーザーID: 7016158644 単純に「手取り」=「税引き後」という意味でしょうか。 手取りが多いか少ないかだと23万は「多く」はないと思います。 でもトピ主さんの6〜7万円の収入があるので月30万程度ありますよね。 だったら一ヶ月の収入的に少なくないと思いますよ。 月30万あって、子供二人が小学生なのにやりくりが苦しいのは家賃が高いとか何かの支払いが多いのでしょうか。 ユーザーID: 7962318488• 話題ランキング• まあ 私立幼稚園の月謝から察するに、思い切り地方都市ではないですよね? 地方の政令指定都市で、私立幼稚園の月謝が2万円〜2万5千円の相場ですから、4万円となれば首都圏か大都市在住なのかな、と。 となると、その手取り月収は年齢の割にはかなり少ないと思います。 うちの主人、35歳大企業のサラリーマンで手取り45万円。 ボーナスも主さんのご主人よりもらっています。 でもこれを知ったところでどうなさるおつもりでしょう? ご主人に嫌味のひとつも言うんですか? 主さんがもっと働くんですか? 周りと比べてもどうしようもないと思うんですけど。。。 ご主人の23万円に主さんのパート代が加わって30万円。 児童手当が2万円で合計32万円。 まぁ少なめですが「すごくやりくりが大変」というわけでもないかな? 家賃やローンがいかほどかわかりませんが、分相応の住まいであれば、ボーナス分は貯蓄に回せるんじゃないでしょうか? ユーザーID: 2655695902• 同じくらいだと思います。 ウチは苦しいんだ〜貧乏なんだ〜って納得して、何か劇的に変えられるのでしょうか? トピ主さんは事情があって正社員では働けず、旦那さんに転職してもっと稼いで!とでも言うのですか? 誰かの家と比べたって、平均より多いほうだと確信がなければ気持ちがしんどくなるだけなのに。 今や20〜30代の半数が非正規雇用という超格差社会に突入している事をご存じですか?テレビでもやってましたよ。 旦那さんが正社員できちんと家族を養ってくれている事に感謝して、日々の生活を家庭円満に借金無く過ごせるだけでありがたいとは思いませんか? ちなみにウチの旦那は病気で中小企業をリストラされた後契約社員で別の会社で働き、最近やっと正社員で転職できましたが額面で月収23万です。 今年来年ボーナス無し。 妻子の条件もトピ主さんとほぼ同じ。 子供が1人で年齢が上ですが。 それでも頑張って働いてくれる旦那を尊敬しているし、普通に生活できてますよ。 苦しいと言わず身の丈に合う暮らしをして、楽しく過ごすことは可能なはずです。 人と比べて生きるのは浅ましいと思います。 お互い気持ちよく生きましょうね! ユーザーID: 5661445889• うちは夫が30代半ばですが、毎月の手取りでそのくらいです。 ボーナスはご主人よりも少ないです。 夫も年収が少ない方なのですね。 我が家は地方の県庁所在地です。 来年子どもが幼稚園ですが、トピ主さんと同じで近くに公立幼稚園がないため、私立の幼稚園に通わせます。 スクールバス・給食代等を含めるとおよそ月4万円ほどの支出となりますので、似たような環境でしょうか。 私は専業主婦です。 子どもは3歳と1歳。 贅沢ができない年収であることは確かですが、それでも生活が苦しいと思ったことはありません。 子どもが小さいからでしょうか? 私自身は、扶養の範囲内でトレードで収入を得ていますがこれはなかったものとして全額貯金しています。 ユーザーID: 6687566936• 同じです。 少ないと思います。 ご主人の手取り23万が多いか少ないかといえば、少ないのでしょう。 でも地方の中小企業の会社員ならめずらしくもない金額だと思います。 年収は税込で450万ぐらいですね。 トピ主さんのご主人と年収的にはほぼ同じだと思います。 うちの場合は子供が小学校にあがるころ、私が正社員(といってもボーナスなしの手取り16万)になったので家計収入は月43万ぐらいになりました。 これから子供(1人ですが)の塾代や学費がかかるので貯金もほとんどできず、住宅ローンもあるのでまだまだ厳しいですね。 でも夫の手取り23万が少ないってじゃあその金額を自分が稼げるのか?って考えたら無理じゃないですか? 昇給がなくてもボーナスがなくても夫には感謝してます。 夫も私が収入を得ていること、感謝してくれます。 同じような家計の方は地方にはたくさんいると思いますよ。 まわりと比べてもきりがないですから、とりあえず明るく頑張るしかないですよね! ユーザーID: 2705455331• 平均よりやや上かな.

次の

40代で手取り25万円はやばい?!平均年収から考える

手取り 24 万 年収

手取り30万円(額面38万円程度)の年収は約450万円 手取り30万円(額面38万円)の年収は約450万円 まず、年収・月収・額面・手取りの違いを確認しましょう。 まず年収は1年分の収入、月収は1ヶ月分の収入です。 一般的に収入は、税金を差し引く前の金額を指します。 額面はほぼ収入と同意と考えてOKです。 そして、収入や額面から各種税金や社会保険料などを天引きしたのちに社員に支給されるものを手取りと言います。 つまり、実際に手にする金額が手取りです。 それでは、手取り30万円の場合、年収はどれくらいになるのでしょうか? 結論から先に言うと、手取り30万円は年収約450万円(ボーナス無しを想定)です。 年収450万円だと手取りは30万円 【収入から天引きされる金額】 ・社会保険料:約64万円 ・所得税:約10. 7万円 ・住民税:約21. 2万円 ・合計:95. 目安としてご覧ください。 手取り30万円/年収450万円の各種税金 年収450万円における各種税金の算出方法を解説していきます。 手取り30万円/年収450万円の社会保険料 社会保険とは、健康保険・厚生年金・雇用保険などの総称です。 社会保険料は、勤務先が加入している保険の組合や業種によって多少異なってきますが、ここでは目安となる14. 22%を年収に掛けて計算します。 手取り30万円/年収450万円の所得税 所得税は国に納める税金です。 所得金額によって段階的に異なる税率が定められています。 所得とは収入の全額ではなく、各種控除や支払った社会保険料額を差し引いた残りの金額です。 その所得(所得税課税対象額)が195〜330万円の場合、税率は10%で9. 75万円が控除されます。 住民税率は基本的に全国一律ですが、一部市区町村では異なる税率が設定されていることがあります。 ここでは標準税率(10%)で計算します。 総務省発表の家計調査によると、2017年の単身(一人暮らし)世帯におけるひと月の水道・光熱費は平均1万1,380円、食費は3万9,649円(外食費1万897円を含む)でした。 これらの情報から、手取り30万円の大まかな生活費を提案します。 ・家賃:10万円 ・水道・光熱費:1. 1万円 ・食費:4万円 ・日用品・雑費:2万円 ・通信費(スマホ・ネット):1. 5万円 ・交際費:4万円 【合計:22. 6万円】 手取り30万円であれば、一人暮らしは充分に可能なことが分かります。 料理が好きな自炊派 ・家賃:10万円 ・水道・光熱費:1. 5万円 ・食費:3万円 ・日用品・雑費:3万円 ・通信費(スマホ・ネット):1. 5万円 ・交際費:4万円 【合計:23万円】 料理が好きな人のモデルケースです。 キッチンにゆとりがある物件を想定し、家賃を高めに設定しています。 自炊中心のため食費は抑えめとなる一方、水道・光熱費は少し高く設定しました。 自炊しない外食派 ・家賃:10万円 ・水道・光熱費:1万円 ・食費:6万円 ・日用品・雑費:3万円 ・通信費(スマホ・ネット):1. 5万円 ・交際費:4万円 【合計:25. 5万円】 外食派のモデルケースです。 食費は1日あたり2,000円、自宅で調理をしないため水道・光熱費は平均よりやや低く設定しています。 手取り30万円の場合、家賃を無理のない金額に抑えれば、外食派も余裕ある暮らしができそうです。 週末ドライバー ・家賃:10万円 ・水道・光熱費:1. 1万円 ・食費:4万円 ・駐車場代:1. 5万円 ・自動車保険料:0. 3万円 ・ガソリン代:0. 7万円 ・日用品・雑費:2万円 ・通信費(スマホ・ネット):1. 5万円 ・交際費:3万円 【合計:24. 1万円】 車を所有している人のモデルケースです。 ガソリン代は週末のみの利用を想定しています。 手取り30万円であれば、これに車両のローンを加えても無理なく維持できるでしょう。 貯金重視の節約派 ・家賃:9万円 ・水道・光熱費:1万円 ・食費:3万円 ・日用品・雑費:2万円 ・通信費(スマホ・ネット):0. 5万円 ・交際費:3万円 【合計:18. 5万円】 生活費をぐっと節約して、貯金を重視する人のモデルケースです。 大手キャリアから格安スマホに乗り換え、通信費を大きく節約しています。 手取り30万円であれば、一人暮らしをしながら年間100万円以上貯金することも夢ではありません。

次の

【年収240万円の手取りはいくら?】内訳と一人暮らしにかかる費用

手取り 24 万 年収

30代で手取り20万円は低いのか 30代で手取り20万円というのは、高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。 30代の手取りの平均額 30代の手取りについて、厚生労働省がまとめた「賃金構造基本統計調査」では以下のような結果が出ています。 男女合計 年齢 現金給与額 30~34歳 30万9200円 35~39歳 33万2000円 男性 年齢 現金給与額 30~34歳 33万4600円 35~39歳 36万8900円 女性 年齢 現金給与額 30~34歳 26万3200円 35~39歳 27万3400円 30代での平均月給は30代前半が約31万円、30代後半が約34万円となっています。 男女別で見た場合、男性は30代前半で約33万円、30代後半で約37万円となっているのに対して、女性の場合は30代前半で約26万円、30代後半で約27万円と大きな差が出ています。 手取りの額を比べた場合20万円は低い 上記の現金給与額は、あくまで所得税や社会保険料などを控除する前の金額です。 30代で手取り20万円は低い部類に入ります。 特に男性だけで見た場合、30代前半で約5万円、30代後半で約7万円の差が出ています。 女性の場合、手取りが約20万円なので同じように感じられますが、全体の平均よりも低いことには変わりはないので手取り20万円は低いと言わざるを得ないでしょう。 年収で見た場合は賞与がなければかなり低い 国税庁の民間給与実態統計調査では、各年代の平均年収についての調査結果が公表されています。 30代の年収については、以下の通りです。 〇平成28年 民間給与実態統計調査 単位:万円 男女合計 年齢 年収 30~34歳 403万円 35~39歳 433万円 男性 年齢 年収 30~34歳 457万円 35~39歳 512万円 女性 年齢 年収 30~34歳 315万円 35~39歳 300万円 調査結果では、全体の年収の平均が、30代前半は約400万円、30代後半は約430万円となっています。 手取20万円の場合、控除前の額は多くても約26万円と考えられるので、年に支給される額は約312万円です。 そのため、平均年収と比べて30代前半でも約90万円の差があります。 賞与が支給されると考えた場合、大企業であれば賞与が90万円になる可能性はあります。 しかし、中小企業やベンチャー企業では少額だったり、もらえないこともあるため、年収の差がもっと大きくなってしまうのです。 30代で年収をアップをする方法 では、収入を上げるためにどのような方法があるのでしょうか。 ここでは、一般的な4つの方法を紹介します。 評価できる実績を残したり、役職などに昇進すれば収入アップを期待できます。 しかし、昇給や昇進には年間を通した実績が評価される必要があり、半年から1年程時間がかかってしまいます。 また、資格取得や社内試験合格などの条件が設定されている場合もあります。 そのため、本来の業務以外に時間と労力をかけなければなりません。 その上、企業によって給与体系が決まっているため、収入がそこまでアップしないこともあります。 在宅やスマートフォンで手軽にできるものも増えているため、副業がやりやすくなってきています。 金銭的な収入だけでなく、副業で身に付けた知識やスキルなどが本業に活かせるケースもあります。 しかし、副業でまとまった収入を得たい場合、そのための時間を確保する必要があるため、プライベートの時間がなくなってしまう可能性があります。 また、企業によっては副業を禁止しているので、副業を始める前に就業規則を確認しなければなりません。 株や国債、金や為替、不動産などさまざまな種類の投資があり、100円から始められるものもあります。 一方で、投資したからといって利益が必ず出るわけではなく、反対にマイナスになるリスクもあります。 投資は、ある程度の知識や経験、収入がマイナスでも困らないようにする準備が大切になるので、初めての人にとって難しいと感じることも多いです。 特に手取り20万円の場合、平均よりも低いので収入アップの可能性は十分あるので、短期間での収入アップを望む人にとっておすすめの方法といえます。 しかし、収入は増えたけど、業務量が多く残業が増えてしまった、人間関係がとても悪い職場だった、などという理由で後悔する人も多いです。 その上、すぐにまた転職するという方法も取りづらいため、慎重な判断が必要です。 そのため、転職先の企業や担当業務の内容、職場の雰囲気などをしっかりと見極めなければなりません。 副業や投資を行う場合は確定申告が必要 企業に勤めている場合、年度末調整が行われるため、基本的に確定申告はしなくても問題ありません。 しかし、副業や投資で年間20万円以上の所得を超える収入を得た場合、確定申告をしなければなりません。 確定申告をしなければ、追加で税金を支払う必要が出てくるため、必ず忘れないようにしておきましょう。 また、アルバイトで給与収入を得ていると、本業の会社に知られる可能性があるので、届け出が必要ならば忘れずに申請しましょう。 転職をして収入を上げるのがおすすめ 手取20万円から収入をアップしたい場合、転職を行うのがおすすめです。 理由としては3つあります。 投資をするときも、短期間でまとまった利益を出すにはリスクが高く、長期的に考えるのが一般的です。 企業での昇進や昇給を考えた場合でも、半年から1年程かかってしまいます。 それに対し、転職は、企業を探したり退職の手続きをしたりとやることは多いですが、他の方法ほど時間はかかりません。 そのため、短期間に収入を上げたいときは転職するのが一番早いのです。 場合によっては年収は50万円以上アップも狙えます。 アルバイトで50万円以上稼ぐには相当な時間がかかりますし、会社の昇給でも一度に50万円上がることはめったにありません。 また、賞与がある企業に転職できれば、より多くの収入を得られます。 そのため、転職には大きく収入を上げられる可能性があるのです。 転職市場や業種での給与の平均、自分自身の適正年収など、いろいろな情報を知ることができます。 また、自身のプレゼンや、今までのキャリアの棚卸しなどを通じて、自分の価値を再確認する機会も多いです。 そのため、単純に収入を上げるだけなく、自身の価値をより高くする技術を身に付けることができます。 年収1000万超求人多数!ハイクラス専用転職サイト 公開求人数 92,000件以上 対象年齢 20代~50代以上 対象エリア 全国 おすすめタイプ ハイクラス向け \年収1000万超求人多数!ハイクラス専用/ 転職で収入をアップさせるためには 転職活動をしたからといって、単純に年収は上がりません。 30代で転職をして年収が上がった人は、全体の約4割といわれています。 では、どうすれば収入をアップが可能になるのでしょうか。 転職活動では、最初に自分のスキルや経歴を棚卸する必要が出てきます。 業務実績や資格、今までの業務の経験からアピールポイントを見つけられれば、それだけ自分の価値を高められます。 しっかりとしたアピールポイントがあれば、企業としてはより高い年収を提示してくるケースも多くなります。 そのため、アピールポイントの洗い出しは、転職活動ではとても大切なのです。 アピールポイントが増えれば、自分の価値を高く見せられるため、年収のアップにもつながります。 新しい資格を取得したり、現在担当している業務で実績を残す、セミナーや公開講座などを利用して知識やスキルを身に付けるなどの方法でスキルアップができます。 収入がアップの可能性を高めるためにも、スキルアップは積極的にやっていきましょう。 残業が増えたり、責任のある立場を任されるなど、企業によってさまざまですが、「年収を上げるためにあきらめなければならないものもある」ことを理解しておきましょう。 また、自分の年齢やスキル、実績、業種ごとの年収の相場をもとに適正年収を知ることで、どれくらいの年収を希望すればよいのか参考にできます。 そのような情報を踏まえた上で、あきらめられる部分は妥協するようにしましょう。 先にも説明しましたが、月の手取りが20万円だとしても賞与があるだけ大きく変わってきます。 そのため、転職先の企業を探す際は、賞与があるかどうか、どれだけの額が支給されるかなどについて確認するようにしましょう。 ただし、あくまで賞与なので、毎年決まった金額をもらえるわけではないという点については理解しておきましょう。 年収アップにおすすめの転職エージェント doda dodaは30代以上で、初めての転職や未経験職種、また確実なキャリアアップを転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。 全国の求人を取り扱っており、コンサルタントの転職サポートの質が高いのも人気のサービスです。 業界ごとのスペシャリストのアドバイザーが揃っており、就業経験のある人が多いので、特定の業界や職種を志望している人にもおすすめしています。 ビズリーチ スキル・実績に自信のある30代の方には、最近話題のビズリーチもおすすめです。 即戦力で活躍できる求人が多く掲載されており、転職するだけで年収が100万円以上アップした例も少なくありません。 30代前半の方を対象にしたハイクラス求人も紹介しているので、年収アップを本気で狙っている人は登録してみていいでしょう。 転職活動をするなら、転職サイトを利用しよう 転職サイトには、適正年収を診断できるサービスを行っているところもあります。 自身の年齢や学歴などの基本的な情報や、持っている資格や業務実績の経験から算出してくれるので、年収の参考にできます。 また、転職サイトにはエージェントサービスを行っているところもあり、専門のエージェントから収入アップについて具体的な話を聞くこともできます。 その上、非公開求人の紹介や、転職活動のアドバイス、スケジュールの調整など手厚いサポートを受けられるので、収入アップを目指すなら利用しない手はありません。 転職活動で年収アップを狙う際は、ぜひ転職サイトを利用するようにしましょう。 30代におすすめの転職サイトは、こちらの記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。 まとめ このように、30代で手取り20万円は低い額の部類に入ります。 賞与がある場合は、ある程度年収も増えますが、それでも平均と比べると低いです。 収入アップを目指したいという人は、ここで紹介した方法や思い切って転職活動を行うとよいでしょう。 もし、転職活動をする際は、収入アップのためのポイントを意識した上で、より良い結果につ投げていきましょう。

次の